生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第456回 (2016.6.5) + へっぽこ登山(コラボ) 

20160605-00.jpg
金剛山頂にて
※キバラー、ari38さん、SONONAOさん、へっぽこNAOさん、みねごん、うっちぃさん、へっぽこHIROYUKIさん

【動画編】


へっぽこ登山さんと行く、金剛山

【ルート】
 登り:もみじ谷本流ルート
 下山:サネ尾ルート


地元関西のメジャーな低山を中心に、これから山登りを始めたいと考えている方にもわかりやすく、
ゆる~く案内されてらっしゃる動画「へっぽこ登山」。
まるでテレビ番組のシリーズものを観ているかのような一貫したスタイルで作られているのに共感し、
ぜひ一度ご一緒してみたいなぁと思っていたところ、今回、ついに実現することになった。(^^)
当日は梅雨入りが発表されるなど前夜からあいにくの雨。
時間をずらせば雨は上がる方向で、雨でも大丈夫そうなルートで決行しましょうと言っていただき、
当初スタート予定より2時間半遅らせ、ルートを妙見谷から水越側のもみじ谷ルートへと変更。
金剛山程度の低山であれば雨の直後でもたいして増水することは無いし、
実際、妙見谷を登っている最中にゲリラ豪雨に出遭ったことがあるが普段とさほど変わらず。
ただし、まるでゴルジュのようになった深く掘れた沢を遡行中に、
斜面が崩れるなど想定外のこともありえるだろうし、
初めての方をお連れするのに何かあってはいけないとの判断もあって、
でツツジオ谷ルートかもみじ谷へ変更するという候補の中で
ツツジオ谷だとすぐに終わってしまって歩きごたえもないのでもみじ谷ルートにしましょうとなった。

9:50頃、水越峠のゲートに近づいてくるとパトカーが止まっており、
奈良県警の警察官から、水越峠に車を停めたまま金剛山に出かけたまま昨日から帰らないという
78歳男性を探しているので、何か発見したら知らせてほしいとのこと。
その時点では登山経験、回数などが不明であったのでコースの察しがつかない。
ちょうど我々は一般ルートじゃないところを歩く予定だったので発見につながればと思った。

水越側から登る数あるルートの中でも人気で比較的安全な「もみじ谷ルート」へ。
沢の清涼感はもちろん、行く手を阻むかのような第五堰堤や、
開放感抜群のV字ゾーン、厳冬期には氷爆ができる第六堰堤などが見どころ。
最後の詰めは、滑めの滝を越えて行く旧本流ルートへ案内したいところではあったが、
終盤のブッシュが雨のしずくで濡れており、そんなものに撫でられるとびしょ濡れだ。
ということで、定番の急登激登りコースにて山頂へ。
このルートはもちろん初めてのへっぽこさんたちにはどのように映っただろうか。

山頂到着は12:40で、一同、すっかり腹ペコペコモードであったが、
捺印を済ませ、広場での13時ライブカメラでの時計台ポーズまでお付き合いただいた。
その後、先を競うかのように香楠荘に向かって突進したような気がする。(^^ゞ
香楠荘の蕎路坊メニューは変わらずだった。(冷やし月見山かけ蕎麦の一択)
たしか今月いっぱいまでだったかな。
往路、山頂までは曇り空に霧雨混じりだったが、長めの休憩の後、
香楠荘を出ると天気はスッキリ回復しており、ガスが吹っ切れて空気が澄みきっていた。
下山は緩やかで歩きやすいルートが希望とのことなので、
山頂付近からであれば大日岳、太尾塞経由のガンドガコバルートであったが、
ちはや園地付近からなので取り付きが近いがやや遠回りなダイトレにて。
郵便道の取り付きを過ぎ、下りへと転じる階段の手前の分岐に来たところで、
遭難者の事がふと頭をよぎり、サネ尾から下山したい提案を快く?承諾していただいた。(^^ゞ
サネ尾ルートは久しぶりで、超激下りで登り専用的なイメージはあったが、
ひとり静かに歩きたいとき、カヤンボ谷ルートで登って、
サネ尾で下りるのがマニアックなルートではある。
実際、過去には登りよりも下りで使った回数のほうが多い。
どれくらいの激下りかなぁと忘れてたけど、けっこうな激下りっぷりだった。(^^ゞ
金剛山3大急登(中尾の背、石ブテ47番、サネ尾)の一つだもんなぁ。
石ブテ47番なんか、登っていて急登すぎて靴が脱げたことがあったなぁ。(≧▽≦)
久しぶりのサネ尾は、以前にはなかったロープが多数取り付けられていた。
ヘっぽこさんたちには少々刺激が強すぎたみたいですみません。(^^ゞ
こんな日にこんなルートを歩く人はさすがに居ないだろうなぁと思っていたら、
沢への着地寸前で、後ろから単独男性1名下りて来られた。
炉端山友会のSHOさんで、やはり遭難者が気になってこのルートを選んだとのこと。
結局発見には至らなかったが、あと、カヤンボ谷や狼谷ルートが気になった。

遭難者はその後の報道から、金剛山に年数回登られる程度の方
ということがわかり、それならばむしろ一般登山道しか歩かれないだろう。
メジャールートの意外な死角にいらっしゃるかもしれない。
転滑落しそうなところを注意深く覗きこむなど意識して探してはみた。
遭難発見事例で、登山道からほとんど離れていないところで発見されるケースが多いと聞く。
例えばガンドガコバ林道(ダイトレ上)林道であっても、脇で用を足そうとして足を踏み外して
転落したとすると、対岸からでないと深くて覗き込めない箇所もあった。
あとはダイトレの旧パノラマ台から転落とか。
7日(火)の報道では未だ発見されていない。一刻も早い発見が待たれる。

ダイトレより距離的に近道したつもりがダイトレより時間がかかり、
駐車地には18時すぎに到着し下山完了となった。
日没が早い秋・冬であれば完全に暗闇になっている時間である。
およそ9時間にも及ぶへっぽこ夫妻さんとのコラボ登山、あっという間に一日が終わった。
このたびはご一緒していただきありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20160605-2.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPS軌跡

20160605-10.jpg
小雨降る中、駐車場から水越峠に向けて移動

20160605-12.jpg
葛城山を望む。まもなく雨が上がりそうだ。

20160605-11.jpg
ガンドカコバ林道(ダイトレ)を行く

20160605-13.jpg
へっぽこ夫妻さんとのコラボ登山

20160605-14.jpg

20160605-15.jpg

20160605-16.jpg
越口にて

20160605-17.jpg
ウツギを撮るみなさん  紅ウツギも見かけた

20160605-18.jpg
カヤンボにて  橋を渡るとダイトレ継続

20160605-19.jpg
最初の渡渉を越えてもみじ谷本流ルートを目指す

20160605-21.jpg

20160605-22.jpg

20160605-23.jpg

20160605-25.jpg

20160605-26.jpg
清涼感たっぷりルート

20160605-27.jpg

20160605-28.jpg

20160605-29.jpg
まだ新緑が美しい

20160605-30.jpg

20160605-31.jpg

20160605-32.jpg
第五堰堤にて

20160605-33.jpg
へっぽこ登山のHIROYUKIさんとNAOさん

20160605-34.jpg

20160605-35.jpg

20160605-36.jpg

20160605-37.jpg

20160605-38.jpg
もみじ谷の見どころの一つ、Vゾーン

20160605-39.jpg

20160605-40.jpg

20160605-41.jpg
第六堰堤とSONONAOさん

20160605-42.jpg

20160605-43.jpg
右へ行くと急登を経て山頂 左へ行くと滑めの滝とブッシュの旧本流

20160605-45.jpg

20160605-46.jpg

20160605-47.jpg
転法輪寺境内

20160605-48.jpg
捺印所のアイドル「西田さん」が、CO-OPの「ステーション」7月号に載るとか。

20160605-49.jpg
ゲラ刷り原稿より(まだ発刊前)

20160605-50.jpg
山頂広場にて13時のライブカメラ撮影待ち記念写真のひとコマ

20160605-51.jpg

20160605-52.jpg

20160605-53.jpg

20160605-54.jpg
香楠荘で昼食後のコーヒーブレイクは、みねごん特製カップケーキ・他

20160605-55.jpg
笑ってしまうほど激下りのサネ尾根で下山

20160605-56.jpg

20160605-57.jpg
越口まで帰ってきた

20160605-58.jpg
空気が澄んでいて遠くまで見渡せた
みなさんお疲れまさでした。
HIROYUKIです。

雨上がりの金剛山、とても気持ちの良い登山でした。
キバラーさん、うっちぃさん、みねごんさん、ナオさん、アリさん皆さんとても優しく
私たちのペースに合わせて頂きました。

NAOもみなさんと登れたことをとても喜んでました。
金剛山はとても良い山ですね。
下山のルートは初めて聞くコースでした。
ご一緒でなければ歩くことがなかったと思います。

また定期的にご一緒出来ればと思っています。
よろしくお願いします。
[ 2016/06/08 20:09 ] [ 編集 ]
先日はありがとうございました!
雨上がりのジメジメしたコンディションでしたが、
ほんまもんのへっぽこNAOさん、HIROYUKIさんに会うことができて、みなさんテンションMAXで、あっという間の楽しいひとときでした。
イメージ通り、いやそれ以上に素敵なお二人で、ご一緒できて良かったです。
はい、また懲りずにご一緒してください。
今回ご一緒できなかったらへっぽこ登山ファンの方もいらっしゃいますのでまたチャンスください!(≧∇≦)

[ 2016/06/08 22:16 ] [ 編集 ]
お疲れさま(^^)⤴ で、ございました。
小雨の中からのスタートでしたが、それ以上降ることも無くコラボ登山はすごく楽しかったです~(。・д・)ノ
金剛山の良いところはどんな条件でも(知ってれば、ですけど)それなりに楽しめるコースがあるってとこですね🎵毎週登山にはありがたい山ですよねぇ~(^^)(^^)⤴
へっぽこナオさん、ヒロユキさん。まさかのご近所ってのもわかりましたし、またの機会を期待(^^)⤴ と。なんか近所のスーパーとかでも会いそうで油断ならんです。
[ 2016/06/08 23:35 ] [ 編集 ]
キバラーさん (≧▽≦)ゞ
ライブカメラで皆様を発見した時は車中で大声を上げるほどびっくりしました(笑)アリさんのレコを読んでいつかな〜まだかな〜と待っていました。オープンニングがへっぽこ登山の音楽で始まったのには驚き(*≧艸≦) キバラーさんのいつもの壮大な音楽にへっぽこ登山のお二人がおられたのも不思議な感じでした(^^)
ナオさんにさくら祭りの日にへっぽこ登山を教えて頂いてから、主人と一緒に楽しく鑑賞、プレゼンにも使用させて頂いております(笑)渡渉ポイントでヒロユキさんが手を差し伸べる姿は微笑ましくもあり、羨ましくもあり(笑)撮影の舞台裏を覗けたようでした( ^ω^ )
逆にへっぽこ登山の動画がどのようになってるのかが気になりますね。
もみじ谷の美しい新緑とサネ尾の激下り、歩いてみたくなりました。
行方不明の方、大丈夫でしょうか…
気になりますね…
素敵な動画ありがとうございましたヽ(≧▽≦)ノ
[ 2016/06/09 00:11 ] [ 編集 ]
コラボ企画の動画って、どんな感じになるのかなぁ。って
ワクワクしてました(^^)
ステキなご夫婦の魅力たっぷりで、印象深い動画の1つと
なりました。
新緑のもみじ谷、とても美しい谷でしたね。
雨上がりで、より緑が映えていたのかもですね。
今回のメンバー皆様に。。ありがとう(*^^*)
[ 2016/06/09 07:43 ] [ 編集 ]
>あとはダイトレの旧パノラマ台から転落とか

私もダイトレ道か、ガンドカコバ道が可能性が高いと推察。
昨日(6/8)は下山にダイトレ道を選んで、斜面を覗き込んで
来ました。特に気になった旧パノラマ台は念入りに見ましたが、
人が落ちた形跡はありませんでした。
消防員4名もダイトレ道の脇を、笹藪かき分けながら痕跡を
探していました。早い発見を願っています。
[ 2016/06/09 14:38 ] [ 編集 ]
企画調整、おつかれさまでした(#^^#)

待ちに待った☆彡へっぽこさんご夫婦とのコラボ登山!
雨上がりでも、全く気にせず・・・
楽しい一日を過ごすことができて良かったですね♪

へっぽこさんご夫婦がホント素敵で…
テンション上がってました~( *´艸`)

山が好き!!って想いがあるからでしょうか??
自然に会話の花があちらこちらで満載だったですね!
とても貴重な時間でした(*'ω'*)
新緑のモミジ谷にも癒され…☆彡

改めて、ご一緒させていただいた皆様、有難うございました(*‘∀‘)




[ 2016/06/09 20:11 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした。
ムードメーカーのアリさんナオさんに今回もご一緒いただきありがとうございました。
当日朝まで天気が心配されましたが、なんとかギリギリ回復しましたね。
気持ちは高まっていたので、なんとか延期することなく実施できて良かったです。
大雨だとさすがに撮影すらままならなかったです。
傘は登山には邪道ですが金剛山には必須装備で、カメラも濡れずに使えます。(≧∇≦)
へっぽこナオさん、ヒロユキさんとはローカル話で盛り上がっておられましたね。
不意打ちをくらわないように、いつでも山の格好しておいてください。(^^)
[ 2016/06/09 21:37 ] [ 編集 ]
れんさん、熱烈なへっぽこ視聴者だったのですね!
HIROYUKIさんはNAOさんにとても優しくて仲睦まじかったです。(^^)
動画ご覧いただきありがとうございます。
いつもは二人三脚のお二人の撮影が、今回は大勢で編集がたいへんだと思います。
どういう仕上がりになるのか私も楽しみにしています。
次回はれんさんに必ずお声がけしますので、ぜひご参加ください。
[ 2016/06/09 21:37 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさまでした。
楽しかったですね!
この時期にもみじ谷を登る機会は無いので新緑のもみじ谷は新鮮でした。
へっぽこさんに今回ご一緒して、ヤラセなし、演出なしのリアルであることがわかりました。(≧∇≦)
ずっと見守っていきたい親近感が湧きました。
さすがに7名となると撮影は難しいです。
危うくお尻ばっかりの映像になりそうでした。(^^ゞ
[ 2016/06/09 21:37 ] [ 編集 ]
私たちが登った日の前日にもみじ谷を登ってらっしゃいましたね。
昨日8日はそこまで念入りに探されましたか。
旧パノラマ台もチェックしていただきありがとうございました。
警察犬など動員して匂いでわからないのかなと思います。
車が水越峠のゲート付近だったことから、ダイトレをまず歩いたと想像しがちですが、青崩あたりから登って、帰りに車に近いところに下山しようとされたとかは考えられなくもないなと思っています。
もし、ダイトレスタートであれば、越口を過ぎたあたりからカヤンボまでの区間の沢の中(ダイトレからは見えない箇所多数)が気になります。
金剛山で遭難も近年は珍しいですが、見つからなというのは信じがたいところです。
一刻も早く見つかってほしいです。
[ 2016/06/09 21:38 ] [ 編集 ]
先日はおつかれさま。
日程が決まってから長かったです。
天気がいちばん気になっていたけどなんとかギリギリセーフで良かったです。
へっぽこ登山動画を観ているとHIROYUKIさんがほとんど出てこないのでどんなご夫妻かなぁと思っていたんですが素敵すぎましたわ。
また機会があると良いですね。
[ 2016/06/09 21:38 ] [ 編集 ]
日曜日は、お疲れ様でした。
へっぽこ隊は、動画そのままで見惚れてしまいました。
止むのかね雨は・・・の朝、キバラーさんの時間判断で
出発を遅らせ、やがて小雨に変わり、ストクル脱いで、
下山では大阪湾の夕焼けヽ(^o^)丿
渡渉あり、急登あり、笑いあり、食べ過ぎ感ありで
めっちゃ楽しかったです。
次は、セミが鳴き始める初夏の妙見谷でしょうか。
[ 2016/06/10 12:29 ] [ 編集 ]
また週末がやってきましたね。
早いものでもう一週間。。
天気はなんとか大丈夫で良かったですね。
リアルなへっぽこ隊はいつも観てるまんまで明るく爽やかでしたね。
もみじ谷ルートお初は新鮮だったことでしょうね。
おしゃべりしながら歩いていたら、長い林道も短く感じ、楽しいひとときでした。
次は秋ごろっておっしゃってましたよ?
[ 2016/06/10 23:08 ] [ 編集 ]
最近、水越から登ることすら抵抗を感じる軟弱者の私には「凄い!」としか思えない距離です。
何処へ行かれたのでしょうね?
無事を祈ります。
[ 2016/06/12 19:30 ] [ 編集 ]
水越側からの距離は長めですね~。
今回は10km越えてました。
遭難者は残念ながら帰らぬ人となって大阪側の沢で発見されました。
[ 2016/06/13 20:36 ] [ 編集 ]
お亡くなりになられた方の、ご冥福をお祈りします。



”へっぽこ登山”さんは最近、キバラーさんのyoutube動画を見た後に、”関連”でよく出てきてたので気になってました!
面白いです!
キバラーさんのブログの常連さんが”へっぽこ”さんの動画に出演されているのが面白い(笑)
ちゅーか!へっぽこさんの動画の方が必然的にキバラーさんがイッパイ映っていて興味津々でした( ◠‿◠ )

記事の中でキバラーさんのルートの組み立ての試行錯誤されている記事が、キバラーさんのお人柄がよく出ていてニンマリしながら見させていただきました(^^♪

これからも色んな”コラボ動画”楽しみにしています!
[ 2016/06/15 00:04 ] [ 編集 ]
遭難で亡くなられた方は本当に残念です。
登りだったと思いますが、石ブテ西谷で転落、頭をぶつけられたみたいです。

へっぽこさんとのコラボはとても楽しかったです。
動画を見比べていただいたみたいでありがとうございます。
写してもらう機会がいままでほとんど無かったので新鮮でした。
自撮りじゃないときってあんなに脱力感出してるんだと思いましたね。
そこのところを興味持って観ていただいて嬉しいです。
[ 2016/06/15 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ