FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

台高山系 薊岳・明神平 (2017.11.19) 

20171119-0.jpg
明神平にて  キバラー、うっちぃさん、みねごん、こーやさん

【動画編】


いきなり真冬到来。
風は強く、厳しい寒さだった。


【ルート】
 大又駐車場-(バリルート)-登山道合流-薊岳-(休憩ポイント)-
 前山-明神平-大又駐車場


先週末は久しぶりにボロんちょに風邪ひいてしまって山には行けず。
そんな2週間ぶりの山行きはまさかの冬将軍到来で、この冬いちばんの寒さとなった。
あまり高い山へ行くのは寒すぎるので明神平あたりでゆっくり滞留しようとなった。。
明神平というとよくセットにすることが多いのは桧塚奥峰であるが、
今回は久しぶりに薊岳に訪れたいという私の希望に賛同いただいた。
明神平が初めてのko-yaさんには最初は一般登山道で案内したいところであったが、
午前中はガッスガスで空模様が良くないであろうことは駐車場からも見てとれた。
なるべくピストンは避けてko-yaさんには見るもの全てがお初になる計画として、
バリルートを取り入れて明神平は後半に持ってくる反時計回り周回を考えた。
つまり登山道ではない植林帯を歩かせていただいて駐車場から稜線まで直登。
7年前にkosiziさんの案内で初めて明神平へ登ったガラケー時代。
当時としてはハイテクのGPSを利用して駐車場まで一時間ほどで下りたルートを
下から登りで使ってみて苦労なく登れるだろうかという確認を兼ねて。
登りだしから急登とルート取りに苦労し、思いのほか時間がかかった。
高度が上がってくるとさらに強風や吹雪で足取りが重くなる。
8時スタートで3時間もかかって11時に稜線上の登山道と合流した。
所要時間だけを見れば一般登山道を登ってくるのと大差なかった。(^^ゞ
バリルートのルーファイ、植林帯の中ではあっちが歩きやすい、いやこっちかもと
ああでもないこうでもないと頭悩ませる楽しさはあるが、たいていの場合、
時間がかかりすぎたり足が余計に疲れたりで割に合わないことが多いのは織り込み済み。
登りは暑くなるだろうとバラクラバにもなるお気に入りのトレールアクションパーカー
をアウターにして登りだすもカラダが温まってくるどころか寒くなる一方。
防風のため、アクションパーカーを脱いでこんどはソフトシェルに着替えるも、
着替えてる最中に低体温になりそうなほどの強風で、風速10m以上あった。
汗冷えしないよう暑くなく寒すぎない絶妙な塩加減のつもりだったが、
結局、最終的には両方を重ね着して落ち着いたという寒さだった。
稜線に出るとさすがに歩きやすくなったものの、桧塚奥峰側とは違って細尾根で
積雪に隠れた根っこで滑って転倒しそうになったりと油断できないコンディション。
登山道合流ポイントから薊岳まではピークハントのためのピストンである。
果たして薊岳山頂はガスっていてまわりは何も見えなかったのは7年前の時と同じ。
そんなわけで薊岳は常にガスってるイメージしかないけど実際どの程度の展望があるのかな。
ひとしきり記念写真を撮ったところで折り返して休憩予定地の前山へと向かう。
薊岳から前山までほんとにコースタイム一時間なの?と思うくらい遠く感じた。
相変わらずの強風が吹き付けてくる状況では前山で快適に食事できるとは思えない。
あと15分くらいかかりそうな稜線上右手に谷というか窪地があり、
そこまで下ったら風が当たらなさそうだったので前山到着を待たずにお昼とする。
時間にして13時近くにもなっており、11時半くらいに着けたらと思っていた予定を
大幅に上回って空腹もピークに。
厳寒の中での昼食は、パン系を中心にサンドイッチやホットサンド、ポップコーンまで。
レジャーシートの上には時折雪が降り注ぐ。
靴を脱ぐには寒すぎるがレジャーシート上には座りたい。
スーパーのレジ袋が数あれば靴の上から突っ込んでシートにあがれる。
そんなこともあろうかと思って持ってきていたのは
モンベルの「ベーシックダウンフットウォーマー」(写真撮り忘れ)だ。
これはけっこう快適に過ごせたので冬季のテン泊にもオススメのアイテム。
休憩はたっぷり1時間半ほど取った後、稜線まで登り返して前山へと向かう。
時間的には予定より2時間ほどのロスであるがまだ日没までの安全マージン内である。
「明神平あるある」として、上ではひどくガスっていたのに
下山完了して駐車場に着いたとたん空は青空で吹っ切れていたということが多々あった。
今回は予定より2時間も時間が押していたので前山で15時にもなってしまったものの
空はみるみる回復し、見事な銀世界を眺めることができた。
前山からは下山となるので全員この冬初めてチェーンスパイクを装着。
こんなに早く出番が来るとは思ってなかった。
せっかくなので前山と明神平でちょこっと空撮するも、強風に煽られて機体が流されるわ、
低温バッテリー警告は出るわで思うように飛ばせず。
日没時間(16:55)も迫ってきているので下山を急いだ。。
林道の一部ははかつて荒れていたようなえぐれ方をしていた。
最悪、渡渉後の林道歩きで日没を迎えるのがタイムリミットと思っていたら
まさに舗装路に入ったところから完全に日没となった。
何度も訪れている慣れたルートなのでナイトハイク感覚。
明神平が初めてのko-yaさんは気が気じゃなかったかもしれないが。(^^ゞ
朝、駐車場で2名3組6名が先行して登って行かれたのを見たが
その人たちも含めて二度と人影を見ることなく終わった。
帰りには「たかすみ温泉」で温まって、プジャ橿原店で山登りカレー部をして帰る。
過酷な一日であったが楽しかった。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました。

その他の写真は以下より。
20171119-2.jpg
山と高原地図2016年版+GARMIN GPSログ

20171119-1.jpg

20171119-3.jpg
7年前に初めて明神平に登った日の
ショートカット下山したときのログを入れてきたが、この通りに登るのは難しかった

20171119-4.jpg
テープはあるが踏み跡など無いので真似をしないほうが良い

20171119-5.jpg
急登の難所が終わってちょっと緩やかになった

20171119-6.jpg

20171119-7.jpg
植林帯とは言え、なかなかスムーズには登れない

20171119-8.jpg

20171119-9.jpg

20171119-10.jpg

20171119-11.jpg
目指す尾根に乗っかっると進みやすくはなった

20171119-12.jpg
大岩を巻く

20171119-13.jpg
巻いた上からは白銀の世界へと入っていくと同時に風も強まる

20171119-14.jpg

20171119-15.jpg

20171119-16.jpg

20171119-17.jpg
細尾根の岩ゾーン

20171119-18.jpg

20171119-19.jpg
ようやく稜線上の登山道と合流した

20171119-20.jpg

20171119-21.jpg

20171119-22.jpg

20171119-23.jpg
薊岳山頂にて

20171119-39.jpg

20171119-40.jpg

20171119-24.jpg
うっちぃさんの安モノ?のスパッツのバンドには
たびたび雪団子が付きまくって苦労してた(≧∇≦)

20171119-25.jpg

20171119-26.jpg
風の当たらない窪地でお昼とした

20171119-41.jpg
気温は-5℃であったが、強風が加わって体感気温はマイナス15℃以下

20171119-42.jpg
みねごんサンド

20171119-43.jpg
うっちぃホットサンド

20171119-44.jpg
とうもろこしの種をオリーブオイルに岩塩を加えて炒る

20171119-27.jpg

20171119-45.jpg

20171119-28.jpg

20171119-46.jpg

20171119-29.jpg
前山にて
ここからは下山に向けてチェーンスパイクを装着

20171119-30.jpg
下山開始しようと思ったらガスが吹っ切れてきた

20171119-47.jpg

20171119-99.jpg
空撮は強風と低温との闘いだった

20171119-31.jpg

20171119-48.jpg

20171119-49.jpg
あしび山荘(利用不可)

20171119-51.jpg

20171119-50.jpg

20171119-32.jpg

20171119-33.jpg

20171119-34.jpg

20171119-35.jpg

20171119-52.jpg

20171119-36.jpg

20171119-37.jpg

20171119-38.jpg

20171119-53.jpg
中央は薊岳
[ 2017/11/22 21:01 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(16)
私が行ったのは13日。
一週間でこんなに景色が変わってしまうなんて!
半端じゃなく、寒そうですね・・・
でも、薊岳・明神平はやっぱり樹氷が良く似合います。
私も、今シーズンの冬は綺麗な樹氷を見に行きたいと思っています(^O^)/
[ 2017/11/22 22:04 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます!
実はSACHIさんの薊岳の日記を拝見して久しぶりに行きたく思った次第です。
完全に落葉してサクサクを落ち葉を踏みしめる同じような状況を期待して行ったら大違いでした。
寒波が来ることはわかっていたのですがあれほどまでとは思いもよりませんでした。
[ 2017/11/23 06:55 ] [ 編集 ]
改めまして
いい感じの明神平ですね。
冬の頃の明神は格別ですよね、寒さもですけど。

同じころ金剛山で霧氷と紅葉のコントラストを楽しんでました。
ちなみに0℃でした。
[ 2017/11/23 10:24 ] [ 編集 ]
まさかの雪景色でしたね。
バリの登りはご苦労されたかと思います。
私が今年の2月に大又から登った時は
ほぼ駐車場の真上から登ったような気がします。
でも、あのルートは時間がかかりますね。(*‘∀‘)

日帰りでも何があるかってわからないから近所の低山でもヘッ電は必須ですね。
機会があれば奥峰まで足を延ばしてください。
寒さも倍増ですが、霧氷の美しさは素晴らしいですよ。(^^)/
[ 2017/11/23 18:19 ] [ 編集 ]
綺麗な霧氷が見れて良かったですねぇ(^^♪あのバリルート登るの大変だったでしょうね!!大又のバス停の笹野神社から大鏡池~薊岳~前山~明神平にも行けます(^_^.)
[ 2017/11/23 20:04 ] [ 編集 ]
そろそろ樹氷の季節ですね。
写真で見るには綺麗ですが、なかなか足が向きません(笑)
どの写真をみても本当に寒いのがよく伝わってきました。
[ 2017/11/23 21:36 ] [ 編集 ]
初冬積雪の「薊岳・1406m」お疲れ様でした。
ドローン映像も風の中素晴らしい映像ですね。

今回、キバラーさんの地図に記載の
「国見山・1418.9m」「水無山・1414m」
「明神岳・1432m」「薊岳(雄岳)・1406m」の
山ラン移動は'99/09/26(18年前)でした。

今年、9/23は取りこぼしていた「雌岳・1330m」
一座のみゲットに林道終点登山口から濃霧の
明神平方面へピストンの登山でした。
「木ノ実矢塚・1373.8m」は山ランでは無効山。

奈良県の有効山391座中、356座(山)で
山ラン(山頂無線)完了しています。
[ 2017/11/23 22:04 ] [ 編集 ]
先のコメントありがとうございました。
冬の明神平は過去二度行きましたが青空と雪景色のコンビネーションは最高ですよね。
反面、寒さは耐え難いですが。
ヒップソリが懐かしいですが最近は寒さに弱くて冬には行けてません。
駐車場までのアクセスのハードルも上がりますよね。
金剛山はまだ紅葉が残っているのですね。
いつの間にやら氷点下の霧氷や氷華のシーズンになりましたね。
しばらく行かないうちに寒くなっているんだろうなぁ。
[ 2017/11/24 21:04 ] [ 編集 ]
まさかの雪景色は積雪1cm程度で、下山時はスパイクが必要な限界ギリギリでした。
ピストンを避けようとするとどうしてもバリ併用となる場合がありますが、いつも割に合わないことが多いです。
冬の奥峰って行った事なかったかな?!
冬場は日没が早いので金剛山でもヘッデンの出番は多いです。
[ 2017/11/24 21:04 ] [ 編集 ]
7年前を懐かしく思い出しておりました。
あの時の下りはそんなに苦労しなかったように記憶していますが、登るほうが難しかったです。
冬場の明神平ではいつもえらい寒い思いをしているので避けたかったのですが、今回は早くも冬将軍にやられました。
大又のバス停からだと車をそれぞれデポしないと冬季はキツそうですね。
展望のある薊岳にはまたもや出会えませんでした。
[ 2017/11/24 21:04 ] [ 編集 ]
朝のうちに少しは樹氷があるかな?くらいに思っていたらえらい寒さで、飽きるほど樹氷を見てきました。
久しぶりの明神平、大又駐車場まで近いイメージがありましたが今回はけっこう遠いと思いました。
単独ではなかなか足が向かないです。
[ 2017/11/24 21:05 ] [ 編集 ]
動画もご覧いただきありがとうございます。
木ノ実矢塚は破線ルートなので?無効山なのでしょうか。
そこを通る周回をしたいとずっと思っていたのですが、林道が壊滅的だとのことで実現できず。
大量遭難事件もありましたね。
薊岳、雄岳と雌岳になってたんでしたね。
雌岳は未踏です。
18年前の明神平は、作りかけてやめたスキー場の名残りはより色濃く残ってたのでしょうか。
地元の人から、スキー場建設中止後の2~30年前の話を聞きました。
山小屋で10名くらい泊まっていて当時はロウソクで明かりをとっていて火事になって・・。
その現場に駆り出された話でした。
昔から登山がよく行われていた山だったのですね。
[ 2017/11/24 21:07 ] [ 編集 ]
奈良交通バスが大又のバス停まで運行しなくなってから、久しくなります。もう何年も明神平~台高山脈方面には行っていません。動画で拝見した粉雪まじりの寒風吹きすさぶ真っ白な霧氷に蔽われた山の景色は、冬の明神平で幾度か経験した懐かしい景色です。明神平まで登ったはいいが猛吹雪で全く視界が効かず、それ以上進むこともならず、あったかいお茶をすすってそそくさと来た道を下山したことが、一度ならずありました。
ところが、薊岳に関して言えば、私は恵まれているのか、初めて登ったのがやはり11月の頃だったか、晴天に恵まれ、美しい青空と霧氷に蔽われた真っ白な美しい樹林、大峰山系まで見渡せる素晴らしい展望を山頂から飽くことなく眺め続けていた記憶が鮮明に残っています。キバラーさんにはぜひ、青空の薊岳からの展望を味わっていただきたいと思います。
薊岳へのバリエーションルートといえば、魚止滝(私の山高の地図では300mくらいずれています)を少し過ぎた辺りから渡渉し、石ヶ平谷の左岸から林業用の作業道を見つけてそのまま932mピークへ上がり、薊岳西方の登山道まで尾根を登ったことがあります。キバラーさんとは石ヶ平谷を挟んで一つ向かいの尾根ですね。ここはまあまあ登りやすい尾根でした。
木ノ実矢塚には一度だけ紅葉の頃、薊岳から縦走し、麦谷林道に下りて周回したことがありました。ここもなかなか良かったです。
[ 2017/11/25 08:08 ] [ 編集 ]
大又までバスが運行しなくなったのですか?
まだバス停があって走ってそうな雰囲気はありましたが。
そういえばたかすみ温泉に本数こそ少ないもののバスの時刻表が貼ってありました。
明神平の真冬の寒さは本格的な雪山相当ですよね。
それでも安心して登れる山ではないでしょうか。
魚止滝付近からの林業用作業道ですか?
こんど取り付く時は探してみます。
薊岳の展望と木ノ実矢塚方面への周回は懸案なので、麦谷林道の回復状況の情報次第では歩いてみたいとずっと思っています。
最近のarajinさんの山行の近況も知りたいところです。(^^)
[ 2017/11/25 12:52 ] [ 編集 ]
この日は11月というのに真冬並みの寒さでしたね!
岩湧山ですら雪あられが少しばかり積もりましたが、明神平の桁外れの積雪に驚いてます。
綺麗ですね!!
ただ寒さはお書きに通り半端じゃなかったと思います。
[ 2017/11/25 21:07 ] [ 編集 ]
あの寒さは何だったんでしょうかと思うくらいにこの週末は暖かくなりましたね。(^^)
岩湧山も雪あられでしたか。
この冬は寒さとどう付き合って行こうかと思っています。
風さえなければ平和なのですが。


[ 2017/11/26 20:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)