FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

金剛山 第552回 (2017.12.2) 

20171202-1.jpg
金剛山山頂 国見城址広場にて   ※看板の日付がなぜか3日になっているが2日である

月が明るく、空気が澄んだ夜

【ルート】
 登り:タカハタ谷ルート
 下山:千早本道

この土日は抜群の天候で日中は暖かくて最高だった。
久しぶりの金剛山の記事になる。
このところ、ヤマレコやヤマップのレコやインスタ等で
毎日のように最新情報や最新の登山道の状況等が入ってくるので、
毎週金剛山等に登って写真などを撮ったりしているものの
タイムリーじゃないブログでレポートすることがほとんど無い。(^^ゞ
そんな中、とても月が明るく、空気の澄んだ冬の季節がやってきたので
久しぶりに金剛山の夜景を撮ってみた。
金剛山の夜景というと夜登さん無しには語れないなぁと思っていたら、
同じ日の21時頃に夜登さんも登ってらっしゃったみたい。

日没までに下山するのが常識という固定観念では出会えないのが夜景。
今やナイトハイクという言葉がけっこう一般的になってきており、
中でも金剛山は比較的ナイトハイクのしやすい山のうちの一つだろう。
金剛山以外でこれまでいちばん印象的だった夜景は若草山である。
ここは車で行けてしまうので歩かなきゃ行けない場所ではない。
生駒山も夜景スポットで有名であるが車で上がれてしまう。
最近購入した「関西ナイトハイキング」という本には
20171202-2.jpg
金剛山、葛城山、岩湧山、二上山はもちろんのこと、
実に29コースものナイトハイキングコースの山が紹介されていて驚いた。
けっこう登ったことのない山だらけであった。
夜景が見れる山ってことは、そこそこ安全に歩けて展望のある山に限られるわけで、
ふつうに昼間に登っても展望を楽しめたりするのだろうな。
ネガティブに考えると、夜景を見るってことは、その後に帰らなきゃならないわけで、
あまり遠くの山だと帰りが遅くなるし、どこの夜景であっても特別大きな違いは無さそう。
わざわざ遠くまで来たというイベント感を除くと近場でええかぁってなるよね。(^^ゞ
しかし、似たような夜景写真ばかりかと思いきや、なかなか個性的な夜景もあるなと気づいた。
チャンスがあれば紹介されている山での夜景をぜひこの眼で見てみたいと思う。

そういえば金剛山頂売店前広場の消えたままデジタル温度計、
12月1日に部品が入ってくるとかでまっくんさんのテクニカルサポートでまもなく復活か!?

その他の写真は以下より。
20171202-20.jpg
創元社 『関西ナイトハイキング』は価値ある一冊

20171202-3.jpg
タカハタ谷へと向かう道すがら

20171202-4.jpg
タカハタ谷にて

20171202-5.jpg

20171202-6.jpg
自然林帯が終わったあたりで完全に日没

20171202-8.jpg
スポット光のヘッデンでは当たってるところは明るすぎて周りが暗くて不便。
これではないが、10年ぶりにメインヘッデンを更新したので次回ご紹介。

20171202-7.jpg
写真的には失敗であるが、驚くほど月が大きく明るかった

20171202-9.jpg
井戸広場

20171202-10.jpg
国見広場へ

20171202-11.jpg
広場への階段の途中からの夜景

20171202-21.jpg
18時のライブカメラにて

20171202-14.jpg
国見城址広場にて

20171202-19.jpg
登山回数捺印所は19時の時報まで

20171202-17.jpg

20171202-15.jpg

20171202-16.jpg
転法輪寺境内

20171202-18.jpg
登山回数掲示板
山頂広場の金剛山の看板の日付って夕方には翌日になっているんですね。(*^_^*)
暗い中は山に登ったことはないな。
慣れた登山道でも雰囲気はぜんぜん違うんでしょうね。
ヘッ電を新調されたんですか?
最近はグッズ紹介の記事が少なくなってきたので楽しみです。
財布と相談しながらいろんな山グッズを紹介してくださいね。(^^)/
[ 2017/12/03 21:26 ] [ 編集 ]
こんばんわ!
本を紹介していただき、ありがとうございます。
本の中にキバラーさんが行ったことのない山が結構あったのは
びっくりしました。結構あちこちの山いかれてるので
ナイトハイキングじゃなくても、ほとんどの山行かれてるように思っていました。

是非、足を運んでみてください!
確かに金剛山は比較的ナイトハイキングしやすい山ですね。

今回はタカハタ谷から登られたんですね。
タカハタ谷は下山だけ利用したことありますが、
積雪時期に登ってみたいと思います。

ちなみにヘッデンは買い替えられたのでしょうか?
[ 2017/12/03 21:28 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます!
18時台には2名体勢が1名体勢になるみたいで、そのタイミングで日付を替えてしまわれるのでしょうね。
自分は夜行性なのか、暗闇の静寂を歩くのがけっこう好きですが、気持ちに余裕のある金剛山ならではで、他の知らない山だと不安で仕方ないでしょうね。
ヘッデンは10年ぶりに新調しましたので、今週にでも紹介したいと思っております。
[ 2017/12/03 22:03 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
コメントありがとうございます!
まさか涼さんがこの本を監修というか制作されたとはまったく知りませんでした。
中身が濃いので作られるのはたいへん苦労されたことかと思います。
これまでこのような本は無かったのでとても新鮮です。
知らない山も多かったので参考になります!
メインのヘッデンを10年ぶりに更新したのでじっくりレビューしたいと思っています。
[ 2017/12/03 22:08 ] [ 編集 ]
どこかで見た表紙だと思ったら涼さんが出版した本ですね(笑
僕は1㎜もかかわってませんがありがとうございます★

ギア好きなキバラーさんがチョイスしたメインヘッデンが
とても気になります。

自然林帯が終わったあたりで完全に日没の写真がとても素敵ですね。
あのような風景は何度となく見てますがこのようにうまく撮れた
ことが無いですね(-_-;)

タカハタルートは初めて金剛山に登った際に下山ルートで
計画していましたが取りつきがわからず本道を泣く泣くピストンしました。確か悔しくてすぐにリベンジした記憶があります♬
[ 2017/12/04 21:53 ] [ 編集 ]
まさか登山好人さんのお仲間の涼さんの本とは知らず、別の情報筋からこの本のことを知り、すぐに購入した次第です。
そんなことなら本だけの深堀りレビューをすればよかったなぁ。
あまり書きすぎると著者に叱られると思いましたので。(^^ゞ
ヘッデンはこの記事の撮影の時にはまだ使い方をマスターできておらず持って行かなかったというくらいややこしいヤツです。
(^^ゞ
今週中にでもレビューできたらと思います。
日没寸前の写真、もうちょっと実際は綺麗だったのですが、たまたま持っていったカメラでは見たまま撮れなくて。。
ありがとうございます。
タカハタ・ツツジオ・松ノ木ルートは上からだとたしかに慣れるまではどっちがどれなのかややこしいですね。
ルートの名前もそうですが、私の場合は覚えるまで半年~一年くらいかかったかように思います。(^^ゞ
ぎっくり首でしばらく休んでおられたので心配しておりましたが、いつの間にやら全力復帰されてらっしゃったのでこれからのレコを楽しみにしております。
[ 2017/12/05 06:21 ] [ 編集 ]
この日は日没後に結構冷え込んで来たと記憶していますが、山頂はいかがでしたでしょう?
素晴らしい夜景が都心部に近い金剛山ならではと思います。
大きなお月様が下山時には重宝されたことと思います。
[ 2017/12/06 22:06 ] [ 編集 ]
この日はまだ寒波の前だったのか、寒く感じることはありませんでしたよ。
ダウンとか持っていってましたけど出番無しでした。
スーパームーンの明るさに相まってのスッキリクリーンな夜景はなかなか綺麗でした。
金剛山からの夜景は見慣れてますので、うっかり夜景をズームアップした写真を撮るのを忘れてました。(^^ゞ
[ 2017/12/06 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)