生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第486回 (2016.12.10) 

20161210-24.jpg
ちはや園地ログハウス

晩秋の・・・。

【ルート】
 登り:久留野道
 下山:久留野道


土曜の朝。
ちょ~っと疲れも溜まってきていたので寝たいだけ寝たつもり。
久しぶりに豆乳鍋を食べたくなって、奈良側の梅本とうふ店へ。
10時開店なので朝はゆっくりできた。
電話でいちおう予約しておいて、豆乳鍋セットやら持ち帰りの豆腐など。
梅本とうふ店については今年1月の記事に詳しく書いてた。
それに比べると今日の記事は写真も少なめで、なんだか気合いが違うなぁ。
店は開店直後でごった返えしていたし、試食のフルコースいただいたりで、
すっかりごちそうさまって感じで、五万人の森駐車場をスタートしたのは11時にもなった。
広域農道をビュンビュン走る車の脇を、歩道があるとはいえ排ガスにまみれて歩くのは
ちょっとした屈辱なので、できるだけ村の中を通るルートを考えると、
少し遠回りして(下って)久留野道(クソマル谷)の取り付きへ。
いつもながら整備がされている感じの久留野道は、歩きやすいがこれといって何も無いルート。
思いの外、時間がかかり、先に山頂へ行ってから千早峠を経由する周回をしようと
なんとなく思い描いていたが、コースタイムの計算などまったくしてなくて、
金剛山だからってお気楽に構えてたら、山頂へ先に行ってたらお昼が15時すぎるので、
先に、ちはや園地キャンプ場にてお昼にした。
豆乳鍋というか鍋自体はある程度の人数でワイワイ楽しむべきもので、
準備や片付けの手間ばっかりかかる割には一瞬だったという感じで、やっぱりなぁ。。
山頂へ捺印に行って戻ってきたら、アンタ、すっかりもう日没でんがな。(^^ゞ
千早峠まわりの周回なんてとてもとても。。
ピストンだけは避けたかったが他にルートの選択肢が無い。
けっこうたっぷり歩いた感あったと思ったらたっぷり歩いてた。(≧∇≦)

今回、不覚にもカメラの電池もギリギリで。(^^ゞ
さりとて、これといって見どころもなく。。
なんだかこんな中身の無い内容を書いているようだと、このままフェードアウトしそう。。
正直、今回は記事にするのをやめようと思っていた。。
晩秋なのでね。。センチメンタルに。
それにしても奈良側のナイトハイクは怖かったぁ。

その他の写真は以下より。
20161210-1.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPSログ

20161210-2.jpg

20161210-3.jpg
5万人の森公園にて駐車  この「5万人」は何を意味するのか分かってない自分。(^^ゞ

20161210-4.jpg
ちょっと遠回りして、この道標から村の中を歩く。

20161210-5.jpg

20161210-6.jpg
舗装林道なのにこの一部分だけ、まるで落ち葉を撒き散らしたようになっていた

20161210-7.jpg
久留野道とクソマル谷の取り付き

20161210-8.jpg
左は久留野道、右へ行くとクソマル谷

20161210-9.jpg

20161210-10.jpg

20161210-11.jpg

20161210-12.jpg

20161210-13.jpg

20161210-14.jpg

20161210-15.jpg
登山道の笹を刈るという整備をされてる方のおかげで快適

20161210-16.jpg

20161210-17.jpg
久留野峠が見えた

20161210-18.jpg
久留野峠

20161210-19.jpg
ついにダイヤモンドトレールの整備が始まったのか、真新しい丸太階段
これらがハードルみたいな障害物になるのはいつの日か?!

20161210-20.jpg
15年選手のチタン鍋はすぐに焦げ付くので鍋には適さない熱伝導率素材。
4シーズン対応のジェットボイル専用燃料が高いので、
130円ケチって保証外のイワタニの燃料にしたら3シーズン用なので気化が弱っちぃ。

20161210-22.jpg
ちゃんと豆乳鍋の取説みて作ります。。

20161210-21.jpg
見た目がアレですが、食べかけじゃありません。
盛り付けたばかりの写真ですが、ビジュアルがなってないですなぁ。

20161210-23.jpg
備前焼の衝撃!
陶芸なんてどこも似たようなもんでしょ程度に構えていたら、備前焼はまるで別格だった。
千年の歴史、陶芸家に人間国宝が6名もいる。
どこかの動物の置物のなんとか焼とは比較にもならない。
釉薬(ゆうやく)を使わないので素材の出すパワーがそのまま飲み物を変えてしまう。
岡山には2種類のカップで珈琲を出すカフェがあるとかで、
飲み比べると同時に入れた珈琲の味がまったく違うとかで備前焼の良さを体感できるらしい。
100均や300均のコップで十分とか言ってると、日本の伝統技術が消えて無くなってしまう。
この日、チタン製のマグとこの備前焼に同時に日本茶を入れたが、
まったく味が異なったのは衝撃的だった。おそるべし備前焼の破壊力!


20161210-25.jpg
23日、駅舎の上に展望テラスがオープン予定!

20161210-26.jpg

20161210-27.jpg

20161210-28.jpg
だいぶん寒くなって雪が待ち遠しいです。なかなか積もりません。というか降ってもないですね!待ち遠しいのは、雪と年末です。よろしくお願いいたします。寿
[ 2016/12/13 23:39 ] [ 編集 ]
先日のステイさんの豪華な山メシの影響でしょうか?
私のたまには 山で豪華な山メシを作って食べるのもいいかな?
と考えている今日この頃です。(*^^*)
ですが、豪華な山メシは事前の準備や帰ってからの後片付けが
面倒だし、食べる前後もけっこう大変なんですね。^ ^
そして、食べるのはほんの一瞬。(≧∀≦)
なので、単独では無理ですね。自分だけのためには。
誰か喜んで食べてくれる人がいないと、ハードル高いですね。
また、暖かくなったらみんなで豪華な山メシを作る企画でもしましょう。
[ 2016/12/14 08:11 ] [ 編集 ]
この時間から久留野道を下ったんですか?
そりゃあ怖そうです。
山で豆乳鍋も良いですね。
やってみよ~(^-^)
[ 2016/12/14 14:42 ] [ 編集 ]
えらい寒くなりましたね。
ここで雨でも降ればたちまち雪になりますね。
この寒さに負けそうです。
年々、冬はコタツ寝してゴロゴロしてたい気持ちのほうが強くなってきています。
年越し登山は久しぶりに白いものを見れるかもしれませんね。
爆光と爆暖装備が要りますね。(≧∇≦)
また今年もお世話になります。
[ 2016/12/14 22:23 ] [ 編集 ]
時々思い出したように梅本とうふ店の豆乳鍋をやってみては、
袋入りラーメンとかのほうが簡単便利でええかもなぁって思うことの繰り返しです。
食べる時間よりも前準備、後片付けでバタバタしているうちに時間がずいぶん経過してて、ぜんぜん休憩ならんかったとか思う始末です。(^^ゞ
寒くても暑くても対応できるパンとスープ生活に慣れきってまして。。
また機会がありますように。
[ 2016/12/14 22:23 ] [ 編集 ]
久留野道、途中は地蔵とかそういう系が無いのはまだマシなのですが、
下りきったところのカトラとの分岐あたり、廃屋あたり、取り付きあたりに何かを感じます。
それにしても久留野道、歩きやすいだけでカメラを向ける対象が何もなさすぎました。(≧∇≦)
豆乳鍋、美味しいんですけど、いつも半強制的試食で先に食べてからなので感激半減。(^^ゞ
あそこの豆腐は冷奴でゆずポンで食べるのが最高です。
[ 2016/12/14 22:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ