FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

比良山系 百里ヶ岳 (2018.5.5) 

20180505-0.jpg
百里ヶ岳山頂にて  看板の向こうはいかにも展望がありそうだが・・

ブナの新緑が美しく、静かに歩けるところだった

いつどこに自分の方向性を指し示すヒントが隠されているかわからない。
4月に開催されたチャレンジ登山大会のゴールでお会いした豊中のTさんが
関西百名山全制覇を目指して歩いているとおっしゃっていたの思い出し、
そういえば最近、特に登りに行きたいと思う山が思いつかず、
目標を見失っていた自分に、一筋の光明というかヒントになった。
行きたい山、登りたい山が見えなくなったとき、
関西百名山の中で未踏の山を選んで歩けば良いかなと。

今回の百里ヶ岳で、近畿百名山 第54座目となった。

そういえば鈴鹿10座も8座で頓挫したままで、
残る「日本コバ」と「銚子ヶ口」に、ヒルが出るまでに行こうと思ったが
行きたいという動機につながるスイッチが入っていない。
ちなみに関西百名山と近畿百名山というのがあって、
三分の二くらい同じ山がかぶっている。
なのでどっちを目標にすべきかが悩ましいところ。

遠すぎず近すぎずで方角的になんとなく北方向に行ってみたかった。
行きはスムーズで、京都東ICで下りてから湖西道路を少し走って鯖街道へ。
鯖街道から朽木小入谷までは細い道だったりの山道で時間がかかった。
登山口付近に着いてみると、過疎化が進む集落ではあるが
とてものどかで良いところだった。
そんなところでも路線バスが通っているので縦走する人も多い。
琵琶湖のまわりの山域、比良にあまり行かないのは、
正直、下山後の楽しみが少ないからだ。
温泉が少ない(実質、朽木てんくう温泉くらい)し、
食事処は夕方早く閉まるなどで立ち寄り処が無いために
下山後ただちに帰阪するしかない。
たまのプチ遠出なので、温泉と食事くらいはして帰りたいところだ。

ゴールデンウィークに大阪市内を越えて、ましてや比良方面など
帰りの超渋滞は想像できて余りあったが、想像以上だった。
名神、湖岸の161号、湖西道路、鯖街道が端から端までカチコチ。
そんなわけで、帰りはうまく山越えの抜け道して渋滞に巻き込まれなかったけど、
それはそれで時間がかかったので果たしてどっちが早かったのやら。。
例によって未踏の山は、駐車地と登山口とがどこなのか?
という程度の軽い下調べ程度で突撃し、現地でのサプライズを楽しみにする
というスタンスなのと、同じルートで戻るというピストンでは楽しみ半減なので
なるべく周回コースを計画するわけであるが、今回の周回コース、
現地で休憩中に地図を眺めていて気づいた。
なんと!下山ルートの大部分が舗装林道ではないか!(^^ゞ
実は今回の「百里ヶ岳」に関しては特筆すべきことがほとんど無かった。
全編を通してブナの新緑が綺麗だったし、とても歩きやすかった。
今日は自分だけの貸し切りかと思いきや、いきなり20数名の団体さんが
後からやってきたり、食事しているとチラホラ登山者が通過したり、
それなりに人気の山なんだなと。
山頂は360度開けていたが、さりとて何かが眺められるというほどでもない。
困った・・書くことが無いというか、うまく表現できない自分が悪いのか、
爽やかな山であったことは確かである。
ピークを取るだけであれば「おにゅう峠」まで車で行って駐車し、
ピストンすればそんなに登りもなくお手軽に到達できる。
逆に、公共交通機関(バス)で来られた方は縦走し、
木地山バス停めがけて下山するというコースになるだろう。
山頂で引き返す人も居たら、桜谷山方向の縦走路へ、あるいは逆から来た
ハイカーも居ていろいろだった。
そんな中、今回のハイライトとなる唯一会話をしたある単独男性と出会いについて
特別に書きたいが、あと800字くらいは必要になるので、追記に書けたら書きます。(^^ゞ

その他の写真は以下より。
20180505-63.jpg
山と高原地図2016年版+GARMIN GPSログ  ※反時計まわり周回

20180505-62.jpg
左端の先端がエビのしっぽ状なのは、
ブナ林があまりにも美しかったのであえて北側へまわりこんだ

20180505-1.jpg
昼の休憩(停止時間)は2時間弱くらい

20180505-3.jpg
百里ヶ岳登山口
※カメラがいつもと違ったので何やらよくわからない写真になった

20180505-4.jpg
新緑の出迎え
その後も延々とほとんど景色変わらず

20180505-5.jpg
イワカガミ

20180505-6.jpg
馬の背みたいな細尾根もあるが険しさは無い

20180505-7.jpg
ぜんぜん景色に変化が無い。。

20180505-8.jpg
このあたりの山域の石はサイコロ状に角ばっているものが多い

20180505-9.jpg

20180505-10.jpg
ブナの新緑をあびながら

20180505-11.jpg
植林帯との交錯

20180505-12.jpg
左:小入谷峠 右:百里ヶ岳 と書いているのだろう

20180505-13.jpg

20180505-14.jpg

20180505-15.jpg
譲葉(ユズリハ)

20180505-16.jpg
唯一の大展望ポイントはヤセ尾根

20180505-17.jpg
展望ポイントから眺める百里ヶ岳

20180505-18.jpg

20180505-19.jpg

20180505-20.jpg
もう書くことが無くなった。。

20180505-21.jpg
この分岐から山頂までコースタイム約40分はピストン

20180505-22.jpg

20180505-23.jpg

20180505-24.jpg
山頂直前の急登は息が上がる

20180505-25.jpg
ようやく山頂が見えてきた。あの向こうはすごい展望か?!

20180505-26.jpg

20180505-30.jpg
山頂到着! あれれ?展望あるんじゃなかったの?

20180505-29.jpg
一等三角点

20180505-31.jpg
予想どおり平和すぎる山なので、お昼はまったり過ごすことにした
ずっと前から家にあったドライフーズ

20180505-32.jpg
コンビニで調達できる材料で手軽にできるホットサンド
(超熟食パン・ハム・とろけるチーズ)

20180505-33.jpg
昼休憩ポイントからの眺め
琵琶湖のどこだ?なんて思っていたら、
北方向を向いていたので日本海は三方五湖先端付近だと気づく

20180505-34.jpg

20180505-35.jpg

20180505-36.jpg
冬の雪の重みでひん曲がった木

20180505-37.jpg
根来坂峠に到着

20180505-38.jpg
何やら書いていた

20180505-39.jpg

20180505-40.jpg
一石一字塔

20180505-41.jpg
寛政九年七月吉日と見てとれた
1797年ということなので今から221年前である

20180505-42.jpg

20180505-43.jpg
ブナ林が美しすぎたので遠回り

20180505-44.jpg

20180505-45.jpg

20180505-47.jpg
おにゅう峠まであと100mくらってところで林道に最接近

20180505-49.jpg

20180505-50.jpg
どこがおニューやねん、っていちおう言わせて

20180505-51.jpg

20180505-52.jpg

20180505-53.jpg

20180505-54.jpg
削り取った表面があまりにもガサガサなので、
壁紙ならぬバックスクリーンにしてみた

20180505-55.jpg
舗装林道上を歩くのは暑い。。

20180505-56.jpg
できるだけ交錯する鯖街道を歩いた

20180505-57.jpg
鯖街道は舗装林道と平行していたり、ショートカットだったり

20180505-58.jpg
ここからは舗装林道とはお別れ

20180505-59.jpg

20180505-60.jpg
渡渉箇所は2箇所あったが問題なし

20180505-61.jpg
下山完了と思いきや、駐車地(小入谷越)までの登り返しが待っていた。
こんなことなら小入谷バス停付近の駐車場(無料、トイレ付き)を起点にすればよかった。
Check [ 2018/05/07 20:58 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(8)
その山は4月が一番きれいな山です。
イワウチワがシチクレ峠まで咲いています。
また林道をショートカットする道にもたくさん咲いていて、足の踏み場もないくらいです。
次に行くことがあるかどうかはわかりませんが、4月上旬の雪解けの頃に行ってみてください。
[ 2018/05/08 17:37 ] [ 編集 ]
4月が花盛りだったのですね。
イワウチワは見かけなかったです。
赤坂山あたりではちょうど咲いているそうなのにちょっと場所が異なるだけで違うものですね。
2014年にきたっちたちと登られた記事を読みました。
ヨー君はピークに行かなかった、行けなかった理由が謎でした。
落ち着ける、ゆるりな山でした。
[ 2018/05/08 21:07 ] [ 編集 ]
おにゅう峠懐かしい名前です。
10年ほど前におにゅう峠まで車で行きました。
登山では無くて林道を走りたくてね(;^ω^)
当時は舗装、砂利道と混在していましたがおにゅう峠付近
は砂利道だったとハッキリ覚えてますが今は全線舗装道って
感じですね。

困ったときの関西百名山ですね。
最近僕も行先を考えるのが面倒な時は関西百名山から
選んでます。やっと50座です(*_*;

いかにも大展望が広がっていそうな山頂のように見えるのにね(笑 
[ 2018/05/09 18:14 ] [ 編集 ]
小入谷からおにゅう峠までが舗装されていました。
そこから先、日本海側への下りは砂利道(崩落補修のため通行止)でした。
バイク探検ツーリングでこのあたりを走りまくりたいくらい車の往来の少ない快適や山道ですね。
関西百名山をもう50座も登られたのですね。
山頂はそこそこ広いのですが、陽があたりすぎていたのと、なぜかそこだけ虫が飛びまくってましたので北西方向に少し下った日本海側の見晴らしのよいポイントで休憩しました。
汗が乾くまでブヨに悩まされましたので、今シーズン初のモスキートヘッドネットが活躍しました。


[ 2018/05/09 21:59 ] [ 編集 ]
サイコロのような石は画像を見るかぎり瓦の欠片のように見えて仕方がありません。
もしかして昔の宿場みたいなものがあったりして?
昔の地殻変動が良くわかる林道側壁ですね!
ブナ好きの私には心地良さそうな山なんだと思いました。
[ 2018/05/13 18:01 ] [ 編集 ]
あの辺りの山域には、あのような角の鋭利な石が多く見られます。
マグマが盛り上がってきて急激に冷やされて出来たような感じです。
ブナだらけで清々しく心地よかったですよ。
[ 2018/05/13 20:48 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/06/04 00:08 ] [ 編集 ]
いつもごらんいただきありがとうございます。
私は関西百名山より近畿百名山のほうが歩いている数が多いので、まずは近畿からと思ってぼちぼち歩きはじめております。
おかげさまで目標ができました。
百里ヶ岳、一週間違いでしたか。
撮影隊がいらっしゃったのですね。
心に残る出会いがあったので忘れもしない山になりました。
三十三間山とセットで登られたのですね。
よく調べていくと、意外と近くに一日に二座狙える百名山があるみたいですね。先週の千ヶ峰もそうみたいでした。。
鎌のきのこ岩、記憶になかったので調べてみましたところ、たしかに歩きました、下りました、ザレていたのを4年前のことですが少し覚えていますがブログにそのシーンだけ写真がありませんでしたので不思議に思い、撮った写真をすべてチェックしてみましたら、いちおう過ぎてから振り返った遠景がありましたが、よくわからない写真なのでボツにしたんだと思います。
あれから登山道の様子がまた変化しているようなのですね。
あのコースは変化があって楽しかったのでまた歩いてみたいです。
コメントありがとうございます。
[ 2018/06/04 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ