生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

南葛城山・岩湧山 (2016.7.23) 

20160723-37.jpg
岩湧山山頂にて

意外と涼しい快適な林道歩きだった

土曜日の朝はウィークデーの疲れもあってゆっくり寝ていたい、
という最近の傾向で、早起きしてまで行きたい山が思いつかないでいる。
早朝登山は気持ちが良いのはわかってるけど起きれなくてねぇ。
暇さえあれば寝ていたいほどお疲れなのである。
汗が止めどなく出るこの時期に低山どこへいっても同じように思えてならない。
もう毎週金剛山で体力維持&ハンコ集めでいいや、と思うと
どうしても最短最楽コースになってしまって。。
お隣の葛城山はというと山頂の開放感に浸れる良さを引き替えにしても
登山道が厳しく決められていて自由度がまったく無いのでつまらない。
あ、言っちゃった。(^^ゞ
今回は、静かな山道を自然に耳を傾けながら無心に歩けそうなところ
ということで久しぶりに南葛城山に行ってみようと思った。
アクセスが比較的近いのに6年前に行ったっきりになっていていた。

滝畑からのアプローチは自然や変化に富んでいて南葛城山を楽しむには良さそう。
しかしながら今回はスタートも遅かったので、周回は諦めて岩湧の森から。
岩湧の森駐車場スタートが12時という時間。
長寿水のところから「ぎょうじゃの道」に取り付く。
ヤマレコの若い男性に声をかけていただいた。
風もなく汗にまみれ、休み休み登る。
動画を取りながらなので遅々として進まない。
(結局内容に乏しく動画編集は今回断念)
ダイトレに合流するまでは下山してくるハイカー計10人くらいすれ違ったかな。
その後はついに人に出会うことは無かった。
ダイトレから林道に合流後は谷を迂回するかのように南葛城山ほうへ。
最近舗装されたようで真新しいコンクリートの区間が長かった。
林道はたいしたアップダウンも無く、ただ無心になっててくてくと歩けた。
枝道や分岐が多数あったので地図も確認しながら楽しめた。
山頂が近づいてくると自分の胸かそれ以上の高さの笹藪になっていてたいへんだった。
南葛城山山頂も6年前はもっと明るく広かったのに笹藪がじわじわと覆い尽くしてきていた。
来た道を戻るのもなんなので北側から周回しようと思って下っていって
一本杉のほうへ巻こうと思っていたら、笹藪が想定以上に厳しくなり進退窮まる。
どこをどうしようが進むことができなくなって泣く泣く来た道を引き返した。
もう笹藪にウンザリしまくったので、一本杉からもっとも近いルートで林道に出て
あとはひたすら林道歩きで戻っていたが、
なんとか近道が無いか?と地図を確認すると、「五葉ノ谷辻」という
谷から上がってきている地図に無い舗装林道のゲート(柵)を下っていくと
地図にある林道に合流しそうで、それをダイトレのほうに少し登ると
ショートカットで五ツ辻、いやもっとその先のダイトレと「ぎょうじゃの道」との
合流ポイントまで行けそうだったので、日没迫る時間であったが賭けてみた。
思っていたとおりスムーズにダイトレまで戻ってこれた。
このショートカットは復路向きであって、往路にはあまり適さないように思った。
さて、あたりはかなり薄暗くなってきており疲れもあってこのまま下山するか、
それとも岩湧山山頂へいけば夜景が見れそうなので行ってみるか。
コースタイムは山頂まで40分で登り貴重である。
さんざん迷ったが、南葛城山はこれといって予想通りイマイチだったので
岩湧山山頂でスッキリして帰ろうと思って向かった。
あいにく澄んだ空ではなかったのと、夜景がけっこう遠かったのが残念。
すぐに暗闇となったので数枚写真を撮ったところで下山へ。
きゅうざかの道にて下山完了も、駐車地までの舗装路歩きが長く暗闇がちょっと怖かった。

その他の写真は以下より。
20160723-3.jpg
山と高原地図2012年版+GAMIN GPSログ

20160723-1.jpg
歩いた経路

20160723-2.jpg

20160723-5.jpg
岩湧の森駐車場前にて ブナ?だったか、大手を広げていてすごい木

20160723-6.jpg
長寿水

20160723-7.jpg
「ぎょうじゃの道」取り付き

20160723-8.jpg

20160723-9.jpg

20160723-10.jpg
岩湧山七つ道めぐりイベントの名残り

20160723-11.jpg
蒸して暑い~

20160723-12.jpg

20160723-13.jpg

20160723-14.jpg
ウッドデッキ

20160723-15.jpg

20160723-16.jpg
丸太階段の上はダイトレだ

20160723-17.jpg
五ツ辻にて

20160723-18.jpg
ダイトレを忠実に

20160723-19.jpg

20160723-20.jpg
五葉ノ谷辻

20160723-21.jpg
静かで快適なフラット林道

20160723-22.jpg

20160723-23.jpg
登りらしい登りも無く延々と続く・・

20160723-24.jpg


20160723-25.jpg

20160723-26.jpg

20160723-27.jpg

20160723-28.jpg
往路はここから山頂へ向かった(左側に林道あり)

20160723-29.jpg
一本杉  ある夜、山友が突然閉じ込められて一時出られなくなったという避難小屋

20160723-30.jpg
もう手入れする人が居なくなったのか笹ヤブがすごい。。

20101205-16_20160725200158421.jpg
2010年12月撮影 6年ほど前に出来立てだった山頂モニュメント

20160723-31.jpg
南葛城山山頂にて  このモニュメントと同じように歳を取ってしまった。。

20160723-32.jpg
笹ヤブに進退窮まって引き返してる途中

20160723-33.jpg
イラストが凝っていてかわいい

20160723-34.jpg
五葉ノ谷辻から望む岩湧山山頂方向は日没迫る夕陽に空が染まる

20160723-35.jpg

20160723-38.jpg

20160723-39.jpg
岩湧山山頂広場にて

20160723-41.jpg
Check [ 2016/07/25 20:17 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)
こんばんは
23日は南葛城山&岩湧山でしたか。24日なら岩湧山に登っていたのですが。
また23日の朝、青崩の登山口付近でキバラーさんの目撃情報(熊みたいでゴメンなさい)があったのですが偽者やったんかな?
金剛山頂で会えるかも知れへん、と思っていたのですが。
いずれにしても残念!
[ 2016/07/25 22:23 ] [ 編集 ]
こんばんは!
24日は勝手に森カフェの日だったのですね。
23日の朝は所用で出かけていました。
どうやら金剛山には私そっくりな人が居るらしく、他の方からも教えてもらったことがあります。
また、先日は行者環トンネル西で、私だと思っておもいっきり手を振ってくれたそうで、近づいてみるとぜんぜんしらないおじさんだったそうです。
ただシャツが青くてメガネかけた人ってだけで反応しているとしか思えません。(^^ゞ
とりあえず岩湧山歩いていたらかずぞうパパさんに出会うと思ったのですが。。
また早くお会いできますように!
[ 2016/07/26 21:53 ] [ 編集 ]
こんにちは。

避難小屋に閉じ込められたとかちょっと怖いお話ですね。
なぜ?閉じ込められたんだろう・・・(怖)

キバラーさんの目撃情報(熊みたいでゴメンなさい)
ワラケましたw


[ 2016/07/27 12:20 ] [ 編集 ]
その友人も変わっていて、夜中に避難小屋で本を読んでいたそうです。
そうしたら丑三つ時に外から鍵をかけられたと言ってました。
そんなことってあるんでしょうか。
数年前の話です。
私を目撃したら指差し呼称していただくか、声をかけていただくとそれに応じた反応をしますのでぜひよろしくお願いいたします。
[ 2016/07/27 23:11 ] [ 編集 ]
南葛城山の笹薮が伸びてるとは存じ上げて居りませんでした。
確かに岩湧山からの夜景は遠いですが、西峰越しの街の明かりと紅く染まる西空が最高ですね!
[ 2016/07/28 04:37 ] [ 編集 ]
岩湧山は毎週のように登っておられるすぎちゃんでも、南葛城山はご無沙汰なのですね。
ずいぶん前にも岩湧山の夜景を見に行きましたが、もっとスッキリくっきりだった記憶がありました。
そのときはトイレもライトアップされてたのですが、今回は真っ暗闇でした。
暗闇になる直前の染まる空は黄昏てしまいます。
[ 2016/07/29 06:56 ] [ 編集 ]
以前夜間登山した時、岩湧寺の辺りがかなり不気味でした。
そして山頂直下のトイレ。
誰も居ないのにいきなり灯りが点灯してドキッとしました。
あれは何だったんだろう?
[ 2016/07/31 00:05 ] [ 編集 ]
山中は金剛山同様にどってことなかったのですが、下山完了したとたん、本来ならホッとするシーンですが、逆に何やら背筋がゾッとしました。駐車地は長寿水よりも下だった恐怖感が長く感じました。
山頂直下のトイレは、以前の夜間登山のときは最初から点灯してましたが、今回は前を通るのが怖いくらい真っ暗闇でしたよ。
自然より人工物のほうに怖さを感じるのかなと思いました。
[ 2016/07/31 20:54 ] [ 編集 ]
こんばんは
最近、キバラーさんのブログは金剛山のルート確認ばっかりに利用させてもらい
記事をジックリ読んでのコメントが出来ずで突然にお邪魔してすいません。
南葛城山は去年に初めて風さんらに連れて行ってもらったきりなんですが、正直あまり山としていいイメージはないです。山頂は眺望利かないし、寒かったし嫌いな笹漕ぎはあるしで(笑) 案内してもらって文句言うてたら罰が当たりそうですが…歩き応えも短いルートやったから、しょせん奥河内の低山はこんなもんかなあという感想でしたが、このコースで周回となると、ググッと変わってきそうな気がします。一度集会にチャレンジしたいと思います。
PS狭山のだんじりは10月8~10でしたっけ?
[ 2016/09/20 22:33 ] [ 編集 ]
こんばんは
いえいえ、とんでもございません。
南葛城山はたしかにそんなイメージです。
MTBのタイヤの跡、林道、胸までの笹藪、ため息。。
10年に一度行けば良いというイメージをどなたかに払拭してもらいたいです。
だんじり、今年は喪中なので祭り事は不参加でして詳しく知らないんです。
たしか試験曳きもあったはずです。
通常は3連休の前2日間です。
8,9,10と街の看板にあったように思います。
[ 2016/09/20 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ