生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 八経ヶ岳 (2016.7.3) 

20160703-0.jpg
弥山にて

【動画編】


風、霧、白い雲、大峰ブルーの青空、そして・・ザ・ステイ飯。

およそ一ヶ月くらい前、ヤマレコのko-yaさんから
八経ヶ岳にオオヤマレンゲを見に行きませんか?とお誘いをいただき、
わぁお~、ko-yaさんと二人で登れるんだぁ~(・∀・)とおもいきや、
めちゃくちゃたくさんの人に声をかけておられたみたいで・・。(´・ω・`)
しかも、ずいぶん先の話だなぁ~と思っていたら、あっという間に当日がやってきた。
待ち合わせ場所に行くと、なんと、ko-yaさんは風邪で不参加と聞いてびっくらポソ!
そんなこんなであの人もこの人も欠席で、わりと行動しやすい人数の6名に落ち着いた。
オオヤマレンゲについては、今シーズンはすでに金剛山でみごとな一輪を見た。
全国からツアーでハイカーたちがマイクロバスで訪れるというシーズンど真ん中に、
本家本元の八経ヶ岳にオオヤマレンゲを見に行くのは初めてだ。
花よりもハイカーの多さがどれほどのものなのか、そっちが気になる。(^^ゞ
きっと、ごった煮では?!

午前7時半集合時点で有料駐車場は満車ぎみ。
ちょっと下った無料の駐車地はすでに満車。
仕方なく有料駐車場の下の方に駐車したものの隣の車両同士が狭いし。
どんなけ詰め込むね~ん。(> <)
さらに、無料駐車地に停めたハイカーはトイレの利用料金が倍額の200円!
ちゃんとチェックされていてちゃっかり追徴されてた。。
トン東やタチクラ尾から登りたいという思いはあったが今日は団体行動である。
まじめにトン西から奥駈道を忠実にピストンするつもりだったけど
下山時にはちょっとだけプチバリエーション。
登山口からはすでにハイカーが数珠つなぎ渋滞では?くらいに思っていたが
実際には終始渋滞になるようなことはほとんど無かった。
トン西からだと破線の沢ルートという選択肢もあるが、
過去数回歩いてみて一般登山道を歩くほうがマシだと思った。
今でも歩きにくいみたいで、下山時に沢ルートから下りてこられた
炉端山友会のリーダーの方曰く、ガレすぎててここはあかんわぁとおっしゃっていた。

奥駈道出合までは暑くて汗だくになるかとおもいきや、風があって涼しく、
歩きのペースもちょうど良かったのかうだるような暑さは感じなかった。
コンビニで買ってきた冷凍アクエリアスが程よい溶け具合でちょうど良かった。
登りは弥山まで、これ1本で間に合った。
風の爽やかさに加え、みなさん笑顔に癒されながら、和気あいあいと奥駈道出合に到着。
ここからは稜線上を小さなアップダウンを繰り返し、弁天の森を越え、
触ると雨が降ると言われる理源大師像までは快適な横移動。
稜線上も風がつねに吹いていて涼しく、虫もいない。
モスキートヘッドネットも蚊取り線香も今回は不要だ。
大師像の前は、これから登る人も、下山する人も一時休憩するポイントだ。
近くにショートカット道があり、今回、下りで使ってみたらかなりの時短になった。
正規の登山道じゃないところに道ができてしまうではないかと危惧するところだが
冬道なのか、以前から踏み跡がある。
さて、ここからは一気に弥山までの辛いつづらの登りとなるが、
大普賢岳や稲村ヶ岳方向に展望があったり、木の階段が鍵盤のように美しかったり
今回のコースの中では最も変化に富むゾーンである。
終盤の南側に展望のある開放感のあるところは、弥山に至るまでの最後の休憩スポット。
これがまた爽快な場所なので、ずっとそこに居たくなる。
そこからまた少し登って、鉄階段が出てくれば弥山小屋はすぐそばだ。
八経ヶ岳ピークまで行く余力はあったが、あいにく空は曇りでガスっており、
しばらく展望は望めない状況だったため、少し早いが先にお昼にすることになった。
午後からは晴れの予想なので展望が期待できそうである。
水分だけで2リットル持参したので重く、お昼はナッツ類とドライフーズ系で
軽量化してみたものの、カメラや快適グッズだらけでザックがやたらと重い。
それでもステイさんのザックの重さの比ではない。

山で凝った美味しい食事というとヤマレコのステイゴールドさん無しには語れない。
ステイ飯、ステイ鍋はレコでもすっかり有名で、
今回はなんと!参加表明者十数人全員分をボッカして振る舞ってくださった。
ザック重量は約20kgは相当な重さで、オスプレーケストレル38が悲鳴を上げていた。
少しは期待していたが、基本的には自分で持参の食事がメインかなと思っていたら、
まさかの次から次へと、3品、4品・・・続々と美味しいものばかり。
ケークサレ、ミートローフ、カルツォーネ、ピッツア、などなど。
イトコのみねごんからも手作りパン、手作りカレーに手作りカップケーキまで。
ご馳走になったものだけですっかりお腹いっぱいになった。
ステイさん、みねごん、事前準備からボッカまで本当にありがとうございました。
食事後は2kg程度しか軽くならなかったみたい。
先発で明星ヶ岳に行って戻ってこられたコテツさんも合流。
後発には金剛山自然を守る会の方が7名登ってこられて先に八経ヶ岳へ行かれた。
他にも面識が無いがヤマレコの方多数。
そうこうしていると、ココペリさんが大勢で登って来られた。
炉端山友会でタチクラ尾からだとかで、一旦お別れしたものの下山時でも再会。
ゆっくりと食事タイムを楽しんた後にはガスが吹っ切れて晴天の兆し。
弥山から八経ヶ岳がクッキリスッキリ眺められた。
さて、いよいよ近畿地方最高峰の八経ヶ岳へ。
未踏だというヤマレコのしーさんが終始感激されていたのが印象的だった。
こっちまでもらい泣き、うれし泣き、いや泣いてないか。
今回のお目当てのオオヤマレンゲは、
蕾あり、咲いてるのあり、咲ききったのあり、枯れたのありで、
一斉に咲いて、一斉に枯れるって事が無いのが不思議で、
まるで花言葉の「変わらぬ永遠の愛」のように尽きることがないように思えた?!
他にもカラマツソウやナルコユリなども発見。
八経ヶ岳ピークもクッキリスッキリ展望抜群、時間差もあってハイカー渋滞無し。
過去に何度も来ているが、こんなに展望があったのは今回でたったの二度目くらいだ。
弥山まで戻ると金剛山自然を守る会の方がまだいらっしゃったので一緒に下山。
総勢14名のパーティーとなった。
ハイカーでごった返しの登山になるのではという最悪の想定をしておいたので、
ぜんぜんそんなこと無かったという落差もあって、終始快適で楽しい一日を過ごせた。
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました。

そういえば奥駈道出合からの下山で不思議な謎の動きするハイカー3名と遭遇。
あれはもしや未来人だったのでは・・。(@@;
目撃した僕とkote2さんの二人だけの秘密だ。

<今回行動を共にしたメンバー>
 ステイゴールドさん(ヤマレコ)
 ぽぉさん(ヤマレコ)
 しーさん(ヤマレコ)
 レンマルさん(ヤマレコ)
 みねごん
 コテツさん(ヤマレコ)

その他の写真は以下より。
20160703-1.jpg

20160703-2.jpg
山と高原地図2015年版+GARMIN GPSログ

20160703-3.jpg
行者還トンネル西口(通称:トン西)にて

20160703-4.jpg
三角橋は大きくナナメに傾いているとか(自分は渡渉したので渡っていない)

20160703-5.jpg
鉄ハシゴが付けられていた

20160703-6.jpg
風があって爽やかな登り出し

20160703-7.jpg

20160703-8.jpg
天気は上々

20160703-9.jpg

20160703-10.jpg
ヒメシャラの木は夏でもひんやり冷たい

20160703-11.jpg

20160703-12.jpg

20160703-13.jpg

20160703-14.jpg
下山は要注意なコースである

20160703-15.jpg

20160703-16.jpg
まもなく奥駈道出合

20160703-23.jpg
奥駈道出合

20160703-17.jpg

20160703-18.jpg
奥駈道出合にて

20160703-19.jpg

20160703-20.jpg
レンマルさんのカスタムひこにゃん
(この日、DCTさんからいただいたひこにゃんを持っている人は持参のこと、だった)

20160703-21.jpg
みねごんのひこ殿はお尻がカワイイ

20160703-22.jpg
キバラーのひこラーにはハエがたかってるやん!(≧∇≦)んまに。。

20160703-24.jpg
しーさんのひこ・・・アレ?

20160703-25.jpg

20160703-27.jpg
弁天の森の三角点

20160703-28.jpg
今日来れなくて残念だった主催者のko-yaさんの身代わりコーヤくん(by みねごん)

20160703-29.jpg

20160703-30.jpg
ミドリの保護色で同化モードのしーさん

20160703-31.jpg
触れると雨が降る理源大師像

20160703-33.jpg

20160703-34.jpg

20160703-35.jpg

20160703-36.jpg
木の階段を駆け上がるレンマルさん

20160703-37.jpg
ステイゴールドさん、20kgの歩荷、ありがとうございます

20160703-38.jpg

20160703-39.jpg

20160703-40.jpg

20160703-41.jpg

20160703-42.jpg

20160703-43.jpg
弥山小屋に到着

20160703-44.jpg
弥山

20160703-46.jpg
お昼は超豪華な「ステイ飯」をいただいた

20160703-45.jpg
ケークサレ

20160703-47.jpg
ミートローフ(後から来られる後発組さんの分も合わせるとミートローフだけで1kg)

20160703-49.jpg
皿までご用意いただき、何から何までありがとうございます

20160703-48.jpg
みねごん手作りパン、手作りぶどうパン、手作りカレー、手作りカップケーキ

20160703-50.jpg
カルツォーネ

20160703-52.jpg

20160703-51.jpg
ピッツア

20160703-54.jpg
弥山小屋のまわりはハイカーでいっぱい

20160703-56.jpg
弥山から眺める八経ヶ岳

20160703-55.jpg
スーパーズームで八経ヶ岳の山頂を狙うと・・(実際はもっと寄れる)

20160703-57.jpg
さらに寄ってみた

20160703-58.jpg
しーさん、いよいよ未踏の八経ヶ岳へ

20160703-60.jpg
空は青空へ

20160703-62.jpg
しーさん、ついに八経ヶ岳初登頂!

20160703-63.jpg
弥山を振り返る展望

20160703-64.jpg
弥山小屋にスーパーズーム

20160703-66.jpg
さらにズーム

20160703-65.jpg
弥山神社をスーパーズーム あっ!

20160703-67.jpg
明星ヶ岳を望むみねごん

20160703-78.jpg
釈迦ヶ岳をスーパーズーム

20160703-68.jpg
八経ヶ岳の錫杖(しゃくじょう)

20160703-69.jpg

20160703-70.jpg
オオヤマレンゲ

20160703-71.jpg
オオナルコユリ

20160703-72.jpg
みねごんのコーヤくん

20160703-73.jpg
国見八方覗にて

20160703-74.jpg

20160703-75.jpg

20160703-76.jpg

20160703-77.jpg
その場に居る人が集まって(弁天の森にて)
Check [ 2016/07/06 21:53 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(22)
キバラーさん、こんばんは。
当日はご一緒して頂いた上に、またも私のような不細工な題材を
映像に収めて頂き恐縮するばかりでございます。
(キバラーさんのブログのファンの方、ホントにスミマセン)
でも、ところどころ入っている私の感激の言葉が自分でも嬉しいです。
当日はいろんなお話が出来て、ホントに楽しかったです。
またいろんなことを教えて下さい。ありがとうございました。
[ 2016/07/06 22:34 ] [ 編集 ]
キバラーさん(^^)
ぽぉから話を聞いたまんまの楽しい動画でした(*≧艸≦) 梅雨の中、お天気も良くその上、風あり虫なしの快適な山行。そうそうないですよね。
楽しみにしていた30倍ズーム!
びっくりしました(^^) あんなにくっきりお釈迦様が見えるなんて(≧∇≦)ひこラーのハエやrenmaruさんの階段ダッシュ。しーさんの八経ヶ岳制覇、ステイ飯やみねちゃん手作りランチどれもこれも笑顔満載で美味しそうで指くわえて見ましたよ(笑)オオヤマレンゲもたくさんの顔で出迎えてくれて来シーズンは私も会いに行こうと思います(^^)
お疲れ様でした(≧▽≦)ゞ
あっ、下山時の不思議な動きをする3名のハイカー、私も会えるかな……気になる(笑)

[ 2016/07/06 23:00 ] [ 編集 ]
先日はお疲れさまでした!
階段ダッシュ、唐突に走り出したのにバッチリ抑えてあったとは驚きでした。
動画編集お疲れさまです。
自分も一時期ちょっと動画作成に挑戦したことがあったんですが、難しさや手間がかかって挫折したのですごさがわかります!

次回ご一緒できる機会があれば、もうちょっと動画的にいい動きをしようと思います(笑)
[ 2016/07/06 23:32 ] [ 編集 ]
キバラーさん おはようございます♪

皆さんのおかげで楽しい山行になりました^^
主役は「オオヤマレンゲ」のはずなのに、stay飯をほめていただくので
かえって恐縮しております。
でもstay飯は、皆さんのおいしいというひとことで嬉しいもの。
準備や歩荷のしんどさもぶっ飛びます(笑)
stay飯の引き出しはまだまだありますので
次にご一緒できる機会がありましたら、ゴチソウさせてください。

ありがとうございました。
[ 2016/07/07 07:11 ] [ 編集 ]
この日は金剛山へ行きました。キバラーさんに会えるかなと思いメールしたのですが、大峰山でしたか。

大峰山といえば、15年ほど前、トンネル横から30分ほど登ったところで、10mの至近距離で熊に会い、しぬかと思いました。急坂を登っていたら、後ろからバキッという太い枝が折れる音がして、なんだろうと振り返ったら、熊がこちらを向いて今にも襲いかかりそうな格好をしていた。これは戦うしかないと、こちらも身構え、大きく見せようと腕をゆっくり上げていったら、熊は一目散で下へ逃げていきました。木の上に熊がいるのに気付かず、真下を歩いてしまっていた。あのとき真上から襲われていたらしんでいただろう。
あれ?これ以前にも書いたかもしれない。(笑)
[ 2016/07/07 11:37 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした!
これまででいちばん標高の高い山ということもあって感激ひとしおだったことでしょうね。
私も八経ヶ岳初登頂のときはうれしかったのを覚えています。
百名山云々より、近畿地方最高峰という響きがね!
しーさんの爽やかで嬉しそうな表情は観ている私まで元気がもらえました。
梅雨の晴れ間なのに暑すぎず虫も居ない最高のコンディションで良かったです。
またよろしくお願いいたします。

[ 2016/07/07 20:40 ] [ 編集 ]
今回はご一緒できず残念でした。
レンさんの苦手な暑さも、苦手な虫も居なかったのに~。
長い動画をご覧いただきありがとうございます。(≧∇≦)
オオヤマレンゲ、まだ今シーズン大丈夫ですよ?
下山時遭遇のハイカーさんの事を話すと長くなりますよ~。
想像を絶しますよ。
[ 2016/07/07 20:41 ] [ 編集 ]
レンマルさんって漢字だったのですね!(≧∇≦)
階段ダッシュはサマになっていてかっこよかったです。
ダッシュされるイメージが無かったものですから。(^^ゞ
あれから連日の月・火・水も山登りですか?
えええ、何者なんですかぁ?未来人?
動画編集はたいへんですね。。
撮影したのに編集する余力がなくてやめたことも多々あります。
いちど演出の注文を付けて撮ってみたいです。
自然のまま撮るのはたいへんです。。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
[ 2016/07/07 20:41 ] [ 編集 ]
こんばんは
先日はたいへんお世話になりました!
今回は人数も多いことですし、まさかと思いましたが、あんなにもたくさんの種類の食べたことのないようなご馳走をありがとうございました。
レコではよく拝見しておりましたが、あまりにも本格的で驚きました。
キャンプならともかく、山登りであの内容を手際よくですからスゴすぎです。
前準備もたいへんだったと思います。
ステイさんとご一緒するとなるとステイ飯をアテにしてると思われそうで、何か釣り合いの取れるレベルのものを考えてしまいます。
それでもまたお誘いいただければ喜んで!(≧∇≦)
[ 2016/07/07 20:41 ] [ 編集 ]
先日ははるばる滋賀県から私のホームグラウンドまでお越しいただいたのにお会いできず残念です。
FLATさんのクマとの遭遇率は高いですね。
比良でも最近遭遇されてらっしゃいましたね。
大峰もずいぶん歩き倒しましたが熊を見かけたことがありません。
鹿とカモシカだけです。
木の上に熊が居るであろうなんて普通は想像しないですね。
最近ではタチクラ尾でそれらしい痕跡の報告が多数ありました。
[ 2016/07/07 20:42 ] [ 編集 ]
当日は、本当にありがとうございました!
オオヤマレンゲも、stay飯も、近畿最高峰も楽しみだったけど
わたしは、「ミスター金剛山」が3人もご一緒!というのに、
テンション上がりまくってました( *´艸`)
色んなお話聞けて、嬉しかったです。
こんなメンバーで登れるなんて、機会を作ってくれた
園田さん、なおさん、こーやさん←!に、感謝です♡
次回…があれば、必ずやれんと一緒に参加したい!!
よろしくお願いしますヽ(・∀・)丿
[ 2016/07/07 21:43 ] [ 編集 ]
日曜は天候にも恵まれて良かったですね!

皆さんとご一緒でき楽しかったです!(*^▽^*)
八経ヶ岳からの展望に、天女花、ザstay飯に…
書ききれないバラエティに富んだ
フルコースでお腹いっぱいでした♪

30倍ズームのお釈迦様、
私も感動(ノ・ω・)ノオオオォォォ-でしたよ!
登ってきた山を眺める喜びもひとしおです。

ハイカーさんが多く、撮影大変なのではと思いきや
すかさず、いい表情を逃さずですね!

皆さんと記念の山行がまたひとつ増え嬉しいです。
ありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
[ 2016/07/07 22:37 ] [ 編集 ]
キバラーさん、動画アップお疲れ様です。
あの未来人たちの事はトップシークレットですよ!
あまり口外すると、きっと何かヤバいことが・・・
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まあ、それはともかく(笑)楽しい山行でした。
またご一緒できる日を楽しみにしております(`・ω・´)
[ 2016/07/07 22:39 ] [ 編集 ]
賑やかで愉しそうな山行ですね。
ヤマレコでよく拝見するメンバーさんがずらり。
飯もメンバーも豪華絢爛ですね。
30倍ズームの威力はすごいですね。
[ 2016/07/08 17:19 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんにちは。
豪華メンバーで、オオヤマレンゲに弥山・八経ヶ岳、お楽しみですね。体調不良なら致しかたありませんが、ko-yaさんは残念でした。
(しかしまぁ、にゃんが多いこと、。)
そうそ、また「山でお逢い」しましょう、皆さんで!
[ 2016/07/08 19:40 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした!
グループで登ると長いルートも疲れ知らずですね。
ミスター金剛山?え?だれ?
こんなに展望があった八経ヶ岳は初めてかもです。
忘れているだけかもです。(^^ゞ
おかげさまで楽しい山行きになりました。
ko-yaさん残念でした。
体調が心配ですが。
[ 2016/07/08 21:26 ] [ 編集 ]
天気は土曜日のほうが良い予報だったので、
多少の雨、多少の虫、ピークからは展望なし、というのがお決まりだと思っていたら予想通り予想は外れました。
期待したいことの逆の最悪の場合を想定しておくと、たいていの場合、ちょっとマシだったり予想に反転してかなり良かったり。
ザ・ステイ飯は想像以上でした。
良いショットなのに、他のハイカーさんの顔が写り込んで泣く泣くカットしたシーンも多いです。
モザイクかけるの嫌いなので。
また楽しいグループ登山ができると良いですね~。
[ 2016/07/08 21:27 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした。
明星ヶ岳ピストン後なのに再び3度目の八経は展望が見れて良かったですね。
kote2さんのブログの方、いつもながらめちゃ面白かったです。
まさか未来人が写真の中に..。これ以上口外すると身が危険ですね。
でもあれはどう考えても不思議体験でした。
こちらこそまたご一緒できる機会を楽しみにしております!
[ 2016/07/08 21:27 ] [ 編集 ]
今回はなかなかパーフェクトな八経ヶ岳でした。
登山好人さんのレコにもいつもお馴染みの方が登場するので安心感があります。
シリーズモノみたいですね。
30倍ズームは望遠鏡代わりになることが多々あります。
肉眼で判別不能な物体があったときにはとても役立っています。
そろそろどこかの山で登山好人さんに会えそうな気がしてるんですが。
狙っているところがよく似てるんです。
[ 2016/07/08 21:28 ] [ 編集 ]
ひこにゃんは申し合わせは無かったのですが、念のために付けていったらみなさん持参されていたんです。
天候にも花にも恵まれて八経ヶ岳全部入りツアーになりました。
DCTさんとは一週間違いでしたね。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。
[ 2016/07/08 21:30 ] [ 編集 ]
近畿最高峰で百名山の八経は人気のお山ですが、この季節はオオヤマレンゲと相まって大変な賑わいですね。
オオヤマレンゲは時間差で次々と咲くようですが、最盛期のいいタイミングで登られたようでお花も綺麗です!
あの細い道でゆっくり撮るのは難しかったでしょう・・・(^^ゞ
山頂の展望も見られて、良かったですね。
たくさんのお仲間に囲まれて、さすがに人気者のキバラーさん!
お疲れさまでした(^O^)/
[ 2016/07/11 06:24 ] [ 編集 ]
SACHIさま

おはようございます
オオヤマレンゲ、金剛山で見たのと変わりませんでした。(^^ゞ
でも、最盛期なのに立ち止まって観察しているハイカーはほとんど居ませんでしたよ。
何度も八経ヶ岳に登っていますが、展望があることは稀でした。
あの日はすべてにおいて恵まれていました。

八経はホームグラウンドから最も近い百名山。
日出ヶ岳にしても百名山は人気ですよね。
ピークはハテナ?でも途中の過程が素晴らしい山は百名山でなくてもたくさんあるので、そういう山こそ発掘していきたいです。
[ 2016/07/12 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ