生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

京都府最高峰 皆子山(みなごやま) (2016.12.17) 

20161217-37.jpg
皆子山にて

とんでもない一般登山道だった。。(` ´)
けど、山頂周辺は良かった。


【ルート】
 平-正教院-837P-寺谷ルート合流-皆子谷ルート合流-皆子山山頂-
 山頂周辺(お昼・散策)-山頂-ツボクリ谷方面へ下山・撤退-山頂-
 (寺谷(沢)ルート)-寺谷出合(大渡渉)-林道-平


初めての山で一般登山道をふつうに歩く場合、なるべく予備知識を持たずに行き、
現地でいろんなサプライズを感じるというスタイルが好きだ。
しかし、今回だけは違った。
どう考えてもこれは破線ルート、あるいは線無しでしょうみたいな。
山と高原地図2012年版と今のとでは違うのかと思い、
帰ってから2016年版を購入したら同じだった。(` ´)

この日の近畿北部の天候予想ではグレーゾーンで、鉛色の雪雲の空を想像していたら、
前半、なかなか天気が良かった。
今年は何かと鯖街道の「平(だいら)」あたりと縁があるみたいで三回目になる。
金剛山でも初冠雪するなど昨日の冷え込みは厳しかった。
西大津バイパスを走っていると遠く向こうに比良の山脈。
蓬莱山を中心に真っ白に冠雪しているのが見えた。
ここまで来たら久しぶりに琵琶湖バレイでスキーしたくなるなぁ。
レインボーロードから裏比良へと回り込むと「冬用タイヤ着用」の表示。
12月初旬の暖かいうちに交換作業しておいて良かった。
鯖街道は融雪されているもののやや凍結気味で、夏用タイヤの車は徐行という状況。
平に到着するとあたりは雪景色。
駐車場の地主に電話するも、今日は繋がらなかったので料金だけ投入して8時にスタート。
一瞬だけ鯖街道を南下して、村の中へ入るも凍結していて立ちごけしそうになったので、
さっそくチェーンスパイクを装着。正教院のそばを抜けて植林帯に突入。
はじめから急登で高度を上げて行く。
積雪で登山道はわかりづらいが、ひたすら尾根を進むだけなので迷いようがない。
先行者2名くらいのトレース。絶好の青空に雪景色が映える。
このあたりもこの雪が初冠雪だとしたら、この冬一番の寒波直後、いきなりドカ雪の歓迎だ。
雪は滑るものであって登るものじゃないという感覚がどこかにあってあまり好きではない。
アイゼンめんどくさいわ、足を高く上げなければならんわ、濡れるわ、寒いわ、風冷たいわ。
山を歩きまわりたいだけなのにラッセルなんてとんでもない。(≧∇≦)
はっきり言って雪は足かせ以外の何者でもない。(^^ゞ
しかし、暗い植林帯の山中でも明るい雰囲気にしてくれる点だけは良いぞ。(^^)
皆子山はここ数年ずっと懸案だった。
ヤマビルシーズンは登りたくないし、春、もしくは秋は京都北部はとくに天候に恵まれない。
そんなこんなで、もう今年行っておかないと初夢にも出てきそうなので行っておくことに。
皆子山というと遭難が多いというイメージ。
2012年から相次いで、2013年にはボーイスカウトら13人の道迷い大量遭難は記憶に新しい。
迷える森はけっこう好きなのでどんな山なのか楽しみだ。
吹き溜まりの深いところでは50cmくらいの積雪があり、
ラッセルは疲れるので先行者のつぼ足の上をトレースしながら進む。
明るい自然林に出たかと思いきや、またまた植林帯に入るなど山頂までは距離を感じる。
途中、トレース主である京都からのご夫婦に追いつき写真を撮ってあげているうちに
若い単独男性が通過し、ノートレースになるところがまたまたトレース付きに。
ラッセルしなくてよいので助かるわぁ。(≧∇≦)
もっとハイカー多いと思ったのに、その後、先行者も含めて一人も遭うことがなかった。
展望ポイントからは蓬莱山や権現山、そして遠くに琵琶湖の湖面が光っている。
皆子谷ルートが合流するピークに到着。 そちらからのトレースは無かった。
山頂はやや開けたところで展望もあるが50cmくらいの積雪。
以上、終わりかと思ってまわりを見渡すとなにやら広大な感じがする。
山頂周辺は落葉しているので全体の見通しがきくのだが、その全体像はというと、
なんと表現して良いのか、あちこち歩きまわりたくなるような変わった形状をしている。
つまり、どこでもお昼のできそうな回廊というか、うまく説明できないな。。(^^ゞ
ようするに1000人乗っても大丈夫みたいな、せせっこましい山頂ではないということだ。
風の当たらない場所を選んでゆっくりと昼食を取るも、
太陽が雲に遮られるようになったとたんに急激に寒くなってきて一時間くらいで撤収。
少し散策して、その後、山頂へ戻ってツボクリ谷へと周回して下山することにした。
急な下りにトレースなし、登山道不明であったが赤テープが細かく付けられている。
雪でグリップを効かせながらどれくらい下ったか、
あと30mくらいで谷に着地という直前がかなりの急角度で、下手をすると転がって行きそう。
ここを下りないことにはどうしようもないので、ザックに入れていたダイニーマ素材のスリング
4本を組み合わせて、回収できるよう環状ダブルロープで立木4本くらいを渡り次いで着地。
これにけっこう時間がかかってしまった。
着地後、ときには谷の中を歩きながらも谷を伝いを下り始めるも、なかなか速度が稼げない。
地図を確認すると、下山開始から一時間以上経過した14時45分にして
コースタイム2時間20分の下山ルートの1/10にも達していなかった。
このままだと勝手知らない谷ルートで日没となるのは確実なので撤退して山頂へ登り返した。
再び山頂に戻ってきたのは15時15分。
登りで歩いたルートをピストンするのも距離が長く、
もう一方の寺谷ルートを周回すれば後半半分は林道ということもあり取り付きを探した。
お昼休憩している間に山頂を訪れたトレースが多数あり、そのうちの大部分はピストンした模様。
しかし、その寺谷ルートへも数名のトレースが付いていたのでそこを下山することにした。
もしそのトレースが無かったらピストンしていたころだろう。
しかしその寺谷(沢)ルートがこれまたたいへんなルートであった。
少し激下って植林帯に入って安泰かと思いきや、すぐに沢ルートとなった。
それも最初のうちはまだ沢中でも歩きやすかったが、そのうち沢沿いを巻くようになり、
高巻きあり、渡渉ありの連続はまるで無限ループのように続いてたいへんだった。
沢ルートで下山すること自体が難なのに、積雪も手伝ってそらも~。。(^^ゞ
コースタイム一時間のところ、一時間経ってもまだ半分に満たない。
林道に合流するまで、あと一時間もあればなんとかなりそうであるが日没の懸念も。
そのルートは最後の最後まで足場を探しながら歩くような難所が続いたあげく、
最後はとどめを刺すかのように水量の多い川の渡渉に阻まれた。
巻道があったので登り返してそちらから行きかけたが、
ロープの貼られた直角のようにも見えた急な下り+積雪に断念して再び戻り、
どうやって渡渉するか思案しいるうちにもゴーっという水の流れが恐怖を掻き立てる。
それもそのはず、あたりがだんだんと暗闇に包まれつつあり、様子がわからなくなっていく。
幅の狭そうなところは深そう。それより少し上流の幅の広そうなところはやや浅そう。
なんとか沢まで降りついてみたら、なんとかアイゼンのグリップを利用すればドボンせずに渡れるかも。
最悪じゃジャバジャバを水が入っても沢を歩いて渡ればいい。
川幅は10m以上はあったかな。中ほどまで岩の上をうまくわたってきたところで完全暗闇。
当然ライトを照らして川の深さと次に足を置くべき岩を確認しながら残り半分を渡りきった。
ドボン無し、浸水なしでどうにかこうにか林道に登り着くことができた。
よく見ると、林道に付いている一人分のトレースは、もっと奥から続いてきていたが
山頂から皆子谷ルートへはトレースが無かったので、どこから来た足跡なのか謎のまま。
そしてその林道がこれまた長くて怖かった。。(´ `)
で、今日歩いたルートってすべて一般登山道なんだけど、こんなのありかよっ!(` ´)
という散々な目に遭ったプチ遠征登り納めというお話。
年内はもう金剛山しか行かないからなっ!(` ´) たぶん
最後に、日没マニアじゃありませんので。。

その他の写真は以下より。
20161217-1.jpg
山と高原地図2016年版+GARMIN GPS軌跡

20161217-2.jpg

20161217-100.jpg
蓬莱山(びわ湖バレイ)山頂が白い

20161217-5.jpg
平(だいら)バス停手前駐車場からスタート

20161217-6.jpg
いきなりの積雪+凍結にて、ただちにチェーンスパイク装着

20161217-7.jpg
正教院脇を通り抜ける

20161217-8.jpg
植林帯に入るやいなや急登

20161217-10.jpg
太陽が当たって美しい

20161217-11.jpg

20161217-12.jpg

20161217-13.jpg

20161217-14.jpg

20161217-17.jpg
生クリーム、たぷ~り(≧∇≦)

20161217-16.jpg

20161217-18.jpg
雪があるならスキーで滑らせて

20161217-101.jpg
超雪だんご。 新雪フカフカだとチェーンスパイクはこうなるので逆効果。無くてよい。

20161217-19.jpg
蓬莱山を望む

20161217-20.jpg
再び植林帯

20161217-21.jpg

20161217-22.jpg

20161217-23.jpg
モンスター

20161217-24.jpg

20161217-25.jpg
吹き溜まりは膝より上まで積雪

20161217-26.jpg
とろ~り、生クリーム

20161217-27.jpg
空は青空

20161217-28.jpg
わたあめ状態の雪  紛失防止のための100均の鈴が女性っぽいか?!

20161217-29.jpg

20161217-30.jpg

20161217-31.jpg

20161217-32.jpg

20161217-33.jpg

20161217-34.jpg

20161217-35.jpg
展望ポイント

20161217-0.jpg

20161217-36.jpg
琵琶湖方面の眺め

20161217-38.jpg
まもなく登りきり 寺谷ルート方面(右手)この時はまだトレース無し

20161217-39.jpg
皆子谷ルート(正面)からの合流ポイント(トレース無し)

20161217-40.jpg
山頂へのトンネル

20161217-41.jpg
皆子山山頂にて

20161217-42.jpg

20161217-43.jpg
山頂周辺は歩きまわりたくなるほどいい感じ

20161217-4.jpg
積雪があったので散策は控えめであったが、もっと歩き回りたく思った

20161217-44.jpg
ツボクリ谷方面へ下山開始するも・・・

20161217-455.jpg
こんな激下りはまだ雪のグリップがあるだけマシ

20161217-46.jpg
ロングスリング4本を組み合わせてダブルロープでなんとか谷へ着地したものの撤退

ここからしばらくは撮影を忘れてた・・・

20161217-47.jpg
寺谷ルート下山開始後、すぐに沢ルートとなった

20161217-48.jpg
高巻き、渡渉をどれくらい繰り返したか数え切れない

20161217-49.jpg
えらいところに廃小屋があった

20161217-50.jpg
最後のラスボス、大渡渉の最中に暗闇となった

20161217-51.jpg
これまた林道が長かった 怖いやん

20161217-3.jpg
大渡渉箇所のログ
Check [ 2016/12/19 22:31 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(7)
今回もなかなか難しそうなルートだったのですね。
日没後の山は景色が変わるので怖かったのでは・・・。

ちなみに同日にライオンさんという方が皆子山に行っているようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/versterkung/17817732.html?vitality
[ 2016/12/20 00:17 ] [ 編集 ]
ライオンさんは山頂にはついていませんでした。m(__)m
[ 2016/12/20 00:28 ] [ 編集 ]
私の持っている京都北山2011年版では、平からの皆子山東尾根ルートは記載がありません。どうも、2013年以前の台風で谷ルートは崩壊状態で、従来から積雪期の冬道として使われていた東尾根ルートが、皆子山へのメインルートになってしまったようです。まして、積雪期は尾根道というのが常道、雪深い谷道や滑落の危険のある斜面のトラバース道は敬遠されます。大変な冒険をされましたね。
[ 2016/12/20 19:44 ] [ 編集 ]
ご無事で何よりでした。(*^^*)
慎重派の私は積雪がある山は登ったことがある山しか登らないようにしております。
初めての山はピストンするのも道迷いなくて距離感や下山時間が読めるので
安全につながりますね。
スリングはいざという場合に使えそうですね。
標準装備に加えようかな?
使い方をマスターしておかないと単なる荷物になりますね。( ゚Д゚)
[ 2016/12/20 21:54 ] [ 編集 ]
最後の林道へ取り付くまで気が抜けないステージでした。
渡渉ポイントに達するまででもあーでもない、こーでもないと悩みました。
ライオンさんというとライオン2号さんという名前を昔から知ってます。
私が最後に歩いた林道から時計回りのご予定だったのですね。
はじめに気持ちのよい東尾根を歩けて良かったです。
金剛山でも積雪期にツツジオ谷ルートを下山なんて初めてだとビビるでしょうね。
今回はもっとややこしい谷を、しかも林道まで2時間もかかるボリュームには参りました。
[ 2016/12/20 22:16 ] [ 編集 ]
東尾根ルートが最も新しいルートなのですね。
皆子山に関しては2012年版は東尾根ルートの記載はありませんでした。
2016年版との相違点はそこだけでした。
寺谷ルートは幅の狭いほぼV字の谷で、積雪という悪条件で2時間かかってやっと渡渉ポイントに達したという長丁場でした。
初めての山、次回いつ来ることになるかもわからないのでとことん見て起きたかったという思いもありました。
ピストンではもったいないという思いもあり、先行者のトレースがあったので突っ込みました。
トレースが無かったらピストンしてましたよ。
東尾根ルートは変化に富んで良かったです。
[ 2016/12/20 22:17 ] [ 編集 ]
私も厳冬期は近場の低山で大人しくしてるんですけど想定以上に積雪がありました。
大峰の厳冬期の積雪に比べたらまだマシでした。
急斜面直下各所ではデブリができていてプチ雪崩の後も。
それよりなにより雪がめんどくさい派なので、冬こそ夏場に歩けない低山巡りをするほうが好きです。
スリングとカラビナがあればセルフビレイにも使えますし何かと万能です。
[ 2016/12/20 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ