生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

ダイトレ縦走 紀見峠~滝畑 (2016.9.3) 

20160903-0.jpg
岩湧山山頂にて  キバラー、うっちぃさん、みねごん、ko-yaさん

【動画編】


まだ暑さ残るダイトレを時間かけて歩いた

【ルート】
 紀見峠駅(8:15)~紀見峠ダイトレ取り付き~三合目~根古峰(立ち寄り)~
 五ツ辻~東峰迂回路~(林道)~岩湧トイレ~岩湧山山頂~(昼食)~
 鉄塔75~扇山分岐~(破線ルート)~夕月橋バス停(16:45)


台高のロングルートを歩く予定で、自分にしては珍しく綿密な計画を立てたというのに
まさかの台風12号の影響で、台高方面は雨が一日中滞留しそうだった。
直前まで粘りに粘ったのに、泣く泣く中止を決断することとなった。
よくあることだが、晴れを想定してきちんと計画を立てていると、
鬼?に先回りされて計画通りに行かないよう邪魔される。(; ;)
そんなわけで、いつも天気が確定する前日や、当日になってから
鬼の裏をかいて、右に行くフリだけしておいて、実際には左に行き先を決める
なんてことが多々ある。(≧▽≦)
そんなこともあろうかと逃げ道を作っておくのが常であるが、今回は中止の代案は無かった。
しかしながら急遽、予定していたメンバーの一部だけで、
雨の影響の無さそうなダイトレをふつうに歩いて、
反省会と称して飲みに行こうではないか、との成り行きで電車での移動となった。
ヤマレコのko-yaさんは最も遠方からのお越しで、すでに地元最寄り駅まで
30分のハイクをされてきたというハンデ付き。
紀見峠駅を8時過ぎにスタート。
駅から岩湧山3合目まで、直接つながるルートがあるが、
ダイトレ未踏区間があるというメンバーの希望に沿って紀見峠へと移動。
まだ記憶に新しい4月のチャレンジ登山大会では、
今回のメンバーが全員完歩したルートをしばし逆行するかたち。
9月に入って朝晩、秋の気配を感じるようになったもののまだまだ日差しは暑い。
木漏れ日がまだら模様になった植林帯の中を、登ったかと思ったら平らになったり、
ちょっと下ったかと思えばこんどは延々と丸太階段だったりで登り基調。
開放的な空間があったかと思えば、閉塞区間があったりと変化に富んでいて飽きない。
数年前、一度だけ槇尾山から紀見峠まで縦走したことがあったが当時とほとんど様子に変わりがない。
予約している「王将」河内長野店に18時に着けば良いので時間が余りすぎてもダメ。
花を見つけては立ち止まって撮りながらでも十分時間のゆとりがあるので気ままな歩きができる。

岩湧山3合目のベンチまで登りが続いたのと暑さでヤレヤレって感じ。
ここは紀見峠駅からの直ルートが合流している。
少しの間、またまた丸太階段を歩くと、ほどなく未舗装の林道と合流。
てしばらくすると、右手に根古峰ピークへの幅広入り口。
こんな取り付きあったっけ?
せっかくなので立ち寄ってみると、まだ更地になって真新しい感じのフラットな広場。
そういえば以前、ここに電波反射塔があったはずだ。
来たついでにみんなで三角点を探すのに時間を費やしたが見当たらず。
反射板を撤去するときに一緒に引っこ抜かれてしまったなんて事はあるのだろうか?。
まぁいいや、またボチボチと前進するとしよう。
林道に復帰しようとすると、何やら大勢のギャラリー?がこちらのほうを眺めている。
何でこんなに注目の浴びているのか?と思いきや、単なる勘違いで、
滋賀県は甲賀の近くの水口高校のワンダーフォーゲル部か何か?で、
天見駅から滝畑の奥の荒滝キャンプ場まで縦走するとかで、
小さなカラダにパンパンに詰め込んだ70リットルのザックを背負っていた。
五ツ辻直前まではほぼ林道でアップダウンもなく。
岩湧寺からのきゅうざかの道が合流してくる東峰への登り返し手前に
これまでとは別の林道への巻道らしい取り付きがあった。
過去に何度も歩いている東峰を迂回できそうなので行ってみた。
ちょっとしたルート変更はささやかではあるが新鮮。
岩湧山直下のトイレ前に合流後、ゆっくりと花を愛でながら山頂を目指す。
本日最後の登りである。(≧▽≦)
ススキがまもなく穂を開こうとしている季節を迎える中、
オニユリや桔梗がまだ咲いていたり、
岩湧山名物ハバヤマボクチも育ってきていた。
それ以外の花の名前をほとんど知らないが、いろんな細かい花はあった。
山頂からの展望はクッキリすっきりで、遠く明石大橋もばっちりクリアだった。
広場到着は午後13時半という時間からの遅めの昼食は、まさかの差し入れ天国。
すべて材料にまでこだわった手作りで、
ひやむぎにドライカレー、サンドイッチにかぼちゃプリンに紅茶のパウンドケーキ。
オマケでコム・シノワのパンなどなど。
みなさん、ありがとう、お腹いっぱいで王将ダイジョブか?
親戚のBirdさんと偶然の出合い。
今年は法要で顔を合わせる機会が多かったものの、山でお会いしたのは初めてだった。
一時間半ほどゆっくり休憩したところで行動再開。
途中、少しだけパラっと通り雨が降ったがすぐに止んだ。
名残惜しい茅場を下ってくると再び植林帯へ突入。
鉄塔75番を過ぎて、昔、トーテムポールになっていた道標から扇山へと分岐。
ここからは破線ルートである。
扇山のピークは印象なしで、このあたりから徐々に踏み跡が薄くなってくる。
破線ルートも実際には赤破線や、旧登山道の黒破線方向にかすかに踏み跡が分岐。
どちらを選ぼうか迷った挙句、赤破線のほうを辿ってみた。
山と高原地図では険路と書いている場所は等高線も詰んでいて激下りは予想されたが、
これがまたどえらい急なで、今日一日の疲れの原因の大部分はこの核心部だったかも。
夕月橋直前の舗装路に出て、バス停到着まで虫に追われることはほとんど無かった。
もう夏も終わりかな。。
30分ほど待ってコミュニティバス乗車直後に間一髪、大粒の雨となった。
予定どおりの18時ちょうどに王将に着いた。
そんなこんなで、ご一緒いただいたみなさんありがとうございました。

その他の写真は以下より。
20160903-1.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPSログ

20160903-2.jpg

20160903-3.jpg
南海高野線 紀見峠駅

20160903-4.jpg

20160903-22.jpg
チャレンジ登山大会のコースを逆行してダイトレ取り付きまで移動

20160903-5.jpg

20160903-23.jpg

20160903-24.jpg
情緒の道 「人を先にして 自分を後にせよ」岡 潔

20160903-6.jpg

20160903-25.jpg

20160903-26.jpg

20160903-27.jpg

20160903-28.jpg
ダイトレにて

20160903-7.jpg

20160903-29.jpg

20160903-9.jpg
コーヤさん、鉄塔がお好きなようです。(^^)

20160903-8.jpg

20160903-10.jpg

20160903-30.jpg

20160903-74.jpg

20160903-11.jpg
「ボ谷ノ池」 どういう経緯でこういう名前になったのか?!

20160903-12.jpg

20160903-13.jpg

20160903-42.jpg

20160903-14.jpg
葛城経塚

20160903-31.jpg

20160903-32.jpg
エビフリャ~ ※リスが松ぼっくりを食べた痕

20160903-75.jpg

20160903-33.jpg

20160903-35.jpg

20160903-15.jpg
岩湧山三合目

20160903-73.jpg

20160903-16.jpg

20160903-36.jpg

20160903-17.jpg
根古峰ピーク ※以前は電波反射板があった

20160903-37.jpg

20160903-38.jpg
「錦命水」 唯一の水場

20160903-39.jpg
五ツ辻

20160903-44.jpg
昭和の遺跡 展望台跡

20160903-43.jpg
展望スポットからの眺め

20160903-19.jpg
東峰の登り返しを迂回

20160903-45.jpg
林道への迂回路

20160903-18.jpg
林道から岩湧山トイレ前へ

20160903-47.jpg

20160903-48.jpg

20160903-49.jpg

20160903-41.jpg

20160903-50.jpg
この日の展望は最高

20160903-51.jpg

20160903-52.jpg

20160903-53.jpg
うっちぃさんのひやむぎに、コーヤさんのドライカレー

20160903-54.jpg
みねごんの手作りかぼちゃプリンに、うっちぃさんの手作り紅茶パウンドケーキ

20160903-55.jpg

20160903-56.jpg
親戚のBirdさん

20160903-57.jpg
岩湧山名物「ハバヤマボクチ」

20160903-40.jpg

20160903-60.jpg
雨が少しだけパラついた

20160903-61.jpg

20160903-62.jpg

20160903-63.jpg
コロけるような激下り

20160903-64.jpg

20160903-65.jpg

20160903-59.jpg

20160903-66.jpg
なかなかの難所

20160903-67.jpg

20160903-68.jpg

20160903-69.jpg
あと少しで着地だ

20160903-20.jpg
扇山経由で夕月橋までの破線ルートを歩いた

20160903-70.jpg

20160903-72.jpg

20160903-71.jpg
Check [ 2016/09/06 22:01 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(14)
Takashi Irie「三角点マップ」
https://appsto.re/jp/N85Ox.i

のほうで確認すると、2016.6.1に確認されていました。

夏場は下草あると、なかなか探せないですね。

工事等で亡失する場合は、事前に国土地理院に報告が必要です!が、実際は抜かれて放置されている場合もあります。

測量は、見えないものなので、、、
なかなか重要性が伝わらないです(笑)

なにせ全国10万点以上ありますので!なかなか、すべてを管理していけないのが実情です。

脚で踏んだり、腰掛けたり、しないで下さい(笑)

ちなみにですが、故意に破損さすと100万円以下の罰金です!それが測量士なら資格抹消されます!!罰則規定はありますが、実際捕まった事例はありません。

余談ですが、隣の家との境に境界杭があり、故意に破損さした場合は、境界棄損罪という犯罪になります!!3か月以下、30万円罰金だったかな、、、
[ 2016/09/07 00:39 ] [ 編集 ]

 四日は西太尾でした。
 何だか人が居なくて静かで大日岳のススキの桃色の穂を観
 て岩湧の穂に思いを馳せてました。コンナカンジカナ。なんて
 扇山はホント激下りですね。僕らは最後は民家の横っちょ 
 に出ました。
 
[ 2016/09/07 01:13 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます!
しばらく更新してなかったのに素早い~。(≧∇≦)
あ!このアプリ、入れてましたわ。(^^ゞ
GPSで正確に位置周辺を手分けして散策したのに見つけられず。
ピークより低い位置?にあるとは思えなかったので、もう少し念入りに探せば見つかったかもしれませんね。
たしかに他のブログで写真ありました。
なぜ見つけられなかったのか悔しいです。
工事のために抜かれて倒して仮置きされているのを昔どこかで見たことがあります。
10万点もあるとは驚きました。ものスゴイ数です!
その三角点の石をどこから切り出したのか、小さな山一個分くらい消えてるんじゃないでしょうか。
私は手でタッチすることはあっても、その上に立ったり足を載せたりは無いです。
できる男、測量士こばちゃんがノミとハンマーでかち割ってるコラ画像作っていいですか?(≧∇≦)
隣家との境界のやつって金属っぽいやつですよね。
そんな罰則規定があるなんてしりませんでした。
勉強になりました。
[ 2016/09/07 20:30 ] [ 編集 ]
金剛山でしたか。
アブもすっかり居なくなってきて、これから最高の季節を迎えますね。
ススキの見頃の岩湧山、良さそうですね。
扇山からの激下りは今回のようにバスに乗る予定が無ければ歩くことがないルートでした。
笑うしかない究極でした。
着地点は同じだと思います。
[ 2016/09/07 20:30 ] [ 編集 ]
紀見峠ー岩湧山は私も今年の3月に歩きました。
そんなにアップダウンがなくて快適でしたね。
いとこのminegonさんにしても親戚のBARDさんにしても
キバラーさんの家系は山好きなんでしょうか?
王将はヨクヤキで頼みましたか?
台高のロングルートが気になります。
涼しくなってタイミングあえばご一緒しましょうね。
[ 2016/09/07 21:13 ] [ 編集 ]
3月なら暑さにあえぐことなくサクサクと歩けたことでしょう。
ほんと季節によって山の表情が一変しますよね。
最近は金剛山を見ていてもほんとに山登りする人が増えてきたと感じますよ。
あ!ヨクヤキ忘れてました。
チャーハンは大盛りにしましたよ。
今回の元の計画はすぐではありませんが年内再開予定です。
日没時間が早まるまでにって思っているのですが。
ぜひご一緒してください。
[ 2016/09/07 21:35 ] [ 編集 ]
とっても楽しい1日をありがとうございました〜(^^)
暑さと写真で、かなりなスローペースにお付き合いいただいて、
物足りなかったことでしょうね(^^;;
私のヤラカシも伏せていただいて。。(≧∇≦)
でも、みなさんのおかげでとっても楽しい山でした♪
企画から全ての段取り、この写真や動画。。
本当にお疲れ様でした(*^^*)
あと。。マジで写真もっと教えてくださ〜い(o^^o)
[ 2016/09/08 08:48 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした!
まだまだ暑かったですね。
ひやむぎに手作りの紅茶のパウンドケーキ、とても美味しかったです。
歩きも食事も十分なボリュームでしたよ。
あ、そばつゆはその後どうなったのか知りたいです。
写真?カメラのことは詳しくないですよ。。
切り取りたいと思った瞬間を思ったとおりに撮れれば良いと思います。
またご一緒してください。
[ 2016/09/08 21:01 ] [ 編集 ]
土曜はあいにくの天気予報となりましたが、
ゆっくりと変化のある山歩きが皆さまとご一緒できて
とても楽しかったです♬
時折感じる心地よい風に秋を感じ、
山頂からの展望やキキョウやボクチーなどの
岩湧山らしさも満喫できて嬉しかったです(*'ω'*)
終始皆様へのお気遣いや、ちょっぴり笑いも提供されて
さすがだなって思いました~(≧▽≦)
企画調整すべてお疲れさまです~♪
ありがとうございました(*´▽`*)
[ 2016/09/09 06:21 ] [ 編集 ]
先日はというには早くも一週間経ってしまいましたね。
金剛山系以外は天気が怪しそうで、それはそれで近場で楽しめて良かったです。
手作りマリネに手作りサンドイッチに手作りかぼちゃプリン(自家製なんとかレーズン入り)とても美味しかったです。
ありがとう。
運動しすぎない自分基準(15km以内、高低差千メートル以下)以内で適度な運動にもなりました。
虫はそろそろ居なくなって過ごしやすくなってきましたが、まだ暑さ厳しい時もありましたね。
そういえば展望のある岩湧山山頂は初めてだったとか?
しっかり展望を満喫されましたか?!
笑い・・のシーンありましたっけ。。
浪速ともあれおつかれさまでした!
またご一緒してください。
[ 2016/09/09 20:23 ] [ 編集 ]
動画の構図がとても工夫されていてすごく勉強になります。

しかし皆さん健脚!
シャンシャン歩かれているのがすごいです!
[ 2016/09/09 22:13 ] [ 編集 ]
ご覧頂きありがとうございます。
最近更新頻度が上がって来られましたね。
こーじさんの更新、いつも楽しみに見せていただいております。
特に石川の散歩の動画が印象的でした。
[ 2016/09/11 20:05 ] [ 編集 ]
グラフからも分かりますが、想像以上の激下りですね!
おそらく、お付き合いさせていただいてます方々の中で私が、この場所に一番近いと思いますが、未だに躊躇して足を踏み入れておりません。
この記事で更に遠のきましたよ。
[ 2016/09/18 22:53 ] [ 編集 ]
すぎちゃんのホームグラウンド、毎週のように行かれてらっしゃるのに未踏の部分があるのですね。
山と高原地図では下山向きとなってますが、むしろ登り向きかと思いますが、それだと取り付きがわかりにくいんですよね。
岩湧山の破線ルート、ナメてました。(^^ゞ
[ 2016/09/20 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ