生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

奥河内 岩湧山・権現山・サルの前栽 (2016.5.8) 

20160508-0.jpg
権現山にて  ※キバラー,みーさん,太陽さん,ココペリさん

【動画編】

理想の10km以内、総上昇量千メートル以下であったが急登はキツかった

【ルート】
 駐車地-権現滝-権現山-サルの前栽-キノコベンチ-山桃の木-梨の木峠(トンネル上)
 -コヤブ山-梅の木峠-索道跡-高圧線75番鉄塔-岩湧山(昼食)-北尾根下山-駐車地


まもなく暑い季節となるGWの最終日、後半は風邪をひいてしまい、
鼻声治らない、息しにくいという状況では近場で軽めの山歩きしか行く気にならず
くすぶっていたところにみーさんからのお誘い。
ヤマレコユーザーさんの間でも熱い人気が続いている岩湧山周辺を案内していただける。
岩湧山自体は穏やかな山であるが、その周辺を取り巻く低山はなかなか厳しいところが多い。
クライミングのステージも多数あるというタツガ岩周辺や一徳坊山、編笠山などは今回通らないが
なかなか楽しいということをずいぶん前からいろんな人から聞いてはいたが、
六甲山のロックガーデン周辺にように、地図にはないルートが無数複雑に交錯しており、
難易度は不明なので、知った人に一度案内してもらいたいという懸案の山域であった。
道迷いしそうなほどルーファイの難しいところは大好きであるが、
岩場をよじ登るというようなステージは(いつもカメラ片手に歩いているので)できるなら願い下げたい。
しかし、この機会を逃すとますますこの山域からは(低山すぎるゆえに暑くなると)縁が無くなる。
高所へつりなど足を滑らすと滑落するようなヤバイところはみーさんも苦手なはず。
そんなみーさんが、岩登りはあるけどカメラしまえば大丈夫ということなので、
その程度ならこの間の迷岳でも難所が多数あったので同レベルかな?という妄想。
ひとつ返事で参加させていただくことにした。
ほんと、カメラという呪縛がなければたいがいのところへ行ってみたいんだけどいつも足かせになるなぁ。
スイマセン、ほんとに。。(^^ゞ
メンバーは山の先輩のみーさん、カイロプラクティックの先生の太陽さん、
そして、今日は地下足袋のヤマレコcocoperi(ココペリ)さんと自分の4名である。
太陽さんには、登山前のストレッチや、腰痛にならないための日頃の対策、休憩時のストレッチ、
登山後の整理運動などを教わった。

まずは駐車地からさらに下る。
途中、道路脇に水の湧き出るところがあったり、流れる渓流の水が綺麗だったり。
どれくらい歩いたか、取り付きに到着したようで、
権現滝が見えるところからガードレールを跨いで入渓。
権現滝はなかなか立派な滝で、金剛山の妙見の滝よりは立派である。
いきなりの渡渉で・・ココペリさんドボン!(≧▽≦) 地下足袋のせい?
怪我や、ズブ濡れなどにならなくて良かった。(^^)v いきなりゲームオーバーになるとこだった。(^^ゞ
滑りやすい岩ばかりで、以後、一同慎重に渡渉。(^^ゞ
しばらく滝を眺めた後、滝を上部から巻くべくいきなりの急登続き。
というか、今日の登りはほぼ急登祭りになるようだ。
核心部の岩場登りは、白黒に変色して古くなったトラロープが1本だけが垂れ下がっている。
あれ?みーさんは丸滝谷よろしく数本束になったロープがあると言うてたんだけど?
垂直の壁とかじゃないので大丈夫であったが、足のひっかかり箇所が小さめで
僕のようなでらい足だと、ヘタすると体重をかけた足が滑るということもありそうな最初で最後の難所であった。
両手でトラロープをたぐりながら二本足で踏ん張って登るというような恐ろしいことは鎖でもないとできないなぁ。
ほどなく権現山ピークに到着したので記念写真。
これで今日の目的は達成。以上。(≧▽≦)
本日いちばんの見所であり核心部である「サルの前栽(せんざい)」という岩場の
馬の背のようなポイントがあって、素晴らしく眺めが良く、とても気持ちのよい場所であった。
もう、ここで終わりにしてお昼にしてもいいんだけどなぁ。。
昔青年さんからも、ぜひ行ってほしいと勧められて場所である。
まだまだ先の行程が長いので、休憩もそこそこにサルの前栽を後にした。
さて、ここからは山の中に突如、キノコベンチ(キノコベンチは全部で2つあるとの噂)が現れるなど
オブジェがあったりしつつも、特に印象の無いアップダウンを繰り返し、梨の木トンネルを越え、
梅の木峠を過ぎてからは岩湧山の稜線上のダイトレへ向けての延々の激登りである。
想像以上の急登で、ここは下りたくないなぁと思えるほどの心臓破りの斜面だった。
前方が明るくなって稜線が垣間見れるところまで登ってくると踏跡は最後まで直登せず、
76番鉄塔のほうへとトラバースとなっていたが、
直登した場合の枝打ちもされていない薄暗い檜の植林帯の前方に、
まさかの遭難者?ザックを背負ったまま動かなくなっている人ようなもの?を発見し、
一同、そちらに向かって直登開始。
その結果・・・アタックかボールドか何かしらないけど、
液体洗濯洗剤の入れ物みたいなのがぶら下がっていただけだった。(≧▽≦) んも~。
激登りがようやく終わって、一同すっかり腹ペコになっていたので
登りついた高圧線75番鉄塔の下でお昼かとおもいきや、みなさん、電磁波がコワイって避けて
そのうち岩湧山まで我慢することにして移動再開。
日陰は涼しく、自然林帯の新緑はまぶしい。ところどころにポツリポツリとツツジも咲いている。
そういえば葛城山のツツジが見頃を迎えているようだ。
樹林帯を抜けて茅場の稜線上の階段を登っているところで、ブログ「一人山行」の方にお会いした。
その節はお声がけありがとうございました。
岩湧山ピークは混雑してそうなので、途中のベンチにてお待ちかねの昼食。
ゆっくり休憩の後、一旦、山頂広場(ここはピークではない)へ移動し、下山をどうするか作戦会議。
時間にして14時である。
岩湧山の駐車場にも車をデポしてあるため、急坂の道等で下りればたちまち下山終了であるが、
せっかくなので、この辺りに詳しいシルバーボーイさんという方が歩かれてる北尾根から下山することに決定。
茅場の下からの取り付きが見つけにくかったが、
あらかじめみーさんが得ていた情報を元に取りつき部の木札を発見した。
下山は大きな障害は無いものの、ルーファイルが試されたり、わりとはっきりした昔の登山道っぽい踏跡に
引き込まれそうになりつつも正確に尾根をトレースして無事着地。
あとは駐車地までの舗装路歩きにて15時30分に下山完了した。
近場で、低予算で、なかなかの達成感、充実感のある低山歩きが楽しめた。
みーさん、手術、無事をお祈りします。
ご一緒していただいたみなさん、ありがとうございました。(^^)/

その他の写真は以下より。
20160508-2.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPS軌跡

20160508-1.jpg

20160508-3.jpg
取り付きから権現滝まで下る

20160508-5.jpg
権現滝

20160508-6.jpg
なかなか立派な滝である

20160508-7.jpg
滝を巻いて激登り

20160508-8.jpg

20160508-9.jpg
紅満天星(ベニドウダン)

20160508-10.jpg
難所の岩場

20160508-11.jpg

20160508-12.jpg
クライミングのゲレンデ(一徳防山側)を眺める

20160508-13.jpg
滝畑集落を望む

20160508-14.jpg
権現山ピークにて

20160508-15.jpg
サルの前栽

20160508-17.jpg
ココペリさん、シェー・ポーズ

20160508-18.jpg
金剛山時計台ポーズもしたくなるほどゴキゲンなステージである

20160508-19.jpg
みーさん、今回の企画ありがとうございます!

20160508-20.jpg
駐車地が見える(スタート時、クライマーも準備していた)

20160508-21.jpg

20160508-22.jpg

20160508-23.jpg
新緑が眩しい

20160508-24.jpg
ギンリョウソウ

20160508-25.jpg
キノコベンチ(山中のどこかにもう一つあるという)

20160508-26.jpg

20160508-27.jpg
境界木である「山桃の木」

20160508-28.jpg

20160508-29.jpg

20160508-30.jpg
索道跡

20160508-31.jpg
激登り急登

20160508-32.jpg

20160508-33.jpg

20160508-34.jpg
高圧線75番鉄塔(ダイトレと合流)

20160508-35.jpg
植林帯を抜けると岩湧山の茅場の稜線だ

20160508-36.jpg
お昼適地まで登る

20160508-37.jpg
アマドコロ

20160508-38.jpg

20160508-39.jpg
こんな小さな木にも立派なツツジの花を付けていた

20160508-40.jpg

20160508-41.jpg

20160508-42.jpg
おつかれさまでした
Check [ 2016/05/09 23:30 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(22)
お疲れ様(^^♪でした。
キバラーさんの動画に初デビュー出来てうれしかったです、
ココペリさんのドボン!が印象深く(^^;忘れられない楽しい一日になりました。
バリエーションいっぱい、綺麗な新緑に素晴らしい見晴らし、岩湧山面白いですね、腰は大事にして下さいね、また機会が有りましたら、ご一緒させて下さいね。

[ 2016/05/10 01:03 ] [ 編集 ]
さっそくコメントありがとうございます
先日はご一緒していただきありがとうございました。
金剛山ではよくお会いしておきながら、なかなかご一緒することができませんでしたがようやく実現しました。
とても有意義な山行きで楽しかったです。
ドボンシーンは当然カットかなぁと残念に思っていたら、好きに編集してくださいとのことで忘れることのできない山行として記憶にとどまりそうです。(^^)
山でのストレッチのレクチャーありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

[ 2016/05/10 06:55 ] [ 編集 ]
久々にキバラーさんとご一緒に山を歩けて、とっても楽しかったですわぁ☆ 
 山の魅力は高さにあらず!低山バンザイ~!
と叫びたくなるようなステキな山歩きが出来ましたよねぇ~☆
ありがとうございました~ (^o^)丿

このエリアの山々は、金剛山には無い魅力を満載したルートが沢山有って、本当に面白いです。

今は登山者・クライマーが、地元の方々や山主さんと良い関係で(ルールを守って安全に!!)山を使わせて頂いている・登らせて頂いていると言う自覚の元に行動していますので、平和です。

又その為に、登山道や岩場の整備・調整を担って下さっているお世話役の方も、長きに渡りご尽力くださっていますので、我々は感謝の気持ちをもってルールを守り、安全に有り難く登らせて頂く事を心がけたいものです。

ネット等でこのエリアの人気が出て、今の平和なバランスが崩れる事の無いように、槇尾山の二の舞にならない事を、切に願っています。

☆☆眼の治療をお気使い頂き、ありがとうございます~m(_ _)m
[ 2016/05/10 09:32 ] [ 編集 ]
ご無沙汰をしております。
みなさまのお元気な姿をうれしく拝見しました!
ココペリさんのドボン!ビックリ&爆笑( ´艸`)
最近自分も金剛山復帰していますが、腰が痛いです。(単に肥え過ぎ)
ストレッチ教わりたいです!

またご一緒させてもらう事を楽しみにしています!
[ 2016/05/10 10:25 ] [ 編集 ]
こんにちは
猿の前栽、最近は人気スポットですね。権現山の紅満天星が綺麗です。一番良い時期に歩かれましたね。夏場はこの尾根道、蜘蛛の巣が酷くて大変ですから。
75番鉄塔までの激登りでもキバラーさん動画撮りながら登っちゃいましたか、さすがです。
ゴールデンコース、ログもいい形ですね。
今回はココペリさんに対抗してシェーしなかったの?
[ 2016/05/10 17:35 ] [ 編集 ]
こんにちわ!
山頂直下、茅場で突然声をかけてすみませんでした。
金剛山のルート選びでいつも参考にさせて頂いたのでいつかお声掛けしてお礼を言わねばと思ってました!
また下っている所も動画にのせて頂き有難うございます。
普段見ることの無い自分の後ろ姿、何度も再生してしまいました。((^_^;)
これからもいろいろ参考にさせて頂きますのでよろしくお願いします。
[ 2016/05/10 20:12 ] [ 編集 ]
こんばんは
先日はありがとうございました!
さすがあのあたりを歩き倒しておられるだけあって頼もしかったです。
笑いの絶えないとても楽しい山歩きができました。
あのあたりの山域、そういうことになっているのですね。
これからも大切に歩かせていただきたいと思います。
今週末の手術、がんばってください。
[ 2016/05/10 20:30 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
しばらくご無沙汰しております。
こーじさんの快気祝いの後、一向に復活してこられないので登ってらっしゃらないのかと思いました。
徐々に金剛山に復帰登山されてらっしゃるとのこと安心しました。
また近いうちにご一緒してください。
ありがとうございます。
[ 2016/05/10 20:30 ] [ 編集 ]
岩湧山を中心とした山域をホームグラウンドにされてらっしゃるかずぞうパパさんからコメントいただけるとは光栄です。
紅満天星(ベニドウダン)、ココペリさんから教えてもらったのに、ブログ編集中に名前をわすれてしまって出てきませんでした。
加筆いたします。
蜘蛛の巣スゴイですか。
ヤブ蚊やブヨが大量に居なけれは蜘蛛の巣は気にしないんですけどね。
そういえば真っ黒の蛇を見かけました。
今回のコースはゴールデンコースですか。
未踏となったままのタツガ岩や一徳防山、編笠山もやたらと気になってきました。
サルの前栽では時計台ポーズではなく、シェーをすべきでしたね!
ありがとうございます。
[ 2016/05/10 20:30 ] [ 編集 ]
こんばんは!
先日はお声がけいただきありがとうございました!
あれから帰ってすぐに検索したのですが、なかなかブログが見つけられずで、
「ひとり」で始まるブログの多いこと。(^^ゞ
おかげさまでスッキリしました。(^^)/
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします!
[ 2016/05/10 20:31 ] [ 編集 ]
岩湧山辺りもディープですね。
地図にはない、いろんなルートがあるみたいですね。
私も風邪をひいていて、今回は長引きました。
1週間くらいしてようやく完治した感じです。
ドボン映像を見て他人事は思えませんでしたよ。
[ 2016/05/10 20:59 ] [ 編集 ]
岩湧山、どうしてもダイトレメインに歩いてしまって、それ以下の低い山域が目立ってませんが、かなりディープに楽しめそうです。
ただし夏場は暑さも厳しそうなので、これからって時に一時お預けになるかもです。
久しぶりの風邪は4日からと長引いておりますが、あと少しで完治しそうです。
ドボンといえば、ちょっと1件思い出しました。(^^ゞ
水越側の沢でしたね。

[ 2016/05/10 21:12 ] [ 編集 ]
この辺りの山はなかなか魅力を感じない場所なのですが、ちょっと半日位の時間なら行けそうですね。
また、参考にさせていただきます。
[ 2016/05/10 23:34 ] [ 編集 ]
金剛山周辺よりは自然林豊富ですよ。
最初は歩ける場所がどこかよくわからないので、近場の山とセットでちょこちょこ歩いているうちにどっぷりハマりそうな山域ではないでしょうか。
[ 2016/05/11 06:53 ] [ 編集 ]
見事な動画編集! 思い切って「御自由に」と言った甲斐がありました。
当日は特に痛みも無かったのですが、翌日右の首筋に痛みを感じ湿布をしました。たぶんムチウチみたいになったのでしょうね。
今はもう大丈夫です。
華々しい?!動画デビューになってしまいまいた(笑)

楽しい一日をありがとうございました♪
[ 2016/05/11 10:42 ] [ 編集 ]
「岩湧山の花」のシルバー少年さんとそのお仲間が開拓されたルートですね。私もシルバー少年さんの山歩日記の記録を頼りに歩いた記憶があります。7~8年前くらいでしょうか・・なつかしい思い出です。1/25000地形図とコンパスを頼りに、かなり心細い山行で、索道跡からの激登りは印象的でした。岩湧山の北尾根からの下山も、単独だとけっこうスリリングで楽しめます。低山だからといってあなどれない楽しみがありますね。
[ 2016/05/11 21:58 ] [ 編集 ]
先日は飛び入り参加ありがとうございました。
動画のシーンは当初、ぜったいカットで!でしたが、取り入れることができ、おかげさまで忘れられない山行になりました。
怪我は後から思わぬ後遺症が出ることもあるようですので、どんな状況だったのか、たまたま撮影していた動画が思わぬ検証に使える結果になりましたね。
軽い?怪我で安心しました。
大きな怪我だと今回のパーティーのリーダー(みーさん)が責任に問われるところでした。(≧∇≦)
それにしてもココペリさん、さすがベテラン仕込みの読図や、慣れた道案内、かっこ良かったです。
あっという間の一日でした。
ありがとうございました。
[ 2016/05/11 23:12 ] [ 編集 ]
さすがarajinさん、あのあたりの山域もお詳しいですね。
シルバー少年さんの名前が出てくるなんてスゴイです。
今回はシルバー少年さん等の話題でもちきりでした。
今回はダイトレまではハイカーに出会うことがありませんでしたが、最近はあの山域がとても熱いと感じております。
金剛山は歩きつくしてしまいましたが、岩湧山周辺となるとまだまだ初心者なので、わざわざコストをかけて遠くへ行かなくても十分楽しめる将来性があるなと思いました。
夏場は敬遠しそうですが。
前回はネバシ谷を下山しましたが、なかなかワイルドでヤバそうなステージもありましたよ。
[ 2016/05/11 23:12 ] [ 編集 ]
「権現山のベニドウダンを見にいこう!」と、シルバーさんや他の方から2度も誘われていたのに、今回都合が合わなくて行けませんでした。
権現山って、こんなに厳しいお山なんですね。
私にはとても行けそうに無いお山です・・・(>_<)

ココペリさんのドボンは、本文を読んでから動画を見たので分かっているはずなのに、思わず「キャッ!」と声が出てしまいました。
気を付けていてもアクシデントは起きます。
大した怪我にならずに良かったですね。
私も、先日御在所岳で脱水症状を起こしてしまい、同行の方々に迷惑をかけてしまいました。
気を付けていたつもりだったのですが・・・
お山での怪我や病気は、平地のように簡単に対応できないですから、十分過ぎるくらいの注意が必要ですね。

キバラーさんの「お山スイッチ」は復活しましたか?
体調と相談して、これからも無理のない楽しい山行を続けて下さいね(*^_^*)
[ 2016/05/12 07:43 ] [ 編集 ]
権現山は権現滝から直登しなくても他にも穏やかルートがあるそうです。サルの前栽を先に通るルートです。
冬場はよく滑って転倒するほうなので他人事ではありません。
転倒した時にうまく受け身ができれば良いのですが、打ちどころが悪いと笑っては済まされないこともあるので気をつけたいところです。もうすぐ下山完了だとか気を抜いたときにも注意しないとよく私も失敗します。
私のヤル気スイッチですか?どうなんでしょうね。
近場の低山で楽しめているので満足しています。
面白い山があればまた教えてください。
ちなみにまだ鼻声が治りきってません。
ありがとうございます。



[ 2016/05/12 22:21 ] [ 編集 ]
岩湧山まで行けば楽しさ倍増だったことでしょう!
北尾根は私も未だ歩いたことがありません。
みーさん手術?
[ 2016/05/15 22:19 ] [ 編集 ]
がんばった後の岩湧山の開放感のある山頂ほど爽快なものはありませんね。
日差し少し暑かったです。
北尾根は簡単そうに見えて、ちょいややこしいです。
今回のメンバーもそうでしたが、すぎちゃんも岩湧山常連さんですね。
いつも素敵な写真をありがとうございます。

[ 2016/05/16 21:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ