FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

金剛山 第605回 (2018.8.11) 

20180811-00.jpg
金剛山 丸滝谷ルート「上の丸滝」にて


【動画編】


酷暑でも、やっぱり沢ルートは涼しい

【ルート】
 登り:丸滝谷ルート(上の丸滝)
 下山:もみじ谷本流ルート

天候や予定のタイミングが合わず、
今シーズン最初の高度順応遠征ができないでいるとすっかり出不精になってしまった。
遠征時なみの装備重量でしっかり歩けるか確認を兼ねて
おなじみのメンバーと久しぶりに水越峠側の丸滝谷ルートへ。
SNS効果なのか、水越側のルートもすっかりメジャーになってしまった。
レコ等の数はもちろん、踏み跡の明瞭さからも見て取れる。
もみじ谷ルートに至っては最近最もホッとな人気のルートになっている。
いろんなところに気づきやすい取り付きができてるだけでなく真新しいトラロープが随所に。
大阪側はどこも歩き尽くされた感があるが、最近では水越側もご多分に漏れずってところ。
もはや金剛山では踏み跡を辿っていれば道迷いなんて無いような気がする。

さて、久しぶりの丸滝谷ルート、大阪側の妙見谷ルートが基準になるわけではないが
つい比べてしまう癖が出てしまうが、妙見谷に比べて長尺ではあるが、
沢装備がなくても遡行しやすく、慎重さを強いられる難所は「上の丸滝」の一箇所だけ。
途中に立ち寄った「下の丸滝」の壁はいつの間にかかなり巻きやすくなっているので
今回はそっちに行ってみたい気持ちが強かったが、また次回のお楽しみ。
核心部の上の丸滝であるが、以前は整備してくださっていた方もいまや引退され
束のように太かったトラロープは、いつしか留めていた立木ごと落下し
団子状態になっていたのを見たことがある。
そんな昔のロープを再利用したかのように傷んだトラロープが1本(上部は2本)あるだけ。
お助けロープを両手で掴んで体重をかけて登る人を見かけることがあるが
あの行為はかなりヤバイ。
基本は三点支持で、バランスを取るために持つ(テンションをかけない)
という使い方するだけでも、あると無しでは大違いである。
そんなこんなでかつてよりは危険度アップしてると言えるかな。
いつまでも、あると思うな、親と金とお助けロープ」という格言を残しておこう。
今回、もしこの貧弱なお助けのトラロープすら無くなっていたとしたらどうしたか。
単独ではない状況なので、下の丸滝まで戻って登り直しただろう。
最悪でもそこからだと尾根に取り付きやすく、いちばん安全な選択肢かな。
上の丸滝をクリアしたところで、久しぶりすぎて忘れかけてたアリ地獄。
台風等の影響なのかすっかり洗い流されて砂地じゃなくなってる箇所も。
ここにもお助けロープがあったが、無かれば4WDで登るような傾斜だ。
それが終わってからも東谷や中尾の背との分岐直前ではえらいえぐれていて
三つ編みのトラロープが切れかかって一本に。。。
暑さやアブ等の戦いも激しく、六道の辻まで長かったなぁ。 汗;
今回、なぜか左手首ばかり集中的に刺されまくった。
大日岳で休憩していると、石ブテ東谷から登って来られたarajinさんと久しぶりの再会。
以後、ご一緒していただいて香楠荘で食事。
下山はもみじ谷の尾根のほうから回り込んで第六堰堤上に着地するコースで。
かつては踏み跡薄いブッシュだったようなそこかしこが、
仮払いされるなどで完全にルート化していた。
駐車地やバス停からカヤンボまでのアプローチの長ささえ苦にならなければ
今やもみじ谷周辺はワンダーランドだ。
金剛山って、ほんとにいろんな楽しみ方ができる山だよなぁ。

その他の写真は以下より。
20180811-65.jpg
ジオグラフィカ+GPSログ

20180811-1.jpg
青崩の石筆橋にて
東洋のハイビスカス「ムクゲ」 帰ってから調べた。

20180811-2.jpg
朝の光線が好き

20180811-3.jpg
普段は気にもとめないような花を女性陣が熱心に撮っていた。

20180811-4.jpg
シズル感が。

20180811-5.jpg
堰堤脇の舗装林道を行く我々

20180811-0.jpg
入渓してすぐ。

20180811-6.jpg


20180811-7.jpg
気持ちの良い美しい滑(ナメ)が続く

20180811-8.jpg

20180811-9.jpg
ザッバ~っと涼しげ。

20180811-10.jpg
沢ルートならではの足場を考えつつ歩くのってとても楽しいなぁ。

20180811-11.jpg

20180811-12.jpg

20180811-13.jpg
終盤ではあるが、イワタバコがあちこちで群生していた

20180811-14.jpg
イワタバコ

20180811-15.jpg
石ブテ東谷ルート側  こちらもご無沙汰している

20180811-16.jpg

20180811-17.jpg

20180811-18.jpg
上の丸滝を除くとルート上、最大の滝

20180811-19.jpg

20180811-20.jpg

20180811-21.jpg

20180811-22.jpg

20180811-23.jpg

20180811-24.jpg

20180811-25.jpg

20180811-26.jpg

20180811-27.jpg

20180811-28.jpg

20180811-29.jpg
「下の丸滝」
左右どちらからでも巻けるようになっていた。

20180811-30.jpg

20180811-31.jpg
ついにラスボスの「上の丸滝」に到着

20180811-32.jpg
落ちないようビレイしてもらえたら直登したくなる壁だ。
昔はこの壁直下でおろくさんがよく発見されたらしい。

20180811-33.jpg
上から見るとこんなに高所。中央にはみねごんの姿が見える

20180811-34.jpg
緊張を強いられる登りだ。

20180811-38.jpg

20180811-35.jpg

20180811-36.jpg

20180811-39.jpg
うっちぃさんは余裕

20180811-40.jpg
通称、アリ地獄

20180811-41.jpg
自然の造形

20180811-42.jpg
ナメ地獄

20180811-43.jpg
最後の最後まで・・

20180811-44.jpg
なんやの、このトラロープは!

20180811-45.jpg
無事、六道の辻を経て大日岳に向かう

20180811-46.jpg
大日岳のオニユリ

20180811-54.jpg
大日岳に到着

20180811-53.jpg
到着直前まで無線をやっている人の気配があったのに、大日岳到着と同時に姿が消えた。
ちらっと赤いザックが見えたかと思うと青崩道側前方でガサゴソガサゴソ音がして
もしかして雉撃ち?と思ったものの、姿を見ることもないまま消えてしまった。
ちなみにJH3JFFさんではありませんでした。

20180811-55.jpg
みねごん特製トレイルミックス。専用ケースがイイね!

20180811-48.jpg
国見城址広場が見える  思ってた以上に大日岳から距離がある感じ。

20180811-49.jpg
奈良側から眺める大日岳

20180811-47.jpg
ベンチのある木の周辺に我々の姿を確認

20180811-50.jpg
国見城址側から見る大日岳

20180811-51.jpg

20180811-52.jpg
arajinさんと今年3月以来の久しぶりの再会

20180811-56.jpg
捺印所は西田さんでした。

20180811-64.jpg
13時のライブカメラにて
ライブカメラのカメラが変わってから縦長になっているのでアスペクト比を調整。
ビデオカメラじゃないのか、ナイトビジョン機能が無く、薄暗いと人が判別しにくくなったが
維持できてるのもボランティア労働で自腹設置してくださっている管理人まっくんさんのおかげ。

20180811-57.jpg
もみじ谷取り付きまで戻って第六堰堤上部へ回り込む尾根道にて。
女性陣はどんぐり坂にて。

20180811-58.jpg
第六堰堤で女性陣と合流後、谷を下る

20180811-59.jpg

20180811-60.jpg
流行りのぼっくりアート

20180811-61.jpg
カヤンボにて
トラロープをぶら下げたarajinさんに、アブが数匹付きまとう

20180811-62.jpg
前方にヤマドリを発見

20180811-63.jpg
モンシロチョウ
[ 2018/08/13 20:40 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(12)
今回はお付き合いできなくて残念でした。
それにしても 毎年この盆休みの時期は山の天気は不安定ですね。(*^^*)
私も結局は高い山は登れずでした。
沢ルートは夏は涼しくていいかもですが
足元が滑るんで苦手です。
服部文祥さんがチェーンスパイクを履いて沢を登っているのを
以前にテレビで見てこれなら滑らずに歩けると思いました。
今度、機会があれば真似しようと思っています。
[ 2018/08/14 21:47 ] [ 編集 ]
おつかれさまです。
orisさんも高山にはまだ行けてないのですね。
これはもはやタイミングというより運ですね。
やっぱり盆休みは下手に動かないほうが良いのかもしれません。
過去にもほとんど活動してませんから。
9月からの一ヶ月余りが本番ですね。
沢ルート、水質によっては岩がヌルヌルってことがないところもあります。
丸滝は水がキレイで滑らない部類ですよ。
今年は沢でチェーンスパイクを付けている方をよく見かけます。
刃先が丸いとつま先立ちみたいになって逆に滑りやすいんですけどね。
[ 2018/08/15 15:48 ] [ 編集 ]
こんばんは、初めてもみじ谷登ったとき
本流の最後の劇登りで、初心者だった俺は
ロープ頼りで登ると 切れました
涙目になるぐらい痛い目にあった事
おもいだします
今のもみじ谷は下りも歩き易く有難いです

「いつまでも、あると思うな、親と金とお助けロープ」
なかなか ナイスです
[ 2018/08/15 20:38 ] [ 編集 ]
今日の金剛山の動画のなかで
Geographicaの音声聞こえてましたね
俺もよく登山者とすれ違った時、
音声でたら 何?
とよく聞かれます
ひょっとしたら、Geographica広がるかな?
[ 2018/08/15 20:58 ] [ 編集 ]
こんばんは。
えっ!掴んでいたロープが切れた経験がおありですか。
本流最後は鳥の餌場以外に2俣に分かれていて、現在はどちらも登りやすそうです。
先日、もみじ谷でびっくりしたのは真新しいトラロープだらけだったことです。
いろんなところに取り付きがありました。
[ 2018/08/15 22:12 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり、Geographicaの音声です!
最近活用しまくってますが、先日の丸滝谷では一部ログが飛んでるところがあり、GPS専用機だったら飛ばなかったのではないかなと思っております。
Geographicaがどうこうじゃなく、スマホのGPSの精度なわけですが。
ブログに貼ってあるログの画像は、飛んでいた部分を補正しております。
ちょうど上の丸滝の部分が飛んでました。
それにしてもGeographicaはよくしゃべってくれるので楽しいです。
10時になると「下山したら何食べますか?」って言うのだけはやめてほしいなと。(^^ゞ
まだ登ってるとこやし~、下山してからじゃなくて上で何か食べるし~って。
[ 2018/08/15 22:16 ] [ 編集 ]
今までGeographicaを使用していてログが飛びんだことわないですね
アプリの取り入れた時期により設定の内容が少し違うみたいですが
俺と同じにしてみてわ
設定 一般のGPS精度(精度優先)
トラックの記録タイプ(自動)
記録頻度の(標準)ここは 粗 でわかなり荒いですので標準でいいです
スピーチのインターバルスピーチで時間は10分にしています
シェイクスピーチは振動とか衝撃とかで喋るのでウザいです
[ 2018/08/16 05:19 ] [ 編集 ]
設定を確認しましたが、pinksapphireさんとまったく同じ設定になっておりました。
インターバルも10分で同じくです。(^^)
私はiPhoneXなのでGPS、グロナス、みちびきも受信できるはずです。
Android機はGPS精度に機種によるばらつきがかなりあるみたいです。
[ 2018/08/16 21:27 ] [ 編集 ]
その日によってヤマレコmapだったり山と高原地図でログとったり色々変えてますけど、Geographicaも使うことがあります。
無料版ですけど(^^;)
ピヨピヨ音は鳴らないようにしてるけど、いろいろ喋ってくれるのは面白いから聞きながら歩いてます。
ログ精度はどれも変わらない。
当然か
[ 2018/08/16 22:03 ] [ 編集 ]
考えられるのわ 機内モードです
機内モードをオンにすることで、停止される通信は主に以下の4つ。

・キャリアによるデータ通信
・Wi-Fi
・Bluetooth
・GPS

以前ヤマレコで機内モード ONでログが取れてなかったことがあります
それ以来機内モード は入れません


[設定]>[プライバシー]>[位置情報サービス]をONに
Geographicのアプリの(常に許可)になってますか?
[ 2018/08/16 22:35 ] [ 編集 ]
ヤマレコマップの足あと機能も便利ですよね。
無料会員なのでいちいちエリアを読み込ませる準備が煩わしいですよね。
私も補助的に行く山(バリ?)によっては利用しています。
ジオグラフィカは有料版に昇格させました。(^^)
キャッシュの容量増くらいのメリットしか無いんですけどね。
ログの精度はスマホの仕様次第ですね。
[ 2018/08/17 17:09 ] [ 編集 ]
なっています。
iOS(iPhone)の場合、バージョン8.3以降は機内モードでもGPSがオフにならなくなりました。
最新バージョンは11で、もうすぐ12になります。
山ではほとんど電波圏外なので、登山開始時から私は機内モードにしていますが、最近はOSが賢いのかハードの性能なのか、オンラインにしていても電池の消費があまり変わりません。
Android機の場合はGPSの精度のばらつきが大きいので機種選びでは苦労しそうですね。
防水性と電池の持続時間という課題が解消した最新のiPhoneは最強かと思っております。
ジオグラフィカの記事を書こうと思っておりましたが、もう出尽くした感がありますのでやめておきます。(^^ゞ

[ 2018/08/17 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)