生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

比良山系 蓬莱山 (2016.7.16) 

20160716-72.jpg
蓬莱山にて

【動画編】


涼を求めてスキー場へ、しかし、暑さでハードだった

【ルート】
 びわ湖バレイ駐車場-金毘羅峠-蓬莱山山頂(お昼)-小女郎ヶ池-
 蓬莱山山頂-打見山山頂-キタダカ道-びわ湖バレイ駐車場


梅雨明け直前の連休初日、天気が微妙な中、
風の通りそうな樹木の無い稜線、涼しそうな低山探してプチ遠征。
梅雨も明けやらんややこしい時に、
せっかくの連休初日なのでどこかちょっと気分の変わる山は無いだろうか?
といくら考えてもわざわざ行きたい山を見つけられないでいた。
先日、金剛山でお会いした知人から、
「こんど蓬莱山を案内して欲しいんですよ」とのことで、
この季節の暑さはどうか?びわ湖バレイ駐車場からどれくらいのバリュームか?
あそこはもしかしたら夏でも快適かもな?と思ったので下見を兼ねて行ってきた。

びわ湖バレイ駐車場から登る蓬莱山は今回で二度目で、
前回はキタダカ道から登ったが、もう4年も前のことである。
開門時間があることをすっかり忘れていて一時間も前に到着してしまい仮眠。
8:30の時報とともにようやく開門となり、いきなり出鼻をくじかれた感じで、
スタートは実質9:00にもなってしまった。(3時半起きなのに。。)

当初の予定では、びわ湖バレイ駐車場から金毘羅峠を経由して
蓬莱山へ突き上げる最短メジャールートで登り、権現山まで縦走ピストンしようと思っていた。
雨上がりの蒸した登山道は風も無く汗だくになり、イメージしていたより長くハードだった。
金毘羅峠まで登ってくると、一転して明るい雰囲気に変わり、風も当たってきて涼しい。
もうすぐ山頂かと思って地図を見ると、コースタイムでまだ40分もあることに驚く。
ほどなく山ヌケ箇所があって少し展望のある場所がチラホラとあって
外界が見え隠れするがあいにくガスっている。
このあたりからの登山道は、大量の雨水でも流れたのだろうか
荒れていてガレガレで歩きにくかった。(下山時のキタダカ道も同様だった)
ようやく蓬莱山のゲレンデ中腹に到着するも、この時点では展望なし。
霧が立ち込めているゲレンデは、どこか別の惑星のようで
リフト駅舎が地下コロニーへの入り口であるかのようにSFチックだ。
昼休憩までにここからさらに距離を伸ばしておきたいところであったが、
まったく展望が無い状態だと残念すぎるのしばし待機。
どういうわけかハンモックが設置されていたので寝転がってみた。
人生とっくに後半戦だというのに、自分の記憶が正しければ
ハンモックは生まれてこの方、未体験だった。(^^ゞ
かなり気に入ってしまったハンモック、自宅用にぜったい欲しいと思ったので
これからどんなのが良いかしばらく研究することにしよう。(≧∇≦)
そんなハンモックに揺られて、というか自分で漕いで揺すって
ブラブラとぼけ~っと空を仰いでいたら寝てしまいそうになった。
炎天下じゃなくて良かった。(^^ゞ  少し寒いくらいですっかり背中の汗が乾いた。
午後からの空模様は回復貴重なのがわかっていたので少し早い昼にすることにした。
2時間以上も休憩してしまい、すっかりガスも吹っ切れて展望も現たので行動再開。

途切れることのない琵琶湖のの眺望を欲しいままに、
風の通る稜線歩きが本日の核心部と思っていたが、実際には風はほとんど無く、
たまに雲の切れ目から太陽が顔を出すとやたらと暑い。
本日はザックが10kgもあって足取りも重い。

下山はロープウェイを使ってもよいつもりで距離を伸ばすのも良いかも
と思っていたが残り時間少くなり、ロープウェイの最終が17時に間に合わない恐れ。
まずは伝説もある小女郎ヶ池に立ち寄って清涼感と荒涼感を同時に感じる。
福井県の夜叉ヶ池といい、最近、無意識に池シリーズになってきている今シーズン。
そんなことならとことん池にこだわってこれからの山を探しをしようかな。
次は真夏の炎天下、毎年恒例の六甲山地獄谷から登る「横池」ってか。。
小女郎ヶ池を後にし、小女郎峠まで戻って南へと登り返して進出。
登り切った展望の良い場所でひと息つくと、南の遠方に鹿の群れが居た。
かなり離れているというのに、こっちに気づいて一斉にこちらを伺っている。
やがでバラバラと去っていった。
スタートが開門で遅れたことやガスで休憩時間が長くなったことが影響し、
この時点ですでに15時過ぎで、片道コースタイムが一時間の権現山までは行けない。
権現山を経由する稜線歩きであれば裏比良から登るほうが変化に富んで楽しいと
山友から聞いていたので、権現山は次回の課題とすることにしよう。
権現山は諦めるとしても、南方を眺めていると、何やら良い感じのピークが。
それはどうやらホッケ山だ。 せめてあそこまで行って折り返してきたら何時?
ヘロヘロになって打見山ゲレンデに戻ってきたところでロープウェイ終了してたら
どうしようか?との葛藤。完全にロープウェイで下山する気でいる自分。
(いちおうバックアップ手段ね)

初投入の最新鋭トトレッキングポールの組立て動画なんぞを撮影していたら
時間が押してしまってホッケ山に行くのも諦めることになって次回の課題へ。
それにしてもびわ湖バレイ駐車場から蓬莱山への登りが長くて堪えたなぁ。
もうだんだんと短距離化、軽量化を考えるようになって弱体化してきてるからね。
そういえば蓬莱山山頂がパラグライダーテイクオフ地だとは知らなかった。
ふんわりフライトしている様子が気持ちよさそうだったなぁ。
そんなこんなで蓬莱山に戻ってきたら、リフトがまだ動いていたので、
ロープウェイ山上駅のある打見山まで楽してというか、
アトラクションとして楽しもうかなとお値段確認すると下るだけで300円で、
打見山までの登り返しリフトは別料金で300円。
ええ~、あそこまで片道600円もいるの~?と思って断念。(^^ゞ
御在所岳のリフトのほうが価値あるよなぁ。
可処分所得が一向に増えないのに増税で何もかも値上がる一方だ。
少しでも節約できるところは節約しないとね。

打見山に戻ってきたところで自販機で冷えたアクエリを買ってごくごくと最高。
夏場は汗でミネラルの流出が激しいので、
普段飲まないポカリやアクエリでのドーピングは欠かせないなぁ。
さて、時間にして17時前となって最終ロープウェイの時刻が迫る。
千円以下なら乗っちゃえ、それ以上なら歩いて下山というコイン投げ。
わざわざ改札まで行かないと料金わからず。
片道1,200円!はい、歩き決定。
ロープウェイ乗らない、リフト乗らない、アクティビティやらない、食事しないとなると、
登山客は1円もお金落として行かない存在だと迷惑がられてたりするのかな。
駐車料金や自販機の冷えた飲み物代で微力ながら協力してるんだけどね。
ロープウェイだとわずか5分くらいの所要時間のところを
2時間ほどかけて日没寸前で下山完了。
時間と楽をお金で買えば良かったなぁとおもえるほど長くて辛くて汗だくでヘロヘロ。
しかも表比良側は満足な温泉も無いので、着替えるだけにして帰った。
ああ、この季節の蓬莱山は思った以上に手ごわかったなぁ。

P.S.
満を持して導入したトレキングポールであるが、
以前、人から借りたときに自分は120cmで最適だという思い込みが
どこか頭の片隅にあったみたいで、実際には10cm足らなかった。
肘が直角にならないといけないのにまっすぐに。(≧▽≦)
蓬莱山まで持っていって組み立てて握った瞬間、ゲームオーバーとなってしまった。
動画のシーンではその短さが露呈してしまうので正しく組立てていない。
ということであれからすでに知人に売却してしまった。 はやっ!(≧▽≦)
改めて買い直すかどうかは検討中である。
それよりハンモック・・・。

その他の写真は以下より。
20160716-2.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPSログ (時計回り周回)

20160716-1.jpg

20160716-4.jpg
びわ湖バレイ駐車場の開門は8時30分 料金500円

20160716-5.jpg
山頂の滑り台が目視できるのでたいした高さじゃなさそう感が間違い

20160716-6.jpg
青空から一転してガスが立ち込める

20160716-7.jpg

20160716-9.jpg
少し下って・・

20160716-10.jpg
堰堤の堆積部を渡渉

20160716-11.jpg
植林帯から始まる

20160716-12.jpg
陽が当たらにくいのか苔むしていて、この日は雨上がりで蒸す

20160716-13.jpg
比良山系名物植林ぐるぐる巻き(その1)

20160716-14.jpg
比良山系名物植林ぐるぐる巻き(その2)

20160716-15.jpg
比良山系名物植林ぐるぐる巻き(その3)

20160716-16.jpg
ガレた箇所多し

20160716-17.jpg
もしかしてイワカガミの群生?

20160716-18.jpg
金毘羅峠 (前方は金毘羅道)

20160716-19.jpg
キンピラじゃなく、コンピラ

20160716-20.jpg
山抜け箇所はずいぶん以前からある

20160716-21.jpg
外界の眺望がかすかに

20160716-22.jpg
山抜け箇所上部から

20160716-23.jpg
変わった地層だ

20160716-25.jpg
ようやくゲレンデが見えてた

20160716-24.jpg

20160716-26.jpg
檻の中のような光景

20160716-27.jpg
蓬莱山山頂に向けて

20160716-29.jpg
蓬莱リフト山頂駅がSFチックだ

20160716-30.jpg
六地蔵ならぬ九地蔵

20160716-31.jpg
「彼岸の鐘」

20160716-32.jpg
SFチックだ。。

20160716-33.jpg
打見山ゲレンデを望む

20160716-35.jpg
さきほどと同じ九地蔵だが陽が当たると雰囲気も違って見える

20160716-36.jpg
ホーライ山頂看板には、日替わりなのかスタッフメッセージ
「7月16日(土)AM9:30 気温18℃ ハンモックでのんびりしてね~!
 7/2~赤トンボが上がってきました!今日は京都市内見えるかな?」と記載

20160716-37.jpg
ザ・ハンモック 欲しくて仕方がないアイテム 背中の汗が乾いた

20160716-38.jpg
ロープウェイ最終乗車時刻17:00と記載

20160716-40.jpg
長い昼休憩が終わるとすっかりガスが吹っ切れてきた

20160716-42.jpg

20160716-43.jpg

20160716-44.jpg
あちこちにこのような地蔵がある

20160716-45.jpg

20160716-46.jpg
琵琶湖大橋が見える

20160716-47.jpg

20160716-48.jpg
小女郎峠にて

20160716-49.jpg
小女郎ヶ池

20160716-50.jpg

20160716-52.jpg
ツアーハイクイベントがあるようだ

20160716-51.jpg

20160716-53.jpg

20160716-0.jpg
小女郎峠まで戻ってきた

20160716-54.jpg
南のピークへ上がって蓬莱山の方を振り返る

20160716-55.jpg
かなりの遠方に鹿の群れがいた

20160716-56.jpg
長く見せかけているが10cm足らなかった(^^ゞ  この時まで気づかなかったなんて

20160716-57.jpg
左前方のピーク(ホッケ山)まで行きたい思った

20160716-58.jpg
ホッケ山をズームで拡大  背後は比叡山か?!

20160716-59.jpg
パラグライダーが気持ちよさそう

20160716-62.jpg
前方の打見山ピークまでリフトに乗ると600円

20160716-61.jpg

20160716-63.jpg
打見山にて

20160716-64.jpg
キタダカ道より下山開始

20160716-65.jpg

20160716-66.jpg

20160716-67.jpg
蓬莱山はなかなかのスケール

20160716-68.jpg

20160716-69.jpg
あんなに下までおりるのかぁ

20160716-70.jpg
天狗杉

20160716-71.jpg
Check [ 2016/07/19 22:50 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(14)
琵琶湖を眼下に草原歩き・・・・湖西の山旅を楽しまれた様ですね。
私は過去に何回かに分けて昭文社・山と高原地図(46)『比良山系』
記載の北から「蛇谷ヶ峰・901.7m」→「釣瓶岳・1098m」→
「武奈ヶ岳・1214.4m」→「釈迦ヶ岳・1060.6m」→
「蓬莱山・1174.3m」→「霊仙山・750.8m」までの
12座で山ラン移動済ませていますが、
『ザ・金剛山』の素晴らしい映像(画像)を拝見して懐かしくなり
コメントさせて頂きました。ありがとう御座いました。
[ 2016/07/20 06:46 ] [ 編集 ]
こんばんは
ご覧頂きありがとうございます。
過去に無線運用しながら分割縦走されたのですね。
セブンロードさんが歩かれたルートでは、
蓬莱山→霊仙山が未踏なので歩いてみたいと思いました。
いつもヒントをありがとうございます。
[ 2016/07/20 20:17 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんは。
短い?ストックを持った写真がメチャカワイイです(笑)
私(166㎝)で110㎝ですから、キバラーさんなら130~135㎝
くらいストックの寸法が必要だったのではないでしょうか?
なかなかそれを満たすストックは無いかも?
それにしても蓬莱山からの展望は最高ですね!
ぜひ行ってみたくなりました。ではまた。
[ 2016/07/20 20:58 ] [ 編集 ]
おはようございます
え?カワイイですか?(^^ゞ
そうなんです、ストックは130cm必要でした。
130cmモデルもあったんですよ。
長さが可変できる2千円ほど高い最上位モデルを買っておけばこのような失敗は無かったと思うと残念です。
改めて買うかどうか迷っています。
蓬莱山、曇っていたおかげで寒いくらいに涼しかったです。
でも、時おり太陽が顔を覗かせるとやたら暑くて、日照時間短かったにもかかわらず日焼けしました。
[ 2016/07/21 06:59 ] [ 編集 ]
琵琶湖の湖畔はかつての舞台だったんで、
懐かしいかぎりです。釣りのほうで。

今朝、琵琶湖バレーでカフェだったか何だったかがオープンしたニュースをやってました。僕みたいなオッサンには無縁そうですが(笑)

[ 2016/07/22 21:16 ] [ 編集 ]
こんばんは
「びわ湖テラス」今日オープンだったんですね。
あの日、2012年版の山と高原地図にはある実線
(ホテルからキタダカ道)を追ってホテルの裏に回りこんだところ、水を張った足湯のようなVIPスゥィートのようなテラスに出てしまい、登山道が見当たらなかったので引き返したんです。
2016年版をあれから購入してみるとその実線は消されてました。
あれがびわ湖テラスだったとは。
あのときはまだ工事中でした。
釣りもやられてたんでしたね。。

[ 2016/07/22 22:10 ] [ 編集 ]
 梅雨も明けてなんと
 絶景が広がってるではありませんか
 せっかく行ったのにカスミでなんも見えん
 とはならず良かった良かった。
 冬もえかったけんど夏もええなあ
 
[ 2016/07/23 00:48 ] [ 編集 ]
金剛山と似たり寄ったりの標高とは思えない高度感と実際の高低差がありますね!
植林にグルグル、そこまでせずとも・・・
[ 2016/07/23 07:26 ] [ 編集 ]
先日はバッタリ百ヶ辻で久しぶりにお会いできて感激でした!

ストック残念ですね。でも撮影で両手大忙しのキバラーさんがストックを使うとは思ってませんでしたが、僕も腰痛で使ったほうが良いと思っていたので、しばらく使用してからの体調の違いを聞きたかったので、是非、最上位モデル購入を期待してます(笑)
[ 2016/07/24 17:09 ] [ 編集 ]
nozillaさんの冬の蓬莱山の記事を拝見しました。
寒さ厳しそ~ですね~。
寒がりですが、暑いのももうたいがいえらいです。
汗をかきすぎると後でしんどいです。。
この日はまだ梅雨明け直前でした。
武奈ヶ岳のほうからカミナリの音が何度も聞こえてきました。
どこでも秋が良さそうで。。(^^ゞ
[ 2016/07/24 20:42 ] [ 編集 ]
標高的には大差無いのに、開放感はハンパないですね。
この開放感のある立地がきびしい冬となるのでしょうね。
山は暑すぎたり寒すぎたり気候に合わすのがたいへんですね。。
比良山系の植林はどこへ行ってもビニール紐のようなものをぐるぐる巻いてあるのが不思議です。
他では見られないのではないでしょうか。
[ 2016/07/24 20:42 ] [ 編集 ]
先日はお久しぶりにお会いできてうれしかったです。
ストック、やっぱ要りますわ。
今日も膝が痛かったです。
ちょっとモデルは変更しますわ。
扱いやすさと軽さ重視で。
[ 2016/07/24 20:43 ] [ 編集 ]
蓬莱山は開放的なところですごくいいんだけど
とにかく人が多くてゆっくり昼食も食べれなかった(汗)
ちょうど山頂付近になんかわからないけど花が咲いていたので
よけいに多かったのかもしれませんね。
あのハンモックの使用は無料なんでしょうか?
小さい頃憧れましたね~ ハンモックに。
ストックは残念(>_<)
[ 2016/07/27 12:13 ] [ 編集 ]
黄色い花、スイセンだったか花は群生してました。
あいにくの天気だったせいか人は少なめでした。
それよりもマイッタのは、ゴ~ロゴロ寝転べそうな広大な芝生広場の至るところ鹿などの糞だらけでもう。。
ハンモックの利用は何時間でも無料です。
家の中に設置する場合、柱を利用しなければ支柱を買わねばならず、これがけっこう巨大。
支柱とハンモック合わせて5万円コースなのであっさりあきらめました。
ストックその後ですが、組み立て方に誤りがあり、ちゃんと説明書見てませんでした。(^^ゞ
120cmではほぼピッタリで、理想では125cmって感じです。
同じモデルがさらに3千円も安くなったので適切な長さのものを買い直します。
[ 2016/07/27 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ