生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第453回 + 葛城山 (2016.5.14) 

20160514-0.jpg
葛城山つつじ園にて


【動画編】


コンカツをするも、ツツジはほぼ終わっていた・・

【ルート】<金剛山>
 登り:寺谷ルート
 下山:馬の背ルート

【ルート】<葛城山>
 登り:ダイトレ
 下山:ダイトレ


まだ真夏には少し早く、春眠暁を覚えずって感じで、
金曜日まで一週間のお勤め労働の翌日は早起きがつらい。(^^ゞ
暑すぎず寒くなく・・心地いい。
もっと暑くなれば早朝登山も辞さないんだけどなぁ。
ゆっくり起きて、朝から用事を済ませてから金剛山へ。
カツコン、つまり、
葛城山を登ってから、ハンコを励みに(^^ゞ 金剛山を登ることはよくあっても、
金剛山に登ってから葛城山を登る、いわゆるコンカツは記憶が正しければ初めてかも。
日差しが降り注ぐ昼下がりの金剛山は、18℃と爽やかな山頂。
途中、クリンソウが満開だったり、キバナチゴユリ、ハナイカダなどなど。
山頂の転法輪寺境内は花の宝庫、海棠桜などが見頃だった。

所変わって葛城山は水越峠から。
午後15時過ぎからの葛城山の登りは風も無く暑くてすぐ息が上がり、しんどかったなぁ。
途中、ヤマレコのakipapaさん、アキちゃんに遭遇。
同じく今日はコンカツのダブル登山だったそうだ。
ツツジはまだ見頃だろうと思っていたが、念の為にアキパパさんに尋ねると、
「もう終盤でした。遠くから眺めるとまだ赤いかなという程度」とのこと。
終盤で多少枯れていたとしても、いつも赤さだけは残っていたりするので
遠目に見ればまだまだ大丈夫だろうと思っていたし、
麓では金剛バスが積み残しが出て臨時便が出ていたり、
ツアーバスが立ち往生していたり、たくさんの人が下山してきたりで盛り上がっているようなので、
期待して行ってみたが・・予想以上に早く、終わっていた。。
たしか先週末の日曜日は八分咲きぐらいだったのに、週明けの雨に叩かれて散ったみたい。
しかしながら、夕暮れの葛城山で黄昏れるのはかなり良かった。
ツツジ園に到着したときにはまだ人も多くて日差し暑かったが、
夕暮れになるにつれ、いつのまにやらどんどん人が減っていく。
シーズン中、ロープウェイの最終が、なんと19時まで営業しているとか。
葛城山を後にしたときも、まだ数人が山頂で黄昏れておられた。
そういえば、ツツジシーズン限定の葛城高原ロッジのモーニングって今でもやってたのかな。
下山開始は19時すぎ、途中で暗闇となり、初の葛城山ナイトハイクとなった。
駆け込みではあったが今年も葛城山にツツジを見に来れてよかったよかった。

その他の写真は以下より。 【金剛山】

20160514-1.jpg
湧き立つ新緑!

20160514-2.jpg
一輪のクリンソウ

20160514-4.jpg
新緑がまぶしすぎる季節

20160514-3.jpg
美しい光と影のグラデーション

20160514-5.jpg

20160514-6.jpg
ハナイカダ

20160514-7.jpg
クロモジ?

20160514-8.jpg
線香花火みたい・・

20160514-9.jpg
クリンソウの群生

20160514-10.jpg

20160514-11.jpg

20160514-12.jpg

20160514-14.jpg
海棠桜

20160514-15.jpg

20160514-16.jpg
八重桜

20160514-17.jpg
新緑が・・

20160514-18.jpg
上を仰ぎ見ながら昼寝したい美しさ

20160514-19.jpg

20160514-20.jpg

20160514-21.jpg
ちょうどいいカラっとした爽やかな気温

20160514-22.jpg

20160514-23.jpg

20160514-24.jpg

20160514-25.jpg

20160514-26.jpg


【葛城山】

20160514-27.jpg
空気の流れのない息苦しさで汗だく

20160514-28.jpg

20160514-29.jpg
奈良側を見下ろす眺めが良い

20160514-30.jpg

20160514-31.jpg

20160514-32.jpg

20160514-34.jpg
東のテイクオフ

20160514-35.jpg

20160514-36.jpg

20160514-37.jpg

20160514-38.jpg

20160514-39.jpg
青い・・・(^^ゞ

20160514-40.jpg

20160514-41.jpg

20160514-42.jpg

20160514-43.jpg

20160514-45.jpg

20160514-46.jpg
金剛山をバックに

20160514-47.jpg

20160514-48.jpg
5月14日で葛城山のつつじは終盤でしたか?
今年は早いですね。私は見逃してしまいました。
おまけに今晩の雨でつつじは落ちてしまいそうですね。

つつじの見ごろが終わった葛城山は
祭りが終わった神社みたいなさみしい感じで何となく惹かれます。
あの展望台の上に座ってぼんやりと静かに金剛山を眺めたいです。
[ 2016/05/16 23:24 ] [ 編集 ]
もう、ドローン撮影か手持ち撮影か安定しまくって違いが判りません(^^;
素晴らしいですね!
ここんトコは天気に恵まれて最高ですね!
葛城山のツツジ。もう終わりですか。儚く、早いですね。まだ行ったことがないのでキバラーさんの動画で見れて嬉しいです。
でも来年は必ず見たいと思ってます!
[ 2016/05/17 00:25 ] [ 編集 ]
この日、会社の山岳部例会があり、メンバー11人で葛城山へツツジ見物に登っていました。下見をした5月8日が八分咲。その後の雨・風で満開を見ることなく散ってしまいました。毎年ツツジを見に登っていますが、今年はあっけなかったです。また来年に期待しましょう。
[ 2016/05/17 07:40 ] [ 編集 ]
葛城山も終盤と感じさせない素晴らしい黄昏時を記録されてますね!
私事、今年は行けませんでした。
[ 2016/05/17 22:55 ] [ 編集 ]
満開を迎えることなく、先週前半の雨風に叩かれて花びらが落ちたと聞いてましたが、想像以上に緑化していました。
緑化と言えば、しーさんの仕業かもしれませんね。(≧∇≦)
ツツジのシーズンは信じられないほど多くの人がやってくるので、ツツジは無くとも静かな葛城山が好きだったりします。
本文には書いてませんが、ゴミも放置されまくってて最悪でしたし、ブヨにも刺されまくったという楽屋話です。
ぼんやりと静かに金剛山を眺めて黄昏に行きましょうか!(≧∇≦)
[ 2016/05/18 20:25 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
片手持ちこそ泥小走り、時々、欽ちゃん走り撮影です。(^^ゞ
このところ爽やかですね。
暑すぎず、寒くなく、なんとカラっとして過ごしやすいことでしょう。
こんな気候が年中続いてくれたらと思います。
遠目に赤く見えますが、想像以上にかなり終わってました。
[ 2016/05/18 20:26 ] [ 編集 ]
あべさん、お久しぶりです。
総勢11名で登られてらっしゃいましたか。
統率するリーダー、スゴイ技量ですね。
私なら4名以上は手におえません。(^^ゞ
下見の八分咲きの時が今シーズンいちばんの見頃でしたか。
こんなにあっけなく終わるなんて思ってもみませんでした。
[ 2016/05/18 20:26 ] [ 編集 ]
日陰のツツジはまだ少し綺麗さが残っていましたが、日の当たるウッドデッキ側斜面のツツジはほぼ終わってました。
いつもツツジはロープウェイ始発時間までの早朝を狙うのですが、夕方は日差しも柔らかくてとても良い雰囲気でした。
わずか一週間くらいしかチャンスがなかった今シーズン、週末を逃すと終わりって儚いですよね。
代わりに新緑はまだしばらく楽しめそうですね。
[ 2016/05/18 20:26 ] [ 編集 ]
ツツジも旬は一週間しかもたないので難しいですよね。
ちょうど天気が良くなったときにピークを迎えて
そして休日でないといけないというタイミングも難しいです。
他の山もある関係上なかなか足が向かないです・・・。

夕暮れどきが良いかもしれませんね・・・。
そして最終便が19時とはこれまた驚きました。
一泊とか考えてたんですが遅くに登るのも良いかもしれません。
[ 2016/05/18 22:53 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおりなんですよね。
平日、たまには休みを取れなくもないのですが、
だいたい山は週末がメインになりますからね。
Ikajyuさんのように本気で花を追いかけて右往左往されてらっしゃると、同時に行きたい山が重なることも多いことでしょうね。
最終便は19時なのはいつまでなんでしょうね。
もうシーズンは終わったということになったのか、少しでも赤ければまだシーズンなのか。(^^ゞ
夕暮れの葛城山頂は最高でした。
[ 2016/05/19 06:51 ] [ 編集 ]
な~るほど、この時期の葛城山は夕暮れ時が良さそうですね。
夕陽に照らされた花園も、昼間の喧騒から解き放されていい雰囲気です。
ツツジは雨で傷んでしまったのですか・・・
それは残念です。
3日間降り続いて、一時風も強かったですから、吹きさらしの山頂で咲き続けるには厳しかったのでしょう。
可哀想に・・・

ツツジ越しに見る金剛山は、やっぱり男前ですね~!
[ 2016/05/19 12:08 ] [ 編集 ]
日差し強い日中は、写真写りも白飛びするなどして綺麗じゃないので、柔らかい夕陽に照らされた山頂は心落ち着くひとときでした。
たとえツツジが真っ赤でなくても、夕暮れの山頂のほうが良かったです。
あの開放感がこんな近場で堪能できるのに、どうしても回数登山の金剛山へ先に登ってしまうと、なかなか葛城山まで掛け持ちで登ろうという気持ちに持っていけないです。
最短最速のダイトレでも登るのは心が折れそうになります。(^^ゞ
高原ロッジに泊まるというイベント付きならがんばれるんですが。(^^ゞ
そうなると翌朝はまた金剛山へ。。
この金剛山の引力、なんなんでしょうね。
[ 2016/05/19 21:49 ] [ 編集 ]

 朝夕のせつなな時間 山が目を覚ましそして眠りにつく

 その陰影が緑の風に揺らめいている ぼやけたりはっきりしたりしながら
 
 キバラーさんの写真を思い出しながら
 朝、バイクでバイパスをながしていると
 ふと、書きたくなりました。
 8日に葛城山、14日に山ノ神ノ頭~馬ノ鞍峰
 五月はどこもかしこもわんさか花の山ですね
 
[ 2016/05/20 00:34 ] [ 編集 ]
叙情的ですね~。
朝の爽やかな気分の中で、夕暮れの哀愁を想うのは難しそうですが素敵ですね。
8日の葛城山はめちゃくちゃ赤く燃えてたんですね。
こんなに早く終わると思っていませんでした。
台高の馬の蔵峰あたりは最近歩かれる方が増えてるように思います。
あの滝はなかなか圧巻ですよね。
花を追いかけて、同時にあっちにもこっちにも行きたい山が多いこの頃ではないでしょうか。
[ 2016/05/20 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ