FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

北アルプス 薬師岳 (2018.10.7-8) 

20181007-0.jpg
薬師岳山頂にて  うっちぃさん、orisさん、みねごん、キバラー

【動画編】


長い道のりの果ての絶景

【コース】
一日目(10月7日)
折立登山口(7:15)-太郎平小屋(11:30-13:00)(昼食)-薬師岳山荘(15:05)(泊)

二日目(10月8日)
薬師岳山荘(6:05)-薬師岳山頂(7:15)-薬師岳山荘-太郎平小屋(11:00)-太郎山-
太郎平小屋(昼食)一折立登山口(15:40)


ヤマレコはこちらから。

昭和38年 愛知大学山岳部薬師岳大量遭難事故

またしても週末に台風25号が日本列島に向かってやってきた。
10月の連休は寒すぎず暑すぎない一年で最高の高山の遠征登山日和で
かつては晴れの特異日だったが、近年は変化してきている。
3日間とも晴れが約束されたら計画もまた違っていた。
早くも土曜日の天気は絶望的とになり、日・月での山行として二案に絞られた。
日曜日は日本海を北上する抜けきらない台風を追いかける形で移動。
晴れがほぼ確定している北八ヶ岳行きと北アルプスの二案を保持したまま、
アクセスルートが分かれる手前の名神多賀SAで最終判断をする。
初日は多少天気が悪いとしても北アルプスに行きたいという思いに全員一致。
薬師岳だと北陸道を通ることになり、そうなると台風に追いつき追い越してしまう。
強風の影響によっては通行規制を受けることになる。
東海北陸自動車道で行く方法もあるが、対面通行だったり遠回りだったり。
さらには愛してやまない超お気に入りの北鯖江PAを通らない。
幸い多賀SAでの情報パネルには特に規制情報も出ていないので北陸道へ。
日本海沿岸に最も接近する区間は風速3mによる80km/h規制があった程度。
そんなこんなで無事、有峰林道小見線(有料1900円)のゲートに2時前に到着。
薬師岳へのアプローチに最も近い折立登山口に行くためにはこの林道しかなく、
ゲートが開く6時までは通行止めなので約4時間ゲート前にて仮眠する。
外は雨。。
夜が明けると雨も上がっていた。
ゲートが開いてから40分も林道を走って、ようやく折立登山口駐車場に到着。
車内で北鯖江SAで買った手作りおにぎり等で軽い朝食を済ませ、
準備をしてスタートしたのは7時15分頃。
薬師岳はコースタイムがかなり長く高低差もあり途中エスケープもできない。
それだけに留まらず、ガレ場や石畳などで想定以上に歩きにくいゾーンが多かった。
スタート時は雨こそ降らなかったが、途中からは霧雨や小雨が降ったり止んだり。
展望は明けきれず、小雨がいよいよ止まなくなってきたところで
ようやく稜線上の中継点にあたる太郎平小屋に到着。
雨宿りを兼ねて昼食休憩のために食堂に避難。
ここの名物はネパールカレーと太郎ラーメンだ。
ネパールカレーはスパイシーで美味しかったので帰りにも食べた。
登山届はなんと、この太郎平小屋にて提出することになっているのだ。
提出すると記入漏れが無いかチェックを受けた。
折立からここまでは途中分岐など無く一本道だからだろう。
一時間半ほど休憩したが、外は小雨は止みそうにないので薬師岳山荘に向けて再出発。
雨が止んで陽が出てきて暑くなったかと思うとまた小雨になったりの繰り返しで、
レインウェア上衣をドリフのコントみたいに何度も着たり脱いだり。
太郎平小屋からの快適な木道は晴れているとさぞ景色も良くて気持ち良いだろうなぁ。
テント場に下ってからは登りに転じ、渡渉してからは岩ゴロステージの登り。
登りはともかく下りではなかなか厄介なゾーンだった。
山と高原地図にも記載のあるケルンの前後だけ木道で一瞬フラットになったが
そこからは山荘まで登りっぱなし。
森林限界を越えてからも浮石だらけのゾーンが最後まで続いた。
ガスで周りがまったく何も見えないということはなく視程300mくらい。
晴れているとどんな景色なのかは下山時に思い知ることになる。
おかげでシャッターを切る回数が少なく済み、登りに専念できたかな。
15時過ぎに薬師岳山荘に到着。
感じの良い「若」さんに迎えられる。
夕食は2巡目の17時40分というとのこと。
薬師の間を確認し荷物を廊下に並べたところで外に出てみると
天候は一気に回復基調で、どんどんガスが流れて展望が開けてくる。
これから明日にかけては最高の天気が約束されそうだ。
夕食までコースタイム的にはピークまで行って戻って来れなくもないが、
さすがに初日は移動の疲れもろもろでぐったりで山荘でゆっくり過ごすことにした。
外に出てゴールデンアワーをたそがれていたかったが、
寒さも相まって部屋に戻ると夕食の時間まで眠ってしまった。
山荘は明日で小屋じまいで今晩が最終日となるため、
夕食は通常のメニューに加えて余ったものをバイキング形式で加わった
スペシャルメニューは食べきれないほど盛りだくさんだった。
部屋は個室も含めて他にもあるが、薬師の間だけでも30人以上は収容できる。
この日は同室の方は全部で10数人程度だったかな。
夜中、眠っている間、同室の方がまるで存在していないかのように静かだった。
それにしてもよく眠った。7時半~4時半まで9時間も寝てもたよ。
外に夜空の星を眺めに行った仲間も居たらしいが気づかなかったほどの爆睡。(^^ゞ
翌朝5時からの朝食後、外に出てみると見事な雲海。
朝食時はまだ外は暗かったが、ご来光よりも食べることを優先してしまった。(^^ゞ
早く準備をして山頂に向かいたいというはやる気持ちで焦ってきた。
ザックから当面不要なものを抜いてデポするとずいぶん軽くなった。
それでは出発と周りを見渡すと、遠くに鎗や御嶽山や白山などなど。
登っていくと富士山までもが見えた。
薬師岳、山容こそ個人的には存在感が希薄に思えるものの、
あたり一帯の風景との総合力で、唯一無二な魅力のある山だと思った。
太郎平小屋までの下山は、登りのときには見えなかった絶景が広がる。
登りとは違って、こんなに歩きにくい道だったのかという難路を実感。
しかし、木道歩きとなるとこれまた快適で、もうすべて木道にしてほしいわなぁ。
太郎平小屋に帰ってきてからはそのままの足でコースタイム10分の太郎山へ。
これまた想像以上に眺めの良いところで夢の広がる場所だった。
そんなこんなで太郎平小屋に再び戻ってきて昼食はまたもやネパールカレー(大)。
さぁここからコースタイム3時間もの下りが待っている。
これがまたきつかった。
太郎平小屋までなんとかもっと楽に辿り着けたらさらに良いところなだけどなぁ。
下山後、亀谷温泉白樺ハイツで汗を流して帰国の途へ。
復路ももちろん北鯖江PAに立ち寄って夕食を摂って帰った。
さすが北アルプス、スケールが違う。
とても充実した二日間だった。

その他の写真は以下より。
20181007-2.jpg
山と高原地図2017年版+GARMIN GPSログ

20181007-1.jpg

20181007-3.jpg
北陸道「北鯖江PA」が好きすぎて、往路も復路も立ち寄り
自分の中では特急停車駅だ。

20181007-4.jpg
ETC車専用の流杉スマートにて下車

20181007-5.jpg
有峰林道小見線ゲートが開く6時まで仮眠

20181007-6.jpg
ようやく夜が明けた

20181007-7.jpg
折立登山口

20181007-8.jpg
バス停もある

20181007-9.jpg

20181007-10.jpg
愛知大学13名の遭難者慰霊塔(十三重の塔)

20181007-11.jpg
秋まっさかり

20181007-12.jpg

20181007-13.jpg

20181007-14.jpg

20181007-15.jpg

20181007-16.jpg

20181007-17.jpg

20181007-18.jpg

20181007-19.jpg

20181007-20.jpg

20181007-21.jpg

20181007-22.jpg
昔から有名な、アラレちゃん看板

20181007-23.jpg

20181007-24.jpg

20181007-25.jpg

20181007-26.jpg

20181007-27.jpg

20181007-28.jpg

20181007-29.jpg

20181007-30.jpg

20181007-194.jpg
※orisさん写真提供

20181007-31.jpg

20181007-32.jpg

20181007-33.jpg

20181007-34.jpg

20181007-35.jpg

20181007-36.jpg

20181007-37.jpg

20181007-38.jpg
霧雨に耐えてきたが、ついに小雨となってレインウェア着用

20181007-39.jpg

20181007-40.jpg

20181007-41.jpg

20181007-42.jpg

20181007-43.jpg

20181007-44.jpg

20181007-45.jpg

20181007-46.jpg

20181007-47.jpg
この番号を数えてみたけれど、何の意味もなかった

20181007-48.jpg
歩きにくい岩ガレの道

20181007-49.jpg

20181007-50.jpg

20181007-51.jpg

20181007-52.jpg

20181007-53.jpg

20181007-54.jpg

20181007-55.jpg
ワークマンのレインウェア、ちゃんと撥水してるね

20181007-56.jpg

20181007-57.jpg

20181007-58.jpg
ようやく太郎平小屋にたどり着いた

20181007-59.jpg

20181007-60.jpg
薬師岳山荘で売られているバッジはここには無いラインナップ

20181007-61.jpg
ネパールカレー(大)、太郎ラーメン(大)、おでん

20181007-62.jpg
ネパールカレー(大)でもちょっと足らなかったので(並)も注文して大並っく(だいなみっく)にしたかった
代わりにラーメンを少しいただいた

20181007-63.jpg
美味しかったので、帰りにもネパールカレー(大)を食べた

20181007-64.jpg
薬師岳山荘に向けて

20181007-65.jpg

20181007-67.jpg
薬師峠へは下りだ

20181007-193.jpg
薬師峠キャンプ場(テント場)にて(水場もトイレもある)
※orisさん写真提供

20181007-68.jpg

20181007-69.jpg

20181007-70.jpg

20181007-71.jpg
増水時注意な唯一の渡渉ゾーン

20181007-72.jpg

20181007-73.jpg

20181007-74.jpg

20181007-75.jpg

20181007-76.jpg

20181007-77.jpg
一瞬、晴れ間が出てきて青空に

20181007-78.jpg
山と高原地図にも記載のある「ケルン」

20181007-79.jpg
またもやレインウェア着用

20181007-80.jpg
シズル感がいいね

20181007-81.jpg

20181007-82.jpg

20181007-83.jpg

20181007-84.jpg

20181007-85.jpg

20181007-86.jpg

20181007-87.jpg

20181007-88.jpg
東南稜に虹が出た

20181007-89.jpg

20181007-90.jpg

20181007-91.jpg
山荘が見えたのは幻覚だった。
偽ピークから山荘まであと15分

20181007-92.jpg
ついに薬師岳山荘に到着

20181007-93.jpg
二階部は小屋じまいのため、すでに窓は塞がれていた

20181007-94.jpg

20181007-95.jpg
若殿

20181007-96.jpg
薬師の間 明るく美しく清潔感のある山荘だ

20181007-97.jpg
ガスが吹っ切れて天候がどんどん回復

20181007-98.jpg

20181007-99.jpg
ゴールデンアワー

20181007-100.jpg
あれが薬師 かつて十三人の若者が 何かを求めて ついに帰らなかった
満たされた ためしのない 喉咽のように それが彼方にあるならば
彼らはそれを承知で 行ったのであろう
薬師岳遭難より

20181007-101.jpg
小屋じまい最終日のスペシャルメニュー

20181007-102.jpg
朝4時半頃

20181007-103.jpg
山頂へ向かう登山者のヘッデンの灯りと星空

20181007-191.jpg
朝食は5時から

20181007-104.jpg

20181007-105.jpg

20181007-106.jpg

20181007-107.jpg

20181007-108.jpg

20181007-109.jpg

20181007-110.jpg

20181007-111.jpg

20181007-112.jpg

20181007-113.jpg

20181007-114.jpg

20181007-115.jpg

20181007-116.jpg

20181007-117.jpg

20181007-118.jpg

20181007-119.jpg

20181007-120.jpg

20181007-121.jpg

20181007-122.jpg

20181007-123.jpg

20181007-124.jpg

20181007-125.jpg

20181007-126.jpg

20181007-127.jpg

20181007-128.jpg
このケルンが大量遭難の分岐点。視界不良で目印が満足に無い時代、
東南尾根に間違って行ってしまうのは十分考えられると思った。

20181007-129.jpg

20181007-130.jpg

20181007-131.jpg
スーパーズームで太郎平小屋を見下ろす

20181007-132.jpg
さらに太郎平小屋をズーム

20181007-133.jpg
いよいよ薬師岳山頂(左)が近づいてきた

20181007-135.jpg

20181007-136.jpg

20181007-137.jpg

20181007-143.jpg
薬師岳山頂 2,926m

20181007-141.jpg

20181007-145.jpg

20181007-146.jpg
小さな祠の中には金ピカの薬師如来が安置されていて、小屋じまいとともに降ろされる

20181007-139.jpg

20181007-197.jpg

20181007-142.jpg
北薬師方面の稜線

20181007-147.jpg
薬師岳山荘まで下山開始

20181007-148.jpg

20181007-149.jpg

20181007-150.jpg
ついに今シーズンの小屋じまいしてしまった薬師岳山荘

20181007-151.jpg

20181007-152.jpg

20181007-153.jpg
昭和38年、三八豪雪の中、間違って行ってしまい遭難となった東南稜

20181007-154.jpg

20181007-155.jpg

20181007-156.jpg

20181007-157.jpg

20181007-158.jpg

20181007-159.jpg

20181007-160.jpg

20181007-161.jpg
薬師峠キャンプ場まで下りてきた

20181007-162.jpg

20181007-163.jpg

20181007-164.jpg

20181007-165.jpg

20181007-196.jpg

20181007-166.jpg

20181007-167.jpg

20181007-168.jpg
太郎平小屋に帰着。このままの勢いで太郎山へ

20181007-169.jpg
薬師岳方向を振り返る

20181007-172.jpg
太郎山へ向かう

20181007-171.jpg
左は薬師沢へ、右は太郎山から黒部五郎岳方面へ

20181007-173.jpg

20181007-174.jpg

20181007-175.jpg

20181007-176.jpg
ご機嫌すぎて帰りたくない

20181007-177.jpg

20181007-178.jpg
薬師岳をバック、太郎山山頂にて

20181007-179.jpg
薬師岳と太郎平小屋

20181007-180.jpg

20181007-181.jpg

20181007-182.jpg

20181007-183.jpg

20181007-184.jpg
北陸名物「ビーバー」と「なに!これ」はお気に入り

20181007-185.jpg
太郎平小屋名物のネパールカレーと薬師岳

20181007-186.jpg
全員写ってます

20181007-187.jpg
ここには写ってないが、薬師岳山荘でも薬師岳バッジ(太郎平小屋には売っていない)を購入

20181007-198.jpg
※写真提供:うっちいさん

20181007-192.jpg
いよいよ太郎平小屋からコースタイム3時間の下山 ※orisさん写真提供

20181007-188.jpg

20181007-189.jpg
池塘が多いので、逆さ薬師が見られる

20181007-190.jpg
Check [ 2018/10/11 22:40 ] アルプス | TB(0) |   コメント(14)
立山連峰、荒行踏破お疲れ様でした。
メインの!『薬師岳』登頂前、天候回復はキバラーさん ご一行、
日頃の精進のおかげ・・(^^)・・

この山域で山頂無線の有効山は題名の2座だけのようなので・・・

余裕があれば奥のスゴ乗越小屋の手前「北薬師岳」&「間山」も有効!ですが
テント担いで20㎏も平気とはいかない私には厳しい山旅

未登の画像&映像(or空撮)拝見出来ました。

PS
森林限界?にorisさんと立つカラフル電柱もどきは不思議な風景
[ 2018/10/12 10:27 ] [ 編集 ]
トップの山頂の写真を見て「いいお天気!!!」と思ったのですが、1日目は雨具を着たり脱いだり、中々ややこしいお天気だったのですね。
それでも、山頂アタックの日が素晴らしい青空になって良かったです!
ドーンと男前な薬師岳が青空に映えて、一段と美しい~
ドローンの映像で、薬師岳の大きさや北アルプスの雄大さが更に良く分かります。
薬師小屋は小屋じまいだったのですね。
あちこちの小屋ももうすぐ閉まっていくのでしょう。
短いアルプスのシーズンもいよいよ終わりを迎え、少し寂しいですね。
[ 2018/10/12 20:36 ] [ 編集 ]
まさかの未踏峰でしたか。
いろんなところに登ってらっしゃるので、昔に登ってらっしゃるのかと思っておりました。
薬師岳から北薬師岳、間山の区間は険しいと聞いておりますが、それでも一般登山道のようなので歩いてみたいと思いました。
カラフルな棒は、積雪の深さを見る指標だそうです。
ご覧いただきありがとうございます。
[ 2018/10/12 23:33 ] [ 編集 ]
そうなんです、雨でガスって展望なしと、晴れの絶景と両極端を体験したという感じです。
果たして初日が晴れなほうが良かったか、2日目が晴れのほうがよかったかを考えると、2日目でよかったように思います。
空撮、もっと遠望が入るように高く遠くへ飛ばせたらよかったのですが保守的な構図になってしまいました。
太郎平小屋のほうは今月末あたりまで営業されてるようです。
アルプスのシーズンは本当に短いですね。
晴れの週末が続いていたとしてもそんなに回数行ってられませんし、もうまた次は来年なのかと思うと寂しくてなりません。
ご覧いただきありがとうございます。
[ 2018/10/12 23:40 ] [ 編集 ]
7日は曇り雨って感じでしたか・・・
僕もチャレンジしましたがあいにくの天気に、ただ歩いてきただけの山でした。
7日も夕方近くになり天気が回復したので、ちょうどそちらでは8日がいいお天気だったようですね。
僕は仕事でしたが・・・・・。
稜線の紅葉もギリギリっていう感じだったのでしょうか?
八ヶ岳といい薬師岳といい、いい写真が撮れていますね。
[ 2018/10/12 23:46 ] [ 編集 ]
あいにくの空模様と雲ひとつ無い秋晴れの両方を体験できました。
ヨー君は一度歩かれたのですね。
北薬師から先へ歩いてみたいとおっしゃってたように思います。
山は行く前の想像と、行ってみてとではいくら予習して写真を見ていても印象が異なるものですね。
薬師岳は特にそうでした。
もう今シーズン、たったの2回で泊まり遠征は終わりになりそうです。。
いつもご覧いただきありがとうございます。
[ 2018/10/12 23:57 ] [ 編集 ]
薬師岳登頂おめでとう御座いますヽ(^o^)丿
綺麗なお写真有難う(^^♪
僕も2度登ってます。最初の時は太郎小屋で2泊しましたが物凄い混んでまして食堂でも寝て居る方がいましたょ!!
[ 2018/10/13 17:52 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
労いありがとうございます。
2回も登られてらっしゃいましたか。
太郎平小屋はそんなに混む時期があるのですね。
雲ノ平や黒部五郎岳方面への中継点としても欠かせない小屋ですよね。
kosiziさんに最近金剛山でお見かけしなくなり寂しいです。
[ 2018/10/13 20:08 ] [ 編集 ]
2度目は室堂山壮泊で五色ケ原~スゴ乗越小屋泊、北薬師岳~薬師岳で
太郎平泊、北ノ俣岳~黒部五郎岳~三俣蓮華岳~三俣山壮泊、鷲羽岳~
水晶岳~真砂岳~野口五郎岳~烏帽子小屋泊でブナ立尾根で高瀬ダムに下りましたが!?昨夜の雨で不動沢の橋が流され沢の向こう岸に渡ず!!!
でも東電の方のお陰でシャベルカに乗せて頂き沢を渡り高瀬ダムに東電管理道路で七倉ダムの入口で歩いた思い出があります(^_-)-☆
山には登りたいですが膝が痛くて(-_-;)何時になるやらです?
[ 2018/10/14 17:43 ] [ 編集 ]
地図で確認しました。
立山から大縦走されたのですね。
なんとも贅沢な山行きでしょう。
連泊で歩いてみたいと思える素晴らしい場所でした。
山は妄想や勝手なイメージだけでは伺いしれず、行ってみて気づくことがつくづく多いです。
たいへんな体験をされたのですね。
kosiziさんのお膝、良くなりますように!
[ 2018/10/14 20:43 ] [ 編集 ]
「8日がこれほど素晴らしいと7日のことは全て忘れられたのじゃないのかな?」って感じですね。
台風に虐められた今秋ですが、絶妙のタイミングに拍手です。
[ 2018/10/15 22:13 ] [ 編集 ]
晴れと雨の両方を体験できたのは貴重でした。
初日も晴れていたら写真枚数も増えて編集がたいへんだったと思います。(^^)
山頂に居るときはぜったい晴れてほしいものですね。

[ 2018/10/16 06:23 ] [ 編集 ]
素晴らしい映像!見入ってしまいました
とてもいい所なのが伝わってきます。
行ってみたい(^-^)
1泊2日でいけるとこなの?
紅葉も見頃でよかったですね(^-^)
[ 2018/11/06 13:06 ] [ 編集 ]
動画までご覧いただきありがとうございます。
きたっちさんのところからですと20時出発夜移動、運転交代要員ありで現地で朝仮眠3時間くらいという今回の我々と同じ条件で一泊で行けますよ。
ハードなコースタイムだというのに、現地のほうにお住まいの方の中には日帰りの方もいらっしゃいました。
行くまでに見ていた写真や地図でイメージしていたのとはだいぶ異なってました。行ってみないとわからないこと多いです。
太郎平小屋をハブとして、いろんな方向に枝分かれしていていて、なんとなく全体の方向感覚などをイメージすることができたのが収穫でした。
こんどは黒部五郎岳方向や、薬師沢(雲ノ平)方向に歩いてみたいと思いました。
2泊以上の山行きは、今の僕にはゆとりが無いですわ。
[ 2018/11/06 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ