FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

東京新聞 『すぐそこにある遭難事故』 金 邦夫 著 

20180530-1.jpg
「すぐそこにある遭難事故  奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」

道に迷ったら下るな、登り返せ!

このところ気になる遭難事故があちこちの山域で発生したのは
山登りをやっている人にはすでに周知のことだろう。
そしてこれがまたすぐに見つからない。
原因のほとんどが、道迷いか滑落だ。
知らない山で道に迷ったら下ってはいけない。
四方八方、無数に枝分かれしてどこに着地するかわからない。
それが深いゴルジュの谷とかだったりしたら探しにも行けない。
登り返して尾根にでも出れば、ほとんどの場合すぐに見つけられる。
滑落して意識があるけど動けない場合はどうすればよいか?
そんな場合は発煙筒(発炎筒ではない)など狼煙(のろし)を上げる
という方法が有効なのだが。。

東京から近い山というと高尾山くらいしか思いつかない。
そんなに深い山域なんて無いんじゃ?くらいに思っていた。
奥多摩って名称は聞いたことはあるけれど、
関西から遠いし、縁もゆかりも無さそうなので考えたこともない。
これまでいろんな遭難事例の本を読んできたが、
なぜ奥多摩という関西人からすれば一生行かないかもしれない山域の遭難事例の本を
買ってまで読もうと思ったのか?
きっとどこかのサイトに「あなた、こんな本を読みたいんじゃない?」
みたいにオススメとして表示されたかナニカかだろう。
いや、仮にそうだとしても、1,400円+税もする本を気軽にポチるわけがない。
こんな大金を使うのはもうちょっと慎重ですよ。(^^ゞ
表紙にナニカ不思議と惹きつけられるものがあったのかもしれない。
とにかくこの本を買うしかない!と思ったのは確かだ。

読み始めると、いままで読んだどんな遭難本よりも描写がリアルで
読みやすく、続けてどんどん読み進んでしまう。
それにしても山では予想外なことが起こるんだなぁと戒めになった。
慣れからくる油断にも気をつけないと行けない。
明日は我が身という思いしかない。
先日の千ヶ峰の山行の下山中、谷へ向かって急な下りのへつりトラバースで、
何でもない小さな石につまづいてしまった。
とっさにそばの立ち木を掴んで転倒を免れたがあわや滑落。
はたまたその前の山行では、
なにげに横を向いたとき、折れて尖った木の枝が顔のすぐ横に突き出ていたため、
頬をスライドしてゴリゴリっと擦ってしまった。
もう少しその枝が上だったら、メガネの横からスライドしてきて眼を突き刺していたかもだ。
腐った杉の木が突然倒れてくるかもしれない、上から枝が落ちてくるかもしれない、
その時にたまたま上を見上げてしまって・・
はたまた落石の直撃に遭うかもしれない。
映画「ファイナル・デスティネーション」シリーズみたいに本当にどこに罠があるかわからない。
登山中は本当に真剣勝負だ。
最後まで気を抜けないということを、このような本を時々読んでみては教訓としたい。
それにしても読み応えのある本で、そばに置いておきたい一冊となった。

さて、今晩も寝る前に続きを読もっと。
まだ全部読んでなかったんかい!って?(^^ゞ

20180530-2.jpg
Check [ 2018/05/30 21:34 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
登山って危ないですよね。
キバラーさんも僕と同様に一人で行くこともあるので、その時は慎重にならざるを得ないけど・・・。
たくさんで行っても誰かが怪我をすると大変ですよね。
以前の百里が岳の僕のように・・・・あの時は残雪で滑って大転倒。
足首を大きくひねってその瞬間から大きく腫れました。
雪で冷やしてテーピングをして何とか帰ってきましたが、大変でした。
それでも登山はやめられません・・。
[ 2018/05/31 00:09 ] [ 編集 ]
百里ヶ岳、そうだったのですね。
一寸先は闇なのは日常生活でもそうだとは思いますが、山ではそのリスクがより高いってことを慣れてくるとつい忘れがちになりますよね。
この先、どんな罠が待ち受けていることでしょうか。
[ 2018/05/31 06:35 ] [ 編集 ]
「すぐそこにある遭難事故」(金邦夫 著)

新刊でしょうか。けっこう膨大な蔵書を貸し出している堺市各区、他、
中央図書館等にも在庫がありません・・><・・

それはさておき7割~8割方、単独登山の私はいつも気を
つけての行動は必須です。
過去に八合目付近の尾根筋の登りで隣りの尾根と鋭角に交差する部分に
気付かず登頂。

下山時に左右どちらの尾根かでおおいに悩んだ苦い体験もあります。

以後ややこしい分岐ではポケナビ(GPS)入力
赤の紐を巻きつけるなどこころがけています。

登山計画を書いて家族や登山届のポストに・・・・
予定を変更した時は携帯の圏内なら連絡を入れる。

金剛山でも!出合った登山者には声を掛けるようにこころがけています。
挨拶だけでもいいのですが
お互いが遭難した時?印象を残す意味もあります。

ほぼ心配のいらない金剛生駒国定公園(ダイトレコース等)
以外では熊除け鈴、ホイッスルも常備して沢に滑落の骨折等に備えます。
非常食(水)や雨具も持つと安心(軽量化とバランスも大事)

でとりとめのない内容、ご容赦下さい。
[ 2018/05/31 21:59 ] [ 編集 ]
まさか を考え過ぎると、荷物が増えすぎますし、、、雪山登る時に、テントと寝袋を担いでました。日帰りなのに、、、
事故があった時に、あーだこーだと批判されるのは覚悟してますが、最低限の道具は持っていたいです。ツェルトと地図くらいは、、、多少の痛みならロキソニン3錠で15分は痛みなして下山してきた経験あります。6錠で30分なら、かなりくだれました。
[ 2018/06/01 00:04 ] [ 編集 ]
新刊のようです。
図書館にはまだありませんでしたか。
JH3JFFさんでも難しい局面がある山があったのですね。
どこの山だったのか知りたいです。(^^)
さすがに慎重に登ってらっしゃるのですね。
ホイッスルは必携だと私も思います。
全ザックに常備しています。
参考になるJH3JFFさんの対策を披露していただきありがとうございました。
[ 2018/06/02 22:17 ] [ 編集 ]
そうなんですよね。
あれもいる、これもあると便利なんて思うとすぐに重量増となって跳ね返りますね。
ロキソニンを飲みつないでって。。不謹慎にも笑いました。
どんな怪我だったのか気になるところです。
足攣りか腰痛か何かですかね。
山でギックリ腰なんかになったらと思うと遭難に直結するだけに怖いです。
[ 2018/06/02 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ