FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

金剛山 + やんまんショウ (2018.1.13) 

20180113-0.jpg
金剛山山頂にて  アリさんナオさんやんまん、キバラー

【動画編】


やんまんショウのやんまんが金剛山にやってきた!

【ルート】
 登り:ツツジオ谷ルート
 下山:千早本道(千早城址経由)


中山道六十九次から始まり、東海道五十三次、甲州街道、鯖街道を目標に
「歩くんです!」動画をやってらっしゃる、やんまんショウの主役
やんまんさんに、はるばる金剛山まで来ていただいた。

やんまんショウ (YouTube)

数日前にドカ雪が積もったこともあって金剛山はたっぷりの雪景色。
氷点下の日が続いたこともあって氷爆も期待できそう。
イージーなルートということでリクエストいただいていたが、
せっかくなのでツツジオ谷ルートを案内させていただくことにした。
このルートは2箇所の難所がある。
一つめは腰折滝付近で、二つめは二ノ滝上部だ。
今シーズン、いったい何度目の滑落事故があったことか。
日常的に山登りしているハイカーにとっては大した事はないルートだが
山慣れしていない人が?うかつに他の安全な登山道と同じような感覚で
突っ込んでくるもんだから起こるべくして起こった事故ばかり。
靴のさきっぽに取り付けるスパイクの付いた滑り止めだったりの
簡易アイゼン以下の装備では危険きわまりない。
それが先週末。そして翌14日(日)にと立て続けに発生している。
ツツジオ谷ルートは山と高原地図にも記載がないマイナールートなのだ。

これより以下はローカルな話になります。(^^ゞ

そんなこんなで、待ち合わせ場所の千早登山口(一休茶屋)に
早めに到着すると、お久しぶりのアリさん、ナオさんがお出迎え。
週末に金剛山中を一日中歩きまわっておられるサカノリさん
金剛山の番人だと言われているのに対し、アリさん、ナオさんは
さしずめ一休茶屋の番人である。
週末の9時くらいにはたいていいらっしゃって、店番や駐車場の案内まで。
その後は「金剛山自然を守る会」広報担当のひろさんとも遭遇。
ちなみにアリさん、ナオさん(以下、アリナオさん)も守る会メンバーだ。
みなさん同じ事を考えておられたみたいで、ツツジオ谷を登るとのこと。
せっかくなので、にわかメンバーも混ざってのごちゃまぜスタート。
まるで桃太郎の鬼退治に行くみたいにお供いただく方がどんどん膨れ上がる。
今や知人の誰にも見つからずに金剛山で過ごすということが困難になっているのは事実だ。

駐車場からチェーンスパイク着用しておいたが、
高城茶屋前が完全にアイスバーンだったので、みなさんはそこでアイゼンを着用。
と思ったらすぐアスファルトになったり。
登りは大勢すぎて、誰の誰さんなのか、どこの誰さんが居たのか結局不明だった。
また途中でも無関係な方も混ざって来られて、妙なピッケルを見せてもらった。
二ノ滝の脇を直登されておられた方だ。
コイツでたいがいのところは行けるとのこと。(≧∇≦)
ピッケルって縦の柄の部分も重要なはずだが、そこは丸棒のストックになっていた。

一ノ滝がそこそこ凍結していたので、それより上流の二ノ滝はバッチリかと思いきや
中央部に流れが残るという落ち武者みたいな状態であったがそれなりに美しかった。
源流ルートには行かずに尾根に上がると風が加わるも、そこからの雪景色は最高。
残念なのは青空が無かったことだ。
今日はナオさんのアライグマの尻尾(どこでも座布団)が話題のマトだった。
やんまんさんによると、
動物の毛の作用で雪の上で滑落しても初期の段階で止まるらしい。
なにやらやんまんさんはやたらと山の事にも明るいぞ?
そんなかんやで山頂に到着すると12時のライブカメラの3分前だった。
かなりの大人数で、もはや写っても人の識別が困難だろう。

山頂ではみなさんとは分かれ、香楠荘へ向かう途中の鳥の餌場へ寄り道。
自然の餌が無いこの時期、定番のヤマガラにコガラが手のりに来てくれる。
だいたいこのイベントでみなさんに喜んでもらえるのだが・・・
やんまんさん、少々のことでは動じない感じ?!
もしかして山慣れしているのかな?ってところは詳しくは書けない。
後ろを振り返ると高橋さんが居たのでびっくりした。
高橋さんのリアクションが個人的に好きなんですよ。
昨年、熊野古道を歩くときにはレコを参考にさせてもらった。
今回はちょこっとだけしゃべってお別れ。
腹ペコも絶頂でようやく到着した香楠荘では楽屋裏話や撮影秘話を聞かせてもらった。
下山は下の遊歩道から一旦山頂へ戻って千早本道へ。
山頂トイレ前ではうわさの金剛山の番人、サカノリさんと遭遇。
登りが一緒だったアリナオさんは千早本道でもう下山されたとのこと。
我々も同ルート(ただし千早城址から)にて下山。
下山完了は16時で、朝のみなさんはすっかり帰られた後だった。
今日ご一緒いただいたみなさん、
楽しい一日を過ごさせていただきありがとうございました。

その他の写真は以下より。
20180113-3.jpg
往路の309号線からの山並みを眺めると、
葛城山も金剛山も山頂付近に雲がかかっていた。(交通取締りの多いゾーン)

20180113-4.jpg
いざ、ツツジオ谷ルートへ

20180113-5.jpg
第一の難所も、やんまんさんは余裕

20180113-6.jpg
何やら写真ではわっかりにくいが、腰折滝である。

20180113-7.jpg
丸太橋を超えると、いよいよツツジオ谷ルートへ

20180113-8.jpg

20180113-9.jpg
あやとりの木

20180113-10.jpg
滑落名人の話。。

20180113-11.jpg

20180113-12.jpg
氷のカーテン

20180113-13.jpg
いよいよ二ノ滝だ

20180113-14.jpg
中央に流れがあって、完全氷結ならず惜しい

20180113-15.jpg
やんまんさんです

20180113-16.jpg

20180113-1.jpg
ナオさん、アリさん
この日、アリさんのグリーンの厳冬期手ぶくろはワークマンのイージス(780円税込)
それを聞いて、後に自分も手ぶくろを買いに走り、色違いの680円のを購入。(≧∇≦)

20180113-17.jpg

20180113-18.jpg

20180113-19.jpg
ひろさんだ

20180113-20.jpg
二ノ滝の脇を直登している人が使っていたなんだか妙なストックを撮らせてもらった。
ブラックダイヤモンドの「Whippet Ski Pole」という製品だった。
これでどこでもいけまっせって・・・信じてないし。

20180113-21.jpg
登っているひろさんとご一緒するのは初めて

20180113-22.jpg

20180113-23.jpg

20180113-24.jpg
コテコテやで

20180113-25.jpg

20180113-26.jpg

20180113-27.jpg

20180113-28.jpg
ムッシュ

20180113-29.jpg

20180113-30.jpg

20180113-31.jpg

20180113-32.jpg
12時のライブカメラ待ち

20180113-2.jpg
写った結果がコレ。やんまんを探せ! 答:左のVサインの人

20180113-33.jpg
12時過ぎるととたんに人が居なくなった

20180113-35.jpg

20180113-34.jpg

20180113-36.jpg
葛木神社裏のトラバース道から鳥の餌場へ

20180113-40.jpg
ヤマガラ

20180113-37.jpg
やんまんさん、もしかして怖がってる?!

20180113-48.jpg

20180113-41.jpg
突然、高橋さん登場!
高橋さんとの出会いは2014年10月のことだ。
展望台の下から?テントから這い出してきたのが彼だった。

20180113-42.jpg
積雪のある日はハイカーがとても多い

20180113-43.jpg
金剛山ロープウェイのウッドデッキにも何やらカマクラ?!

20180113-44.jpg
千早本道でゲザンヌ

20180113-45.jpg
千早城址にて
歴史に詳しいやんまんさんから千早の攻防戦の話などを教えてもらった

20180113-46.jpg
「今日も街に赤い陽が沈む、人の夢は燃え尽きて消える・・」
って歌あったよね?アゲインっていうやつ。

20180113-47.jpg
転校生(尾道)みたいな急階段
[ 2018/01/15 22:12 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(11)
 おはようございます。
 金剛山えらい雪ですなあ。
 
 僕らは大峠から最短の高見山でした。
 風が半端なくてスグ下りてきましたけどね。
 六本爪では滑りました。たかすみの里で温まってかえりました。


[ 2018/01/16 07:04 ] [ 編集 ]
キバラーさん、おはようございます。
毎回、興味深く『ザ・金剛山』拝見しております。

四季折々の楽しみがある金剛山♡
白銀広がる雪景色は特に心が洗われるようで素晴らしいですね。
またお決まりのようにある山仲間との出会いも素敵です。

最近は転倒滑落事故の報が多く聞かれますがこの冬シーズンも慎重かつ安全に金剛山を楽しんで行こうと思っています。

またお会いしたく思っています。
相方ともども今年も宜しくお願いします。

[ 2018/01/16 07:14 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/16 07:27 ] [ 編集 ]
いつもコメントありがとうございます。
ドカ雪が降った先週末の木曜日からはそれほど積雪が増えることが無いまま、金曜日をピークに減っての状態でした。
滝も氷爆には遠く、まだまだ寒波が足りません。
もっともっと積もったツボ足金剛山を知っていますので冬山らしい金剛山を期待したいです。
高見山は大峠からの自然林の尾根を登るのが最初から美しくて良さそうですね!
6本爪で滑りましたか。。
昨年2月はたしかフカフカ雪だったのでチェーンスパイクで登りました。
[ 2018/01/16 20:05 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
今回のようにたっぷり雪が積もってくれたら、わざわざ遠くの他の山に行く必要が無い感じですね。
金剛山にはもう少し展望ポイントが欲しいところですが。
今年のツツジオでの事故は非常に多いみたいです。
13日、14日と連続してあったみたいです。
慣れたつもりの我々も常に慎重でありたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
次はいつお会いできるでしょうか。
カメラに向かってしゃべるのは苦手なのですが、ポンズさん、ポンヒメさんとご一緒するときのために、語らいながら登るというスタイルを確立したいなと思っています。
[ 2018/01/16 20:06 ] [ 編集 ]
今回も載せていただき、ありがとうございます。鳥餌場に近づくと、直ぐに気付きました。キバラーさんや!と!直ぐ声を掛け様と思ったが、鳥の手乗りの写真を撮っておられたので、待ってました。
知っている方と会うと何かテンションが上がり楽しい気分になります。
また、お会いした時は、よろしくお願いします。
[ 2018/01/19 17:07 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
たまによく出会いますよね。
予想つかないだけに、今度あったときは話そう、尋ねようって思っていた事が今回もまた話せずじまいでした。
またどこか一度ご一緒したいですわ。
[ 2018/01/19 21:12 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/21 20:03 ] [ 編集 ]
いつもご覧いただきありがとうございます。
50回から練成会員入りされると金剛山に通う励みになりますよ。
ヤマップの方としてお気に入りブックマークに初登録させていただきました。
これからはずっと読ませていただきます。
また次回お会いできるのを楽しみにしております。
[ 2018/01/22 06:21 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/25 13:03 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております
ニアミス、お会い出来なくて残念です。
最近、どなたかのレコで会ったと見ましたので、今でも登られているのを知って安心しました。
ひろさんとは会うたびにウワサしておりました。
お会いできるのを楽しみにしております。

[ 2018/01/26 06:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)