FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

大峰山系 笠捨山 (2018.6.2) 

20180603-0.jpg
南奥駈 笠捨山山頂にて

良い意味で想像と違った南奥駈道

【ルート】
 白谷トンネル東口-行仙岳-行仙宿山小屋(佐田辻)-涸池-老杉-笠捨山
 -佐田辻ー林道-白谷トンネル東口


近畿百名山、第56座目。
さすがは大峰南奥駈道、なかなかハードだった。

おくればせながら南奥駈道を歩くのは初めてである。
南奥駈道は縦走でつないで行こうと思っていたが、
なかなか実行する機会もないので近畿百名山で南奥駈最深部の笠捨山へ。
勝手に想像していた南奥駈道は、明るいイメージの奥駈道に比べると
地味で登山道は狭く、うら寂しく、じめじめ鬱蒼としていて、夏にはヤマビルは出るわ、
ヤセ尾根のアップダウンの連続で、どちらかというと暗いイメージ。
もうこれ以上無いというほど酷い事をぜんぶ書き出してしまったけど。。(^^ゞ
ところがどっこい真逆とまでは言わないけれど、行ってみたらぜんぜん違った。
南奥駈道のほんの一部なので、総合的にはどんなイメージかは異なるかと思うが。
地図には無い「何コレ?」発見もいろいろあった。
次の用事があったので15時には下山完了するという時間制限付きだったため、
道中で発見したスポットなどの確認ができなかったのは心残りだったかな。

前回の千ヶ峰の出だしは延々と舗装林道、今回は延々と鉄階段スタート。(^^ゞ
国道425号線を白谷トンネルまで標高825mも高度を上げたところに登山口があった。
トンネル方向を見上げると、そんなに登らなくてももうそこが稜線では?
と思えるほどユルユルな登りなんじゃないかなと思いきや、
山と高原地図のコースタイムでは一時間となっているではないか。
登りやすい階段中心にもかかわらず、たっぷり一時間かかってしまった。
もうこれだけで金剛山に登れてしまうね。。
行仙岳へは、分岐から5分だと書かれてあったのでピストンで行ってみたところ
電波中継塔などの人工物だらけでがっかり。
そもそも階段や電柱は、この施設の保守のためのものだろう。
気を取り直して分岐まで戻り、いよいよ南奥駈道歩きとなる。
途中、「継の窟」へ下るポイントがあって、太いロープが垂れていたり
テーピングがあったが時間も無いのでスルー。
南奥駈道を整備してらっしゃる新宮山彦ぐるーぷさんの行仙宿小屋は
至れり尽くせり何でも道具類は揃っていて電気も点く快適な山小屋で、
どこかよそのお宅にお邪魔するような感じ。
一泊2千円で利用できるようで、縦走者にとってはオアシスだろう。
さて、今回の南奥駈道区間であるが、ヤセ尾根、細尾根はほんの少しで、
ほとんどが開放的で明るい快適なトレールだった。
しかし、アップダウンが多くてけっこう体力が消耗。
最後に大きく下って笠捨山への登り返しはきつかったなぁ。
山頂は展望もあったが、そんなに広くもなく、日陰も風もあまりなく
休憩するのはもっと良い場所がたくさんあったので移動。
爽やかな風があって、木陰に居ると寒くなってくるほど。
地図上ではぜんぜん距離を歩いてないように見えるが、
折返しを考えると今日は笠捨山より先へ足を伸ばす気はない。
笠捨山山頂周辺をもうちょっと散策したかったけど、
今日のタイムリミットを考えるとお昼休憩の時間に30分くらいしか残らず。
それでもやっぱり一時間休憩してしまった。
下山は時間短縮のため、行仙宿小屋から新宮山彦ぐるーぷさんの補給路にて。
大峰らしい山歩きを堪能できたかな。

その他の写真は以下より。
20180603-3.jpg
山と高原地図2015年版+GARMIN GPSログ
だれが担当したのか、コースタイムは辛口すぎやろ

20180603-2.jpg

20180603-1.jpg
行仙岳付近のログ(反時計回り)
最近歩いている人のログがあったが、
赤い矢印のルートの取り付きが見つからなかった。

20180603-4.jpg
白谷トンネル(東側)の少し手前に登山口

20180603-5.jpg
登山口

20180603-6.jpg
取り付きだけ鉄階段なんだろうと思いきや。。

20180603-7.jpg

20180603-8.jpg
ここにも鉄階段

20180603-9.jpg

20180603-10.jpg
作業小屋(中は空っぽ)

20180603-11.jpg

20180603-12.jpg
延々と鉄階段

20180603-13.jpg
どこまでも・・

20180603-15.jpg
あそこが頂点か!と思いきや・・

20180603-16.jpg
八経ヶ岳方向を望む いい天気だ。 

20180603-17.jpg
これが最後の階段だったかな。

20180603-18.jpg
ややこしい分岐に登り着いたら、方向感覚と実際が異なっていた

20180603-19.jpg
白谷トンネルのほうから登ってきた

20180603-20.jpg
分岐から5分の行仙岳へも鉄階段

20180603-21.jpg
行仙岳に到着

20180603-24.jpg

20180603-23.jpg
隆起して斜めになった三角点

20180603-22.jpg
屋根部に大きなアンテナが建ってたのか基礎が残る大きな建物
他にも無線中継アンテナが多数あった

20180603-25.jpg
行仙岳山頂からは、釈迦ヶ岳に八経ヶ岳がバッチリ見えた
手前の尾根も南奥駈道 こりゃ遠いわ。。

20180603-26.jpg
行仙岳から戻って、いよいよここから南奥駈道歩き

20180603-27.jpg

20180603-28.jpg

20180603-29.jpg

20180603-30.jpg
赤い矢印のところに「継の窟」の木札があった

20180603-31.jpg
継の窟への取り付きには太いロープが、
行って戻って来れる時間が読めないので今回はスルー

20180603-32.jpg

20180603-33.jpg
なかなかゴキゲンなトレールである

20180603-34.jpg
どれが笠捨山だ?

20180603-35.jpg

20180603-36.jpg
立派な旅館のような山小屋に到着

20180603-37.jpg
新宮山彦ぐるーぷさんの行仙宿山小屋は半分営業小屋となっている

20180603-38.jpg
昨年から行方不明の遭難者情報

20180603-39.jpg
行仙岳宿小屋の中(日帰り休憩は無料)

20180603-40.jpg

20180603-41.jpg

20180603-42.jpg
新宮山彦ぐるーぷさんが作られた南奥駈道マップが貼られていた
イラストマップはこちらからダウンロードができる

20180603-43.jpg
行仙宿山小屋の前は「佐田ノ辻」
下山はここから補給路を使った

20180603-44.jpg
左手は涸池(からいけ)だとか

20180603-45.jpg
から池は、大蛇の住むという伝称の池だと書かれていた
ちなみに池らしい様子はなかった

20180603-46.jpg

20180603-47.jpg
右へ行くと旧郵便道(鉄塔監視路)で笠捨山をも巻いて
葛川辻に通じる難路だとか

20180603-50.jpg
大峰八大金剛童子の石碑に到着

20180603-48.jpg
石碑

20180603-49.jpg
立派なヒノキのたもとに石碑があった

20180603-14.jpg
あれ?石碑の場所が山と高原地図と異なっていた。
2018年版では改訂されているのだろうか。

20180603-51.jpg
快適、快適・・

20180603-53.jpg

20180603-54.jpg

20180603-55.jpg
迷い込みやすそうな尾根には表示板

20180603-56.jpg

20180603-57.jpg

20180603-58.jpg

20180603-60.jpg
下って、登り返しは多い

20180603-61.jpg

20180603-62.jpg

20180603-63.jpg
曲がった部分が地面に接触していないのがすごい

20180603-64.jpg
ついに笠捨山の全貌が見えたが、これ下って登り返すのか。。

20180603-65.jpg
反射板が山頂だと思ったら違った

20180603-66.jpg

20180603-67.jpg
登り返し中・・

20180603-68.jpg

20180603-69.jpg

20180603-71.jpg

20180603-70.jpg
反射板の広場が見えた

20180603-72.jpg
反射板広場

20180603-73.jpg
反射板への分岐から100mほど移動してついに山頂へ

20180603-74.jpg
笠捨山山頂

20180603-75.jpg

20180603-76.jpg
ピストンで行仙宿山小屋まで戻ってきた
途中、真新しい山と高原地図を手に持っただけ程度の手ぶらの男性と遭遇。
そのまま笠捨山へ向かっていったが、飲み物もなくて大丈夫なのだろうか。
山小屋の宿泊者だったのかもな。

20180603-77.jpg
水場から若い男性が、水10リットル?ほど汲んで登ってこられた。
新宮山彦ぐるーぷの当番の方かもしれない。
補給路にて下山。

20180603-78.jpg

20180603-79.jpg
ん?上の何だ?カエルか?谷?この谷の名称?

20180603-80.jpg

20180603-81.jpg

20180603-82.jpg
左の補給路へ

20180603-83.jpg
思ったより長くて時間がかかった

20180603-84.jpg

20180603-85.jpg
垂直に近い苦手な階段

20180603-86.jpg
未舗装林道に着地

20180603-87.jpg
Check [ 2018/06/04 21:09 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(12)
展望の開けた場所も所々にあるように思えましたが、そうでしょうね。
ただ、登山口までが遠いのがキツイところに感じます。
奥駈道、本当に長いと感じました。
[ 2018/06/04 22:21 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんは!お元気ですか?お久しぶりですね。
南奥駈道、意外と初めてだったのですね。私も去年北部(吉野~太古の辻)を繋いだのですが、南部は登山口が遠いのでなかなか歩く気がおきません。
またどこかでお会いした時はよろしくお願いしますねヽ(^o^)丿
[ 2018/06/04 22:31 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。
南奥駈、私も過去に何度かトライした事あるんですが、
脱水症状になったり、あまりいい印象もらえなかったんですよねぇ。。。
車で遠いですし。
しかし、山彦ぐるーぷさんの努力には頭が下がります。
いつか小屋泊で縦走したいもんです。
行仙小屋、笠捨山、写真が多く参考になりました(^^)v
[ 2018/06/05 03:49 ] [ 編集 ]
南奥駈道は静かにあるける大峰って感じで良かったのですが遠いですね。
前鬼から登ったときにも遠いと思いましたが、さらに奥地でしたから。
縦走でつなぐというのはたいへんな試練かと思います。
できればのんびり少しずつつないで行きたいところです。
[ 2018/06/05 06:35 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております。
KOBO TRAILなど精力的に歩かれてらっしゃいますね!
南奥駈道までのアクセスが遠くてなかなか思いきれないですよね。
私もそうでした。
前鬼から歩くにしても太古の辻まで上がったところでもうここまでで良いやってなってしまいます。
暑くなってくるとほどほどの距離にしとかないとしんどいですわ。
しーさんもお気をつけて山を楽しんでください。
どこかでお会いできますように!
[ 2018/06/05 06:36 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
初めての山域で最初に脱水状態になったりするとトラウマになりますよね。
私の場合、赤井谷から釈迦ヶ岳がそうです。
アクセスが遠すぎて、日帰りだと歩くのに時間がかけれないですが、小屋泊で車2台デポなどの作戦ができればけっこう歩けそうに思います。
そういえば下山後、どこかの山の会の車が停まっていて、私の今回の取り付きから前鬼への工程を一泊で歩く計画書がワイパーに挟んでありました。
前鬼からの登りはきついですが、私の体力だとこの逆パターンなら日帰りでもありかなと思いました。
新宮山彦ぐるーぷさんの小屋は当番がいらっしゃって営業小屋なのがとても良い感じです。
私も泊まって縦走してみたいです。
[ 2018/06/05 06:36 ] [ 編集 ]
2012年の秋に登った写真を見ると行仙岳の一番大きい電波塔はまだ立っていました。笠捨山への道は何回か登りましたが、何でか知らないが疲れこむ道ですね。補給路から往復が一番楽そうです。
[ 2018/06/05 06:55 ] [ 編集 ]
大きな電波塔の代わりにか、すぐ近くの別の場所に指向性パラボラアンテナや八木アンテナが多数設置された設備がありました。そちらもけっこう電力使うみたいです。
あまりにも設備関係の場所が広くとってあるので、反対側に林道でもあるのかと思ったのですが、グーグルアースでは見当たりませんでした。
南奥駈道は疲れやすそうですね。
笠捨山以南はもっとハードのようですね。
次回歩くとしたら未踏区間つなぎになると思います。
[ 2018/06/05 20:02 ] [ 編集 ]
南奥駈道はなかなかハードだったでしょ。
今年、車をデポしながら繋ぎましたが、しんどかったです。
小さなアップダウンがボディブローのように体力を奪っていきますから・・。
6月2日は天気も良くて暑かったから、尚更しんどかったのではないでしょうか。

ちょうど僕は滝畑の権現山とゴジラ岩を見に行ってました。
キバラーさんが数年前に行っていた所です。
気になっていた場所でしたが、「やっと・・・」という感じでした。
[ 2018/06/06 23:15 ] [ 編集 ]
ヨー君のブログを以前に読みましたが、実際に歩いてみないとわからないもんですね。
奥駈とその続きの南奥駈とは雰囲気は違うとは思っていましたが、歩いてみるとそのハードさは違いますね。
ログ的にはたいして歩いていないのに疲れました。
前鬼から行仙岳間を歩くとしたら、逆方向、前鬼に向かって歩くと思います。(^^ゞ

権現山はよく覚えていますがゴジラ岩の記憶がありません。。
またブログ拝見させていただきます。
[ 2018/06/07 06:41 ] [ 編集 ]
 南奥✘は人知れず静かです。
でも台高に比べて避難小屋は要所にあるので分割縦走は可能です。
ヒルとたまに熊もいます。それくらい自然いっぱいの縦走路です。
行仙宿は僕らの時は確か1000円だったような管理の人も居てグループ参加の誘いもあったような。ピースが足りないので残りそのうち歩きたいです。ちなみに僕らはテントと水10ℓは必ず持っていきました。
[ 2018/06/09 01:59 ] [ 編集 ]
南奥駈はいつもガスっているイメージでした。
静けさも寂しいほどに思っていたのですが、晴れていると奥駈道の明るさと変わらない気がしました。
ヒルに熊に、スズメバチに最近ではマダニまでもが山登りの驚異。
なかなか自然との対峙は厳しいものなのに、なんとかそれらに会わずに過ごせています。
宿代は値上がりしたみたいですね。
行仙宿は水場もあり、タンクもありで水には困ら無さそうでした。
他の小屋も水場のあるところに小屋があるって感じですね。
テントに加えて10リットルの水はお二人でも重量級ですね。
[ 2018/06/09 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ