生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 鉄山・修覆山・弥山 (2016.5.21) 

20160521-0.jpg
鉄山手前の平にて(バックは弥山)

地球上で最も繁栄している知的生命体が植物であることを思い知らされる

【ルート】
 大川口(おおこぐち)(7:10)-鉄山手前平-鉄山-鉄山平-香精山-修覆山-弥山
 -モノレール道(エスケープ・リカバリ)-修覆山-鉄山-大川口(16:35)


注:一般ハイカー向けルートではありません。

鉄山、何度目だろ。
久しぶりに登りたくなった。
どんなステージだったかけっこう忘れていた。
壁のような激登り、鎖場、ガレ、アップダウン、木の根っ子ゾーン、迷える森、おとぎの国、
なんとか平など大峰アトラクション入りではあるがマイナールートである。
前に来たときに比べると過剰なほど赤テープがあったせいでルーファイを楽しめず。
今回は下山後に立ち寄り先があったので時間制限付きであり、
遅くとも16:30くらいに大川口に下山完了しなければならなかった。
迷ヶ岳のほうへ散策・探検するのがメインテーマであったが、
鉄山平に着いたときにはすっかり空腹で、一時間半も大休憩をとってしまった。
虫も少なく、日陰の心地よい気温の下でのんびしているうちに戦意喪失。(^^ゞ

お昼休憩してしまったらおしまい、気分はもう下山モードでしょ?!
しかしながら、下山開始までのタイムリミットまでまだ十分な時間があったので、
もう少し足を伸ばしてみることにした。
迷ヶ岳へ行く前にと、以前印象的だったおとぎの国のようなゾーンを通る修覆山へ
先に立ち寄るべく向かってしまったため、迷ヶ岳に行く時間が無くなってしまった。
それに・・・ここまで乗り越えてきた試練の道をピストンで戻る気がしなくなり、
帰りのルートはどうしようかなぁと考えながらも自然と弥山へ足を運んでいた。
等高線上ではフラットな弥山手前は倒木ゾーンでスムーズには進めない。
このゾーンの素晴らしい様は大台ケ原の正木ヶ原以上だ。
しかし、写真を撮るゆとりをすっかりなくしていた。
最後の最後に鹿よけネットに阻まれながらも14:10、弥山に到着。
大川口下山完了タイムリミットまで、残り時間あと2時間20分しかない。

山と高原地図によると、弥山から奥駈出合経由、トン西から林道歩きを経て大川口まで
トータル3時間20分のコースタイムとなっている。
そうなると17:30下山完了でタイムアウトになってしまう。
いっその事、時間はあきらめて一般登山道をトボトボ歩くか?
いや、ピストンしてでもやれるだけのことはやってみよう。
それにしても往路で歩いたルートを下山するのはイヤだなぁ。。(^^ゞ
単にピストン嫌いというだけでなく、けっこう難路だった。
だからといってタチクラ尾からバリエーションで下りてもあまりショートカットにならないどころか
余計に時間かかってしまいそう。
残る手段は、弥山から直滑降でモノレール道(登った人のレコはいくつも見た事があるが
下ったというレコは見たことがない)を下るという手しかない。
弥山(1,845m)からモノレール道の下の小屋のある林道(943m)まで
高低差で900mもあるのでかなり時間がかるのでは?!
ま、とりあえず時間も無いのでダメ元で行ってみようと進出。
出だしは横移動で、障害もなくそこそこ快適であったが、やがてだんだんと険しい様相に。
崩れているところをレールを補助にトラバースしたりと歩行速度が稼げない。
レールはグリスでベトベト。
軍手はいちおう持ってはいるが、モンベルのケブラーグローブなのでもったいない。(^^ゞ
モノレール道伝いの下山というと、まだ記憶に新しい中八人山へ行ったときのあの悪夢を思い出す。
(夢の中で延々と終わらないモノレール道を下っている自分がくりかえし出てきたし)
どれくらい進んだか、モノレール道は往路で歩いた弥山手前の等高線フラットゾーンのエッジ部を
へつる感じで修覆山近くまで来ていた。
さて、そこからが直滑降に転じることになっていたが、見通した感じではかなり苦戦しそう。
リカバリーするにはもうここで判断するしかない。
下山に二時間くらいかかって行者環林道に降り立ったとしても、
大川口までの林道歩き40分が待っている。
トン西から八経ヶ岳に登っていたであろうハイカーがどんどん帰って行く車に煽られながら
40分も歩くことになる。
果たしてこんな難路を二時間で900mも下れるだろうか。
往路と同じルートだと、どれだけサクサク歩けることだろうか。

モノレール道から離脱することを決断した。
14:30、リカバリー開始。
これがまた障害だらけで、岩をよじ登ったり、かきわけたりで遅々として進まない。
ずいぶん難航し、時間が経過したように感じたが、実際には15分ほどで復帰完了。
合流したポイントは、修覆山まであと少しという手前であった。
この後、鉄山平まで下り、突出したラクダのコブのようなのを2つ越えて
目標だった15:30に鉄山に到着。
山と高原地図によると、鉄山山頂から大川口までのコースタイムはちょうど一時間とのことなので、
鉄山山頂には15:30必着目標だったが達成できた。
登りは撮影しながらとはいえずいぶん時間かかったので、本当に一時間で下山できるのか半信半疑。
一息ついたところで下山に専念。
わりとハイペースぎみでノンストップにて大川口下山完了は16:33。
ほぼコースタイムどおりで下山のタイムリミットに間に合った。
それにしても焦ったなぁ。。
今回の山行き、良かったんだかダメだったんだか、とにかく時間に追われるのは良くないね。

その他の写真は以下より。
20160521-2_20160523215009bc6.jpg
山と高原地図2015版+GARMIN GPS軌跡

20160521-1_20160523214834a6a.jpg
距離はともかく、総上昇量は自分の上限閾値の千メートルを越えてしまった

20160521-3.jpg
大川口(おおこぐち) 水が綺麗 肌寒いのでウィンドブレーカー着る

20160521-4.jpg
激登りですぐに暑くなる 水は2リットル持参

20160521-5.jpg
こんな角度もある

20160521-6.jpg
鉄道模型のジオラマの樹木に使われるのと同じヤツやぁ

20160521-7.jpg
出だしに急登が続く

20160521-8.jpg

20160521-9.jpg

20160521-10.jpg

20160521-11.jpg
ガレ場の斜面

20160521-12.jpg
向こうに見えるは行者環岳

20160521-13.jpg
シロヤシオが満開

20160521-14.jpg
う~ん、新緑

20160521-15.jpg

20160521-16.jpg

20160521-17.jpg

20160521-18.jpg

20160521-19.jpg
鉄山手前の平(名前無いの~?)に到着

20160521-20.jpg
鉄山平よりこっちのほうが好きだ  稲村ヶ岳にバリゴヤの頭が見える

20160521-21.jpg
弥山を仰ぎ見ながら  ここでずっとのんびりしていたい

20160521-23.jpg
エイリアンゾーンに突入

20160521-24.jpg

20160521-25.jpg

20160521-26.jpg

20160521-28.jpg
木の根を踏みつけないと踏破できないのが痛々しい

20160521-29.jpg
エイリアンゾーンはニセピークで、鉄山ピークは奥にある

20160521-30.jpg

20160521-31.jpg

20160521-32.jpg
シャクナゲが見頃

20160521-33.jpg
鉄山ピークに到着

20160521-34.jpg
向こうに行者環岳が見える

20160521-35.jpg
切れ落ちている(鉄山ルンゼではない)

20160521-36.jpg

20160521-37.jpg

20160521-38.jpg
もうすぐ鉄山平

20160521-39.jpg
鉄山平に到着、腹ペコだ。向こうに越えてきたコブ

20160521-40.jpg
昼寝中・・毛虫が落ちてきた

20160521-41.jpg
大休憩を終えて再出発

20160521-42.jpg

20160521-43.jpg

20160521-44.jpg
おとぎの国のハリセンゾーン

20160521-45.jpg
モフ苔

20160521-46.jpg
向こうに見えるは頂仙岳

20160521-47.jpg
修覆山ピーク

20160521-48.jpg
弥山手前の倒木ゾーン

20160521-49.jpg

20160521-50.jpg
まるで大台ケ原の正木ヶ原のようだ

20160521-51.jpg
なかなかスムーズにはいかない

20160521-52.jpg
前方は百名山、近畿地方最高峰の八経ヶ岳

20160521-53.jpg
弥山小屋

20160521-54.jpg
モノレール道へ

20160521-55.jpg
鉄山と鉄山の手前の平が下方に

20160521-59.jpg

20160521-56.jpg
だんだんと歩きにくくなって歩行速度が落ちてきた

20160521-57.jpg
まだ横移動のうちは良かった

20160521-58.jpg
鉄山平に戻ってこれた
Check [ 2016/05/23 22:17 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(21)
 いい時に登られましたね
 シャクナゲもシロヤシロも今真っ盛りですね
 モノレールルートなんてなるほどそんな所に繋がってますか
 さて今度の土日はお花残ってるかな
 今は台高か大峰ですね
 サミットで騒がしそうですけど
[ 2016/05/23 22:53 ] [ 編集 ]
モノレールってこんなやらしい所に設置されてると初めて知りました。
時間制限の中での鉄山越え、私には真似の出来ることではありません。
[ 2016/05/24 00:00 ] [ 編集 ]
同じ日に弥山八経ヶ岳に登りましたよ。僕は何時もの一番楽ちんコ-スでキバラ-さんは最も過酷なコ-ス、時間が相当ずれているのでニアミスとはいかなかったが・・・・、遭うことが出来なく残念でした。近畿全体から見れば同じ所に同じ時間に居たということです。モノレ-ル道は上りに使うと何とかレ-ル等を捕まえてヤタケタにでも登れるでしょうが、降りは大変で時間もかかるでしょうね。
[ 2016/05/24 06:43 ] [ 編集 ]
おはようございます。
このルート、前々から行ってみたいと思いながら何故か後回しになっています。今は一番いい季節なので弥山や八経ヶ岳は人だらけですがこのルートなら静かな山歩きが楽しめそうですね。
私も当日弥山に居りましたがちょっと時間がずれていました。
またお会いできませんでした。残念。
[ 2016/05/24 08:13 ] [ 編集 ]
とにかく今はどこもかしこも新緑が綺麗ですね。
爽やかで暑すぎずのは良いのですが、
のんびりしていると虫が気になる季節になってきました。
まだまだ未踏はありますが、台高や大峰は比較的近くて良いですね。
[ 2016/05/24 21:00 ] [ 編集 ]
鉄山の下山は、登りのときに「帰りは歩きたくない」と思ったのとは裏腹に、わりとスムーズにハイペースで下山できましたよ。
モノレール道はあきませんね。
一般登山道の歩きやすさは天国です。
同じ日に、高低差も同じくらい前鬼を歩かれてらっしゃったみたいで、おつかれさまでした。
[ 2016/05/24 21:00 ] [ 編集 ]
ニアミスでしたね!
私が弥山に着いた時には、カモシカさんはトン西に下山完了されてましたか。
八経ヶ岳に登っているとそのうちカモシカさんに会えるのではないかといつも思っているのですが、今回も片思いで終わってしまいました。
モノレール道、ショートカットして楽しようなんて思うとロクなことないですね。
最近は一般登山道をトボトボと歩くほうが好きです。
またいつかお逢いできるのを楽しみにしております。
NANIWANさんがお会いしたと聞いて羨ましかったです。
[ 2016/05/24 21:00 ] [ 編集 ]
同じ日に弥山川ルートでしたか。
時間が合えば弥山でお会いしていたかもですね。
私が頂仙岳を眺めて撮影していた時間は13:13。
かずぞうパパさんたちが頂仙岳に到達されたのは14:35でした。
どうりで見当たらなかったはずです。(^^ゞ
かずぞうパパさんなら、迷ヶ岳経由、双門、仙人グラまで下りて狼平から弥山周回されそうです。
それにしてもものすごい体力ですね。
[ 2016/05/24 21:02 ] [ 編集 ]
鉄山~弥山は、誰しも一度は憧れるルートですよね。^^

私はお向かいの行者環岳から見た時に、キツイ鉄山を下山するより弥山に縦走した方が楽チンそうに見えたのが、キッカケでした。
なもんで、今だに鉄山を下山した事は無いんです。
岩のキツイ下り、案外大丈夫なんですねぇ?! 

それにしても、一般登山道が多いキバラーさんにしては、今回は珍しい選択肢でしたね~^^b 
[ 2016/05/24 21:53 ] [ 編集 ]
難路を経て鉄山平に着いたら、来た道を戻りたくないとまず思ってしまいます。
しかし、実際には時間に追われていたせいか、下山はかなりスムーズでした。
大川口近くがいちばん急で難ありでした。
前回はトン西へ周回しました。
大峰は静かに歩きたいという思いがあって、過去は一般登山道じゃないところをかなり攻めてましたよ。
[ 2016/05/24 22:25 ] [ 編集 ]
時間制限つきの登山は何かと疲れるでしょう。ご苦労様です。
この時期大量のハエに悩まされなかったとは・・・

僕が2年前の同じ頃に鉄山へ行った時は口も目も開けられない
くらい大量のコバエにやられました。

モノレールは終点まで下りで使ったことはありますが
ずっとレール持ちっぱなしでおっしゃる通り油やグリスで
メチャクチャでしたね。
軍手もあまり意味なく通り越してたわ(笑)

修復山までの倒木ゾーンが面倒だったので弥山からだと
尾根芯を少し西側を歩けばまったく倒木は関係なく
歩けましたね。

僕もタチクラ尾など行きたいところもまだまだありますね~
ところでよくモノレールから修復山へ復帰出来ましたね。

長々とすみません(^_^;)
[ 2016/05/25 16:53 ] [ 編集 ]
荷揚げ用として現役バリバリ稼働してるので、グリスベトベトは仕方ないですね。
たまにタンタンタンって登ってきてるの見かけると「楽チンで良いなぁ」って思います。
修履山から弥山間はテープ多かったですか?
弥山小屋が定期的に撤去してるって聞きましたけど。
迷ヶ岳まではテープもなく(昨年は無かった)いいバリ歩きができますよ。
お勧めです。
[ 2016/05/25 17:32 ] [ 編集 ]
ハエは少し居ました。
珈琲を水場と勘違いしたのか一匹ダイブされましたが、食事するにはほとんど障害にはなりませんでしたよ。
モスキートヘッドネットも持ってきておりましたが使用せずでした。
登山好人さんの2014年9月のブログを見てまいりました。
なかなか大変だったみたいですね。
同行者付きとのことで、ゆっくり見積もって4時間?!
トン西まで登り返されたのも大変でしたね。
大峰テーブルランド、尾根芯を少し西側だとスムーズでしたか。
覚えておきます。
タチクラ尾は私も一度は歩いてみたいです。
崖っぷちに出ないように正確に下りたいです。
[ 2016/05/25 22:45 ] [ 編集 ]
レールを持たずに歩けたらいいのですが、まだ下りに転じる前だというのに触らずにおれない箇所もありました。(^^ゞ
のぶさんと同じグローブの指なし版でしたがグリス付着してしまいました。(^^ゞ
修履山からどころか鉄山手前平からもう目がおかしくなるくらい赤い点が・・。
しかも2通りも3通りも付けられてるのでどっちを選ぼうかという迷いも。
踏み跡トレースもあるのでテープがなくても簡単なのですが。
積雪期用の目印だとしても親切すぎます。
10ポ歩いたら一つあるくらいでした。
しかも一箇所に数カ所の木につけられているところも。
往路で鉄山平に到着したときにはピストンする気になれなくなっていたので迷ヶ岳は時間があればと後回しにしてしまって時間なくなって、しかもピストンになってしまったんですが、今、思うと先に行っておけばよかったなぁと後悔しきり。
また行きたくなりますやん。
のぶさんが歩かれた双門や仙人ぐら、狼平、弥山経由のピストンなんてとても真似できそうにありませんでした。。
[ 2016/05/25 22:45 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんは。
鉄山~弥山ルートは、orisさんのレコで見てから、憧れでありいつか行きたいと思っておりました。木の根っこのエイリアンゾーンがいかにもって感じがいいですね。
鉄山手前の名もなき平で見た稜線は・・・ちゃんと山座同定できました?(^_^;)
[ 2016/05/28 09:48 ] [ 編集 ]
こんばんは~
orisさんも登られてたのですね。
鉄山から先は一旦激下り、その後も登り返しが続くので、いつももう鉄山ピークまでで辞めたくなります。(^^ゞ
またあのおどろおどろしいエイリアンゾーンも越えないといけないしって思って躊躇してしまいます。
鉄山手前平では稲村ヶ岳やバリゴヤ、後ろは弥山などバッチリ山座同定できますよ。
大峰のそれぞれのピークは個性的な形でわかりやすいです。
[ 2016/05/28 22:15 ] [ 編集 ]
キバラーさんご無沙汰しています
あいかわらず活躍されてますね^^
今回もなかなか楽しそうな迷走?っぷり
時間が無い中、あの大きな弥山の森を彷徨いながらも
きっと楽しんでたんだろうなぁと、羨ましく拝見しました
GWは久しぶりに大普賢岳から弥山を眺めてたのですが
いまさらですが、大きな山、美しい山容だなと
惚れ惚れしてました
大峰の画像に心躍るほど楽しませて頂きありがとうです^^
[ 2016/05/29 07:06 ] [ 編集 ]
こんにちは、久しぶりにコメントさせていただきます~
鉄山から弥山って、地形図見てたら歩きたくなるルートですよね~
よい気候、天気の中気持ち良く歩けて良かったですね^^
にしても、下山のハイスピードには頭が下がります。

2012年5月のキバラーさんのブログを参考に、その後
私も同じコースを八経までピストンしましたが、もう
その時はグダグダで気力萎え萎え、下半身はバンビちゃんにw

いろいろと思い出していました、ありがとうございます(^^♪
[ 2016/05/29 12:52 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/05/29 20:22 ] [ 編集 ]
こんばんは
私は段々とゆるゆるで楽する山行きになってきてる気がします。(^^ゞ
スロトレさんの大峰への熱い想いになみなみならぬものを感じます。
特に楊枝の宿からの夕やけの記事が忘れられません。
弥山のカタマリ感は遠く観音峰からでも存在感がありますが、
鉄山手前の平からは目の前にドーンとそびえ立っている様はなかなかのものでした。
ありがとうございます。
[ 2016/05/29 21:29 ] [ 編集 ]
こんばんは
いつもありがとうございます。
鉄山を意識しだすと弥山までという思いが募りますよね。
地図で軽く脳内イメージして実際に現地に行ってみると、鉄山から弥山までまだまだという絶望感はハンパないですね。
今回は急いでノンストップ下山したのでバンビちゃんの表現、とてもよくわかります。
忘れた頃に、また歩きたくなるんですよね。
[ 2016/05/29 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ