FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

盆休みの金剛山 

20180817-1.jpg
危険が迫る、転法輪寺境内外れの鳥居

朝の空気が変わって、超絶、爽やか!

17日(金)の今日、
今朝起きると、あきらかに外の空気が変わっていた。
いよいよ夏の終わりが近づいてきてるのを感じた。
真夏の間にやりたいことなかったっけ?ってちょっと焦りの気持ちも。
今日は予定もないのに会社を休んでお暇をいただいた。
もうすっかり会社に行かない生活に慣れてきたので、このまま毎日が日曜日に・・
なんてことになると増々何もしなくなりそう。
少ない休日をいかに充実させるかっていうストレスから出かける爆発力が生まれるような。
そんなこんなで今日こそ何も予定がないのでとりあえず金剛山へ。
そしたらも~、なんという気持ちの良い空気なんだ!と感激した。
スイッチを切り替えたようにまるで別の山。(≧∇≦)
爽やか御前。。山頂気温18℃。
しかも、ブヨもアブもぜんぜん居ない。
ひたすら涼しい風が吹き抜けていた。
も~爽やかすぎて寝転んで寝返り打ちまくって暴れたくなるほどだった。
どれくらい爽やかだったのかというと、
汗だくで帰ってきて、シャワーで汗を流した後、炭酸水でも飲んで、
クーラーの効いた部屋で座布団並べてその上に寝転んでプハーっていう気分の
だいたい1.5倍くらい気持ちよかった。
季節よ、ずっとこのままで居てと何度思ったことか。
ほんとに下山したくなかったけど、売店も休みの金曜日、
飢えに苦しんで泣く泣く下山。

ふと、転法輪寺境内外れの鳥居を見上げると、かなりヤバイ状態になっていた。
登山者の頭上を直撃するのは時間の問題!?
それとも金属芯でも中を通っていて、
落ちそうで落ちない落ちそうなオブジェってことないよね?
はたまた、水にめっぽう強い高野槇でできてるとか?

20180817-2.jpg
画像を補正するとどれくらいヤバイかよくわかる。

以上、おわり。
としたいところであったが、やはり書かずにはおれないことが・・・
先日の14日午後13時頃、妙見谷で滑落事故があったことは、
金剛山へ回数登山しながらSNSなどを使いこなされてらっしゃる方の中ではすでに周知の事実。
ちょうどその日、事故が起きた妙見谷ルートで知人が事故直後の現場に出くわす。
自分はというと、百ヶ辻に集結していた多数の消防、救急、警察関係車両で
何事が起きたのか?と気になるつつも山頂へ。
山頂でも騒ぎになっており、ほどなく妙見谷から登ってきた知人などから事故を聞く。
その後、救出に難航しているとのことで様子見に千早本道を下山。
自衛隊道にさしかかったところでレスキューの様子を見守る。
気さくに応じてくれた消防隊長からいろいろ話を聞いた。
千早赤阪の消防隊員の中に、私が個人的にインスタをフォローしている男性がいる。
隊長によると、その彼が居ないと山の事がわかる人間が居ないとのことで、
とても頼りにしておられるようだ。
そんな彼が、まっさきに自衛隊道から現場へ駆け下りてくれたとおっしゃってた。
今回はそんな隊長自慢の金剛山に詳しい消防隊員の話ではなくて滑落事故だ。
メディアで取り上げられてなかったのは、たまたま情報が入って来なくて
キャッチできなかったとしても、府警の事件・事故のお知らせにも
まるで無かった事のように?処理されているっぽいので、
第二、第三の事故が繰り返す可能性がある事例なので書き留めておくことに。
報道が無かったので、事故を知らなかった人がその後も多数、
事故の翌日以降に妙見谷を登っておられるレコが上がっている。

発生場所は、妙見谷ルートのザレ場。
いつぞやの風水害で山抜けしてしまった場所だ。
下から見上げるとなんとなく登って行けそうであるが、
ひとたびズルっと足を滑らせるとなすすべもなく、あちこちに浮いた石とともに滑落。
不思議なもので、人間、垂直の壁だと落ちたら終わりと思って恐れおののくのに、
少しでも傾斜があると転がるだけで滑り台のようにソフトランディングできると思いがち。
当事者は初めて妙見谷を登って来た方だそうで、妙見谷をザレ場まで遡行してくると
その上部には千早本道の自衛隊道が見えるので、そのまま登るのがルートなんだと
思ってしまったようである。
3人パーティで、女性、男性、女性の順でザレ場を登っており、
最後の女性だけ遅れをとっていたところ、
別の登山者から、ルートはそっちじゃないよと訂正されて本来のルートで山頂へ。
先に登った2人の男女には時すでに遅しで登って行ってしまった後。
その後、何が起きたのかは聞く人によって内容が異なり、
まるで伝言ゲームのように情報が変化していって正確には伝わらないので省略。
最初は念仏坂9合目で滑落事故発生!なんて情報が飛び交ってたらしい。
結果としてベテラン男性のほうが滑落し、先頭の女性は飛び出た岩につかまったまま
進退窮まっていたという。
そんな女性の救出はスムーズに行われ、見ていた知人によると、
なんと、底がほぼフラットな運動靴だったからありえないと驚いたという。
ベテラン男性はその女性を助けようとしての滑落だったとかで残念な結果になったが
転落してしばらくは意識があられたそうだ。
消防隊員は山岳救助隊ではない上に、傾斜のきついザレ場でのレスキューのため
困難を極め、最後まで見守っていたが、事故発生から延べ4時間かかって上げた。
なぜヘリを飛ばさなかったのかについては、ホバリングの難しい谷間である事等を含め
問うべきではないだろう。
落石の音がひっきりなしに続く中、長時間に渡ってレスキュー隊の方が一丸となって
非常にがんばっておられた。
最後は何度も何度も「隊員、がんばれー!」の隊長からの掛け声も。
そんな現場だけでなく、百ヶ辻(笠松駐車場前)では、
昼食も摂れないまま、昼から夕方まで立ち詰めで交通整理をされていた隊員の姿も。
怪我一つ無かったという2人の女性がレスキュー現場に居なかったのが不思議だった。
繰り返さないためにも少しでも教訓となれば。

20180817-9.jpg
救助に延べ3時間以上かかる中、一歩一歩、ゆっくり進む隊員に応援の声が飛ぶ

20180817-3.jpg
隊長から「隊員、がんばれ!」と繰り返し掛け声が飛ぶ。
50mザイルを3本つないで150mの長さに。
それらを2本垂らして下降、回収しながら上がる。
要救護者は自衛隊道から130m下だった。

20180817-4.jpg
現場はここ。(今年1月撮影)
下から見上げると本道を行く人が見えるので、ここを登ればいいんだなと思いがち。
傾斜も緩そうで、地面もやわらかそうで、なんとなく登れそうに思える。

20180817-10.jpg
十数メートル登ったところで急に傾斜がきつくなり、
これ以上登るとあちこちに浮きまくっている大きな石とともに転がっていきそう。
もう少し登ったところでさすがに限界を感じ、
尻セードで恐る恐る滑り降りるときに手袋を落とした。
中央やや右の飛び出た短い木の上部に黒い手袋が見える。
上から落石が落ちてきたら直撃を受けそうだ。

20180817-6.jpg
別の日にザレ場右手の植林帯から取り付いて、真横からアプローチして手袋を回収しようと、
3mくらいの枝を使って矢印先端の黒い影(手袋)にひっかけるまでは成功したものの
途中で落下して見えなくなって回収不能に。
この日はそのまま植林帯から自衛隊道によじ登った。
ザレ場左手植林帯には踏み跡や取り付きがあり、常用してる人も居るようだ。
しかしザレ場の中央突破は最低でも登攀具(ピッケル等)がなければ不可能だ。

20180817-8.jpg
真横から見るとこんなに急だ。(中央は手袋)
人は垂直じゃなきゃ恐怖感が無いのか?!
この時点ではまだ転がっても大した高低差が無い限界点だった。

20180817-7.jpg
サイドはこんな傾斜。
ひとたび滑ると勢いがついて下まで転落する。
奥の植林帯の中なら踏み跡があるのだが。。

20180817-11.jpg
赤色線が正規ルートのGPS軌跡。
茶色の塗りつぶし部分が現場の山抜け崩落箇所。
事故の詳細を伝えて頂いて、ありがとうございます。
何とも残念な事故でした。
自衛隊道の崩落現場は上から何度も覗いて見てはいましたが、このように下から見上げた写真や横から写した写真を見ると、その斜度や足場の悪さが一段と良く分かります。
ベテランの方がどうしてそんな斜面に突っ込んで行ってしまったのか・・・。装備不十分な人をどうして沢に連れて行ったのか。地図は持っていなかったのか。最後尾の女性と、どうしてそんなに離れてしまったのか。
事故が起きる時は、そんな事が重なってしまうものなのかもしれません。

慣れ親しんだお山でこのような痛ましい事故が起きたと聞いて、とてもショックを受けています。
他人事と思わずに、もう1度心してお山に向き合わなくては!と思いました。
私もキバラーさんもソロで行く事が多いですから、尚のこと気をつけなくてはいけませんね。

余談ですが、7月に私の山友さんが大峰の神童子谷で足を滑らして大怪我。5時間後にヘリで救助され即天理の病院で手術、一ヶ月入院されていました。大ベテランで沢装備もしっかりしていたようですが、事故は誰にでも起きるものだと改めて思い知らされました。
[ 2018/08/18 09:03 ] [ 編集 ]
SACHIさんのおっしゃるとおり、事故はいつ誰にでも降りかかってくる可能性があるだけに、特にリスクの高いシーンでは十分な安全マージンを持って望みたいところです。
ワンミスでアウトなことは避けなければなりませんね。
余談の件、そんな事があったのですね。
技術的に決して劣ることがない人であっても、ちょっとした焦りや気の緩み、いつもはやっていることをたまたまやらなかったなどの小さな一瞬の隙間に捕まったのでしょうね。
予測不能な自然相手ですので私も気を緩めること無く真剣勝負で山に望みたいと改めて思いました。
ありがとうございます。
[ 2018/08/18 12:36 ] [ 編集 ]
金剛山は地元に親しまれていて非常に気軽に登山出来るというイメージがありますが、やっぱりそこは山であって場所によっては
整備が行き届いてなかったり災害によって崩落していたりと
時と状況によって判断が必要だなと感じました。
妙見谷もかなり崩れていたんですね・・・。
私がけっこう前に行ったときはこんな崩落してませんでした。。
[ 2018/08/19 15:15 ] [ 編集 ]
昨年の秋頃の台風だったでしょうか。
カトラ谷がやられたタイミングだったと思います。
あまりにも開けているので、初めての方だとルートがそっちかと思うだろうし、知った方でもそこを直登するほうが早いんじゃ?と私なんかでもチャレンジしたくらいです。
慣れとは怖いもので、繰り返し通っていると難所が難所と思わなくなるんですよね。
山には特に真剣に向き合いたいものです。

[ 2018/08/19 21:09 ] [ 編集 ]
ルートを知った我々なら右が本流とわかるのですが、不明瞭ですものね。
金剛山と言えど、妙見谷はある種のバリエーションに他ならないと思います。
初めての方は、何度も歩いてルートを知り尽くした方とのご同行をお願いしたいものです。
[ 2018/08/21 23:23 ] [ 編集 ]
崩れてから初めて登った時の印象は、こっち(ガレ)から登るほうが楽でショートカットなんじゃないか?と挑戦しかけた自分が居ました。登るにつれて無理ってなったわけですが、初めて来られた方だと、ここを登らないと山頂に行けないって思ったりするかもしれませんね。
妙見谷は人気のルートなので、いくらでもレコ、軌跡が上がってるのにご覧になられなかったのかな?。
初めてなら取り付きすらわからないので調べるはずですよね。
[ 2018/08/22 06:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)