生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

台高山系 白屋岳 (2016.4.2) 

20160402-0.jpg
白屋岳の大平にて   ※バックに金剛山系、さえぎるもの無し

【動画編】


ほぼ、オール植林帯であるが、静かでゆったりした抱擁感があった

【ルート】
 白屋廃村-大平-白屋岳山頂-大平-(下山後半部は別ルート)-白屋廃村


週末は近くの狭山池でも桜が満開となり、おまけに築造1,400年祭ということで
ラバー・ダックのあひるちゃんが来ており、これがまた桜並木と相まって・・。
ってそばまで見に行く時間が無かった。(^^ゞ
なぜかこの春はやたらと桜が美しく愛おしく思えてしまって、桜にまみれになりたいなと
思いつつも人の多いところは苦手。(^^ゞ
一箇所でじっと眺めるのも良いが、街路樹の桜であったり、民家の軒先の桜であったりと
移動しながらの眺めるのもまた楽しい。
当ブログは山関係の内容にこだわっているものの、山ではなかなか立派な桜に出会う機会がない。
だからといって完全スルーするのもどうかと思ったので、
桜の中でもソメイヨシノより好きな枝垂れ桜を、山行きの途中、
奈良県宇陀の有名な「又兵衛桜」に、ちょこっと一瞬だけ立ち寄った。
あいにくの曇り空に加えて、まだ満開とまではいってなかったけどなかなかキレイだった。
桜って、やっぱロケーションだよなぁ。
さて、宇陀まで来た時点で、なぜか行き先の山が決まってないばかりか候補すら無かった。(^^ゞ
こんな行き当たりばったりは初めてだなぁ。
近くでどこか未踏の山で良さそうなところは無いだろうかと、又兵衛桜の駐車場で下調べ。。
近くに名前をたまに聞く「竜門岳」というのがあるぞ、と起点の吉野運動公園まで行ってみるも
なぜか乗り気がしなくて・・気づいたら午前9時も過ぎて出遅れた感・・。
こんな時間から手軽に登れて満足できそうな山なんてあるのか無いのか。
できれば静かな山で。
近すぎず、遠すぎず、高速道路を極力使わず、未踏の山というこのところの自分基準に加えて
時間も時間なので歩行距離10km以下で。
行き先が決まらず時間だけが経過していく中、
ふと目が止まったレコで近くの「白屋岳」というのがわりとのんびり良さそうに思ったので
行ってみることにした。
お台ヶ原に国道169号線沿い、川上村の杉の湯の近く、大滝ダム湖を跨いで対岸の白屋へ。
大きな鹿よけゲートを2箇所、自分で開閉して、急斜面を車で登って行く。
昔にあったらしい住居跡のフラットな土台だけが残る白屋廃村。
駐車スペースはいくらでもあるのでできるだけ上に上がったところで駐める。
眺めは良く、もう山登りしなくても弁当広げようかなとさえ思ってしまう気持ちを封じて、
いざ白屋岳ピークを目指してスタートした。
そんな白屋岳はどうだったについてはいきなり総括してしまえるほど単純である。(^^ゞ
全編ほぼオール植林帯で、途中、なかなか開放感のある大平という展望地が唯一の核心部で、
二上山・葛城山・金剛山の山並みが真正面でさえぎるものがない。
来週、チャレンジ登山大会で歩く予定の稜線の大部分が一望できたのは良いか悪いか、
あんな長い、アップダウンの大きなところを、また歩くのかぁ・・ハァ・・みたいな。(≧∇≦)
大平から山頂までは一気に登る詰める感じでもなく、ちょっとした偽ピークがあったり。
池か!と思ったらイノシシの風呂場だったり、プチ自然林もあるものの、
やはりこれと言って印象は無いし、踏み跡の薄さから不人気度は伺えるものの
しっかり案内表示があったりするので迷うこともなく
初心者でも安心して安全な山歩きのできる山だと思う。
明るいし。
なんかこの、まったく厳しさの無い、やんわりした抱擁感。。なんだろこれ。
鹿の姿は見かけなかったが糞がやたらとあったので、夏場はもしかしてヤマビル出現?
ピークは一部方向に展望はあるものの、そこで休憩したいと思えるような場所でもないので
すぐに大平まで戻ってお昼することにした。
山頂直前ですれ違った単独ハイカーさんもやはり大平で昼寝しておられた。
展望も良く、金剛山を眺めながら、昼寝したくなるほどの心地よさだった。
白屋岳、今回とは反対側のルートから登るといったいどんな様子なのだろうか。
下山後は洞川へ。

その他の写真は以下より。 20160402-100.jpg
山と高原地図2012年版+GPS軌跡

20160402-2.jpg
総上昇量:710m 約6km

20160402-3.jpg
大宇陀 又兵衛桜

20160402-4.jpg
まだ六分咲きくらいだった

20160402-6.jpg
桃の木

20160402-7.jpg
白屋より望む大滝ダム湖

20160402-8.jpg
駐車地からは荒れた林道をしばらく歩く

20160402-9.jpg

20160402-10.jpg
取り付き箇所から植林帯へ進出する  林道はどこまで続いているのやら

20160402-11.jpg
踏み跡薄く不人気な山だと思われるが、看板は立派である

20160402-12.jpg

20160402-14.jpg

20160402-15.jpg
大平

20160402-17.jpg

20160402-16.jpg

20160402-18.jpg
大平はなかなかの開放感(弁当・昼寝適地)

20160402-19.jpg

20160402-20.jpg

20160402-21.jpg
白屋岳ピーク

20160402-24.jpg
少しだけ展望

20160402-22.jpg
二等三角点

20160402-23.jpg
大平に戻って遅めの昼食タイム 金剛山系を眺めながら

20160402-25.jpg


--2016/4/5 追記--

やっぱり近所の狭山池の桜も気になったので、記事とは無関係であるが
1400年祭は今年だけという希少さもあって、さきほどちょろっと見に行ってきた。
いちど家に帰ってから出かけるのは億劫であるが、やはり桜とダックは見ておかないと!
それにしても寒かった。
まるで休日であるかのように走ってる人、溜まってる若者、祭りのようなムードだった。
限定ラバー・ダック、見つけ次第買いたいなぁ。

20160405-4.jpg

20160405-1.jpg

20160405-5.jpg

20160405-3.jpg

20160405-7.jpg
ISO1600を上限に、コンデジで手持ちだとブレるなぁ。

20160405-6.jpg

20160405-8.jpg

Check [ 2016/04/04 21:44 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(12)
いろいろ条件が重なって、行きたい山と行ける山の選択が難しくなってきましたか?
白屋岳は地図ではよく目に入ってきますが、なかなか行く気にはなりそうにない山です。
でも、のんびりするにはよさそうな場所ですね。
[ 2016/04/04 23:09 ] [ 編集 ]
未踏の山を歩くワクワク・ドキドキ感は捨てがたいですね。
この程度の距離感なら金剛山系でも良かったのですが、
ちょっと知りすぎてしまっているかなぁ。
白屋岳はわざわざ行く山ではないかな。。
大平は展望もよくのんびりできますが、あの日はすでに暑かったです。
白屋廃村だけでものんびりできそうです。
[ 2016/04/05 06:51 ] [ 編集 ]
この山は反対側しか行ったことがありません。
しかも、山頂を目指したこともありません(笑)

年に一度、梅雨時に行きますが、ヒルにあったことはないですねぇ
シカを見たこともないですが(^^;

[ 2016/04/05 08:40 ] [ 編集 ]
早送りしてもブレないですね。
手ブレを抑えるのに限界を感じているので、私も検討しています。
ただ、上下の揺れを抑えるためにはやはり三脚で前に突き出さないとだめでしょうか。そうなると重くてたいへんそう。

ところで、ヤマレコでいいねをありがとうございます。
来年はぜひ雪山に挑戦してみてください。楽しいですよ。
[ 2016/04/05 08:58 ] [ 編集 ]
白屋岳ってどこ?と思って地図を広げたら確かにありますね。
私の持ってる「山と高原地図」は2010年版でそれには
赤字で「白屋から白屋岳へは入山禁止」って書いてあります。
キバラーさんのは2012年版で、それはもう書いてないですね。
登山道には不似合いなくらいの標識もあるので、今は大丈夫みたいですね。

山には行きたいけど、行先はイマイチ決まらない時ってありますよね。
そんな時は私はたいてい金剛山です。

又兵衛桜は奈良県身ですがまだ見たことがありません。
桜はいつも見ごろが短くて、行こうって思った時には
散っていることが多いですね。

[ 2016/04/05 21:34 ] [ 編集 ]
反対側、何かありましたでしょうか。
あ、もしかしてコアジサイの群生地ってココでしたか!
だったらなるほど有名な山ですやん。(≧∇≦)
ヒル居ませんか。
こんどは反対側に行ってみたいです。
[ 2016/04/05 22:11 ] [ 編集 ]
試し撮りする時間無かったのでぶっつけ本番でしたが操作を少し間違ってました。
もっと安定して撮れる操作をしてませんでした。
オール手持ちでオプション無しです。
バッテリーは5個準備しました。(≧∇≦)
慣れてくるとスマホ無しでWiFiオフで十分使えそうです。
ただ、後から判ったことですが、ビットレートが低く、早送り編集するとブロックノイズが。
SONYのアクションカムレベルじゃないですかこれ。。
ツボ踏んだかも。。
あ、ドローン、スペアいりませんか?
雪山ですね。。(^^ゞ
[ 2016/04/05 22:12 ] [ 編集 ]
私も当日まで意識したことがなかった山です。
コアジサイの群生地として有名な山域だったみたいです。
どうりで聞いたことがあるなぁと思っていたんです。
たしかに昔のヤマコーには、白屋からは入山禁止となってました。
新しいヤマコーには記載ありませんし、植林帯に不似合いな道標もあるくらいなので。
でも踏み跡は薄くて、マイナーなのかあまり歩かれてないみたいです。
中学校が作った標識みたいなのもあったので、近隣の学校の体力づくりの山登り行事などでも使われているのではないかと思いました。
桜はほんと見頃が短いですよね。
一週間経つか雨でも降れば散ってしまって葉桜へ。。
はかないです。。
[ 2016/04/05 22:13 ] [ 編集 ]
白屋岳、6月のコアジサイを見に行ったことがありますが、ピークは踏んでいないです・・・(^^ゞ
和佐又のオオヤマレンゲ&白屋岳のコアジサイというコースもいいかもしれませんね。

「政治的な意味合いもなく、国境・人種・年齢に関係なく、すべての人々を癒し、子供の頃の記憶を呼び起こさせる幸福の象徴」
ラバーダックはこんなコンセプトで作られ、世界中を旅しているそうですね。
今回、私は初めて知りました。
夜桜とラバーダック、そう思うと何だかよく似合っています(*^_^*)
[ 2016/04/07 14:10 ] [ 編集 ]
何度も行ってる所ですが、山頂は一回だけでしかも反対側から。
コアジサイの時にしか行かない山です。
大平で弁当広げるのも良さそうですね。

何だか動画がすごくなってきた気がします。
僕は編集時間なくて休眠状態です。
機材導入の為の懐具合も関係してますが(^^;)
[ 2016/04/07 18:07 ] [ 編集 ]
コアジサイ群生の見頃は6月なのですね。
よくみなさん行かれてらっしゃるのを見たことがあります。
厳冬期の御船の滝の氷爆と同様、付近の山登りと連続してない(近くの山を登っていない)なぁと思っていたんです。
機会があれば反対側から登ってみたいです。

ラバーダックのコンセプト、ぜんぜん知りませんでした。
メッセージ性が無くて、幸福の象徴とは素晴らしいですね。
ますます好きになりました。
中之島等に来ていたときに見に行きかけたことがあったのですが、
雨にたたられたりして狭山池に車で会ったことがなかったんです。
狭山池の桜はまもなく葉桜、そして今日の春の嵐で花散らしとなったことでしょう。
儚いものですね。
[ 2016/04/07 22:37 ] [ 編集 ]
コアジサイ群生は、これまでもよくのぶさんのブログ等で写真だけは拝見しておりました。
ここでしたかぁ。
コアジサイを見に行くとなったら、どの山の山登りとセットにすればいいか難しいところです。
梅雨時期は台高というとどうしてもヒルが頭をよぎるものですから。
太平は直射が暑かったですが静かに時間を忘れてのんびりできるところでした。
まさに弁当広場・昼寝適地です。
虫がまだ居ない今がベストかもしれないですね。
暑かったり、寒かったり、虫が居たりで、山で快適に休憩するのはなかなか大変なことですよね。(^^ゞ
のぶさんTVが最近アップされないので寂しい限りです。
動画、試行錯誤の連続です。
今年はもうカメラ関係に投資はしないつもりでしたが。。
あれもこれもなんて欲張っても持って歩けないですよね。。
最近ののぶさんのようにTG-4 Tough+FishEyeでカメラを軽量化して1本化して
ヤマレコだけでやって行けたら帰ってから更新しやすくて後が楽で良いなぁと思いつつあります。
[ 2016/04/07 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ