FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

金剛山 第574回 (2018.3.17) 

20180317-0.jpg
もみじ谷本流ルートのVゾーンにて

暑さ寒さも彼岸まで。。

【ルート】
 登り:もみじ谷本流ルート(どんぐり坂谷詰め)
 下山:狼尾根派生ルート


今日は金剛山水越側のもみじ谷ルートを久しぶりに。
もみじ谷ルートというとアベックさんのテリトリーみたいなもので、
初めてお目にかかった時、ハイカーの障害になる倒木の枝などを取り除いて
安全確保に努めておられたのが印象的であった。
最近やたらとテープ等がギラギラと貼られているが、それらはアベックさんではない。
もしかしたらお会いできるかなぁと狙ったけど結果的には会えなかった。

10時前に水越峠の駐車地付近に着いたものだから、
どこも満杯そうで路駐しか無いと思いきや、すでに帰られたと思われる空きが1台分。
それもバス停横で確保できたのでラッキー。(≧∇≦)
準備していると金剛バスまで到着して状況一変、、賑やかになる。
バスから降りてこられた方の一人はヤマップのとんとんさんだった。
カヤンボのほうを攻められるということ。
知人との待ち合わせもあったので準備でバタバタしており、立ち話もそこそこにお別れ。
ダイトレは、昨年の台風の水害の後片付けでユンボやトラックが出入りしているという状況。
ダイトレを朝も遅い時間に歩き出していると、次々とハイカーがやってくる。
最近は水越側もメジャーになったのか、はたまた金剛山自体、登山者が増えたのか
人に会わないのが難しいほどになってきているのを感じる。
つまり、写真撮影では他の方がフレームインしてしまう率が高く、
たとえ後ろ姿であっても昨今ではおいそれとネットに写真を掲載するのは憚れる。
写真を撮る=ネットに流れるみたいな意味合いが強くなってくると、
だんだんとカメラを向けれる場所が無くなってくる。。
じゃあもうカメラ要らないね、とはなってほしくないよなぁ。

さて、もみじ谷ルート。
ずいぶんと変貌しているのは知っていた。
逆にごちゃごちゃしたものが洗い流されて広く明るくなった感じ。
特に狼谷や、その分岐付近がスッキリ。
狼尾根も歩く人が増えたのか、踏み跡もハッキリと見てとれ真新しいトラロープまで設置。
今回は普通にもみじ谷本流ルートを歩くつもりは無くて、
どこだったか右手に取り付きのある未踏の尾根に上がるつもりが、つもりが・・
うっかりしていて見落としてしまった。(^^ゞ
たしか第5堰堤とVゾーンの間だったような。。
すでに第6堰堤まで来てしまってから行き過ぎたことに気づいたもんだから
ちゃっちゃと、どんぐり坂の急登を登って終わりにしようと思っていたら、
どんぐり坂への取り付き前方に真新しいテープが見えたのでテープを追って谷を詰めてみた。
寒の戻りのせいで霜柱ができており、それが溶けかかってヌルヌルの状況で
最後はトラロープのあるちょっとした急登となった。
足がズルズル滑って、一歩進んで二歩下がるワンツーパンチな状況は、
偶然にも設置されていたトラロープ無しでは登れなかった。(^^ゞ
そんなこんなで、売店裏の踏み跡が入り組んでるところに出て終了。
捺印所では西田さんと長話し。
先週末は2件ともヘリでピックアップする事故があったとかで、
1件はメディアで報道されたとおり、お亡くなりになる事故となった。
もう1件は35歳男性が第5か第6かの堰堤から転落して足骨折でヘリピックアップ。
まぁそれにしても今回の冬シーズンに入ってからというもの、
金剛山での遭難事故は、見聞きしただけでも過去に例がない大量発生だった。
特に、タカハタ・ツツジオルートでの遭難が目立って多く毎週末連続していたことも。
その原因について考察してみる。
見聞きした話を総合すると、初心者や金剛山初めてというハイカーが、
どちらかというと熟練者向けのタカハタ・ツツジオ方面へやたらと流れて来ていた。
尋ねてみると「こっちが本道と思った」「みなさんがこっちへ流れるので」との理由。
それもそのはず、慣れたハイカーだと試練の本道より、ワイルドなタカハタ・ツツジオへと
流れて行くものだから、何も考えずに付いて行った結果、迷ったというケースがほとんど。
つまり、大きくルートが分かれる高城茶屋の前に、
 「千早本道は右(→)」
といった案内板が無いから事故多発という結果になったのではないかという結論。
ついでに「左(←)熟練者コース」とも書いておいてほしいかな。
ライブカメラ人気で、遠方からの初めてやってきたというハイカーだけでなく、
外国人までが増えてきている現在、ぜひ看板設置を望みたいところ。

捺印を済ますと香楠荘へお昼に向かい、お気に入りの「冷やし月見山かけ蕎麦(大)」を食べ、
再び山頂まで戻り、下山は登りで見つけられなかったルートを逆から行けないかと
過去に歩いたことのある大日岳手前の取り付きからしばらく踏み跡に従う。
途中、3分岐があって「左:狼谷ルート、中央:狼尾根(急)、右:ややゆるい
と書かれてあった。
ややゆるいって何ですの?!
左と中央は知っているので、右のややゆるいルートこそ探していたそれだろうと進出するも
だんだん狼尾根のほうに寄って行ってるなぁと思ったらそれほどでもなく、
狼尾根、狼谷からけっこう離れた上流の、あまり印象がない谷に着地。
渡渉して登山道に取り付いてみたら、そこは第4堰堤から50mくらい下流だったかな。
振り返って眺めてみても、下からは登れるような取り付きや目印はまったく無かった。
ってことで、なんとも不完全燃焼ながらも、たっぷり歩き倒せたのでヨシとしよう。

その他の写真は以下より。
20180317-1.jpg
爽やかに澄み渡って雲ひとつ無い絶好の晴れ

20180317-2.jpg
この時期の紫外線はキツそう 工事用車両が入っていた

20180317-3.jpg
カヤンボ谷の取り付き

20180317-4.jpg
第二堰堤だったかな。。
第一~第四堰堤までは個性に乏しく、写真では見分けがつきにくい。(^^ゞ

20180317-5.jpg

20180317-6.jpg
左:狼谷、中央:狼尾根
20180317-7.jpg

20180317-8.jpg
アートゾーンに突入
イイね!

20180317-9.jpg
ジオラマみたいな

20180317-10.jpg

20180317-11.jpg
なかなか個性的、というかジャンボマックス?

20180317-12.jpg
威圧感がある第五堰堤

20180317-13.jpg

20180317-14.jpg
なかなかよくできた地図だ
探していた取り付きは、この看板より手前だったのかも。

20180317-16.jpg
もみじ谷でもっとも好きな場所、Vゾーン

20180317-15.jpg


360°ビュー

20180317-17.jpg
第六堰堤にて

20180317-18.jpg
光とシブキのシャワー おまけでツララ

20180317-19.jpg
ピチャ、ピチャ・・ちべたい、ちべたい

20180317-20.jpg
このルートでもっとも危険な第六堰堤上部から

20180317-21.jpg

20180317-22.jpg
どんぐり坂への取り付きをスルーして谷を詰める

20180317-23.jpg
ヌタ場のお助けトラロープ

20180317-24.jpg
登り切ったところ

20180317-25.jpg

20180317-26.jpg
いや~ん、バカ~ん・・・ヤメて

20180317-27.jpg
捺印所裏に出た

20180317-28.jpg
転法輪寺境内のカマクラが旅立った。。

20180317-29.jpg
気温ひと桁台はやっぱさぶい

20180317-30.jpg
仁王杉付近では樹氷も見られた

20180317-31.jpg

20180317-32.jpg
強い光線はマイクロフォーサーズのちっこいセンサーには酷だ

20180317-33.jpg
高見山のシルエット

20180317-34.jpg
マンサク

20180317-35.jpg
香楠荘は暖房が効いて暑かったので「冷やし月見山かけ蕎麦(大)」

20180317-38.jpg
さっきまで居た香楠荘

20180317-39.jpg

20180317-37.jpg
名前が定着してないけど、ダイヤモンドテラスでしたっけ?!
いつかここで飲食しながら休憩してみたい。

20180317-36.jpg
ヤドリギ

20180317-40.jpg
大日岳手前の取り付きから

20180317-41.jpg
3分岐の目印

20180317-42.jpg
左:狼谷ルート、中央:狼尾根ルート(急)、
右:ややゆるいルート(狼尾根には合流しない)

20180317-43.jpg

20180317-44.jpg

20180317-45.jpg
ややゆるいルートの着地寸前はぜんぜんゆるくなかった

20180317-46.jpg
着地完了!ここどこ?わたしだれ?登山道は対岸である。

20180317-47.jpg
今日も赤い陽が沈む

20180317-48.jpg
思わぬところでバッタリでした。^^;
バスの窓越しに、、、「あら!」、(二度見とはこのことか!)
準備中のところ快く対応していただき、ありがとうございました。
当日は大変良い天気で気持ちよく行けました。
私の方もUPしましたので、時間がありましたら覗いていただければと思います。

また、翌18日も山行しました。
ルートは、2012/12の記事を参考に致しました。
近々のうちにUP予定です。
[ 2018/03/21 19:25 ] [ 編集 ]
一日ちがいで翌日の日曜日、モミジ谷でした。
私は10年ぶりくらいに旧本流ルート歩いてみました。谷の土砂がきれいに洗い流されて岩が露出した谷が歩きにくそうだったので、旧本流ルート入口の滝を越えてしばらくの谷の分岐から、いきなり小鳥の餌場の尾根に取り付きました。尾根を登りきると、たくさんの人がかわいい小鳥に歓声を上げているところでした。ここを歩くといつもちょっと罪悪感感じます(笑)。
キバラーさんが下山に歩かれた、ややゆるいルート・・先日お会いした時にまさしく私が歩いた尾根に間違いありません(笑)。取り付きは第4堰堤上がってすぐくらいですか。あのルートはモミジ谷Vゾーンを見上げる右手(左岸)の自然林の尾根ですね。短いけどなかなかいい景色です。
金剛山は、好きな人があらゆる所にルートを切っているので、さながら全山が大人の遊び場、アスレチックコースになっていますね。
[ 2018/03/21 20:40 ] [ 編集 ]
こんばんは。
モミジ谷を1月26日に歩きましたが谷が明るくなったように
感じたのと、今までなかった私設標識やマーキングのテープが
やたら目につきました、そんなマーキングや標識にも
一定の理解がある自分が見てもこれは駄目だろうと思うのが
写真にある木に直接趣味の悪い配色でのマーキング
何とかなりませんか?最低ですねぇ。

[ 2018/03/21 21:39 ] [ 編集 ]
私のこの記事をアップするときに、とんとんさんのレコ更新を拝見しました。
コメントさせていただきたかったのですが、ヤマップアカウントが無いので断念。
そのうち作ろうと思っています。
カヤンボ谷もずいぶんご無沙汰ですが、新緑が始まって鬱蒼とする前の今が明るくて気持ちの良いルートですよね。
ザックにぶら下げてらっしゃる同一の3体の謎キャラ、後ろ姿をお見送りしたその時から気になっておりました。
まさか手作りとはめちゃくちゃユニークな方ですね!
他にも秘めた能力をお持ちのような気がしてなりません。
早くまたお会いしたいです。(^o^)
18日のレコも楽しみに待っておりますので!
[ 2018/03/21 23:13 ] [ 編集 ]
あのルートがarajinさんが歩かれたルートでしたか。
谷からの取り付き場所と今回の着地点は異なるようですね。
分岐してそうな場所は無かったのですが。
休憩できそうなフラットな場所もまったくありませんでした。

18日ももみじ谷を歩かれたのですね。
旧本流はいろんな歩き方をしましたが、鳥の餌場に突き上げるルートは過去に一度しか歩いたことがありません。
バードウォッチャーなどが居れば顰蹙を買いますね。。
ほんとに金剛山は丸ごとどこでも歩ける山になってしまいました。
そんなことならば、個人的にはちはや園地の奈良側(遊歩道の東側)の荒れた場所を広場にし、奈良側にどーんと展望が欲しいです。
金剛山はあまりにも展望が無さすぎなので。。
[ 2018/03/21 23:13 ] [ 編集 ]
もみじ谷ルートはかつてに比べると非常にメジャーになりましたね。
細いテープならまだしも、スプレーは植物がかわいそう、呼吸できてるのかなって思います。
案内板も誰のためにあるのでしょうね。
もみじ谷を理解している人は案内板が無くても歩ける。
よく知らない人はよく知った人と歩いてほしいですね。
案内板等が無いと歩けない時点で、他の山での遭難リスクを高めますね。
[ 2018/03/21 23:15 ] [ 編集 ]
年をとったせいか、モミジ谷のたくさんのテープやルートの小さな標識などを見ると、微笑ましくなってついつい笑ってしまいます。子どもの頃、秘密基地を作ってわくわくしていたのと何だか似ていませんか?
[ 2018/03/22 06:19 ] [ 編集 ]
過剰だと嫌われて、まったく無いと不安になったりしますよね。
人のあまり歩かないところにつっこんで、動物や夏場だと蜂などの洗礼を受けるのも怖い。
人が歩かれてるという安心感。
難しい問題ですね。
[ 2018/03/22 06:33 ] [ 編集 ]
17日は金剛山山頂に霧氷も見えていたのですが、用事があって行けませんでした。残念。
もみじ谷の登山道整備は私が知っているNさん以外にも、お二人ほど作業中にお会いしています。毎年のように台風や大雨で登山道が痛むので、復旧していただく皆さんに感謝です。ただ、何方か知りませんがペンキ表示だけは止めて欲しいですね。テープも過剰気味です。次を探すくらいが丁度良いと思いますが。
金剛山での事故が後を絶ちません。自分も気を付けて登りたいと思います。次回お会いできるのを楽しみにしています。
[ 2018/03/22 09:29 ] [ 編集 ]
やっぱり迫ってくるとダイトレ意識して水越からになりませんか??僕も水越からモロ ダイトレルートで登りました。整備されてて登りやすくなって、展望ポイントで座れるし、、、最高でした。いざダイトレ!!
[ 2018/03/22 22:26 ] [ 編集 ]
アベックさん以外に3名ほどご存知なんですね。
水越側のダイトレに次ぐ人気ルートだけに、大切にされてらっしゃる方が多いのですね。
おっしゃる通り、過剰表示がやや気になりました。
ペンキだけはテープと違って何かあっても簡単に取り除けないので困りますね。
山主がいらっしゃるとしたら器物損壊の被害届もんですね。
水越側は慣れれば慣れるほどカヤンボからスタートしたいところです。(^^ゞ
アベックさんにはもみじ谷ルートを歩き続けないと(山頂などでは)お会いできないような気がしてなりません。
早くまたお会いできることを期待しています。
[ 2018/03/23 00:18 ] [ 編集 ]
え!?そうなんですかダイトレ。
いつのまに整備されたんでしょうね。
カヤンボからのダイトレルートは、昨年のチャレン登山以来、一度も歩いて無いことに気が付きました。
こばちゃんがダイトレを一押しされるなんて、私も久しぶりに歩きたくなりました。
チャレンジで歩くか、それまでに歩くか、チャレンジは歩かずにその後に歩くか、未来のことは自分でもわからないなぁ。
[ 2018/03/23 00:19 ] [ 編集 ]
結構景色が変わったモミジ谷ではあるもののVゾーンは無事原型を留めてくれていて何よりです。
金剛山人気は上昇の一途のように感じます。
おっしゃる通り安全対策も急務ですね。
[ 2018/03/26 22:37 ] [ 編集 ]
Vゾーンも心なしか沢が洗われて広くなった感じがしましたが、気のせいかもしれません。(^^ゞ
ここは季節によって姿を大きく変えてくれる数少ないゾーンですよね。
ほんと最近の金剛山人気は凄すぎです。
ライブカメラがテレビ等で有名になったからでしょうか。

[ 2018/03/27 06:41 ] [ 編集 ]
 写真いっぱいですね。
もみじ谷、丸滝、妙見、太尾、石ブテ、中尾ノ背、ダイトレの水越と本道。ツツジ尾、カトラ、細尾、もんじゅの千早側とたまに高天彦。なかでももみじ谷は新緑の頃と涼みの夏、氷瀑のかじかむ冬といつしか足を運びたくなる愛すべきⅤゾーンですよね。マーキングの件は(どっちかな)と迷う時にはありがたくそこら中にあるとうっとしいですよね。生木にするのはもっての外!ましてやネーム入りはどうかな。自然に優しく必要最低限でお願いしたい所です。まず金剛山には公式な案内標示以外いらないですよね。
 
[ 2018/03/28 00:58 ] [ 編集 ]
第何次?登山ブームが到来したのか、金剛山は平日休日関係なくライブカメラの前には大勢のハイカーの姿。
外国人も多くなってきているので、公式な案内板ももっと整備してほしいところです。
特に奈良側となると奈良県自治体はどちらかというと葛城山が主体な感じがして金剛山に無関心?に思えています。
大阪側と奈良側の整備の差が顕著すぎて。。
これだけブームだと、そのうち一般ルートだけでは飽き足らず、マイナールートに進出されてこられる機会も増えることでしょう。
ルート次第では簡単に登れる山なので、山なんて簡単という誤解の無いよう、他の山もいろいろ経験してほしいところですね。
[ 2018/03/28 06:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)