生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

近畿百名山 後山(うしろやま) (2016.10.15) 

20161015-0.jpg
平成之大馬鹿門(へいせいの大バカもん)にて  ★門柱なので、対峙するもう一対が別の山頂にあるという

【動画編】


出遅れたスタートであったが、のんびり静かな山歩きができた

【コース】
 駒の尾登山口~展望台~駒の尾山頂~避難小屋~鍋ヶ谷山~船木山~
 後山~平成之大馬鹿門(大甑山(おごしきやま)) <ピストン>

後山は岡山県の最高峰で、別名「西大峯山」と呼ばれることもあり、
かつては修験道としても栄えた山で、現在でも女人禁制のエリアがある。

まさかの車両トラブル。
午前6時頃、西宮名塩PAにて、手洗いと朝食を買ってきて車に戻る。
車内で軽い朝食を摂って、エンジンをかけようとすると一瞬各部のランプは点くものの
始動するには電圧が足らず、うんともすんとも言わない。
これまで車の整備不良なんか無縁で、季節のタイヤ交換など少々の事は自分で行うし、
消耗品のメンテナンスもきちんとやっていたが、バッテリー上がりはうかつだった。
ルームミラー付近にある通称マップランプは、施錠しても消えない仕様で、
週末にしか乗らない車を一週間以上も点けっぱなしにすること過去2度も
バッテリーを干上がらせてしまった実績がある。(^^ゞ
自動車同士を突き合わせてブースターケーブルでつなぐのが大変なことから
本格的なバッテリー充電器を導入し、家でのバッテリー上がりには対処できる体勢だった。
鉛電池は一度でもバッテリーを上げてしまうと劣化してしまうと一般的には聞くが
二度もやってしまっているので劣化が進んでいたのかも。
なにわともあれ、今朝、エンジンのかかりがちょっともたついたのは感じていたが、
ライト点けっぱなしで10分足らず席を外してただけなのに。
西宮名塩SAにはガソリンスタンドがあるので、当然そちらに直行するも、
「うちは給油しかやってなくて、ブースターケーブルも置いてないんです」「はぁ?」
本来ならここでJAFを呼ぶところであるが、非会員なので約17,000円コースとなる。
西宮名塩SAは一般道からもアクセスすることができるので、最寄りのGSに電話するも
営業は9時からなのでって、只今の時刻は6:30。
待ってられん、というか、いっそふて寝して9時を待とうか?
詰んだ。。しばし放心状態であったが気を取り直してあたりをキョロキョロ。
現場とかに向かいそうなブースターケーブル持ってそうな車は来ないかなぁ。
と、思っていた矢先、「(株)あかつき」と書かれた小さなレッカー車が入ってきた。
降りてきた人の良さそうな若い男性に相談すると、一つ返事でOKとのこと。
すぐさま取り出せるところに携帯型のジャンプスターターがあったりして、
「もしかして、僕のために追いかけてきてくれました?」的な。(≧∇≦)
その後、3分と待たずにエンジン始動へ。(≧∇≦)
これから東条湖ランドおもちゃ王国に仕事で向かうところだという男性にお礼を言って別れる。
まさに救世主でした!その節はお世話になりました。
さて、エンジンは始動したものの、うっかり停車したときにエンジンを停止しないよう、
すでに営業していてバッテリーも扱っているという目的地最寄りの佐用IC近くのGSへ直行。
到着してバッテリー形式を伝えると、寒冷地仕様の特殊なやつなので置いてないと。
無理やりこれ付けますか?って28,000円するというバッテリーを持ってこられた。
しかし、形状がまったく異なって取り付けれそうにないので断念。
このまま山に行って、帰りにエンジンかからなかったら・・。
とりあえずバッテリー液が少し減っていたので2本補充(600円)してもらって安心度UP!
エンジンのかかりもそれなりで、これで今日は大丈夫感ありありで安心して目的地へ。
たった600円でリカバリー。トラブルが無かった場合とのロスタイムは1時間半差くらいで済んだ。
またしても前置きが長くなった。。

そんなこんなで、佐用からは新しくできた鳥取自動車道(無料)にて西粟倉村へ。
道の駅や農産物直売所が連続していて、秋の味覚、特に松茸など絶賛販売中だった。
すでに出遅れてしまっているので店には立ち寄らずに山の中へ。
もう登らなくてよいくらい高度を上げたところで、わりと広い駐車場と赤い大屋根。
駒の尾登山口である。
無駄に大きいように思える赤い大屋根は、トイレと休憩スペースになっていた。
また、スタンプ台が設置されており、どこかに押印して持参すると
黄金泉という温泉が、通常800円のところが500円になるという。
えらい気前がよいとおもいきや、国民宿舎が日帰り入浴500円なので対向か?!
本日は秋晴れの晴天で、絶好のハイキング日和である。
10時前にもなりスタートがかなり遅れたと思っていたが、これから登る人もチラホラ。
ウッドデッキから始まる登山道は、中央にお邪魔な手すりのある階段が続き、
もう終わったと思ったらまたもやお邪魔手すりつきの階段が続くという繰り返し。
最初は気にならなかったが、掘れてるところがあって反対側に移ろうにも
途切れ箇所が無くてイライラっとね。これはイラっと名物認定か?!
ススキがなびく屋根付きでテーブルもある展望台があったり、
快適はトレイルは、稜線に近づくにつれ徐々に開放感が出てくる。
駒の尾山頂まではハイキングコースという感じで休憩箇所多数、
複数人集まっても休憩できる弁当スポットがある。
ピストンして戻ってきて判ったが、展望も開放感も爽快感も含めた
最大のクライマックスは駒の尾山頂だったということ。
そこから先は登山者向け健脚コースという感じで、
トレイルはあいかわらず林道なみに十分広いものの、
後山まではほとんど変化に乏しく、まるで堂々めぐりしているかのようだった。
駒の尾山頂を過ぎてからは昼食を摂るにも2、3組くらいのスペースしか無いのが惜しい。
小さなアップダウンにいたぶられ、後山到着は時間にして12時35分にもなっていたが、
休憩しているハイカーさんが2組居たので満席のためスルー。
ここからは破線ルートと言ってもよいほどの山道となり、
しかもどんどん下って、平成之大馬鹿門までノンストップ。
けっこう疲れた。
このままピストンで帰りたくない。。最寄りに下山してタクシ~なんて考えたほど。

平成之大馬鹿門(へいせいの大バカもん)はパズルのようにうまく組み合わさった岩の塔。
いや、これは門柱の一つであるらしい。
門柱というからにはもう一つ同じものが別の山にあるということを後でわかった。
さて、ここでお昼にしたら登り返すのが辛そうすぎるので元気なうちに折り返すことにした。
下ってる時に登り返したくないと思ったほど下って疲れたのに、
不思議なことに登り返しはなぜかサクサク歩け、
下りのタイムとさほど変わらない早さで後山に戻ってこれた。
すっかり誰も居なくなっていたところで、端っこを見つけてお昼にすることにした。
よくピークのど真ん中付近で休憩する人が居るけど、
そこは記念写真撮る人が来るので、さすがに避けなければならない。
さもなければどこかのサイトに顔を塗りつぶされて掲載されることになるだろう。
出会ったハイカーは極めて少なく、計3名の方とそれぞれ会話を交わし、
終始10人も遭遇しなかったのでのんびり静かに歩くことができた。

ここからもまだ書きたいことがたくさんあるけど・・・もうかなり長いので今日はこのへんで。

その他の写真は以下より
20161015-2.jpg
山と高原地図2013年版+GARMIN GPSログ  駒の尾登山口~平成之大馬鹿門ピストン

20161015-1.jpg

20161015-3.jpg
駒の尾登山口駐車場

20161015-5.jpg
赤い大屋根の下は休憩テーブルとトイレ、温泉スタンプボックス

20161015-7.jpg
ガチャポンで温泉のロッカーキー型腕時計(300円)があった(≧∇≦) 温泉大好き! 

20161015-8.jpg
駒の尾登山口

20161015-9.jpg
ウッドデッキ木道

20161015-10.jpg

20161015-11.jpg
紅葉にはまだ早く、日差しが暑かった

20161015-12.jpg
ススキなびく展望台休憩所が見えてきた

20161015-15.jpg
展望台休憩所

20161015-13.jpg
南側の展望

20161015-14.jpg
眼下には粟倉村

20161015-16.jpg
これが名物、お邪魔手すり

20161015-18.jpg
どこまでもお邪魔

20161015-19.jpg

20161015-20.jpg

20161015-21.jpg
大展望広がるところに抜けた

20161015-23.jpg
駒ノ尾山頂に到着

20161015-22.jpg
後山が遥かに遠く

20161015-24.jpg
ほどなく避難小屋 ステンレス製の頑丈なドア クマ出没注意

20161015-25.jpg
ダルガ峰方向(左)との分岐点

20161015-26.jpg
しばらく進んで、駒の尾山を振り返る

20161015-27.jpg
日差しが暑く日焼けしそう

20161015-28.jpg
イノシシが掘り返していたり、鹿を多数みかけたり動物王国

20161015-29.jpg
各ピーク以外はほとんど展望無し

20161015-30.jpg
山というより通過点 ピーク感無し

20161015-31.jpg
眼下の目立つ屋根はどこが見えているのだろう

20161015-32.jpg
30倍ズームしてみたら、美作市立東粟倉図書館だった

20161015-33.jpg

20161015-34.jpg
船木山山頂

20161015-35.jpg
船木山山頂南側向き

20161015-36.jpg
後山ピークが見えてきた

20161015-37.jpg
後山山頂

20161015-38.jpg
下って下って・・・平成之大馬鹿門(大甑山(おごしきやま))

20161015-4.jpg
平成之大馬鹿門は門柱の一つで、もう一対が空山山頂にあるという
この日は展望が良かったので、事前にわかっていればズームで確認したのだが。。

20161015-39.jpg
カマボコ板のような石が並べてある

20161015-40.jpg
登り返して後山まで戻ってきたところでお昼に。

20161015-41.jpg
カレーメシ新製品は熱湯で作るタイプ

20161015-42.jpg
以前、紹介したカレーめしは電子レンジ専用なのをむりやり熱湯で作った。
レトルトカレーと同時に食べたら、やはりお世辞にもカレーライスではなかった。
どちらかというとカレーリゾット味。
しかしこれは熱湯で作るタイプなので違いを期待

20161015-43.jpg
これこそはカレーライスそのものだった。
山道具屋に売っているフリーズドライ食品はとても高いが、これなら納得の味と価格!

20161015-44.jpg
遠くの山に見えていた大きな門は何だろうか?と思ってあとで調べてみたら、
日本最大のベル、リュバンベールがある日名倉山だった。

20161015-45.jpg

20161015-46.jpg

20161015-47.jpg

20161015-48.jpg

20161015-49.jpg

20161015-50.jpg

20161015-51.jpg

20161015-52.jpg

20161015-53.jpg
ストーンヘンジ風の駒ノ尾山頂に戻ってきた

20161015-54.jpg

20161015-55.jpg

20161015-56.jpg

下山後の話。
800円が500円になる黄金泉に行ってみた。
まず、お向かいの蕎麦屋さんがまだ営業中であったが客は無し。
恐る恐る中の様子を見ていたら、気さくな店主さんが声をかけてきたので
「風来坊」という名の蕎麦付きシシ肉の石鍋定食(千円)と稲荷寿司を食べた。
店主は愛想が良くて、終始おしゃべり。
一方、温泉はというと、カランとシャワーが独立していて温度調整ができず固定。
もしかして蛇口は源泉? 内風呂はバスクリンが入ったかのような水色に
消毒臭が立ち込めていたが、露天はまぁまぁ良かった。
なんといってもどの店もこの店も人対人のコミュニケーションで成り立っていて良い印象だった。
Check [ 2016/10/18 22:52 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(19)
キバラーさん、おはようございます。
今回行かれた後山もいいところですね。
私は遠くに遠征に行った事がないので、
いつも参考になります。お疲れ様でした。
[ 2016/10/19 07:21 ] [ 編集 ]
名塩では大変な目に遭われましたね、私ならパニックですw
しかしGSでケーブル置いてないなんて、ちょっと???もんです。


昨年10月20日に父親と登ったのが「後山」でして、反応
してしまいました(^_^;)
私はキバラー様とは反対側より登ったのですが、後山で折り返し
とはせず「ばか門」まで足を延ばされるところはさすが!です。
もう一つの門は、場所が分かれば肉眼でも確認できましたよ(^^)
[ 2016/10/19 13:06 ] [ 編集 ]
♨︎ WATCH 全6色買いました(笑)

心鷲掴みでした、、、
[ 2016/10/19 20:50 ] [ 編集 ]
しーさん
こんばんは
遠征は大峰まででしたっけ?
私は移動で帰りがどうしても眠くなって仮眠必至なので、自分だけの運転では迷惑かけてしまうのでパーティーではお誘いがないと遠征に行けない感じです。
そろそろまたご一緒してください。
しーさんは二上山には相当詳しいと見込んでいます。(^^)

[ 2016/10/19 22:58 ] [ 編集 ]
あれから速攻で携帯型ジャンプスターターと、バッテリー(ネットでは半額以下で良いのがありました)をポチりました。
昨年に登られた思い出がおありの山でしたか。
登山口はたくさんあるみたいで、kunihirokunさんが登られた東側からやちくさ高原側などから登るとまた山の印象が違って感じられることでしょうね。
あの時知っていれば、ぜったいにもう一つのばか門を探したと思います。
実に悔やまれます。
情報ありがとうございます。
[ 2016/10/19 23:06 ] [ 編集 ]
こばちゃん。。
ええっ
6色集める理由がわかりません。。(≧∇≦)
集める間、ダブった色はどうなったのか気になるところです。
もっとチープかと思いきや、意外と実用品質でした。
ちなみに私は予備でもう一個買いました。(^^ゞ
ガチャポン機が置いてあると必ずチェックする不審なオッサンは私のことです。
おあと、こんなんどうですか?↓

温泉のロッカーキー ←今回のはコレ
http://kitan.jp/products/onsenwatch-s

他に以下のは全部欲しいなぁ。(^^ゞ

ミニペダルゴミ箱
http://kitan.jp/products/dustbox

校庭に半分埋まっているタイヤ
http://kitan.jp/products/tire

ミニコインロッカー
http://kitan.jp/products/coin-locker

定礎 -マグネット&置物-
http://kitan.jp/products/teiso

[ 2016/10/19 23:10 ] [ 編集 ]
バッテリー上がりは大変でした・・><;

親切な方との出会いや林道詰めでなかったのはキバラーさんの
日頃の精進のおかげかと・・・・

私は2001/10/21 山ラン移動で「ダルガ峰・1163m」→
「駒の尾山」→「鍋ヶ谷山」→「船木山」→「後山・1345m」を
ピストンしています。

懐かしい映像(画像)を拝見して2度目の山行気分を楽しまさせて戴きました。

ベルピール大鐘も「日名倉山・1047m」山頂無線の時、立ち寄っています。
(2001/09/22)
[ 2016/10/20 10:51 ] [ 編集 ]
遠征お疲れ様でした。
出だしをくじかれると、山歩きよりもそっちに神経を使って疲れてしまって気持ちがなえてしまいますが大丈夫でしたか?

平成之おおばかもん・・・初めて聞きました。
もう一つあるんですか?
当然そこも行かれるのでしょうね。
[ 2016/10/20 12:21 ] [ 編集 ]
おおばかもんを感じで打ち込むと禁止ワードで弾かれました(*_*)
[ 2016/10/20 12:22 ] [ 編集 ]
おかげさまで運に恵まれてました。

セブンロードさんは2001年に登られたっきりなのですね。
15年ほど経ちますが、細部をまだよく覚えていらっしゃるのではないでしょうか。
こないだの事のようにまだ記憶に新しいのに、数えると数年経過してたってことがよくありますよね。
ありがとうございます。
ベルピールは当時からあったのですね。
まだ真新しく思えました。

昨日は平日なのにライブカメラに写ってらっしゃいましたね!
[ 2016/10/20 20:52 ] [ 編集 ]
そうなんですよ~。
もうすっかり気疲れして戦意喪失気味でしたが、
ハードな計画ではなかったので休憩時間を少し短くすれば大丈夫でした。
もう一つの大バカもんはコースタイムが一時間少々のようです。
気になりますがわざわざ再訪するには遠い(コストがかかる)かなぁと思っています。
かといってダブルスでもう一度というのもしんどそう。。
こんど付き合ってください。(^^)
あ、「ばか(漢字)」は禁止ワードに設定してました。(^^ゞ
[ 2016/10/20 20:53 ] [ 編集 ]
お車のトラブル、大変やったんですね!
山奥であまり人に遭遇しないところで、ケータイも通じない所だったらと想像したら、恐ろしいですね。

カレーメシ!ぜひ真似して買ってみます!おいしそう!

動画の解像度?また上がってませんか?
ホレボレするほど美しい画面でした!
新アイテムですか?
[ 2016/10/22 10:35 ] [ 編集 ]
そうなんです、たいへんでした。
最新鋭のバッテリーに、もう要らないと思いつつジャンプスターターまでポチッてしまいました。
それでもJAF呼ぶより安くつきました。
カレーめし、リピありです。(^^)
解像度は動画書き出しのレンダリングの設定をいじっただけで、カメラは数年前からほとんど変わってないんですよ。
それでもアップロードしてしばらくは低解像度になってましたが、今、確認するとたしかに綺麗になってますね。(≧∇≦)
27日あたりどうでしょうか。
[ 2016/10/22 22:12 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
数年前、豪雪の紅葉谷で助けて頂いて以来ですが相変らず楽しんでられますね。
何時もながら足腰軽く動かれるのに尊敬しております ^^)
で、この山いいですね~~~
いろいろ調べ訪ねたく次のシーズンのリストに保存!
いい情報ありがとうございます。
これからもいろいろ期待して拝見させて頂きますね(^^♪
[ 2016/10/27 20:57 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております。
最近はいっぱいいっぱいですよ。
後山、まだ今シーズン、紅葉に間に合いますよ。
私のときは秋なのに残暑ってかんじでした。(≧∇≦)
あの町も人も、トータルでとても良い思いをしました。
いつもありがとうございます。
[ 2016/10/27 22:43 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんわ
車の突然のトラブルはテンション下がったでしょうね~
バイクの調子が悪くて山で故障になる前にショップに持って行ったらKO寸前でした。なんやかやで2万円越えの大仕事となりましたが、不安を抱えながらの山行はストレスがたまるんで正解でした。
後山っていう山が岡山県最高峰になるんですか?全然知りませんでした。途中の景色も良くて歩き易そうな実に僕好みの山です。機会があれば是非行ってみたいなぁ
気になったのがダルガ峰、駒ノ尾山の表示板が2300mとなってましたね
到達距離やとmでの表記もおかしいし、どちらも標高1300mほどなんで不思議に思いました。
[ 2016/10/29 22:14 ] [ 編集 ]
テンション激下がりで、9割方絶望的で、ただちに金剛山へ行き先変更するリカバリープランについて考えてました。
予想以上の幸運で、一時間くらいのロスで復帰したものの、しばらくテンションは下がったまんまでしたね。
スタートが10時なんて遠征では遅刻もええとこですわ。
オイル交換とかきちんとしていてもバイクは調子悪くなりますか?
バイクもバッテリー上がりでツーリングに出発できなかった経験だけは記憶に残っています。
Kazzさんの好みがだいたいわかってきました。
先に氷ノ山から鉢伏山への大周回をお勧めします。
到達距離ですけどね。
km表記でないとたしかにおかしいですね。
[ 2016/10/30 21:03 ] [ 編集 ]
やっぱり到達距離ですか?金剛山や近辺の山でm表記って見たことがなかったんであれ?とか思っちゃいました。氷ノ山のブン回しってやつですね?視野に入れてました。今年に行けたらですが、日暮れが早いので来年ですかね
[ 2016/10/30 22:12 ] [ 編集 ]
氷ノ山は秋が最高なイメージがあります。
今でしょ!
下山後、ハチ北駐車場から氷ノ山駐車地までの移動がつらいので、タクシーなり、マイカー回送などの手段を考えたいところです。

[ 2016/11/07 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ