生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北アルプス 燕岳(つばくろだけ)(2017.10.8-9) 

2017100809-0.jpg
燕岳にて   ※orisさん、キバラー、みねごん、こーやさん

【動画編】


まさかの眺望に言葉を失う

【コース】
1日目(10月8日)
 中房温泉(6:35)-(合戦尾根)-第一ベンチ-第二ベンチ-第三ベンチ-富士見ベンチ-
 合戦小屋-合戦沢ノ頭-燕山荘(昼食・大休憩)-(表銀座縦走路)-蛙(げいろ)岩-
 -(ピストン)-燕山荘(泊)
2日目(10月8日)
 燕山荘-イルカ岩-メガネ岩-燕岳-(ピストン)-燕山荘(大休憩)(10:10)-中房温泉(13:05)


今回の山行のヤマレコはこちら

遠征フィナーレは「燕岳」。
今シーズン、北アルプスに三回も遠征できて大満足。
みなさんのおかげだ。
最終回は、燕山荘を核心とし、あまり移動しないのんびりピストンの計画。
北アルプス三大急登も今年2本目だ。
連休前半の土日に遠征する予定が、土曜日の天気が芳しくなく日月に変更。
予想通り同じ考えのハイカーが多かったみたいで
登山口は朝早くからかなりごったがえしていた。
駐車スペースはすでに無いと思われたので、
穂高駅前無料駐車場に予約していたタクシーで5:30に来てもらって移動。
帰りもタクシーを利用したが、迎車料金もなく良心的。
4名なのでバス台より一人あたり200円だけ高い片道7600円で快適移動。
タクシーが5人乗り(運転手含まず)だったなんて今まで知らなかった。(^^ゞ
そんなこんなで登山口からはほぼ数珠つなぎでのスタート。
登山者が絶えない人気の燕岳。
アルプス初心者向けとも登竜門とも言われているゆえ、
有名でありながらもこれまで登る機会になかなか恵まれなかったのだ。
登ったことがなくても燕山荘とその周辺の岩などの写真はすっかりお馴染み。
昨年放映されて見応えのあった「山女日記」の続編が
今回、燕岳が舞台になるというのもあって、
これはぜったい登っておかなきゃならないという気運が高まった。
登る前は、燕岳山頂には記念撮影に欠かせない佇立する山名標識が無いゆえに
ピークよりもむしろ燕山荘が核心部のような印象を持っていた。
燕山荘はもちろん歴史由緒もある立派な山小屋で、
夕食時はオーナー自身からの山の話やホルンの音色などイベントがあったりで
登山客が少ないとそりゃ快適だったことだろう。
独自の景観を持った燕岳そのものもはなかなか個性的で、
その辺り一体の稜線から眺められる山脈の眺望にうっとりしてしまい、
燕山荘が核心のつもりだった気持ちが良い意味で裏切られた。
蝶ヶ岳から望む穂高の山並みに匹敵する景観であるのではと思った。
これはいつまでも眺めていたくなる。
奇しくもこの時期にしては今シーズンいちばんの暖かさに恵まれて
寒さに萎えることはまったくなかった。
燕山荘の、シーズン最高の登山客の多さも賑わいで良い体験ができた。
山登りや山小屋泊というものは、苦労や不便を楽しみに行く体験ゆえ
日常の生活がいかに快適で不自由無いかということを改めて実感できるというか、
常に最悪な状況を想定しているがゆえに、そんな状況において
たったひとつの小さな想定外のプラス体験を見つけられただけで
感激できたりするからして山は楽しい。
グループ登山では、お互い無防備だった情報等についても補完しあえるので
チームプレイ、チームワークが実感できるのもまた良かった。
そんなこんなで今シーズンの遠征はこれにてフィーナーレ。
燕岳はまさに北アルプスの女王だった。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました!

その他の写真は以下より。
2017100809-1.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPSログ

2017100809-2.jpg

2017100809-3.jpg
中房温泉(なかふさおんせん)が登山口。
温泉(観光)だけでここまで来る人は稀だとか。
穂高駅駐車場(無料)からタクシーで45分くらいかかった。

2017100809-4.jpg
この日は路駐の嵐になるほどマイカーでごった返していた。
カメラをどこに向けても他の登山者がフレームインしてしまう。

2017100809-5.jpg
大阪府チャレンジ登山大会を思わせるほどの登山者の隊列。

2017100809-6.jpg

2017100809-7.jpg
スタートから50分ほどで第一ベンチに到着。

2017100809-10.jpg

2017100809-8.jpg
第一ベンチのところにはひっそりと石仏が鎮座。
気づかない人も多いかも。

2017100809-11.jpg
紅葉らしい色鮮やかなものは無く、どちらかというと黄葉という感じ。

2017100809-12.jpg

2017100809-13.jpg
合戦小屋への荷揚げ用ケーブル

2017100809-14.jpg
看板を撮るのがやっとなほど登山者でごった返し。
もちろん座る場所無し。

2017100809-15.jpg
サングラみねごん

2017100809-16.jpg

2017100809-17.jpg

2017100809-18.jpg
もっと色鮮やかさが欲しいところ

2017100809-25.jpg
美ヶ原にある鉄塔だとか?

2017100809-27.jpg
あの山は!?

2017100809-26.jpg
大天井岳(おてんしょうだけ)が見えた(中央遠方)

2017100809-28.jpg
晩秋と思えない色合い

2017100809-29.jpg
第三ベンチも看板しか撮れないほどごった返していた

2017100809-30.jpg
少しは秋めいた写真が撮れたかな

2017100809-31.jpg

2017100809-148.jpg
写真提供:orisさん

2017100809-32.jpg

2017100809-33.jpg
雲海の上に富士山

2017100809-34.jpg
大天荘が確認できるほど大天井岳があらわになった

2017100809-35.jpg
イケてない山座同定アプリ 赤矢印が大天井岳
大天井岳はおてんしょうだけとしか読まないと思いきや、だいてんじょうだけとも読むらしい

2017100809-36.jpg

2017100809-37.jpg

2017100809-38.jpg
合戦小屋まで10分と5分の場所にこのような表示板 手作り感がイイね!

2017100809-39.jpg
このあたりから日差しが痛くなってくる

2017100809-40.jpg
途中休憩なんどもありでスタートから3時間40分かかって合戦小屋に到着

2017100809-41.jpg

2017100809-42.jpg

2017100809-43.jpg
この時期、名物のスイカに代わってお汁粉(600円)に(餅2個入り)

2017100809-44.jpg
座る場所確保が難しいほどだった

2017100809-45.jpg
合戦小屋からしばらく登ると槍ヶ岳が顔をのぞかせた(アルプス一万尺小槍付き)

2017100809-145.jpg
写真提供:みねごん

2017100809-46.jpg
合戦沢ノ頭まで登ってくると下界や燕山荘を望む眺望あり

2017100809-47.jpg
サングラオリス

2017100809-48.jpg
いよいよゴールが近づいてきた

2017100809-50.jpg
燕山荘、でっかそう!

2017100809-49.jpg
どっしりとした燕岳の山頂には人・・

2017100809-51.jpg
雪の重みでひん曲がった白い樹木

2017100809-52.jpg
もう冬枯れだなぁ

2017100809-53.jpg

2017100809-55.jpg
ついに燕山荘直下に到着

2017100809-57.jpg
燕岳山頂に向かう多数の登山者 ピークへ向かうのは翌朝にすることにした

2017100809-58.jpg
槍ヶ岳もバーンと

2017100809-20.jpg
ドローン空撮

2017100809-21.jpg

2017100809-22.jpg

2017100809-19.jpg

2017100809-23.jpg

2017100809-56.jpg
ようやく燕山荘前に足を踏み入れた

2017100809-59.jpg
いままで写真等で見ていた燕山荘がついに目の前に!

2017100809-60.jpg
遅めの昼食は食堂にて

2017100809-61.jpg

2017100809-63.jpg
チキンインドカレーをいただく  骨つきものは苦手だった

2017100809-62.jpg

2017100809-64.jpg
燕山荘グッズが非常に種類が多くて充実していたので迷う
バッジを制覇するのにあと16回は来ないとな
これら以外の特別なバッジもあったりであと17回やん

2017100809-65.jpg

2017100809-66.jpg
生ビールも大・中・小ジョッキありで充実

2017100809-67.jpg
カフェメニューから「チョコレートモンブラン」をチョイス 翌日には完売してた
他では食べたことない味で美味しかった 珈琲もドリップしたてで美味しい

2017100809-68.jpg
りんごのキャラメルケーキ

2017100809-69.jpg

2017100809-70.jpg

2017100809-71.jpg

2017100809-72.jpg
野口五郎岳を望む稜線が美しい

2017100809-74.jpg

2017100809-76.jpg
会いたかった山男像と念願のツーショット
触るとグラッと動いたよ 時々移動するらしい 推定体重15kgくらいか
これも畦地梅太郎の作品のひとつだ。

2017100809-77.jpg

2017100809-78.jpg
日没まで時間もたっぷりあるので、初日は蛙(げいろ)岩を目指すことに
表銀座縦走路をなんちゃって縦走

2017100809-79.jpg
稜線あるきはゴキゲンであるが、さすがに疲れが出はじめてる

2017100809-80.jpg

2017100809-81.jpg

2017100809-82.jpg

2017100809-83.jpg
振り返ると燕山荘(右上)からずいぶんと離れたものだ

2017100809-84.jpg
槍ヶ岳を眺めながらの移動

2017100809-85.jpg
背後には剱岳 針ノ木岳の勇姿も  ※ルネさんご指摘ありがとうございます

2017100809-86.jpg

2017100809-87.jpg

2017100809-88.jpg
ついに折り返し地点の蛙岩に到着! で? なぜみなさんがここに訪れるのか不明

2017100809-89.jpg
はい撤収、さぁ戻るぞ、帰るぞ、燕山荘へ

2017100809-90.jpg
orisさん、逃げ足がはやい

2017100809-91.jpg

2017100809-151.jpg
写真提供:みねごん

2017100809-92.jpg

2017100809-93.jpg

2017100809-94.jpg
稜線を境に、東側と西側の風景がまったく違う 西側は絶景なのに東側はなんだか高度感が無かった

2017100809-95.jpg
あちこちオベリスク風の岩だらけ

2017100809-97.jpg
今宵の泊まりの別館に帰着
今日、帰らなくてよい(日帰りではなく泊まって帰れる)というのは何とも嬉しい

2017100809-96.jpg
食事券と栞(しおり)

2017100809-98.jpg
食事(19時)までまだ時間があるので夕暮れを眺めに外に出る

2017100809-99.jpg

2017100809-100.jpg

2017100809-101.jpg
たそがれている山男像が可愛すぎる

2017100809-102.jpg

2017100809-103.jpg
燕Tシャツは色が選べないほど売り切れ続出 着いた時にすぐに買っておくべきだった

2017100809-104.jpg
夕食のチーズinバーグ 他にも筑前煮があった

2017100809-105.jpg
オーナーから燕岳の話を聞かせていただいた

2017100809-106.jpg

2017100809-107.jpg
アルペンホルンの音色に耳を傾ける 寒くなると音が出ないとか

2017100809-108.jpg
翌朝・・ご来光の前

2017100809-109.jpg

2017100809-110.jpg

2017100809-111.jpg

2017100809-112.jpg
モルゲンロート

2017100809-113.jpg

2017100809-114.jpg

2017100809-115.jpg

2017100809-116.jpg

2017100809-117.jpg

2017100809-118.jpg
朝食は先着順時間制なのでタイミングが難しかった

2017100809-119.jpg
欲しかった色じゃないけど、みんなで着て燕岳を望む

2017100809-120.jpg
イルカ岩

2017100809-122.jpg

2017100809-123.jpg

2017100809-124.jpg

2017100809-125.jpg

2017100809-147.jpg
写真提供:みねごん  メガネ岩にて

2017100809-126.jpg
燕岳山頂

2017100809-127.jpg
山頂は想像以上に狭かった

2017100809-128.jpg

2017100809-150.jpg
写真提供:みねごん

2017100809-130.jpg
槍→燕ポーズのリハーサル

2017100809-129.jpg
シャツを前後逆さまに着てスタンバイ(寒いよ~)

2017100809-132.jpg
燕山荘に向かって戻る

2017100809-133.jpg

2017100809-134.jpg
メガネ岩

2017100809-135.jpg

2017100809-136.jpg
賽の河原みたいだ

2017100809-137.jpg
時間にゆとりのある山行ってイイね!

2017100809-138.jpg

2017100809-131.jpg

2017100809-139.jpg

2017100809-143.jpg
また燕山荘に戻ってきた

2017100809-140.jpg

2017100809-142.jpg
いよいよ下山へ・・とても別れ惜しいこの眺望

2017100809-144.jpg
下山開始するやいなや、燕山荘で急病人発生で
長野県警航空隊ヘリ「やまびこ」が飛んできてピックアップ
どうか無事でありますように

2017100809-149.jpg
写真提供:orisさん  下山はストックを使って専念
Check [ 2017/10/12 21:15 ] アルプス | TB(0) |   コメント(13)
動画を見て、写真を見て振り返ると幸せな時間でしたね。

「山登りや山小屋泊というものは、苦労や不便を楽しみに行く体験ゆえ日常の生活がいかに快適で不自由無いかということを改めて実感できるというか、常に最悪な状況を想定しているがゆえに、そんな状況において たったひとつの小さな想定外のプラス体験を見つけられただけで感激できたりするからして山は楽しい。」←名文ですね。

今回は混雑する山小屋でも快適に過ごすことができたのが印象的でした。
いい天気に恵まれて、メンバーにも恵まれてホントいい山行でした。
また、来シーズンもご一緒できるようにと切に願います。
ありがとうございました。(^^)/
[ 2017/10/12 21:54 ] [ 編集 ]
良い天気で楽しい登山でしたね。
一度登ったことがありましたが一時雨、頂上では少しガス、燕山荘に止まるもあくる日も今一の天気でした。もう一度リベンジしたいと思っています。
[ 2017/10/13 07:51 ] [ 編集 ]
キバラーさん、ご無沙汰しています。
と言っても、数年前残雪の稲村で私の方からお声掛けさせて頂いただけで、覚えてくださってるかどうか分からないんですが・・(^▽^;)>゛
いつも「ザ・金剛登山」楽しませていただいております。

山レコのorisさんのレコにも思わずコメントしてしまったのですが、同じ日キバラーさんたちの1時間前、山友のoyajiさんと中房温泉を出発していました。
当日は大天井泊り、翌日槍を目指しました。
出発がもう少し時間が遅ければ、お目にかかれたかもしれないと思うと残念です。(キバラーさん、orisさんのお顔は、しっかり存じておりますので(⌒ー⌒) ・・)

三連続での遠征、今回もアルプスの醍醐味を思う存分味わわれたようですね。
いつもながら空撮も交えた素晴らしい動画にレポ、素晴らしいです!!
自分がその少し前、同じ場所を歩いていたかと思うと、より一層感動を覚えます。
当日、私たちは大天井ヒュッテ泊で、残念ながら(大天井岳が邪魔をして)ご来光を拝むことができなかったのですが、美しい画像で楽しませて頂きました。

ちなみに、燕山荘から蛙岩に向かっている時、すぐ左手をドローンが飛んでいたのですが、もう一人の方のだったんですね。


思いがけないニアミスに、思わずコメントを入れてしまいました。
これからもレポ、楽しみにしています。
[ 2017/10/13 11:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/13 12:24 ] [ 編集 ]
絶好の登山日和、素晴らしい画像&映像(プラス空撮)
拝見しました。
お揃いの『燕』Tシャツも決めていますね・・^^)/

2004/07/27(13年前)同じ登山口(中房温泉)から
「合戦ノ頭・2489m・『燕岳』「北燕岳・2750m」まで
山ランでピストンしています。
合戦の小屋名物スイカ1/8割り¥800の味は忘れられません。

「大天井岳」「常念岳」「蝶ヶ岳」から上高地の
表銀座コース縦走を考えましたが持久力が伴わず、パス。

遠望の「槍ヶ岳・3180m」に登頂出来たのは8年後の2012/07/25でした。
中房温泉に下山して2日目は・・「月蔵山・1192m」「不動ヶ峰・1200m」
「鶴ヶ峰1270m」等、標高 1/2クラス八座の山ランでお茶を濁しています。

最後になりました。🌷ミネゴンさん・昔青年!さん経由
ご好意ありがとうございます。
[ 2017/10/13 15:13 ] [ 編集 ]
燕岳、いいお天気の日に登られて良かったですね!
素晴らしい眺望は、何度見ても何時間見ていても飽きません。
夕焼けもご来光も見られたなんて、何と贅沢な!!!
空撮も、お天気がいいからいつにも増して迫力があります。
北アルプス一望ですものね~
皆さんの笑顔に「大満足!」と書いてあります!
お疲れさまでした(*^-^*)
[ 2017/10/13 19:38 ] [ 編集 ]
今回もご一緒いただきありがとうございました。
前回の山行での経験が気づきとなって今回の山荘でのヒントになりましたね。
あらゆる事象がどこかの何かとどこかでつながっているのではというのを実感した気がします。
単独だと先手先手といくところが、仲間とならここは後手で行きませんかと意見しあえて、そうかもしれないと自制することができたのもチームワークかなと思いました。
なにわともあれおかげさまで充実した山行になりました。
[ 2017/10/13 22:04 ] [ 編集 ]
両日ともに絶好の秋晴れで堪能できました。
今の時期がベストシーズンだったと思います。
晴れ渡った燕岳は最高でした。
ぜひリベンジしてください。
まだ今シーズン間に合いますよ。
[ 2017/10/13 22:04 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております。
2015年4月の稲村ヶ岳空撮の日以来ですね。
もちろんスロトレさんのお知り合いで大ベテランのルネさんを忘れるわけがありません。
あの時のドローンは大型で完全手動操縦、モニタリングもできず大変でした。
今回はまさか同じ日に同じ山域だったとは偶然ですね。
まだ暗いうちから登られたのですね。
orisさんとも遭遇されたことがおありなのは聞いておりました。
大天井からだと大天井岳方向にご来光が出るのですね。
縦走路でもドローンが飛んでいたのですね。
赤い機体であれば私も見かけた方だと思います。
お会いしたかったです。
さっそくご覧いただきありがとうございました。
同定間違いのご指摘もありがとうございました。
[ 2017/10/13 22:05 ] [ 編集 ]
さっそくご覧いただきありがとうございます。
13年の前に登ってらっしゃったのですね。
その頃と変わった様子は見受けられましたでしょうか。
スイカの味、そんなに印象的だったのですね。
二日目もそんなに歩かれたとは山ランされる方はすごいですね。
今回、北燕岳には行こうかどうしようか迷ったんですが、のんびりするほうを選択しました。
[ 2017/10/13 22:05 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます。
秋の天候が安定した晴れの日に登れたので最高のコンディションだったと思います。
暑すぎず、寒すぎずでしたが、例年同日だと初冠雪している年もあるみたいです。
夕焼けもご来光も見れて天気の心配が要らなかったというのは最高に贅沢でした。
[ 2017/10/14 08:00 ] [ 編集 ]
二日とも最高の青空じゃないですか!
ガスが湧くことも無かったようで素晴らしい稜線歩きを堪能出来たことと思います。
私は日曜に大山にいましたが、山頂がガスに覆われる前ギリギリに山頂に着くことが出来ました。
その後、山頂は夕方までガスに包まれていました。
こんな日なのに信州は快晴、強運ですね!
[ 2017/10/15 12:28 ] [ 編集 ]
前日は雨でしたが、当日は秋の安定した空で最高でした。
二日間も雨の心配がないなんでうれしすぎました。
大山は晴れの日でも山頂だけ常にガスがかかっているというイメージしかありませんが、ギリギリセーフだったのですね。
山は常に朝が勝負どころですね。

[ 2017/10/15 18:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ