生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北アルプス 剱岳 (周回) (2017.9.2-3) 

2017090203-0.jpg
剱岳山頂 荒城の月にて

【動画編】


3000Mの風

【コース】
一日目(9月2日)
 馬場島駐車場(6:00)-(早月尾根)-早月小屋(泊)

二日目(9月2日)
 早月小屋(4:00)-剱岳山頂(7:30)(朝食)-前剱-一服剱-剣山荘(昼食)-
 剱御前小舎-雷鳥沢キャンプ場-室堂ターミナル(15:00)


なかなか体力的にハードな山行きだった。
人の渋滞で通過待ち時間が長く発生するような人気の名山にはしばらく興味がなかった。
遠征はなるべくマイナーところを狙ってはきたが、
今年の夏場は暑さに参ってしまって近場の山ばかり登ってきたのもあって
ちょっと刺激が欲しくなっていた。
テレビなんかでも最近アルプスの特集番組が多く、
久しぶりに北アルプスに行って3000mの風を感じてみたいなぁという気持ちが高まった。
2日連続、泊まりで山に行けるゆとりがなかなか取れなくて、
これまで富士山ですら日帰りだった。
小屋泊お泊りで行く山行きは、ブログ記事的には八ヶ岳(周回)以来かも。
テン泊もかつてはやっていたが、小屋泊との快適度の差(特に寒い日)や、
装備重量が足かせとなって歩ける距離が制限されたのを嫌って
今後は小屋泊で行くと決心したものの、それすらあまり実行できてこなかった。
それにしても泊まれると行動範囲が違う。
この二日間、山を浴びるように歩き倒せて久しぶりに満足できる遠征ができた。
今シーズン、あと1、2回くらいは遠征したいなぁ。

金曜日の夜、仕事から帰ってきてから20時頃に大阪を出発し、
SAやPAで仮眠や休憩を取りながら目的地へ向かう。
近畿道、第二京阪、京滋バイパス、名神、北陸道を乗り継いで立山ICへ。
途中立ち寄った北鯖江SAは24時間営業していてご当地物も多くて気に入った。
深夜に握りたてのおにぎり等が買えるなんて。。
そんなこんなで馬場島荘前駐車場(mapcode:889 516 298*66)に着いたのは4時前。
駐車場はそこそこ広いのにほぼ満車であったが他にも駐めれるところがあるし無料だ。
仮眠することたったの一時間、この日は天候がイマイチで、
最悪、午前中は雨かもという予報だったので前日に早月小屋に予約を入れていた。
そうなると時間的余裕たっぷりなので早朝出発してがんばる必要は無いのだが、
午前5時ともなると辺りの車のハイカーが準備しだしたので目覚めてしまった。
北鯖江SAで買った作りたての梅干しにぎり2個と出し巻きたまごを食べて準備。
そんなこんなで6時になってぼちぼち出発することにした。
標高740mの馬場島駐車場から、標高2240mの早月小屋まで標高差約1500mもの登りだ。
スタート時からいきなりの急登で、たまにフラットなところもあるものの
ほぼ登りっぱなしで、次々に現れる立山杉の巨木に最初のうちは魅了されていたが、
登れど進めど変わらないステージにそのうちカメラを取り出すことも忘れて登りに徹す。
延々と続く登りにさすがに疲労の色が濃くなってきた。
小屋で買うと1リットルのペットボトルの水1本900円とのことなのでたくさん入れてきたのが災い。
おかげで今回の山行きでは一度も飲み物を買う必要が無かったけど。(^^ゞ
早月小屋までの登りではアクエリ1本と水2本くらいと行動食はミックスナッツ。
小屋までの後半戦ではアミノバイタル顆粒のドーピングをするも効果は感じられず。
11時までに小屋を通過しないとその日のうちに山頂へ向かうのは不可らしいが、
小屋泊装備の今回の重量では小屋までで体力は限界で、到着は12時になった。
早月小屋に着くと、小屋前には「本日満室のため予約者のみ」となっていた。
今日みたいな天候でも満室になるんだぁと思いつつ予約しておいてよかった。
受付していると、若いハイカーが入ってくて廊下でもどこでも良いので泊めてくれと。
なんとかしてもらってたけど。
部屋に入って寝る場所確保して落ち着いたところで外で昼食を摂ろうとしたら完全に雨。
これもまた北鯖江SAで買った赤飯とかきたま汁で、湯沸かししたかったのだ。
自炊室は無いので雨だと小屋前の小さな軒先スペースしかなかったが、先客が居た。
雨の降る外に出で、さてどうしたものかと思案していたら、
小屋の主人の息子さんが窓から顔を出して、軒先を占領していたグループに、
そこは小屋泊の方優先スペースなのでどいてくれと、雨の中追い出してくれた。(^^)v
テン泊していた頃も思っていたが、小屋泊との優遇の格差というか特権を考えると
今日みたいに外が寒くて雨だと小屋泊のありがたさがしみる。
13時に昼食を摂ったものの、時間差で分けられている最初の16時30分が夕食タイムだった。
それまでは部屋に戻って仮眠しようと思っていたら、
広島から来たという気さくな年配女性と気が合っていろいろ話をした。
その方はガイドさんを連れて来られていて、54歳の時に転勤を命じられたのを機に早期退職。
それからずっと山登りばかりの独り身人生で、70歳になる今年、もう歳なのでと
剱岳を最後に山登りを最後にしようと決心して来たのでなんとしても登頂を果たしたいと。
見た目では決してわかりようがないが、みなさん色んな思いを持ってこの山に来てるんだなぁ。
話は尽きることがなくもっと聞いていたかったが疲労のためフェードアウト、二時間の仮眠。
夕食の時間が来たので食堂へ。食事は美味しく、ご飯と豚汁はお代わり自由で満足だった。
600円の缶ビール(一番搾り)だけ別途購入。
早月小屋は洗面はあれど水が無いのが不自由なくらいで必要十分で快適だった。
食事の後、外に出てみると満天の星空、明日は晴れるかな?
小屋の主人から、翌日は9時にはガスが出てくるので展望見たければ4時には出た方が良いと。
朝食は5時であるが、早立ちする人には夜のうちに弁当(助六寿司)をくれた。
部屋で横になっているうちに18時台には眠った。
夜、トイレは窓が開いていてめちゃくちゃ寒く、もうすぐ訪れる冬を思い出してしまった。
翌朝3時に音の鳴らないバイブ目覚ましをセットしていたがその直前に体内時計で目覚めた。
あのおばさんとガイドさんは5時半出発なのでまだよく眠っていた。
準備をすませたら4時前になったので寒い暗闇の中を出発。
本来なら小屋に不要なものをデポするなど軽量化して
アタックザックで登頂するところではあるが、
往路を思うとさすがにピストンする気にはなれず、はたまた今度いつ来れるともわからないので、
ハンデとなる10kg越えのメインザック、カメラバッグを背負ったまま
早月尾根側から立山室堂側への山越えへ。
登山届にもいずれか2通りの下山コースとなると記入しておいた。
ちなみに駐車場にあった登山届はめちゃくちゃ簡易な書式だったので記入が一瞬だった。
ヘッデンを照らしながら真っ暗闇の中、テン場を抜けていよいよ今回の核心へ。

こんな調子で書いていくといくらでも本文が長くなるので、
以降は各写真に簡単なコメントにて。

立山室堂からの交通費がけっこうかかった。。
 ・室堂ターミナル~(バス・ケーブル)~立山駅=2430円
 ・立山駅~(富山地鉄立山線電車)~上市駅=1110円
 ・上市駅~(タクシー)~馬場島駐車場=8970円

立山の温泉やご当地グルメのどちらも味わうことなく帰国の途へ。;;
またもや日帰りみたいな駆け足登山になったが刺激的で楽しかった。

その他の写真は以下より。
2017090203-1.jpg
山と高原地図2017年版+GARMIN GPSログ

2017090203-2.jpg
最高高度は2999mであるがGPSをザックに入れていたのでその高さ分プラス誤差

2017090203-3.jpg
駐車場は広くて無料 キャンプ場や馬場島荘がある

2017090203-4.jpg
左手の芝生のほうへ行く(ヘリポート兼用)

2017090203-5.jpg
試練と憧れ

2017090203-6.jpg
登山口取り付き

2017090203-7.jpg

2017090203-8.jpg
さっそく急登のはじまり 北アルプス三大急登である
2017090203-9.jpg

2017090203-10.jpg

2017090203-11.jpg

2017090203-13.jpg

2017090203-15.jpg

2017090203-16.jpg
立山杉の巨木群

2017090203-17.jpg

2017090203-19.jpg

2017090203-20.jpg

2017090203-21.jpg

2017090203-22.jpg

2017090203-23.jpg

2017090203-24.jpg

2017090203-25.jpg

2017090203-26.jpg

2017090203-27.jpg
ガスって何も見えない どんな展望があるのだろう

2017090203-28.jpg

2017090203-29.jpg

2017090203-30.jpg

2017090203-31.jpg

2017090203-32.jpg

2017090203-33.jpg

2017090203-34.jpg

2017090203-35.jpg

2017090203-36.jpg

2017090203-37.jpg

2017090203-38.jpg

2017090203-39.jpg

2017090203-40.jpg

2017090203-41.jpg
早月小屋に到着とともに雨が降り出してきた

2017090203-43.jpg

2017090203-42.jpg

2017090203-44.jpg
剱岳はテン場中央を抜けると取り付きがある

2017090203-131.jpg
お昼は「北鯖江SA」で買った赤飯とかきたま汁

2017090203-45.jpg
夕方になって雨が上がり、ガスが吹っ切れてきた

2017090203-46.jpg

2017090203-47.jpg
16時30分からの夕食が割当たった

2017090203-48.jpg
小屋の水はすべてミネラルウォーター

2017090203-49.jpg
ザックは部屋の外のブルーシート上に置き、必要な物だけ部屋に持ち込んだ

2017090203-130.jpg
部屋は6人部屋のひとつだった
満室ではなかったが、消灯後に若い女性が来たみたいで眠っていた

2017090203-50.jpg
夕食は美味しく、大満足だった

2017090203-51.jpg

2017090203-52.jpg

2017090203-53.jpg

2017090203-54.jpg

2017090203-55.jpg
午前4時前の出発時刻は星降る空

2017090203-56.jpg

2017090203-57.jpg

2017090203-58.jpg
徐々に空が白んできた

2017090203-59.jpg
遠くには雲海も

2017090203-60.jpg
振り返ると追っ手がやってきている

2017090203-61.jpg
小屋までと、小屋からとはまったくステージが異なって険しい

2017090203-62.jpg

2017090203-63.jpg

2017090203-64.jpg

2017090203-66.jpg

2017090203-67.jpg
正面のこれを登るのだ

2017090203-68.jpg

2017090203-69.jpg

2017090203-70.jpg

2017090203-71.jpg
ここから先が気を抜けないゾーンへ

2017090203-72.jpg

2017090203-73.jpg

2017090203-74.jpg
遠くに立山室堂、地獄谷が見えた

2017090203-75.jpg

2017090203-76.jpg

2017090203-77.jpg
カニのハサミ
ザックの重量やカメラバッグもあるので最も危険な部分は簡易ハーネスでセルフビレイした

2017090203-78.jpg
クサリの無いところも危険がいっぱい

2017090203-79.jpg

2017090203-80.jpg

2017090203-81.jpg
数々の難所を越えて、ようやく前方に剱岳山頂が見えた

2017090203-82.jpg
コースタイム通り早月小屋から所要3時間半で剱岳山頂に到着

2017090203-83.jpg

2017090203-84.jpg

2017090203-85.jpg
これより下山へ

2017090203-86.jpg
カニのよこばいプレート

2017090203-88.jpg
これよりカニのよこばいへ

2017090203-87.jpg

2017090203-89.jpg
振り返ると断崖絶壁

2017090203-90.jpg

2017090203-91.jpg

2017090203-92.jpg

2017090203-93.jpg

2017090203-94.jpg

2017090203-95.jpg

2017090203-96.jpg

2017090203-97.jpg

2017090203-98.jpg

2017090203-100.jpg

2017090203-101.jpg
剣山荘が目前に迫る

2017090203-132.jpg
剣山荘の中は美しく、トイレもキレイで洗面の水も出る!

2017090203-133.jpg
カレー(1000円)を注文 もうちょっとルーを多く入れて欲しかった(≧∇≦)
寒いので小屋の中の食堂で食べても良かったが外に居ると運んできてくれた。

2017090203-102.jpg
剣山荘にて

2017090203-103.jpg
ガスが出ると寒く、吹っ切れると照って暑いの繰り返し

2017090203-104.jpg
足を乗せた岩がグラッと動いてワロタ

2017090203-105.jpg

2017090203-106.jpg
雪渓を少し横切る

2017090203-107.jpg
スーパーズームで剱澤小屋を見下ろす

2017090203-109.jpg
チングルマが好き

2017090203-110.jpg

2017090203-111.jpg
剱御前小舎が見えてきた

2017090203-112.jpg
剱御前小舎では休憩なし

2017090203-113.jpg
室堂に向けて下山開始

2017090203-114.jpg

2017090203-115.jpg
地獄谷 (前回来たときは歩けた遊歩道は現在は通行禁止)

2017090203-117.jpg

2017090203-118.jpg

2017090203-119.jpg

2017090203-120.jpg

2017090203-121.jpg

2017090203-122.jpg

2017090203-123.jpg

2017090203-124.jpg

2017090203-125.jpg
ようやく室堂に到着 水を汲んでいると小雨が降ってきた

2017090203-126.jpg

2017090203-127.jpg
バス・ケーブルはもちろんのこと、電車でも移動(富山地鉄立山線)

2017090203-128.jpg
寺田駅でさらに乗り換えて・・

2017090203-129.jpg
上市駅からタクシーで馬場島駐車場へ 到着20時(^^ゞ
Check [ 2017/09/06 21:21 ] アルプス | TB(0) |   コメント(25)
2日でこの距離、しかもカメラをセットして自分を撮影後カメラを撤収に引き返すと、凡人には出来ませんね。
剱岳は一度は登りたいと思いながらこの年になりました。まぁ無理でしょうね。先日も鹿島槍ヶ岳への稜線から剱の素晴らしい雄大な山容を横目で見ながら歩きました。
[ 2017/09/06 08:14 ] [ 編集 ]
誰もが憧れる早月尾根。一生心に残る山行になったことでしょう。
2日目はかなりの疲労で、月曜の仕事はつらかったのでは。
今回、スパークは持参せず? まぁ日本を代表する山だから映像探せばたくさんあるでしょうけど。

私は早月尾根登山口から雪の中山、そして立山周回は行きましたが、剣岳は日帰りは無理。連休がないので生涯行く機会はなく、羨ましい限りです。さて、私もぼちぼち雪山へ向けて登山再開しようと思います。
[ 2017/09/06 11:45 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした

今回もよい北アルプス登山だったようですね。画像&映像拝見して机上で2回目の登山を楽しませて頂きました。

私は2014/08下旬、山ラン仲間と弥次喜多道中「室堂」から
「剱山荘」まで歩き途中の「剱御前・2777m」に立ち寄り無線交信を済ませて
小屋泊。
未明に出発して「一服剱・2618m」→「前剱・2813m」→「剱岳・2999m」で
無線運用、室堂へピストンで立山駅まで戻り近傍の落差日本一「称名滝」を
見物して帰路についています(立山駅無料Pに車はデポしていました)
山頂から「早月尾根」や富山湾も望めましたが相当厳しそうですね。
[ 2017/09/06 16:27 ] [ 編集 ]
劔に行かれてましたか!
お天気の中歩けて何よりでしたね。
山頂近くの標識は、早月尾根を指してたんですね。あそこにつながるんだ。
私が登った時、雲海の先を指してたので不思議に思ってました(^O^)
やっぱり、ピストンはありえないですか?
早月尾根登りたいですが、コース設定が難しいですね。

[ 2017/09/06 18:21 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/09/06 19:01 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます
鹿島槍ヶ岳に行かれてたのですね。
ブログ読ませていただきました。
鹿島槍ヶ岳の素晴らしい稜線には私も興味を持っております。
剱岳、なかなか厳しい山でしたが多くの老若男女のハイカーが登られるので整備が行き届いております。
室堂側も早月側も同様の難所具合でしたが、早月からだとアップダウンが無いので良いかと思います。
[ 2017/09/06 19:57 ] [ 編集 ]
月曜日は3時頃の帰宅だったので眠かったですね。
ドローンを持って行こうと考えておりましたが、それ以外の荷物で十分な重量とスペースを取ってしまったのであきらめました。
今回のコンディションでは十分飛ばせそうでした。
雪の中山は想像できないですね。
また滋賀北部を中心とした山の映像を楽しみにしております。
[ 2017/09/06 19:57 ] [ 編集 ]
剱岳山頂でもQSOされたのですね。
JH3JFFさんが山を登ってる姿が想像できない(金剛山の山頂でくつろいでらっしゃる時しかお会いしない)ので、どれくらいのポテンシャルがあるのか想像つきませんが、大抵の山は登っておられるんですね。
室堂ターミナルからのバスの車窓で「称名滝」前で止まってくれたのですが、ガスっていて確認できなかったんです。
日本一の落差の滝だそうですね。
早月尾根は修行のようでとても長く感じました。
[ 2017/09/06 19:58 ] [ 編集 ]
翌日の天気が良かったので立山が堪能できたのが嬉しかったです。
あそこまで行ってピストンだともったいなくて。。
トレランの方で日帰りピストンをされてる方が多いです。
かなりハードだと想像できますが、大峰駆け巡ってらっしゃるニッコールさんなら日帰りピストンで、翌日は場所を変えて別の山にも登れるかと思います。
駐車場に馬場島荘という宿泊設備もありますし。
[ 2017/09/06 19:58 ] [ 編集 ]
 
 うあーいいですね
 急登の早月尾根から周回ですか
 たまらんですなあ
 お天気で良かったですね。
 しかし2日とは参りました。
 自分なら駐車場一泊小屋テン泊山頂剣山荘ピストンですかね
 ちなみにお盆は姫と屋久島でした。
 
 
 
[ 2017/09/07 01:26 ] [ 編集 ]
二日目は晴れてくれて最高の一日になりました。
それでも小屋の主人の言うとおり午前9時あたりからガスってきましたので完全な展望を求めるなら早朝勝負の山でした。
剣山荘ピストンという発想は無かったです。。
屋久島は未踏なのでいつか行ってみたいです。

[ 2017/09/07 06:49 ] [ 編集 ]
剱岳登頂お目出とう御座います(^^♪僕が登ったのが14年前と5年前です。
14年前は夜行バスで室堂に朝に着き立山三山の縦走で剱山壮泊で翌日は剱岳に登り帰りは別山乗越しから雷鳥平で雷鳥荘泊で雷鳥平を散策して帰阪しました。懐かしい思いです(^^♪
[ 2017/09/07 15:20 ] [ 編集 ]
ようやくマムートヘルメットの活躍の日が来ましたね。
って言うか、剱岳登頂おめでとうございます。
実は同じタイミングで早月尾根から剱に登る計画をしていたのですが
やはり登山だけでなくて往復の移動を考えると2日ではしんどそうなので
今回は断念しました。(*^^*)

実行していたら、剱でバッタリでしたね。
早月小屋は予約していないとダメなんですね。気をつけないと。。。
往復の移動も含めてお疲れさまでした。
やはり、高山はいいですね。私も年に数回は行きたいです。
[ 2017/09/07 20:57 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
14年前はケーブルカーを使わなくても?室堂までバスで行けたのですね。
二日目はくたくたで、雷鳥荘に泊まって帰りたくて仕方がなかったです。
5年前のはみーさんたちとですね。
もう5年経ちますか。。
時の過ぎゆくのは早いですね。
[ 2017/09/07 21:27 ] [ 編集 ]
遠征予定でしたか。
それはまた偶然でしたね。
私は思い立ったが吉日、前もって計画を綿密にしすぎると何らかの要因でつぶれることがジンクスになってまして、持ち物さえ完璧にしておけばいつでも行けるようにと今回は数日前に決めました。
orisさんのことだから過去に登った山よりも未踏峰に行くと思っていました。
今回はどちら側も人の渋滞はまったく無かったので跨ぐことにしましたが、天候と人の多さ次第ではピストンになっていました。
平日でもカニのヨコバイ通過待ちが一時間半も発生することがあるそうです。
[ 2017/09/07 21:35 ] [ 編集 ]
早月尾根の景色は懐かしく思いました。
小屋からは山の様子が一変するので楽しめたのではないでしょうか(笑)
写真がいつになくたくさんあるので、どの写真も思い出深いのでしょうね。
立山駅から馬場島まではちょっと高くついたようですね。
心の中の思い出はたくさんできて重くなったけど、財布の中は軽くなったかな(笑)
劔はまた行きたいと思っていましたが、今年は諦めました。
この写真を見て空想にふけります。
[ 2017/09/08 00:45 ] [ 編集 ]
ヨー君のブログのトップの何度も見たことある写真が早月尾根登山口のものだったとはやっと気づきました。(^^ゞ
往路でガスっていた尾根からの展望がどうだったのかだけが心残りです。
財布はすっからかんです。
もう今年は遠征無理なくらい。。
何度でも行きたくなる魅力はあると思いました。
ヨー君は今シーズン遠征はやはりおカラダの関係で無理ですか?
[ 2017/09/08 21:12 ] [ 編集 ]
聞いてはいましたが、早月尾根ってやっぱりこんなスゴイ所なんですね。
巨大な立山杉も驚きですが、標高差1440mの急登は大変そう~。
こんな厳しいコースでも、行きつ戻りつマメにビデオや写真を撮られて、いつもながら感心してしまいます。
前日はガスの中でも、山頂アタックの日は見事な快晴、良かったですね~!
素晴らしい眺望!!!
高度感も半端じゃない感じ・・・。
怖がりの私には絶対行けないお山の一つ、キバラーさんの写真で楽しませて貰いました、ありがとうございます。
そして、お疲れさまでした(*^▽^*)


[ 2017/09/09 23:15 ] [ 編集 ]
雨もうまくズレてくれて、天候に恵まれ素晴らしい山行でしたね(^ ^)
でも剱岳の登山道はとても危険なように見えます。
私だったら足がすくんでしまいそうです。
嬉しそうにキバラーさんが剱岳のプレートを持って映る姿がとても良かったです。
映像も綺麗で記念すべき山行ですね。
お忙しい中の登山とのこと。
お互いのんびり登山が出来る日を楽しみにして、安全登山で今を楽しみましょうね。
[ 2017/09/10 09:05 ] [ 編集 ]
早月尾根、イメージでは展望のありそうな細尾根と思っていましたが、あんな巨木があるのは知らなくて驚きでした。
撮影はほどほどに登りに集中してたのですが、さすがに小屋までで限界でした。
翌日は晴れて良かったです。
9時にはガスるので、それまでに行くのが良いよと教えてくれた屋のご主人(元山岳警備隊)の情報は確かでした。
とにかく体力のいる行程だと思いました。
雷鳥荘かみくりが温泉にもう一泊して帰りたかったです。。
ありがとうございます
[ 2017/09/10 20:01 ] [ 編集 ]
剱岳の登山道は難易度は高いですが一般登山道です。
私は高いところは苦手ですが、下を見なければなんとかなりました。
最近は気力がだらけていたのでいい刺激になりました。
難所まで何時間もかかるので、難所に到達した時点で疲れているようだとミスを起こす可能性があります。
まず体力が必要な山だと思いました。
ありがとうございます
低山はまだ暑いですが、早く涼しくなると良いですね。

[ 2017/09/10 20:06 ] [ 編集 ]
剱岳ですか。3000m級の山になるとやはりスケールが違いますね。我々が普段登っている近畿の山々がどれだけ小さく見えることか・・日本アルプスの山々に登り始めたら、その雄大さと美しい景観に魅了されてしまうのでしょうね。動画と写真堪能いたしました。感謝です。
ところで、キバラーさんは小屋泊派のようですね。確かにテントに寝袋、食料や水まで担いで歩くのはしんどいし、アルプスの小屋の快適さや美味しそうな食事を見ても、アルプスを歩くなら整備された山小屋を利用するのがベストのような気がします。それでも、山小屋の近くにたくさんのテントが張られているのを見ると、テント泊をする人はけっこういてそうです。しんどい思いをしてまでもテント泊をする人がいるのはなぜでしょう。それには2つの理由があるような気がします。一つは経済的な理由、つまり小屋泊の料金を節約して安上がりに山を楽しもうとすることから。そしてもう一つは、テント泊自体を山の楽しみの一つと考えているから。つまり不便なテント泊を愛するから、わざわざテント泊の重い装備を背負って山を歩く人がいるのではないかということです。
私はこれまで、大峰を中心に15回くらいテント泊をしてきました。私の経験などは取るに足らないものですが、それでもすっかりテント泊の魅力に取りつかれてしまいました。私なら、近くに快適な小屋があってもテント泊を選びます。狭いテントの空間を独占して誰に遠慮せず自由気ままに過ごせる時間、山の夜の深い闇に浸りながら忍び寄る静けさと寂寥感を味わう一時、用を足しにテントの外に出た時の満天の星空の美しさ、山の夜明けの刻一刻と色彩を変える雲海と明け方の空の美しさ・・テント一枚の向こうに山を感じていられるのは、テント泊でしか味わえない魅力だと思います。ですから、たくさんのテントがひしめくテン場ではテントを張りません。少し離れた場所を選びます。
アルプスで不便なテント泊をする人たちの中には、きっとそういう物好きな人がたくさんいると思いますよ(笑)
[ 2017/09/11 22:24 ] [ 編集 ]
たっぷりのコメントありがとうございます。
3000m級の風景、特に立山は最高だと思っています。
テント泊も最高でしょうね。
arajinさんのテント泊への思い、十分伝わりました。
個室の自分だけの基地、根を生やしてしまいそうです。
実際、北穂を目指して涸沢でテントを張ったら、もうここまででいいやって事になった過去があります。
時間がたっぷりあって、山でしばらく過ごせるなら、ピークを目指さず、テント泊を目的として滞在したいです。
時間もお金も無い労働者である今はまだ夢物語です。
いつかそんなぜいたくな山旅をしてみたいです。
ただし寒くなると辛いものがあるんですけどね。。(^^ゞ
高山の良いシーズンは一年のうちわずか二ヶ月程度。
行けるとしたらまた来年かぁと思うと寂しさ募ります。
[ 2017/09/12 21:39 ] [ 編集 ]
久しぶりに拝見させて頂き、何かうれしくて 涙が出てきました。そして改めてキバラ-さんのすごさ!に敬服した次第です。
私も七年前に 立山経由で剣に登頂しました。が今はもう一度登れるか自信ありません。とはいえ、先週、悪沢、赤石、聖を高山病に悩む連れと なんとか縦走でき、今後の事を思い悩んでいます。
[ 2017/09/20 23:56 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております
熱いメッセージをありがとうございます!
今年の夏の暑さですっかり気力、体力まで減退しておりました。
アルプスはこの何年か天気にも恵まれず縁がなかったのですが、気力を奮い立たせるために緊張感の伴う山歩きがしたくなりまして久しぶりに歩いてまいりました。
ryuさんが歩かれた南アルプスの長いルートは憧れるところですが連泊登山が厳しい状況、いつかは後を追いたいと思います。
何か思い悩まれる事があるのでしょうか。
コメントありがとうございます。
[ 2017/09/21 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ