生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北アルプス 唐松岳-五竜岳 (縦走)(2017.9.23-24) 

2017092324-3.jpg
五竜岳山頂にて 後立山連峰にちなんで後ろ向きに  ※画像を一部加工しております(酒→カレー)
            orisさん、うっちぃさん、みねごん、キバラー
【動画編】


我を誘う、男岳

【コース】
一日目(9月23日)
 八方池山荘(7:15)-(八方尾根)-唐松岳頂上山荘(昼食)-唐松岳(ピストン)-
 -牛首(難所)-五竜山荘(泊)

二日目(9月24日)
 五竜山荘(5:40)-五竜岳山頂(7:30)-五竜山荘(4:00)-白岳-(遠見尾根)-
 小遠見山-ゴンドラ駅(15:30)


 ・白馬村駐車場(600円/日)×2日分
 ・アダムゴンドラ+アルペンクワッドリフト+グラートクワッドリフト(1,550円)
 ・五竜とおみテレキャビンゴンドラ(1,000円)
 ・タクシー エスカルプラザ~白馬村駐車場(2,480円)


今回の山行のヤマレコはこちら

今年も暑い夏場は週末の天気に恵まれず遠征がまったくできなかったので、
ハイシーズンの今になって集中的に行きたくなっている。
なぜかしばらく封印していた北アルプスであるが今年はスイッチが切り替わった。
遠征から疲れて帰ってきてもまたすぐ行きたくなる魅力にはやみつきに。
人数で割れば安上がりで楽しい遠征が何度もできる。
最近よく一緒に登ってくれているメンバーに声をかけた。
シャイな僕から誘うなんて珍しいなぁ。(^^ゞ
お誘いした以上は登山開始から下山完了、道中の移動まで全責任を負う。
みなさんの命、しばらく預からせていただきます、という心構え。
行き先は北アルプスならどこでいいってわけじゃない。
メンバーのレベル面、安全面、みんなが行きたい山かどうかを考慮して。
緩めとハードなのと2つの行き先候補を決めた。
行くと決めてから約一週間でCT計画や小屋の予約など分担して行った。
週末が近づいてくるとめまぐるしく天候予報が変化。
最初は絶望的な予報だったが週中で好天したかと思いきや直前でまたややこしくなる。
結局、前日になって決行だけは決まったが行き先はまだ確定できず。
金曜日の夜、仕事から帰って準備をして20時台に集合場所へ。
当初5名で行く予定であったが、計画に大きく関与してくれていたメンバー
1名が参加できなくなったので4名で出発。
下記2つの候補先はいずれも「安曇野IC」で長野道を下りるので
道中で天気を確認しながらどちらに行くか決めようとなった。

北アルプスの山の一般登山道グレーディング(難易度・体力)各5段階では
 1)唐松岳~五竜岳(縦走)(難易度3・体力2)
 2)燕岳(周回)(難易度2・体力2)
となっている。

初日の天気だけが微妙で、1)の唐松岳~五竜岳間には牛首というクサリ場の難所があり、
雨だと断念したいという思いは全員一致意見。
空模様はずっとグレーゾーンのままであったが回復基調であることは確か。
安曇野ICを下りる直前でようやく行き先を1)として気持ちを一つに。
2)は許容季節の幅が広いのでいつでも行ける。
しかし、1)は寒さが進むと岩場の危険度がアップするので今回あたりがギリギリだ。
ちなみに、もし今回、2)の山へ行っていたら、
NHKプレミアムドラマ「山女日記」(続編)の撮影が行われてたみたいで残念!
あのドラマ、1話1話がぜんぶ個性的でいい感じだったなぁ。

またまた序章が長くなってきたのでここからは簡潔に。(^^ゞ
高速道路での移動中はずっと小雨。
近畿道、第二京阪、京滋バイパス、名神、中央道、長野道をひた走り、安曇野ICで着陸。
そこからの下道は走りやすい道ながらもなかなか距離があり、最終的は片道450kmを越えた。
アダムゴンドラ八方駅のある白馬村駐車場には午前3時半に到着、5時半まで二時間ほど仮眠へ。
だぁ~れだ、5時10分に目覚まし鳴らしたヤツは?
準備を済ませ、場所取りしてもらったのでゴンドラ待ち行列のほぼ先頭。
6時半始発のゴンドラに乗り、その後もクワッドリフト2本を乗り継いで八方池山荘へ。
少し休憩してから7時10分頃に登山を開始した。
ガスが一瞬吹っ切れそうになった気がしたが、展望はまったく無い状態が続く。
それどころか午前中はずっと霧雨状態だったのは予報どおり良くはならなかった。
八方尾根の展望の核心である八方池からの眺望も無しなので、
おかげでというかシャッターを切る機会が少なかったので歩きに専念できたかも。
八方尾根の蛇紋岩という特殊な地質によって植生が逆転していたのは興味深かった。
扇雪渓(一瞬吹っ切れかけた)で小休憩した以外はほぼ歩き通し。
やがてステージが変わって、手を使うほどではない岩稜帯に出たと思いきや
しばらくしてすぐに唐松頂上山荘に到着した。
相変わらずガッスガスで外で休憩するとなると寒そう。
山荘の中での休憩は500円、トイレ利用は300円なので、
トイレ利用の可能性があるのであれば中で休憩するほうが良いと思ったが
中は混雑していて靴は脱がなければならない上に濡れたものは持ち込めない。
濡れたものは無いというか、ザックを含めて全体が濡れて湿ってる感じだけど?
これは全裸になるべきかどうか・・・。
というわけでお昼の休憩タイムは外で一時間ほど。
ガスは吹っ切れそうにないので山荘から20分ほど登ったところにある唐松岳山頂は
ピーク取るだけのやっつけ仕事になりそうなのでザックをデポして向かった。
途中、雷鳥と出合うサプライズがあった。
山荘に戻って準備できたらヘルメット着用して再出発である。
5分と歩かないうちに牛首の難所となった。
山と高原地図でも「危」マークは無く、クサリありと書かれているだけ。
実際には思っていた以上の崖で、こんな事とは思っていなかったであろう登山者が
こりゃ無理だと引き返してきたくらいである。
クサリ場で落ちるような人など稀だろう。むしろクサリ場周辺のクサリの無い場所など、
単に転けて倒れるだけで転落の可能性のある場所でこそ事故が起きる。
なるほどこれだとレベル3かなと。(ちなみに剱岳はレベル5)
五竜岳でもクサリ場じゃないところで一箇所ヤバイところがあった。
ちなみにファミマで300円でプリントできる北アの地図には、
最近事故が起きた場所にマーキングされている。

初日前半は霧雨でガスガスで展望のないイマイチなコンディションであったが、
翌日の午前中はスカっと晴れて、これぞアルプス!という展望に恵まれた。

本文が長くなってきたので、ここから先は写真へのコメント追加にて。
2017092324-2.jpg
山と高原地図2017年版+GARMIN GPSログ

2017092324-1.jpg

2017092324-4.jpg
八方尾根アダムゴンドラ「八方駅」の待ち行列

2017092324-5.jpg

2017092324-6.jpg
ゴンドラ+リフト+リフトで1550円

2017092324-7.jpg
箱庭のような白馬村

2017092324-8.jpg
ゴンドラで標高を上げて行く

2017092324-155.jpg
今回の動画にもGoPro HERO5を一部使用

2017092324-9.jpg
アルペンクワッドリフトに乗り換え

2017092324-10.jpg
クワッドリフトに乗るとスキー全盛期を思い出す

2017092324-11.jpg

2017092324-12.jpg

2017092324-13.jpg
グラートクワッドリフトに乗り換え

2017092324-142.jpg
写真提供:みねごん

2017092324-14.jpg
八方池山荘から登山開始

2017092324-15.jpg
出だしから霧雨でガッスガス、ツルツルした岩が滑りやすい

2017092324-16.jpg
本来なら向こうに展望があるはず。。

2017092324-17.jpg

2017092324-18.jpg

2017092324-19.jpg
八方山ケルン とにかく八方尾根はケルンだらけ

2017092324-20.jpg

2017092324-21.jpg
山と高原地図には記載が無いけどお手洗いの建物があった 花を探すみねごん

2017092324-22.jpg
またまたケルンが見える

2017092324-23.jpg
八方ケルン さっきのは八方山ケルン ややこしいね

2017092324-24.jpg
八方池を見つめるorisさん

2017092324-25.jpg
八方尾根の展望核心部の八方池はご覧の通り

2017092324-26.jpg
八方尾根ならではの植生の逆転

2017092324-27.jpg

2017092324-28.jpg

2017092324-29.jpg
扇雪渓にて

2017092324-141.jpg
写真提供:みねごん

2017092324-172.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-30.jpg
紅葉が少しながらも最盛期か

2017092324-31.jpg
こんどは丸山ケルン 下で休憩している人多数

2017092324-32.jpg
唐松岳頂上山荘直前のプチ難所

2017092324-34.jpg

2017092324-33.jpg

2017092324-35.jpg
ようやく唐松岳頂上山荘に到着

2017092324-37.jpg

2017092324-38.jpg
唐松岳頂上山荘

2017092324-39.jpg
唐松岳のピークへ向かう途中で雷鳥と出会う

2017092324-149.jpg
唐松岳山頂にて  写真提供:orisさん

2017092324-151.jpg
唐松岳山頂にて

2017092324-40.jpg
唐松岳山頂はガスのため展望なし

2017092324-41.jpg
唐松岳頂上山荘まで戻ってきた

2017092324-42.jpg
記念品を購入(手ぬぐい+山バッジ)

2017092324-36.jpg
いざ、五竜山荘へ向けて

2017092324-43.jpg
牛首の難所を通過中・・

2017092324-44.jpg

2017092324-45.jpg

2017092324-46.jpg

2017092324-47.jpg

2017092324-48.jpg

2017092324-49.jpg

2017092324-50.jpg

2017092324-51.jpg

2017092324-52.jpg

2017092324-53.jpg

2017092324-54.jpg

2017092324-171.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-55.jpg

2017092324-56.jpg

2017092324-57.jpg

2017092324-58.jpg

2017092324-59.jpg

2017092324-60.jpg

2017092324-61.jpg

2017092324-62.jpg

2017092324-160.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-63.jpg

2017092324-64.jpg

2017092324-65.jpg

2017092324-66.jpg
最後の登り返しの前に小休憩

2017092324-67.jpg

2017092324-68.jpg
ガスがだんだん吹っ切れてきた

2017092324-69.jpg

2017092324-70.jpg

2017092324-71.jpg
あと少し!

2017092324-72.jpg
ついに五竜山荘が見えた!

2017092324-159.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-73.jpg

2017092324-74.jpg

2017092324-78.jpg

2017092324-79.jpg

2017092324-75.jpg
ヤマレコIkajyuさんとまさかの再会(2年ぶり?)

2017092324-82.jpg

2017092324-76.jpg

2017092324-77.jpg

2017092324-80.jpg
五竜哀歌

2017092324-81.jpg

2017092324-148_201709290709128fc.jpg
写真提供:orisさん

2017092324-83.jpg
カレー好きの自分にはたまらない夕食。カレーも味噌汁もお代わりしまくり。
しかも大好物のスコッチエッグ付きって、僕の事をどんだけわかってくれてる山荘なんだ。。
カレーは想像していた以上に美味しかった。(^^)v最高

2017092324-152.jpg
食堂にて
カレー皿が空になるとすぐに「お代わりいりますか?」「もう終わりですか?」と飛んでこられる

2017092324-153.jpg

2017092324-154.jpg
本来なら10名は詰め込まれるところを6名だったので広々使えた
栃木から来られた2名の男性と一期一会の出会い、会話、金剛山をテレビで知ってるけど行ったことはないと。

2017092324-150.jpg
ゴリュウレンジャー
モンベル トレールアクションパーカーはバラクラバにもなるので寒い夜も安心

2017092324-85.jpg
おはようございます

2017092324-86.jpg
外に出てみたら雲海がスゴかった

2017092324-84.jpg

2017092324-87.jpg
ご来光直前に登り始める

2017092324-88.jpg
少し登ったところでご来光 神秘的

2017092324-89.jpg

2017092324-92.jpg

2017092324-90.jpg
何度も振り返る

2017092324-93.jpg

2017092324-94.jpg

2017092324-95.jpg
下山時に通る池塘が見える

2017092324-96.jpg

2017092324-97.jpg
岩稜の山、五竜岳も難所あり

2017092324-98.jpg

2017092324-158.jpg
写真提供:うっちぃさん  寒すぎて僕だけフリースの上にダウン着てます

2017092324-99.jpg

2017092324-100.jpg

2017092324-101.jpg
鹿島槍ヶ岳を望む展望

2017092324-102.jpg
五竜岳山頂にて

2017092324-103.jpg
剱岳

2017092324-104.jpg
下山しようとした時に登ってこられたIkajyuさんと鹿島槍ヶ岳

2017092324-105.jpg
うっちぃさんの後ろは立山連峰

2017092324-106.jpg

2017092324-107.jpg

2017092324-108.jpg

2017092324-109.jpg

2017092324-110.jpg
朝食を弁当にしてもらっていたので五竜岳下山後に朝食

2017092324-111.jpg
雷鳥の里付き

2017092324-112.jpg
美味しかった

2017092324-113.jpg
オソロのTシャツを購入 ここ以外で着れる場所あるかな?

2017092324-114.jpg
名残り惜しい五竜岳とお別れ ありがとう

2017092324-115.jpg
遠見尾根で下山

2017092324-117.jpg

2017092324-118.jpg
昨日はガスっていた唐松岳もスッキリクリア

2017092324-119.jpg
白岳

2017092324-156.jpg
白岳上空よりドローン撮影  後ろは唐松岳

2017092324-144.jpg
眼下に五竜山荘

2017092324-145.jpg

2017092324-146.jpg

2017092324-120.jpg

2017092324-121.jpg

2017092324-122.jpg
振り返ると五竜山荘

2017092324-123.jpg

2017092324-124.jpg

2017092324-125.jpg

2017092324-157.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-126.jpg

2017092324-127.jpg

2017092324-128.jpg

2017092324-129.jpg

2017092324-130.jpg
池塘

2017092324-131.jpg

2017092324-173.jpg
写真提供:うっちぃさん

2017092324-132.jpg

2017092324-133.jpg

2017092324-134.jpg
小遠見山にて

2017092324-135.jpg

2017092324-140.jpg
写真提供:みねごん

2017092324-147.jpg
写真提供:orisさん

2017092324-143.jpg
写真提供:みねごん

2017092324-136.jpg

2017092324-137.jpg

2017092324-138.jpg
全員無事に下山完了!

2017092324-139.jpg
Check [ 2017/09/27 22:23 ] アルプス | TB(0) |   コメント(20)
初日は厳しい天候のようですが、二日目の朝が初日を忘れさせてくれるほどの快晴!
最高の北アルプスを歩かれて何より!!
青シャツをどこで手に入れられたのかな?
なんて思いながら拝見させていただきました。
[ 2017/09/27 22:45 ] [ 編集 ]
動画を見てうっとりしました。
あの2日間のすべてがそこにありました。
ほんと、夢のような時間でしたね。
第2弾も楽しみにしています。(*'▽')
[ 2017/09/27 22:49 ] [ 編集 ]
やっぱり素敵な山仲間にはお天気も微笑みますね♪^^)/

みなさま、おはようございます。
ウキウキ感♪満載の素晴らしい北ア遠征ですね。
青空が眩しいです☆

カレーTシャツ!出るかも(笑(*^^*)

[ 2017/09/28 05:42 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/09/28 14:39 ] [ 編集 ]
動画、良かったですよ流石ですね。
全編見どころ満載でしたが、その中でも
ドローンは圧巻でしたよ。

Tシャツのパロデー笑いました。
皆さんいい顔しています、お疲れさまでした。
[ 2017/09/28 18:34 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます。
雨、風に始めって、難所あり、稜線あり、暑さ、寒さの全部入りでした。
このシャツは五竜山荘名物で、シャツを買いたいために登ってこられる方も多いそうです。
通販でも買えるみたいですが。
[ 2017/09/28 23:12 ] [ 編集 ]
先日はご一緒いただきありがとうございました。
ムードメーカー、世話役、いろんな役、グループ登山に無くてはならないメンバーだと思いましたよ。
時間を忘れる苦労と楽しさの二日間でした。
これに懲りずにまたよろしくおねがいします。
[ 2017/09/28 23:13 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
グループでの遠征は久しぶりで、お互いにフォローしあい、長距離を全員で歩き通せた達成感はいい思い出になりました。
近場の山に登るのとは自他共に真剣さが違うなと思いました。
五竜山荘の名物はカレーでもあるわけなのでカレー好き版のTシャツも作って欲しいです。
[ 2017/09/28 23:13 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
過去に歩かれたコース、参考になりました。
[ 2017/09/28 23:13 ] [ 編集 ]
うれしいコメントありがとうございます。
撮り甲斐、編集し甲斐がありました。
撮影数が多く遠征は大変です。
初日はガスっていてあまりカメラを回す場面が無かったわりにはたくさん撮ってました。
[ 2017/09/28 23:13 ] [ 編集 ]
2012年の8月に同じコ-スを歩きました。
沢山の友達を引き連れての計画は天気等気を使いますね。僕らの様に天気だけ見て、さぁ明日行くよ、と言うようにはなりませんね。一日目は少し天気がすぐれませんでしたが、二日目はいい天気で最高に楽しめましたね。五竜のカレ-は美味しくいただきました、それも一番にお代わりをしました、小屋で一緒になった青年からはやぁと後で言われましたよ。
[ 2017/09/29 11:03 ] [ 編集 ]
皆様、日頃の精進の為天候に恵まれた山行でしたね。

未踏の山域で山ラン対象のピークが11座、平均標高
2300mH、交信相手にも苦労しないで稼げそうです。

鎖場や難所ありで難しそうな歩行を強いられそうですが。

2003盛夏、北の「白馬岳」猿倉からの周回登山で山頂無線
済、下山のあと「白馬駅」北西約4キロ、車でほぼ山頂
スキー場の山「岩たけ山・1290m」には登っています。

9/23はR-202林道詰めから往復「明神平」経由
「薊岳・1406m」(吉野郡川上村or吉野村)でした。
こちらの山頂は濃霧で視界50m・・><;
[ 2017/09/29 15:05 ] [ 編集 ]
今から5年前に歩かれたのですね。
その頃からカレーが名物だったのですね。
せっかく遠くのアルプスまで来ているのに展望の有り無しでは印象が大違いですね。
逆回りしたらどんなレコになったか想像できません。
薬師岳おつかれさまでした!
[ 2017/09/29 21:03 ] [ 編集 ]
本命の五竜岳のときにスカッと晴れたのは最高でした!
JH3JFFさんは未踏なのですね。
男らしい岩稜の個性的な山でした。
23日は台高の薊岳でもガスガスでしたか。
金剛山を離れて別の山に行かれるのは最近では珍しいですよね。
[ 2017/09/29 21:11 ] [ 編集 ]
五竜岳、最高のお天気に恵まれて良かったですね!
皆さんのTシャツと同じくらい青い空~
ご来光も雲海も、何て綺麗なんでしょう。
快晴のアルプスの空撮は、これは値打ちものですね。
地上からの撮影とは一味も二味も違った雄大さが、素晴らしいです。
これだから止められませんね、山旅\(^o^)/
[ 2017/09/29 21:20 ] [ 編集 ]
当日はお疲れ様でした(^^。
お声かけされたときはドッキリのように驚きましたよ♪。
ある程度、知り合いに会う可能性は感じてはいたんですが
あの場所で地元のキバラーさん等だったとはびっくりです。
アルプスも色んな山がある中で五竜で一致してましたから。。

カレーTシャツは一瞬実際あるものかと思いましたよ!。
私は酒はさほどハマっていないので買いませんでしたが、もし
カレーだったら買ってたかもしれません(^^;。
でもあっても良いかなあと思えますね。カレー押しの山荘のようですし。
私もカレーはスタンダートながらハマるので3回おかわりしましたw。
病みつきになる辛さがありますよね。

稜線の景観は迫力がありましたね。雲海に浮かぶ山並みは本当に圧巻でした。これはアルプスならではの景観でしょう。
先日は剱岳登頂おめでとうございます。今度は対岸(?)にある五竜とキバラーさんもアルプスを満喫されていますね♪。
次はどこか楽しみにしております。
[ 2017/09/30 09:03 ] [ 編集 ]
懐かしく、久しぶりに書かせて頂きます。
2009年8月に同じコースを歩きました。
同じく、初日は雨、それも大降りで、唐松ー五竜の間が土砂降り状態、
雷も鳴るし、今思い出しても震えます。
おかげで牛首の怖い景色は見ずに通り過ぎましたが・・
翌日は雨も上がり、晴れとはいえないけれど、マアマアの展望でした。
アルプスのピークをあちこちゲットして一番楽しい時でしょうね。
いつも思い出しながらワクワク読ませていただいてます(^^)
[ 2017/09/30 17:04 ] [ 編集 ]
本命の五竜岳のときに最高の天気に恵まれました。
これぞアルプス、今シーズンは二度も来れてよかったです。
森林限界越える山にはしばらく興味が無かったんです。
寒さに負けなければ星空とかも撮影したかったのですが夜は寒すぎました。
空撮適地が無くて無理かなと思っていたのですが、白岳付近は人も少なくて5分ほどですがフライトしてみました。
下山は4時間もかかるのでノンビリはしてられませんでした。
[ 2017/09/30 20:54 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした。
あの天候だと我々と逆の縦走はうらやましかったです。
それにしてもあの日に数ある山の中でも北アルプスのあの場所で出会えるって特別な縁を感じました。
私も「酒」が好きっていうほどでもないですので馴染めず、カレーに書き換えました。
カレーは週に3回は食べるほどいろんなカレーが好きです。
そんな中でも五竜山荘のカレーは他に無い味でした。
あんな迫力ある間近の雲海は見たことなかったかもしれません。
剱岳があんなに近くに見えるとは上にあがるまで思ってもみませんでした。
なるほど後立山だなと。
地図ではわかっていても現地に行くと山座同定がままならないことが多々あります。(^^ゞ
またどこかでお会いするかもしれませんね。
[ 2017/09/30 20:55 ] [ 編集 ]
お久しぶりにコメントいただきありがとうございます。
前回サクサクアーモンドのコメントをいただいたのがもう二年ほど前になりますね。
唐松ー五竜の間が土砂降り&カミナリで大変でしたね。
あんな隠れれそうにない稜線のカミナリなんて想像できないくらい恐ろしいです。
アルプスのピークをあちこちゲットはもう落ち着かれたのでしょうか。
いろいろ経験お持ちのようなので経験談をいろいろお聞きしてみたいです。
ありがとうございます。
[ 2017/09/30 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ