FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

鈴鹿山系 藤原岳 (2018.3.31) 

20180331-0.jpg
藤原岳山頂(展望台)にて
キバラー、オリスさん、みねごん、うっちぃさん、こーやさん

【動画編】


暑かったり、寒かったり、風があったり、無かったり

【ルート】
 登り:聖宝寺道(裏登山道)-藤原山荘-藤原岳頂上-山荘付近(お昼)-天狗岩
 下山:大貝戸道


今回の山行のヤマレコはこちら

鈴鹿山系にも花の季節がやってきた。
山麓ではどこもかしこも桜が満開で美しい。
このところ例年は、桜満開のタイミングで雨が降って叩かれて散る
ということが多かったが、今年は雨が降らないので最初から最後まで楽しめる。
鈴鹿の山は他の山域と違ってみんな個性的であるが、
それを具体的にわかりやすく一言で表現する方法が思いつかなかったが、
orisさんがサラッと言ってのけた表現がまさにそれ。
そう、鈴鹿のほとんどの山はてっぺんが遮るものがほとんど無く
360度の展望のある山ばかりのイメージ。
四国の山にも通じるところがあるが、あっちは一見して芝生広場に見えるが
実際には笹藪なので歩けるところが限定されてる場合が多い。

みねごんからのお声がけで藤原岳に行こうということで
計画段階では孫太尾根を含めたコースで検討を行った。
ピストンするか登りで使うか。
タイムリーなことに、段平さんが藤原岳を歩かれたばかり
ブログ記事を参考にすると、孫太尾根を下山に使われていたので、
なるほどそのほうが全体のコースタイムは短縮できそうだなと。
個人的にはセブンマウンテンは完踏しているものの、
以前に藤原岳を登った時は展望が無かったために見送った
藤原岳最高地点の天狗岩にはぜひ行ってみたかった。
孫太尾根を取るか、天狗岩を取るか。
他のメンバーには藤原岳初めてだったり、聖宝寺道が未踏だったりなので
それならばふつうに聖宝寺道から登って山頂と天狗岩を踏んで
大貝戸道で下山する一般的なルートで歩くことになった。
それでも高低差千メートルはあるのでそれなりにハードではあった。

朝2時半起きで定員の5人乗車1台にて西藤原小学校前の藤原岳観光駐車場へ。
その前に大貝戸登山口駐車場6時30分ぐらいに立ち寄るもすでに満車だった。
駐車料金は300円。
午前7時5分にゆっくりスタート。
聖宝寺道は、前回歩いたときとさほど変わらず、
前回も今回同様に下りに使った大貝戸道があまりにも印象がなかった。
それに比べると聖宝寺道は出だしからいろいろと変化に富んでいるほうで、
登りに使って正解だ。
8合目で大貝戸道と合流後は同じルートを共有することになるが
とたんにハイカーが増えて、絶好の天気のこの時期はさすがに多い。
9合目あたりから福寿草が見られるようになり、
藤原岳山荘前はハイカーでごったがえしていた。
山荘は覗いてみなかったし、トイレも利用しなかったので様子はわからない。
休憩もそこそこに山頂を目指すも20分程度で到着。
やはり人が多かったが、なんとか記念写真を撮って、
軽く三座同定、といっても竜ヶ岳と御在所岳を確認した程度かな。
再び山荘まで戻り、少し天狗岩のほうに登り返したところで昼の大休憩。
天狗岩まで片道で40分くらいはかかると聞いて、
行くのがめんどくさくなったが、それだと何しにきたかわからない。
天狗岩は行かないわ、孫太尾根は歩かないわで前回のパターンになってしまう。
大休憩後には下山したくなるところをがんばって天狗岩へ。
天狗岩、もっと断崖絶壁のイメージがあったが、下から登ってこれそうな
まるっとした感じの印象だった。
空撮、久しぶりすぎて操作が。。あのメニューどこいった状態で。。(^^ゞ
満足に飛ばせないまま撤収。
もう少し時間があればもっとあちこちで撮りたいところであったが、
再び山荘に戻ってきたら14時半にもなっており、まだ下山に二時間はかかる。
藤原岳ってこんなにボリューミーな山だったとは。。
おニューの靴は2回目の使用だったので下山中に足先が痛くて。。。
そんなこんなで下山後はかけ流し温泉(源泉ではない)の阿下喜温泉へ。
その後、王将の中ではランキング上位の四日市インター前店へ。
さすがに疲れて帰りの運転は交代してもらって後席で爆睡。。
気づいたら天理ICまで帰ってきてた。(^^ゞ
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました!
20180331-2.jpg
山と高原地図2016年版+GARMIN GPSログ

20180331-1.jpg

20180331-3.jpg

20180331-4.jpg
ザックを計量して重さ比べ

20180331-5.jpg
西藤原小学校と藤原岳

20180331-6.jpg

20180331-7.jpg
鳴谷神社で祈願

20180331-8.jpg
狛犬のはずが猿

20180331-9.jpg
230段以上ある階段

20180331-10.jpg
聖宝寺の桜も美しかった

20180331-11.jpg

20180331-12.jpg

20180331-13.jpg

20180331-14.jpg

20180331-15.jpg

20180331-16.jpg
大堰堤を越える

20180331-17.jpg

20180331-18.jpg

20180331-19.jpg

20180331-20.jpg

20180331-21.jpg

20180331-22.jpg
振り返って、越えた大堰堤を眺める

20180331-23.jpg
ひたすらつづら折れ

20180331-24.jpg
プチ・トラバースみたいなシーンも

20180331-25.jpg

20180331-26.jpg

20180331-27.jpg
ネコノメソウ

20180331-28.jpg
ケルンが3体

20180331-29.jpg

20180331-30.jpg

20180331-31.jpg
何を撮ってるんだろ?!

20180331-32.jpg

20180331-33.jpg

20180331-34.jpg

20180331-35.jpg

20180331-36.jpg
カレンフェルトゾーン

20180331-37.jpg

20180331-38.jpg
8合目で大貝戸道と合流するととたんにハイカーが増えた

20180331-111.jpg
写真提供:orisさん

20180331-39.jpg
上には雪渓が見える

20180331-40.jpg
伊吹山どーん

20180331-41.jpg
あの池みたいなのは何だ?

20180331-42.jpg
グーグルマップによると、ここだったみたい
老人ホームだらけ?!

20180331-43.jpg
養老山がそびえる

20180331-44.jpg
グーグルマップでも見てみる
屋根のない学校って何だ?

20180331-45.jpg
9合目付近から福寿草の群生がはじまる

20180331-46.jpg
ぽよんぽよ~ん橋

20180331-47.jpg
3名は熱心に花の撮影

20180331-48.jpg

20180331-49.jpg
苔バックの福寿草がかわいい

20180331-50.jpg

20180331-51.jpg

20180331-52.jpg

20180331-53.jpg
痛々しい藤原岳の砕石面

20180331-54.jpg
あのダンプ道は非常時にエスケープに使ってもいいのかな?

20180331-55.jpg

20180331-56.jpg

20180331-57.jpg

20180331-58.jpg

20180331-59.jpg
藤原山荘

20180331-60.jpg
トイレのある山は鈴鹿の中でも珍しいほうだ

20180331-61.jpg

20180331-62.jpg

20180331-63.jpg

20180331-64.jpg

20180331-65.jpg

20180331-66.jpg

20180331-69.jpg
振り返って藤原山荘を望む(右上)

20180331-67.jpg
山荘をズーム

20180331-68.jpg
さらにズーム

20180331-70.jpg

20180331-71.jpg

20180331-73.jpg

20180331-74.jpg

20180331-75.jpg

20180331-76.jpg
orisさんとこーやさんが山座同定中

20180331-77.jpg
藤原岳山頂から御在所岳方面の展望

20180331-78.jpg
芝生広場風なのでひと目でわかる竜ヶ岳 いちばん奥が御在所岳

20180331-79.jpg

20180331-80.jpg

20180331-81.jpg

20180331-82.jpg

20180331-83.jpg

20180331-85.jpg
山荘から少し登ったところでお昼
いくらでもフラットなところがあるのに凸凹ですみません。。

20180331-84.jpg
みねごん特製塩パン

20180331-86.jpg
うっちぃさんが前日が誕生日だったとのことで

20180331-87.jpg
みねごん手作りパウンドケーキは抹茶といちごジャム

20180331-88.jpg
撤収完了!

20180331-89.jpg
カレンフェルト・ケルン

20180331-90.jpg
天狗岩を目指す

20180331-91.jpg

20180331-92.jpg
名残惜しい雪渓にorisさん大喜び

20180331-110.jpg



20180331-93.jpg

20180331-94.jpg
空撮が久しぶりすぎてメニューが変わっていて手動操縦で飛ばすハメに。。

20180331-95.jpg
御池岳テーブルランドをバックにorisさん

20180331-96.jpg
またまた雪渓みつけた

20180331-97.jpg
鹿のツノが落ちてた

20180331-98.jpg
こーやさんと藤原岳

20180331-99.jpg

20180331-100.jpg

20180331-101.jpg
MSRのテントが

20180331-102.jpg

20180331-103.jpg
大貝戸道でゲザンヌ

20180331-104.jpg

20180331-105.jpg

20180331-106.jpg

20180331-107.jpg

20180331-108.jpg

20180331-109.jpg
Check [ 2018/04/03 23:00 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(10)
当日は楽しい時間をありがとうございました。
鈴鹿は遠いので、なかなか単独では行く気がしないのですが
お声掛けをいただいて、行くことができました。

あの開放感のある稜線の景色は鈴鹿ならではで
普段は味わうことができないものですね。
下山後も温泉にB級グルメにパーフェクトな休日でした。
また、ご一緒下さい。
それと、運転ありがとうございました!(*^_^*)
[ 2018/04/03 23:25 ] [ 編集 ]
キバラーさんの質問に思い違い(縦走はしておりません)気付いたので以下
訂正して送ります。

--------------------------◇------------------------

ご一行の「藤原岳・1140m」ドローン空撮等拝見しまた

私の鈴鹿セブン「藤原岳」は18年前 2000/8/13

「鈴北岳」北約2キロの鞍掛トンネル東Pで降車で登山
①「鈴北岳・1182m」→②「鈴ヶ岳・1130m」→
③「御池岳・1247m」其々で山ラン(山頂無線)
一旦下山

④「藤原岳・1140m」
三岐鉄道「西藤原駅」前まで車移動、登山口から
反時計回りに聖宝寺~藤原山荘(避難小屋)~山頂。

藤原山荘はもう少し小さな建物だったように思うのと
公衆トイレはまだありませんでした。

ガスで藤原岳からの景色は望めなかった記憶があります。

「天狗岩・1165m」(1171m?)は山ランでは無効山

鹿の角一頭分なら木刀(日本刀)の刀飾に使えそうです。
[ 2018/04/04 13:37 ] [ 編集 ]
ドローンはいいですねぇ天狗岩を上から初めて見ました。
これからもドローン撮影を期待しています。
表登山道は杉林の中をジグを切りながら登る単調な道ですが
裏はバラエティーに富んで面白いですね~。
裏も歩いた事が有りますが今は一番楽な表登山道が多くなりました。
歳と共に体が楽な方へと、、、(涙)
一番羨ましいのは昼のパンとケーキです。美味しいでしょうねぇ、
私はコンビニのアンパンかオニギリが定番です。
何時も思うんですが、プロですか?パンとケーキ。


[ 2018/04/04 18:45 ] [ 編集 ]
タイムキーパーに、ムードメーカー、いつもありがとうございます。
御在所岳はそんなに遠いと思わないのに、藤原岳、けっこう遠いなぁって思いました。
単独では二度目は無いと思っていたところですが、今回の企画で展望のあるリベンジができました。
この時期のアルプスって感じの開放感でしたね。
今度のヒツジは源泉かけ流し&A級グルメで行きましょか。
また今後もよろしくおねがいいたします。
[ 2018/04/04 21:06 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
ドローン、今回は準備不足で操作系が変わっていたので満足な撮影ができませんでした。
18年前の藤原岳、山荘あたりはどんなだったのか気になるところです。
またお話聞かせてください。
御池岳から藤原岳の縦走コースがどんな感じなのか歩いてみたいです。
鈴ヶ岳~鈴北岳間がどんな様子なのか気になります。
鹿のツノはあまり価値は無いみたいですね。
[ 2018/04/04 21:06 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
今回のドローン撮影は久しぶりすぎて自動制御ができなくてカット数、飛距離ともに不満足に終わりました。
聖宝寺道の堰堤越えは面倒ですが、表登山道のほうがややコースタイムが長いですね。
目を楽しませてくれるのは聖宝寺道だと思いますが不人気なのは無料駐車場が大貝戸登山口にあるからでしょうか。
孫太尾根を歩けなかったことが心残りですが、かなり長尺なのでしょうね。
パンとケーキ、プロではありませんが趣味が講じて素材から製法に至るまで限りなく美味しいモノを追求しておられるようですよ。
みなさん各自でお昼は持参しました。
[ 2018/04/04 21:06 ] [ 編集 ]
藤原岳と言うと、いつも福寿草のこの時期に登りますが、雪解け道がドロドロで「絶対に転びたくない!」イメージが強いです。でも、晴天が続いた所為か登山道も快適そう! お花たちもさぞご機嫌に咲いていたことでしょうね。
さすがに人気のお山、休日は賑わっていますね~
桜も満開で、本当に綺麗です(^^♪
[ 2018/04/07 12:14 ] [ 編集 ]
いつもはだいたいそうなのですね。
登山道でぬかるんだところはまったくありませんでした。
今年は珍しく花散らしの雨が降らなくて、桜も最初から最後まで楽しめたことでしょうね。
まだこれから咲くという場所では昨夜の雨でどうなったことでしょうか。
関西からと東海からのハイカーが押し寄せるせいか、
ハードな山なのにほんとにハイカーが多かったです。
金剛山でも花盛りになってまいりましたね。
昨年までに教えてもらった花の名前、存在、忘れつつあります。。(^^ゞ
[ 2018/04/07 21:39 ] [ 編集 ]
アララ、まったく同じコースで行ってきました。
天狗岩と展望台の順序が違うだけ^_^;
目当てのミノコバイモとウラシマソウ群生が見れて大満足。
藤原岳山頂ってどこの事を言うんだ?って思いました。
大貝戸道は退屈すぎてもう使わないでしょう。
[ 2018/04/10 13:02 ] [ 編集 ]
ほぼ同じコースで登られたのですね。
ブログ、楽しみにしております!
今回のメンバーに、花好きが3名もいらっしゃいまして、
それはそれはじっくりいつも撮ってらっしゃるのですが、
ミノコバイモとか、ウラシマソウ群生とか、
そのようなものには出会いませんでした。
どこにあったんですか?!
写真が楽しみです。
大貝戸道は、全回も写真をほとんど撮ってないので、
よっぽど印象になかったんだろうなと思っていたら、
案の定でした。(^^ゞ
下山専用でいかがでしょうか。
[ 2018/04/10 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ