生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

多紀連山 三嶽・小金ヶ嶽 (2017.3.25) 

20170325-29.jpg
多紀連山 三嶽中腹の展望ポイントにて

緩やかさと、荒々しさの全部入り

【ルート】
 丸山集落三嶽登山口-(周回合流)-鳥居堂跡-クリンソウ群生地の上-大岳寺跡-
 展望ポイント-植林帯東屋-石室-三嶽山頂-石室-大タワ-小金ヶ嶽-火打岩登山口-
 集落-三嶽登山口-(尾根越え)-丸山集落三嶽登山口

好日山荘に買い物に行った時に、好日のつじまいさんから、
三嶽(みたけ)が面白かったので行ってみてください、と教えていただいたが
三嶽ってどこ?それ?なに?だれ?ってことに。(^^ゞ
多紀連山とも呼ばれているとのこと、名前くらいなら知っていた。
機会ができたので今回行ってみたら、なかなかユニークな山だった。

中国道吉川JCTから舞鶴若狭自動車道で北上し、
丹南篠山口ICで降りる、いわゆる黒豆で有名な丹波篠山に位置する。
家から往復約230kmで、気軽に行ける距離を越えてちょっとした遠征になった。
周回する場合にみなさんがよく利用する駐車場を目的地に設定したつもりが、
わずかに位置を間違えてしまって、尾根一つ挟んだ丸山集落の最奥に到着した。
そこはたまたま三嶽の登山口だったので、軌道修正することなくそこから登ることにした。
結果的には周回下山後の疲れたカラダで、もう一度尾根越えする羽目に。。

大きなため池、丸山葆沢池の脇から、右手の尾根に向けて一気に上がり、
尾根芯のやや左側をへつりながら周回コースに合流するように進む。
植林帯は下の方だけですぐ終わり、尾根に上がると自然林ばかり。
滑落すると大怪我しそうなへつり部分もあるが油断しなければぜんぜん大丈夫。
周回コースに合流後は松の木がやたら多い印象の平和なトレールが続く。
静かで平和すぎて、歩きながら寝そうになった。(^^ゞ
地元の常連さんなのか、空身で三嶽をピストンされてる単独2人とすれ違う。
途中、クリンソウの群生地のそばを通過したり、
吉野大峯山との確執で?焼き払われたという大岳寺跡などを通過。
そのあたりから登りらしい登りステージになって展望も現れる。
周回で後ほど歩く予定の小金ヶ嶽の尖った山容などが確認できると、
あんなとこまで行くのか?遠いやん、険しそうやん、しんどそうやんとマイナス思考に。
まぁこれまでが平和すぎたので、少々あとで苦労しても仕方はないわな。
どうせなら逆周回で苦労ステージが終わってから、後半の平和を楽しむほうが良かったかも。
とにかく行ってみないことに何が待ち構えているのかわからない。
ひと山登った感十分なボリュームのはて、そろそろ三嶽の山頂かと思った直前に
まさかの植林帯がちょろっとあり、わりとキレイな簡易トイレ付き東屋から少し登ると
植林帯はすぐに終わり、石室のようなものがあるピークに出た。
と思ったらそこは三嶽のピークではなくて、ピークは周回コースとは逆方向だった。
左へと進むと、山頂の美観を損ねまくる電波中継設備のある三嶽(御嶽)山頂があった。
ヘリで運んできてポトンと落としていったと思われるハリボテの切り株風の
方角表示付きの、休憩時の椅子代わりにでも使こてくれ的なオブジェがあった。
展望イマイチという以前に、中継設備が雰囲気ぶち壊しなのですぐに移動開始。
再び石室のほうへ戻ってきた。
こっちのほうが雰囲気も良く休憩適地であったが、通過して大タワ側へ下山開始。
途中にもいくらでも雰囲気の良いフラットな休憩適地は多数あったが、
こんなところでお昼にしてしまっては小金ヶ嶽に登る気が削がれてしまうと思ったので我慢。
大したことのない鎖場が一箇所と、丸太風プラッチック階段を延々と下りきると
そこには広場や、大きな駐車場、フォレストアドベンチャー施設のある開けた峠だった。
フォレストアドベンチャー、楽しそ~やってみたい!と思いながらも通り抜け、
いざ小金ヶ嶽へ向けて植林帯からの登りへ。
ここでとある男性と出会い、山頂で再びお会いしたら一緒に食事しましょうとなった。
植林帯を抜けると少しだけまた丸太風のプラッチック階段になって、
そんなに登った感が無いまま岩稜帯の尾根に出た。
岩稜帯は鎖場多数ではあるが、緊張を強いられるようなデンジャラスなステージは無かった。
ようやく小金ヶ嶽ピークに登り着くと、わりと広いフラットな山頂。
そこにはまさかの大勢の若い女性中心のパーティーが占拠されていた。
それでもまだ十分な広さがあり、もう腹ペコでペコで隅っこのほうへと移動していると、
背後から、キバラーさん!と声がかかって振り向くと、なんとヤマレコのココペリさんだった。
ココペリさんとは、昨年7月の八経ヶ岳以来の再会であった。
ちょうどこれからお昼で?僕とは逆回りで?途中テン泊と言ってたような。。
山頂で一緒に昼にしましょうと言っていた男性がぜんぜん登って来ないので様子を見に行く。
遠くに男性が見えて座り込んでおられたので駆けつける。
鎖のない岩に登ったときに腰を痛めたとのことで、大タワまで戻るとのこと。
中途半端な場所ではあったが食事を早めに済ませて男性を見送って、
再び小金ヶ嶽山頂へ戻るとザックがあるのに人が居ない。
どこに消えたのか?! それっきりココペリさんとは再会することは無かった。
小金ヶ嶽から駐車地まではまだまだ遠いので、山頂で記念写真を撮ったら先を急ぐ。
山頂から先は鎖場一箇所くらいだったかな?という程度で、
だんだんと自然林から植林帯、沢ゾーンへと入って行き、
でっかい堰堤を過ぎれば集落に出て下山完了ではあるのだが、
僕の場合はさらに周回の登山口を見つけて尾根ひとつ越えた向こう側へと登り返し。。
なかなか精神的にハードだったけど、山は変化に富んでいたし、出会いもあったりで、
忘れられない印象に残る山行だったと思う。

その他の写真は以下より。
20170325-2.jpg
GARMIN GPS軌跡

20170325-1.jpg

20170325-3.jpg
駐車場を間違えて丸山集落奥の三嶽無料駐車場へ来てしまったが、
せっかくなのでここから登山開始。

20170325-4.jpg
しばらく林道かと思いきや、すぐに終わる

20170325-5.jpg
良い感じの滝だと思ったら、ため池の上澄みだった

20170325-6.jpg
丸山水源地(丸山葆沢池)

20170325-7.jpg
池の脇からいきなりの急登

20170325-9.jpg
獣避けネットを越えて尾根を目指す

20170325-10.jpg
徐々に植林から自然林へと、つづら折れで登る

20170325-11.jpg
遠くに三嶽が見えた

20170325-12.jpg
尾根に上がると落葉していて明るい

20170325-13.jpg
尾根隔てて反対側回ってへつるように進む

20170325-14.jpg
けっこう斜めってるので転落注意

20170325-15.jpg
ようやく右側から来る周回コースと合流した

20170325-16.jpg
意味がよくわからない看板

20170325-17.jpg
松の木が多いゾーン

20170325-18.jpg
松が中心

20170325-19.jpg
Aポイントの意味がわからない何かの終点は鳥居堂跡

20170325-20.jpg
平和すぎる・・

20170325-21.jpg
おっと、これはどういうなんなんでしょうか

20170325-22.jpg
この下に沢があってコース外なのに道標もあったりするけど?
(クリンソウ群生地でした)

20170325-23.jpg
大岳寺跡

20170325-24.jpg
今も昔も無茶苦茶な時代には変わりないなぁ。

20170325-25.jpg

20170325-26.jpg
けっこう斜めってる

20170325-27.jpg
歴史を感じる置物を時々発見する

20170325-28.jpg
登りらしい登りで暑くなってくる

20170325-30.jpg
三嶽中腹の展望ポイントにて

20170325-32.jpg
あんなところにも何かがある

20170325-33.jpg
あれが後から登る小金ヶ嶽だ
写真ではわからないが、けっこう凸凹していて山頂は尖っている

20170325-98.jpg
これはアカンやつやぁ

20170325-34.jpg
山頂直前で植林帯とトイレ付き東屋

20170325-35.jpg
上を見上げるとすぐそこに石室が見えた

20170325-36.jpg
石室のあるピークというかコルかな

20170325-37.jpg
石室の中は・・

20170325-38.jpg
この彫ってある看板が良い感じ

20170325-39.jpg
三嶽(御嶽)山頂

20170325-41.jpg
ハリボテの・・座るところなのかテーブルなのか使い道不明
どつくとドラム缶のように中が空洞っぽい金属音がした

20170325-40.jpg
油断してたらシャッターが切れた
やっつけ仕事みたいな山頂だから、まぁいいや

20170325-43.jpg
石室のそばの岩場から展望を眺める

20170325-42.jpg
石室のそばの岩場からの眺め

20170325-99.jpg
休憩無しで大タワへ下山へ

20170325-44.jpg
落葉シーズンじゃなかったら鬱蒼としているのだろうか?

20170325-45.jpg
何らかのナニカ

20170325-46.jpg
弁当適地がいっぱい

20170325-47.jpg
下のほうに駐車場が見えた

20170325-48.jpg
スーパーズームしてみると大タワのようだ

20170325-49.jpg
三嶽唯一の鎖場

20170325-50_20170328212647735.jpg
プラスチック製階段を延々と下る

20170325-51.jpg
良い感じの場所が続く・・

20170325-52.jpg

20170325-53.jpg
ついに大タワに着地だ

20170325-54.jpg
大タワ

20170325-55.jpg
振り返ると芝生広場

20170325-56.jpg
フォレストアドベンチャーがあった

20170325-57.jpg
いちおうハメとこか・・
歩いてきたスタッフに気を取られているうちにシャッターが切れた

20170325-59.jpg

20170325-58.jpg
フォレストアドベンチャーを縦断するように登山道が・・

20170325-60.jpg
どんな顔してたんだか確認しなかったなぁ

20170325-61.jpg
命綱のハーネス

20170325-62.jpg
木製チップが敷かれていて足に優しい

20170325-63.jpg
楽しそう・・1

20170325-64.jpg
楽しそう・・2

20170325-65.jpg

20170325-66.jpg
植林帯に入った瞬間からクシャミ連発

20170325-67.jpg
まさかの鎖場の下り

20170325-68.jpg
荒々しく厳しそう

20170325-69.jpg

20170325-70.jpg
垂直ではないので余裕

20170325-71.jpg
振り返ると歩いてきたあんなところに人がいる

20170325-72.jpg
鎖場だらけであるが危険と思えるようなものではない

20170325-73.jpg
なかなか楽しいぞ

20170325-75.jpg

20170325-76.jpg
ようやく小金ヶ嶽山頂だ

20170325-77.jpg

20170325-78.jpg
小金ヶ嶽山頂にて  カメラバッグが開いたまま

20170325-80.jpg
下山モードへ

20170325-81.jpg
あの鎖場を下りてきた

20170325-82.jpg

20170325-83.jpg
コル

20170325-84.jpg
登り返し

20170325-85.jpg

20170325-86.jpg
福泉寺跡

20170325-87.jpg
ここもまた吉野の大峰山連中に焼かれたのかぁ

20170325-88.jpg

20170325-93.jpg

20170325-90.jpg
沢沿いルートへ

20170325-91.jpg

20170325-92.jpg
この獣避けネットがなかなか開けられなくて苦労した

20170325-94.jpg
一旦下山完了し、登山口を目指す

20170325-95.jpg
こんな立派な看板があったんだ

20170325-96.jpg
周回コースの登山口

20170325-97.jpg
Check [ 2017/03/28 21:46 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)
お疲れ様でした。
去年に行こうかと思っていた山でしたが、行けずに終わりました。
ハイキング気分で行く感じの山でしょうか?
4月下旬にヒカゲツツジが咲いていい時期だとガイドブックに書かれているので、その頃に行ってみようかと思っています。
写真がたくさんあって、参考になりました。
ありがとうございます。
[ 2017/03/28 23:20 ] [ 編集 ]
狙ってらっしゃる候補の山だったのですね。
どちらかというとハイキング気分で行ける山です。
クリンソウの群生はかなり有名みたいです。
先日はまったくの冬枯れで何もありませんでした。
新緑の状態が想像できないです。
春の縦走、楽しみにしております。
[ 2017/03/29 06:55 ] [ 編集 ]
おはようございます。
思い出しました、登った事があります。
自分は午前3時に家を出て一般道でオオタワまで走り
小金ヶ嶽~御嶽と登りました。
面白い山の印象が残っています。
遠いので中々再訪できませんが・・・
近くに白髪岳と言う山がありますが
登った事があるかも??
この山も中々のものでした。
帰りは奮発して有料道路で帰った記憶が・・・
もう一度行きたくなりました。
[ 2017/03/29 08:14 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/29 08:57 ] [ 編集 ]
「小金ヶ嶽・725m」キバラーさんの勇姿を拝見して

2002/05/05(祝日・日)当日
すべて篠山市の「東城山・289m」→『小金ヶ嶽』→
「畑山・595m」→「三嶽・793m」→「西ヶ嶽・727m」
→「虚空蔵山・592m」(三田市境)山ラン移動を
懐かしく思い返し過去録で2度目の登山を
楽しめている感じです。
「小金ヶ嶽」の小広い山頂は背の低い灌木だけで
眺望が良かったと記憶しています。
PS
前回の「松尾山」私が登った当時から
NHK無線基地はありました。
[ 2017/03/29 13:00 ] [ 編集 ]
過去に登ってらっしゃったのですね。
ブログに書かない山行きだと私はかなり記憶が薄くなります。
一般道だと移動だけで疲れてしまって、帰りは居眠り運転になりそうです。
白髪岳ですか。
名前だけは白鬚岳と似ているのでどんな山なのかと気にはなっております。
調べてみます。
ヒントをありがとうございます。
[ 2017/03/29 21:41 ] [ 編集 ]
あんな遠くへ行こうと研究されてたのですね。
あの日は登り出し9時前で写真もこまめに撮りながら行ったり戻ったりだったので、10時の乗り合いタクシーでも十分周回できると思います。
26日の方のレコを見ると、たしかに曇り模様の写真でした。
ダイトレ縦走、そんなに空腹だったのですね。
私は空腹時はミックスナッツ(コンビニで売っている)でかなり持ちます。
ナッツの食べすぎでお昼が腹が減らないってことも多いです。
6食ほども何を食べられたのか気になるところです。
それにしても朝晩いつまでも寒いですね。。
気持ちはすっかり4月、春なのに。。
[ 2017/03/29 21:41 ] [ 編集 ]
2002年ですか。
それにしてもあるとあらゆる山に登ってらっしゃるのですね。
いちどゆっくりと山の話もお聞きしたいです。
JH3JFFさんに比べたらまだまだこれから感がします。。
情報ありがとうございます。
ワッチしてましたがあの日はJH3JFFさんの美声が聞けませんでした。
[ 2017/03/29 21:42 ] [ 編集 ]
 久々です。 
 剣尾山、横尾山。三嶽、小金ヶ岳。ですか
 大分前に山@くらぶのじいたちと登りました。
 写真で確認するとやっぱ随分変わってました。
 又、近々いこかな♪なんて話してました。
 ところでキバラーさんはもう500回になるんですね
 僕らはまだ300回ウロチョロですけど。
 そろそろ寒いのもういいです、春よ来いですね。
 
[ 2017/04/02 21:30 ] [ 編集 ]
過去に登ってらっしゃったのですね。
何年前かは存じませんが、どこか変わってましたか?
ピストンではなく周回できる山が好きです。
寒さにはもうそろそろ終わってもらいたいですね。
と思っていたら今日はかなり気温が上がったみたいです。
三寒四温もそろそろ終わって、新緑の春から初夏へと変わりますね。
近年は寒さは彼岸までではなくなった感じですね。
[ 2017/04/04 20:03 ] [ 編集 ]
こんにちは。
多紀連山いいですね。
多紀連山に何度か誘われていましたがどうも気乗りしません
でしたがキバラーさんの写真を拝見して行きたくなりました☆
岩場区間もおもしろく展望もすごくよく気持ちよさそうですね。
次回提案して近いうちに行ってみようと思います。ありがとう♬
ツリーアドベンチャーやってみたいですね。
今年の夏にコレがあるキャンプ場へ子供らと行くんだけど
ツリーアドベンチャーが結構いいお値段なんですよね((+_+))
まぁ夏の思い出なので頑張りますけどね(;^ω^)
[ 2017/04/10 14:45 ] [ 編集 ]
こんばんは!
そんな経緯があったのですね。
大阪からちょっとした距離があるので、他のナニカともからめたいところですよね。
泊まりで行くとか、キャンプなら良いですね!
フォレストアドベンチャー、フルコースで4千円でした。
なかなか楽しそうでしたが、金額に見合うボリュームがあるのかどうかは不明です。
スタッフががんばってらっしゃったので、人件費、4千円くらいなら許容範囲かな。
9千円とかそこらのテーマパークみたいな額だとあれですが。
機会があればぜひ!
[ 2017/04/10 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ