FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

中国山地 千ヶ峰 (2018.5.26) 

20180526-0.jpg
千ヶ峰山頂にて

のどかぁ~。。はぁ。。

【ルート】
 新田ふるさと村-(水谷東コース歩道林道)-市原峠-(市原コース)-山頂-
 雨乞岩-(引き返し)-山頂-(石風呂コース)-作畑-不動の滝-新田ふるさと村


近畿百名山、第55座目である。
のどかな田園風景の中、新田ふるさと村を起点に舗装路をひたすら歩く。
いったいどこまで舗装林道が続いてるのだろうと思った。
水谷西コースの取り付きを横目に通り過ぎ、さらに進むと
水谷東コースの取り付きがあったが、このまま林道を歩くほうが楽やん?って思い、
さらに舗装林道を歩き続けることスタートから一時間半、ようやく市原峠に到着した。
ようやく山道となるが、整備されていてまるで遊歩道。
ワイルドな登山道を期待していたのに、下調べもしてなかったのでちょっと期待はずれ。
展望はそれなりにあるものの、穏やかな山並みがあるだけ。
う~む、何も特筆すべき事が無いぞ。。
地図にはない林道が張り巡らせる感はあった。
それにしても平和すぎる。。
山頂に到着すると、ベンチやポスト(登山者ノートみたいなのが入ってる)、
そして何やら「南無・・」と掘られた石碑。
眠くなってきた。。
山頂は影も無く暑く、このまま下りるだけではわざわざ遠くまできて後悔するので、
せっかくなので縦走路でありながら破線ルートの雨乞岩まで足を伸ばす。
別の登山道が合流してきているが、岩らしきものがない。
もっと先へと行ってみると、ポツポツと小さな岩が転がってる。
どうやらこれらの岩が雨乞岩らしい。
看板になにやから書かれていたが、ちゃんと読んでいない。
さらにもっと先まで進んでみたものの、たいして風景も変わらなかったので
雨乞岩(岩が無いほうの)まで戻って日陰で昼食を摂って昼寝。
先週とは違って気温も急上昇で汗びっしょりだったが、
日陰は涼しく汗も乾いた。
セミが早くも鳴きだそうとしていて練習中といったところだった。
縦走路の脇だったが誰も通らず。
再び山頂まで登り返しで戻り、興味深い名前の石風呂コースとやらで下山。
これがまさかの予想外。
取り付くやいなや踏み跡がほとんど無く、時々現れる看板だけが頼り。
いったいいつ石風呂とやらが登場するのかと思いきや、
ついぞ最後までそのようなものは無く、なかなかの難路を経て
真新しいコンクリートの堰堤のある林道に出た。
あとは日差し照りつける林道を作畑集落まで下山。
車道はほとんど車は通らないが、道からそれて不動の滝に立ち寄って・・。
水量乏しい滝はなんだかうら寂しい。
とにもかくにも、ただ歩きに来ただけという山だった。
ハーモニーパーク側から登ればもう少し楽しいらしいことが帰ってからわかった。
これほど平和すぎる印象の薄い山はかつて経験が無く、
単なる関西百名山の消化登山になってしまった感じが拭えない。
山頂からの展望は良かったよ。
あの人、いい人なんだけどねぇ、もひとつ面白みに欠けるかなぁって、
それって僕のことやん。(≧∇≦) んまに。。
そんな山。

その他の写真は以下より。
20180526-2.jpg
山と高原地図2013年版(氷ノ山)+GARMIN GPSログ
時計回り周回で、新田ふるさと村から市原峠まで舗装林道(` ´)

20180526-1.jpg

20180526-3.jpg
無料駐車場のある新田ふるさと村
BBQ場や蕎麦屋もあるが、戻ってきたらもう閉店してた。

20180526-4.jpg
舗装路は少しだけと思いきや・・

20180526-5.jpg

20180526-6.jpg
渓流沿いの舗装林道はほとんど車も通らない

20180526-7.jpg

20180526-8.jpg

20180526-9.jpg
ひたすら・・

20180526-10.jpg

20180526-11.jpg
こいつがやたらと妙な匂いを発していた

20180526-12.jpg
水谷西ルートの分岐をスルー

20180526-13.jpg
正面に突っ込めば水谷東ルート(山の中)

20180526-14.jpg
せっかく舗装林道があるので詰めることにした。(右へ)

20180526-15.jpg

20180526-16.jpg
ちょっと振り返る

20180526-17.jpg

20180526-18.jpg
東屋のところで水谷東ルートと林道が合流。

20180526-19.jpg
水谷東ルートは林道を横断して再び植林帯へ(市原ルートと後ほど合流)

20180526-20.jpg
何やらオフロードバイクのコースのようにも見える

20180526-21.jpg
市原峠に到着。数台のハイカーの車あり。

20180526-22.jpg
市原コースの案内図(完全に遊歩道)

20180526-23.jpg

20180526-24.jpg
ようやく山道に。

20180526-25.jpg

20180526-26.jpg

20180526-27.jpg

20180526-28.jpg
「岩の展望台」にて

20180526-29.jpg
この薄っぺらいナニカは何なのか。別の場所にもあった。
展望台になりきれず、東屋にもなりきれず、座ると狭く、スズメバチの巣付き。

20180526-30.jpg
遠くにピークが見えた。

20180526-31.jpg

20180526-32.jpg

20180526-33.jpg

20180526-34.jpg

20180526-35.jpg

20180526-36.jpg

20180526-37.jpg

20180526-38.jpg

20180526-39.jpg

20180526-40.jpg

20180526-41.jpg
山頂寸前で水谷西ルートが林道として合流してきた。

20180526-42.jpg
七不思議って何なんだ?
三谷コースが一番人気ということが帰ってから判明。(^^ゞ

20180526-43.jpg
山頂に到着。ニセピークじゃなかった。(^^ゞ

20180526-44.jpg

20180526-45.jpg
日差しが暑いのでスルー

20180526-46.jpg
あれは何だ?

20180526-47.jpg

20180526-48.jpg
暑いし。。

20180526-49.jpg
激下って・・

20180526-50.jpg
登り返したり・・

20180526-51.jpg
ここが雨乞岩って言われても。。

20180526-52.jpg
別の登山道が左から合流

20180526-53.jpg
さらに奥へ行ってみると小さな岩が少し

20180526-54.jpg
もっと先へ進んでから引き返し

20180526-55.jpg
影絵

20180526-56.jpg
山頂まで登り返してきて振り返る

20180526-57.jpg
石風呂コースに突入するも踏み跡が無く看板だけ

20180526-58.jpg
いろいろ目印付けてくれるからわかるけど、踏み跡薄すぎ

20180526-59.jpg

20180526-60.jpg
この看板や、誰かが付けた目印が無いと迷いそうなほど広大

20180526-61.jpg

20180526-63.jpg

20180526-62.jpg

20180526-64.jpg
この看板を疑わず左の谷へと下山したが、山と高原地図どおりのルートも存在した感じ。

20180526-65.jpg
看板はあるが、踏み跡が無い
そしてこの後は難路に。。
もうすぐ暑くなるとヒル地獄になりそうなステージだった

20180526-66.jpg
ようやく林道に着地

20180526-67.jpg
暑いなぁ。。

20180526-68.jpg
車道から外れて不動の滝を経由して駐車地へと戻る

20180526-69.jpg

20180526-70.jpg
せっかくなので不動の滝を見に行くが。。

20180526-71.jpg
水量も弱いのでそばまで行かずに引き返した。
[ 2018/05/28 22:13 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(8)
お疲れ様でした。
前回の竜ヶ岳とは全然違って、何にもなかったっていう感じがヒシヒシと伝わってきた記事でした。(^^;)

人にも会わなかったのでしょうか?
[ 2018/05/28 22:35 ] [ 編集 ]
わかりました?!(^^ゞ
何もないのが良いっていう山もたくさんあるんですけどね、今回は僕と相性悪かったみたいです。(^^ゞ
人ですが、破線ルートを前方(高坂峠、飯盛山)方向から走ってくるトレラン男性1名と山頂付近で遭遇。
他には市原峠に車は3台あり、今まさに登る準備をしてらっしゃるファミリーがおられましたよ。
[ 2018/05/29 06:20 ] [ 編集 ]
マイナーな山でも地図を眺めていると
一度は行ってみたくなるんですね。
で、実際に行ってみると有名じゃない理由がわかるんです。
たいていは印象に残らないことが多いですね。(*^^*)
それでも、行かないとわからないこともありますから行くべしです。
私はがっかりしないように下山後に温泉があるとか
美味しい店に行くとかセットにして保険をかけるようにして
マイナーな山は行くようにしています。^ ^
[ 2018/05/29 18:23 ] [ 編集 ]
たぶんこんなんだろうと行ってみると、いい意味でも良くない意味でも期待を裏切ってくれるところがサプライズで楽しいです。
特に今回は地図にない林道が張り巡らせられていてがっかり。
(^^ゞ
でも、三谷からだとワイルドで楽しそうだったり。
私も下山後の楽しみを考えていますが、たいがい僻地だと店が閉まるのが早くて。。
今回も駐車場のそばに蕎麦屋があったのもかかわらず、閉店一時間後に帰着したのであえなく。。。
[ 2018/05/29 19:17 ] [ 編集 ]
ヒル注意の看板があるくらいですから相当な生息数なのでしょう。
雰囲気は里山ですね!
仰る通りコメントも難しく感じました。
[ 2018/05/29 22:28 ] [ 編集 ]
ヒル注意看板があるくらいなので、このあたりの山域はどこもかしこもヤマビルだらけなのでしょうね。
ここから近い雪彦山で、以前、小雨になった中を下山中、10m歩くたびチェックしなければならないほどたくさんいました。
そうですね、どちらかというと近場の方の里山、遠足で登る山という印象でした。
[ 2018/05/30 20:15 ] [ 編集 ]
「笠捨山・1353m」方面を堪能さてたご様子画像と文面で拝見出来ました。

私は18年前、GW 2000/4/29 前夜、白谷トンネル東口の広場で車中泊、翌朝
①「行仙岳・1227m」~②『笠捨山』~③「地蔵岳・1250m」の往復、

R-168旭橋~関電旭ダムの駐車場で2回目の車中泊、4/30、峠の登山口

~④「釈迦ヶ岳・1800m」~⑤「空鉢ヶ岳・1710m」~⑥「孔雀岳・1779m」
~⑦「仏生ヶ岳・1805m」のピストンで山ラン(山頂無線)でした。

笠捨山の山頂で偶然出会った3人グループと記念撮影!いまも当時のアルバムを
見ると懐かしく思い出します。
[ 2018/06/05 15:22 ] [ 編集 ]
18年前と今との様子にずいぶん違いがあるのではないでしょうか。
それにしてもその頃から山ランで歩き尽くされてらっしゃったのですね。
またそのあたりのお話をお会いしたときにお聞きしたいです。
[ 2018/06/05 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)