生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

GARMIN社 『OREGON 600』(英語版)  

20160622-1.jpg
GARMIN 「OREGON 600

GARMIN社「eTrex20x(英語版)」を日本語化させ、
OSMマップ等の複数の地図データを1枚のmicroSDカードに入れて使用している。
画面が小さいことや、スクロールが重いことなどの欠点を差し引いても
電池の持ちは良いし、本体は小さく軽いし、反射型液晶のため
日中の晴天下でも視認できるなど実用的で頼りになり、
未踏の山や未踏ルートを歩く時は欠かせない道具である。
今日は知った山なのでGPSは要らないだろうと思っていても、
気が変わって突然ルート変更したりするときには無いと困る。
紙地図では持ってきた範囲を越えてしまうとどうしようもないが、
データであれば日本全国を詳細にカバーしている点でももはや必携。

先日、山の先輩と山談義をしていると、ある山の会では
同GARMIN社のOREGONシリーズが流行っていると聞いた。
OREGONというと、画面が大きくてスマホライクなタッチ操作のできるモデルだ。
まず、価格が高そうだし、(旧モデルは)感圧式(だった)ではスマホほどの
スムーズなタッチ操作は期待できなさそうだし、操作していないときも画面がどこか
接触することで誤動作してしまいそうで、そうなると電池の消耗も早そうだ。
そんなものが果たしてシビアなフィールドで実用的なのだろうか?
GARMIN社がアウトドア用に作っているモデルなんだから大丈夫だろう。
旧モデルのOREGON550までは画面が感圧式だったものが
OREGON 600/650になって静電式に変わり、処理速度や補足速度も向上し、
知らないうちにかなり良くなっていたようだ。
「今、OREGONが流行ってるみたいだよ」っていう情報。
これは自分にとっての何らかのヒントであり気づきかもしれないぞ。
日常なにげなく聞き流す言葉や、目にする情報の中に、
これから進むべく方向の重要なヒントが隠されていた、
という経験はこれまでも多々あった。
人生はアドベンチャーゲームだ。
この先ずっとOREGONシリーズというアイテムを知らないままでよいのか?
と思ったものの、きっと高くて買えないと思うけどいちおう価格を調べてみた。

正規日本語版では「OREGON 650TC2J」が最新で、本体は税別9万円。
山と高原地図の登山道も描かれているTOPO10Mplus V3地形図データは別売で
それも含めると10万円越えコースだ。
庶民の経済感覚ではありえない額で、スマホ一括払い並みに高価だ。
スマホでもそれなりの働きをしてくれるが、iPhoneだと寒さに弱いし晴天だと画面が見づらい。
電池の持ちもイマイチで、何かとデリケートな存在なのはたしか。
それに比べてGPS専用機はアウトドアで使うための実用性重視の頑丈な道具だ。
スマホと違ってモデルチェンジの影響をあまり受けずに長年使える。
だからって10万円も出せないよね。。
日本専用モデルだけがガラパゴス化され、高価な正規日本語版本体を買わないと
JAPAN TOPO10M地図などは動作しないようにロックされている。
世界共通モデルは、日本語以外の多国語に対応していて自由度が高い。
なんで日本版だけそんな特別なことをしてしまうのだろうと疑問を呈しているサイトは多い。
これらの製品だけに限らず、世の中、日本だけガラパゴスなことって多いよなぁ。
ってことで、世界共通版(英語版)だと1/3ほどの価格で買えた。
今回、どういう経路で調達したかについては後述するとして、
まず「OREGON 600」になって何が良くなったか?

 ・画面が大きく広い~(^^)v
 ・想像していた以上に静電タッチ操作はスムーズで快適!
 ・あらゆる操作がeTrexに比べてクイックレスポンスで処理が速くてストレスフリー!


他にもいろいろ細かい点でもeTrexよりも高機能であった。
電池の持ちは、10年前に購入してまだ現役のGPSmap64CSxJと同等スペックなので、
エネループ・プロを使えば朝から晩までの日帰り登山でも持ちそうだ。
もしも電池切れになりそうな場合、モバイルバッテリーを使うことで
なんと!ミニUSB端子からの充電が可能。
そしてさらに驚くべきことに、薄手であれば手袋をしたままでもなぜか操作できる!(^^)/
(スマホ対応手袋でなくても良い)

Bluetooth搭載で、スマホからメールやLINEの着信も受けれて、
クアッドヘリカルアンテナ搭載で高感度な「GPSmap64S(英語版)」と迷ったが、
画面の大きさや操作の快適さから、OREGONにして良かったかな。
どっちも欲しいけどどっちかしか使わないに決まってる。(^^ゞ

もし、本体にトラブルがあった場合のバックアップ(本体の予備)として、
スマホ(iPhone)にはカシミール3Dでお馴染みでオフラインでも使用できる
「スーパー地形」(機能制限解除960円)を入れておくと完璧。
※「スーパー地形」はiPhone版のみ

1枚のmicroSDカード(16GB)に以下3種の地図を同居させている。
 1)日本高精密地形図(TKA地図) ※2016年6月版
 2)OSM(OpenStreetMap Japan) ※2016年6月版
 測量士こばちゃんの金剛山登山道入り
 3)TOPO10Mplus V2のようなもの

20160622-5.jpg 20160622-4.jpg
日本高精密地形図(TKA地図) ※2016年6月版(ベクター形式)  ※右は陰影表示
もちろんもっと拡大できる

20160622-9.jpg 20160622-2.jpg
拡大してみた ※さらにあと3段階拡大できる
※右はOSM(OpenStreetMap Japan) ※2016年6月版(ベクター形式) 測量士こばちゃんの金剛山登山道入り

20160622-3.jpg 20160622-7.jpg
JAPAN TOPO10Mplus V2のようなもの(ベクター形式)  ※赤線はヤマコー実線登山道
もちろんグロナス(GLONASS)対応 ※捕捉開始直後なので誤差18mとなっている(^^ゞ

20160622-10.jpg

今回の調達方法について

英語版(世界共通版)ではいくらか?
まず、OREGON 650という上位機の英語版も存在するが、オマケ的なデジカメ機能を省略し、
本体メモリを少し減らしただけで、その他は同じスペックのOREGON 600というモデルが
英語版のみに存在することがわかった。

ネット通販はなんでもかんでもヤマゾンが安いという思ったら大間違いだ。
カメラ関係でも最近はリアル店舗がヤマゾンより安いことなどよくある。
送料・税込みで最短当日や翌日に届く便利さは良いんだけどね。
いろいろあって最近ではほとんど利用しなくなった。。
ハッキリ言おう、外資系はなにもかもだれもかもキライやねん。(≧▽≦)

日本ヤマゾン:OREGON 600(英語版)=43,515円(税・送料込) 2016.6現在
米国ヤマゾン:OREGON 600(英語版)=36,391円(関税・送料込) 2016.6現在
      (内訳:本体32,919円+776円(送料)+関税デポジット2,696円)

最安値は米国ヤマゾンの36,391円で十分安いが、
海外製品が安く買えるスペインの海外通販サイト「Trekkinn」だとさらにさらに安くて、
Trekkinn:OREGON 600(英語版)=30,438円!
送料込みで31,284円+関税・手数料1,500円=32,784円となった。

米国ヤマゾンだと(日本で高く売ってる販売代理店との紳士協定で?)
日本にはシッピングできない(送れない)という商品であってもTrekkinnならば買えたりする。

Trekkinnを利用するにはちょっとひと癖あって、
配送にDHL(宅配)を使うと必ず関税がかかって送料も高い。(到着の速さならこちら)
配送にEMS(郵便)を使うと運が悪ければ(抜き打ち検査に当たれば)関税がかかるとか?!

たとえ関税・手数料がかかっても到着を気長に待てるのであればTrekkinnが安い。
 注:買う物の種別・材質・大きさによって関税や送料が異なる。
 注:DHLでないと扱えない商品もある。
ってことで運悪く関税がかかってしまい、
EMS(郵便)なので注文してから到着まで半月もかかってしまった。

その後、懲りずに最新鋭のトレッキングポールもEMS経由で注文中。
撮影をほとんど行わない下山時に膝をいたわるためにも必要になったので。

ちなみに・・・
クレジットカード決済だとカード番号が海外の知らない店に知られてしまったりして不安だろう。
そこで、安全な取り引きができるPayPalにクレジットカード番号を登録しておくと良い。
TrekkinnはPayPalで決済できるのだ。
オレゴン買われましたか、、、
僕も買おうかな、、、
ポチッちゃお〜かな、、、

輸入関係は、5倍位の価格差があったりしますね、、、

TPPには反対ですが、個人輸入は頻繁にしますw
結局は、送料と関税で安い物を買いますね。
日本の技術を高く売ろうは、ありえないと思います。結局は、ヤフオク同様に送料競争です。そんなもので経済成長はしません(笑)

話はそれましたが、羨ましいです、、、

オレゴン900とか1200とか、ぶっちぎりスペックないのかな、、、

[ 2016/06/23 23:31 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/24 11:59 ] [ 編集 ]
記事アップすぐのコメントありがとうございます。
OREGON、立ち上がってしまったらいつものヤツって感じなのですが、操作は快適です。
画面の広さもスマホと勘違いするくらいです。
電池の持ちだけが心配ですが、これから検証していきたいです。
ほんとはGPSmap64sが欲しかったんでしたが、タッチ操作になれるとこっちのほうが便利かも。
パッチアンテナの感度がeTrex相当なら大きく重いだけなのはどうかなとも思います。
地図が代わり映えしないので、本体にどこまで付加価値を求めるかが買い増しするかどうかのポイントになりますね。
ほんとこんなのは何台もいらないです。。(^^ゞ
eTrex Touchなんていう変わり種も出てますよ。
画面のもっとでっかいモンタナっていうのもありますが、グロナスに対応してないんです。

[ 2016/06/24 20:52 ] [ 編集 ]
僕も同じGPSです(^_^;)
スマホ感覚で使えますからいいですよね。
以前は僕も60Csxを持っていましたがスクロールが
かなりモタついて十字キーで行きすぎたときは戻るのも
モタついて面倒なのでログ取り専用機となっていましたが
Oregonに変えてからはストレスフリーです。

エネループプロだったっけ?(黒い電池)を使用してますが
あまり長時間歩くことは少ないですがログ間隔30秒に設定で
夏場だと8時間くらいで残り2つほど残っている時が多いです。
(見ない時は画面消灯してます)
マップ見ない時は右下のキーに長押しで画面消せるように
設定してます。

厳冬期の八ヶ岳・大峰でも電池の消耗はあまり気にならないほど
でしたよ。iPhoneは氷点下なのに「高温注意」と表示され
下山後に車に戻ってもしばらくは電源入れれませんでした(笑)

[ 2016/06/25 01:46 ] [ 編集 ]
オレゴンの情報を検索していたら、上位に登山好人さんの記事がヒットしましたよ。(^^)
2年ほども前に購入されたのですね。
あれから新モデルが出ることもなく現行モデルですね。
おっしゃるとおりeTrexでもスクロールする気になれないもっさり動作でした。
あらかじめGPSで目的地の地形図や登山道を確認することはなかったので、現地に行ってみて初めてヤマコーには無いいろんな登山道の線があって驚くこともありました。
これからは事前に画面で確認することもストレス無くできるので便利になりました。
画面を消しておくとログは取りながら節約になるのですね。
まだオレゴンを連れ出すような山に行けてないので早く試してみたいです。

[ 2016/06/25 21:09 ] [ 編集 ]
またまたニアミスでしたか。
寺谷はほとんど登り専用で下ったことは数えるほどです。
それくらいの時間だったので、お会いできなかったのが不思議なくらいです。
懐かしい曲ですね。。私と同じ世代です。(^^ゞ
スマホもお持ちでないのならGPSはお持ちになられたほうが良いです。
読図できる方ならたいへん便利なツールです。
[ 2016/06/25 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ