FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

鈴鹿山系 竜ヶ岳 (2018.5.20) 

20180520-0.jpg
竜ヶ岳 表道にて  ※こーやさん、みねごん、orisさん、キバラー

【動画編】


青空と、ヒツジと、人・・。

【ルート】
 宇賀渓-(遠足尾根)-竜ヶ岳山頂-(表道)-石榑峠(いしぐれとうげ)-
 小峠-(本谷)-長尾滝-五階滝-宇賀渓


朝2時半起き、3時半に家を出て4時集合。
西名阪、名阪国道、東名阪と乗り継いで四日市ICから。
起点の宇賀渓キャンプ場の駐車場に着いたのが6時過ぎ。
登山届を出して、スタートは6時40分くらい。

前回、竜ヶ岳に登ってから早いもので、もう5年も経ってしまった。(@@;
それでもまだ記憶に新しいが、距離感については写真に撮ってなかった部分などは
忘れている箇所もあり、意外に長く感じたり。
今年は竜ヶ岳のシロヤシオの当たり年?とかで、
すでにたくさんのレコが上がっていたので、
すっかり行った気になって・・じゃなくて、
そろそろ空いた頃かな?と思いきや、すごいハイカーの数だった。
竜ヶ岳は何も無い時期に登っても山頂周辺の開放感が抜群。
まるで剣山や三嶺のような四国の山々を連想させる芝生広場のような篠藪で、
コンディションが良ければ東に伊勢湾、西に琵琶湖という海も湖も同時に望める。
シロヤシオが咲き誇ると、まるで羊の放牧のように見えるということで、
さらに魅力がアップするという、鈴鹿山系の中でも屈指の人気の山だ。
羊の放牧は他ではめったに見れない眺めではないだろうか。
集まる人の多さにも驚いたが山頂の広さは十分で、100人載っても大丈夫!
行く前に、すでに行かれた方のたくさんのレコの写真を眺めただけでお腹いっぱい
なんて思っていたが、今回のようなハイシーズンに来てみるのもなかなか良かった。
あんなウェア良いなぁ、あのグッズもええなぁ、欲しいかも?などなど
人間ウォッチングも好きなので。(≧∇≦)
意外だったのが、竜ヶ岳山頂へ最も早いアプローチの表道の歩きにくさだった。
浮き石で二回も転けかけたし。。(コロけてな~い)
最後まで気の抜けない本谷もスリリングだった。
長尾滝、良かった。
水が澄んでいたのが印象的な沢だった。
砂山と中道が未踏なので次に来るときは歩いてみたい。
良い天気で最高の眺望だったので大満足だった。

下山後は源泉かけ流し温泉のアクアイグニスへ。
四日市IC前のオサレ王将で食事をして帰った。
高速料金は西名阪(藤井寺から)と東名阪で片道1,320円。
走行距離は約300kmだった。

その他の写真は以下より。
20180520-2.jpg
山と高原地図2017年版+GARMIN GPSログ(反時計回り周回)

20180520-1.jpg

20180520-3.jpg
宇賀渓キャンプ場(駐車場)はほぼ満車 06時15分 昔から500円

20180520-4.jpg
名水 竜の雫

20180520-5.jpg
林道、こんなに長かったっけ?コンクリート舗装されていた。

20180520-6.jpg
遠足尾根から取り付き、反時計回り周回をする

20180520-7.jpg
駐車場で貰える地図内の番号と対応している

20180520-8.jpg
つづら折れの植林帯尾根

20180520-9.jpg
ここだけ隆起したような岩ゾーン

20180520-10.jpg

20180520-11.jpg

20180520-12.jpg
竜ヶ岳ピークはまだあんなに遠い(左側ピーク)

20180520-13.jpg
四日市コンビナート

20180520-14.jpg

20180520-15.jpg

20180520-16.jpg

20180520-17.jpg
白山が見えた この日、御嶽山は見えず

20180520-19.jpg
新緑の自然林帯へ

20180520-20.jpg
ようやく森林限界?!を越えて眺望ゾーンに出た

20180520-21.jpg
竜ヶ岳山頂が見えたがまだ遠い

20180520-22.jpg

20180520-23.jpg

20180520-25.jpg

20180520-24.jpg
金山尾根を歩くハイカーが見えた

20180520-26.jpg

20180520-27.jpg
藤原岳のダークサイド

20180520-28.jpg
どうみてもケムトレイルでしょ

20180520-29.jpg
藤原岳の全貌

20180520-30.jpg

20180520-31.jpg

20180520-32.jpg

20180520-33.jpg

20180520-34.jpg

20180520-35.jpg

20180520-36.jpg

20180520-37.jpg

20180520-38.jpg

20180520-39.jpg
御池岳(テーブルランド)の全貌

20180520-40.jpg

20180520-41.jpg

20180520-43.jpg

20180520-44.jpg
山頂は人だかり

20180520-45.jpg

20180520-46.jpg

20180520-53.jpg

20180520-49.jpg

20180520-51.jpg

20180520-52.jpg

20180520-55.jpg

20180520-56.jpg

20180520-57.jpg

20180520-58.jpg

20180520-59.jpg
竜ヶ岳山頂に到着

20180520-60.jpg
山頂ではステイさん、ぽぉさん、よしまいさんがお出迎え

20180520-61.jpg
竜ヶ岳の山頂は100人乗っても大丈夫!

20180520-62.jpg
二週連続竜ヶ岳のぽぉさんは、今回は8の字周回中だった

20180520-63.jpg
みねごん特製カップケーキはヒツジ

20180520-64.jpg
ヒツジのショーン風クッキー

20180520-65.jpg
竜ヶ岳山頂看板前にて


360°写真

20180520-66.jpg
山頂を後にして表道経由で下山へ

20180520-67.jpg
琵琶湖(近江八幡側)

20180520-68.jpg
表道は人とすれ違いにくい

20180520-69.jpg

20180520-70.jpg
表道からの下山は気の抜けないズッコケステージだった

20180520-71.jpg
シロヤシオの花びら絨毯

20180520-72.jpg
重ね岩は向こうの岩

20180520-73.jpg
orisさんが頂点に

20180520-74.jpg

20180520-75.jpg

20180520-76.jpg

20180520-77.jpg
振り返ると重ね岩が見えた

20180520-78.jpg
石榑峠(いしぐれとうげ)

20180520-79.jpg
トンネルができるまでは峠越え酷道だったらしい

20180520-80.jpg
小峠から渓流沿いゾーンへ

20180520-81.jpg
流れる水の透明度が高く、大峰山系の前鬼並みに透き通っていた

20180520-82.jpg

20180520-83.jpg
気の抜けないへつりゾーンが多かった

20180520-84.jpg
本日最大の難所、垂直ハシゴ

20180520-85.jpg

20180520-86.jpg
長尾滝

20180520-87.jpg
もっとも存在感のある滝だった

20180520-95.jpg
※写真提供:orisさん

20180520-88.jpg

20180520-89.jpg

20180520-90.jpg
とにかく渡渉の連続 水量が増えると渡渉困難箇所もあるのでは?

20180520-96.jpg
※写真提供:orisさん

20180520-91.jpg
どうやって駆除を?!エリア?エリヤ?

20180520-92.jpg

20180520-93.jpg

20180520-94_20180524000644c7e.jpg
5年前はなんとか渡れていた吊橋が落ちていた
Check [ 2018/05/24 00:32 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(12)
僕は7時少し前から石榑峠より表道を往復し11時に石榑峠に帰って来ましたから逢うことは無かったと思いますが、帰りには同じ温泉アクアイグニスを利用しましたが残念でした。
放牧羊も少し黄緑色で遅かったです。お疲れさまでした。
[ 2018/05/24 07:11 ] [ 編集 ]
キバラーさんご一行、好天の鈴鹿セブンマウンテンの名峰
十分に堪能されたご様子拝見しました。

私も1年前の5/20(同じ日)石榑峠からの往復で
『竜ヶ岳』経由、北の
「静ヶ岳・1089m」「銚子ヶ岳・1019m」まで足を延ばし
山ラン(山頂無線)やはり好天に恵まれシロヤシオの羊の群れ?も最盛でした。

前日、5/19 はキバラーさんの「ザ・金剛登山」を参考にさせて貰い
「砂山・497m」、「『天狗堂・988m』『サンヤリ・958m』での山ラン山行を
懐かしく思い出しています。
[ 2018/05/24 11:13 ] [ 編集 ]
先日は往復の運転もありがとうございました。
とても、楽しかったです。
石榑の下りには、手こずりましたね。
今回とは逆で周回したほうがよかったかもですね。
確かに次は中道から登って、砂山を下りたいですね。
ですが、砂山への登りは辛そう。(*^^*)
これから、暑くなりますので
そろそろ私は近所の低山は夏休みになりそうです。
[ 2018/05/24 20:45 ] [ 編集 ]
惜しい!
同じ日に同じ山に登っていたのに会えなかったなんて。。
残念です。。
石榑峠からのピストンでしたか。
山頂より少し足を伸ばされてらっしゃったのですね。
下山完了が16時くらいで、その後20分くらいかけてアクアイグニスに向かいましたので、そんな時間だとどっちにしてもお会いできてませんよね。
ひと目お会いしたかったです。
行者還岳に通えば逢えますでしょうか?!
放牧ヒツジはあまり期待しておりませんでしたが、現地でナマで見るより見るほうが美しく見えるのは錯覚でしょうか。
最高の眺望がありましたので大満足でした。
[ 2018/05/24 20:50 ] [ 編集 ]
いつもご覧いただきありがとうございます。
静ヶ岳に加えて銚子岳にも行かれたのですね。
遠目にガレていて危険そうなところを通るみたいですね。
いやそれ、なかなかの健脚ですね。
石榑峠からだと遠足尾根に比べてコースタイムが一時間も短いので、その分余力があられたのでしょうか。
サンヤリから早くも一年。。
前回の竜ヶ岳から早くも五年。。
ブログに写真を残していると、ほんと昨日のことのようにリアルに思い出せるのに、毎年毎年時間が経つのが早すぎて怖いです。
[ 2018/05/24 20:51 ] [ 編集 ]
写真で見せていただくと蟻の行列にも似てるって感じました。
羊と呼ばれるだけの景色ですね!
機会があれば私も訪ねてみたいと思います。
[ 2018/05/24 21:19 ] [ 編集 ]
いつもキバラーはんのブログ楽しく拝見するしとります。

遠足尾根登山口少し登ったところでお会い出来たモンです。帰りにもすれ違い、関西の方ですか?とお聞きいただき、京都です、コメント入れますて言うた者です。

竜ヶ岳のシロヤシオは前日の風に飛ばされてヒツジさんは真っ白な感じではなかったけどよかったでんな。又、どこかの山でお会い出来たらええなあ^ ^
[ 2018/05/24 21:30 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした。
って、もう一週間も経ちましたね。
表道の下りにくさったら最悪でしたね。
乾いてると浮石で滑り、濡れてるとズルっと滑りで、どっちにしても滑るという。。
いつか中道さんと砂山さんに会いに行きましょうね。
え!もう山の夏休み入りですか!
[ 2018/05/27 00:29 ] [ 編集 ]
確かにです!
ヒツジの放牧に、アリの行進。
秋になると赤い子羊。
竜ヶ岳は個性的な山です!
未踏ならぜひ!
[ 2018/05/27 00:29 ] [ 編集 ]
先日はお声がけいただき、また、折返しのときにもお会いできてありがとうございました。
一日前はかなりの強風と寒さだったみたいで、一気に花が落ちたようですね。
それでも十分満足できる風景でした。
またどこかでお会いできますように!
ありがとうございます。
[ 2018/05/27 00:30 ] [ 編集 ]
先日国土地理院1/25000地形図から1009.5m三角点が消えました。
なんだかちょっと複雑な心境です。

竜ヶ岳の山頂は広くて開放的ですよね。
昨年秋に行ったときは、石榑峠から登って中道を下り小峠経由の周回でした。
下山はなかなかのアドベンチャールート(^^;)
[ 2018/06/02 00:23 ] [ 編集 ]
地図で確認しました。
2016年版の山と高原地図には1009.5m三角点書かれてました。
これが消えたってことは、ここまで侵食されてきたのですね。
着実に山が小さくなっていってますね。。
伊吹山も心配になってきました。
竜ヶ岳、あんなに広かったってことを忘れてました。
写真に撮ったシーンしか覚えてなくて、距離感が記憶に残ってませんでした。
中道を下山する人は先日も昼休憩中に何人かいらっしゃいましたが、通常は登りで使うワイルドなコースだそうですね。
とても気になるコースですが、今回は5年ぶり、次にいつ行くかは想像つかないです。(^^ゞ

[ 2018/06/02 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ