生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第434回 (2016.1.30) 

20160130-0.jpg
金剛山山頂捺印所前にて 山頂カマクラ

【動画編】


雪なし、雨上がり、豆乳鍋うまし

【ルート】
 登り:郵便道
 下山:マツバカケオルート


山頂の気温が先週末とは真逆のプラス9℃くらいまで上がった後に降った雨。
そんな雨上がりの翌日の今日、最悪のコンディションだなぁとは思わなかった
と言えばウソになる。(この言い回し古いね)
山行きは可能な限り朝早くからのスタートが気持ちいいわけであるが、
さすがにこんな天気では早起きしても仕方がない。
つまり、近場の金剛山へなら遅いスタートでも。。
10時の開店時刻は買い物の後に山に行くには遅すぎやろ~
と思いつつも奈良側の「梅本とうふ店」に向かったら
10時どころか11時も迫る時間に着いてしまった。(^^ゞ
豆乳鍋に、冷や奴に、薄揚げに、豆腐ドーナッツまで試食をいただいて、
山登りする前からランチ終了的な状態になってしまった。
梅本とうふ店との出合いは古く、当ブログで紹介したのは実に2009年のことである。
あの頃は同じ価格でももっと豆腐が大きかった。。
今では食事もできる店もやっておられる。
どれをとっても美味しくて、薄揚げはオーブンでカリっと焼いて生姜にゆずポン。
主力商品の金剛とうふ(もめん)と葛木とうふ(きぬ)は、豆乳鍋に入れるのはもったいなくて、
鰹節にゆずポンで食べる冷や奴や生姜をのせて湯豆腐で食べるのが最高である。
今回は買い物とは別に、豆乳鍋セット(出汁、豆乳、金剛とうふ1丁、厚揚げ2枚入り)を買い
金剛山で豆乳鍋のランチを試してみることにした。
というか昔からやってみたかったのに今になってようやく実現したという話である。

奈良側に居ることもあったので、わざわざ水越側や大阪側に戻って登ることもない。
奈良側だと駐車料金は要らないし、少しでもスタートを早くできる。
とは言え、奈良側はどのルートも長い。
そんな中でも今日はスタンダードな郵便道(迂回ルート)から。
奈良側のメジャールート2強は今回の「郵便道」と、
コースタイムは長くなるが整備が行き届いていて快適な「天ヶ滝新道」だと思っている。
どちらも無料駐車場が確保されているのが良い。
登り出しが11時半にもなってしまい、
奈良側だけに午後ともなると太陽が大阪側に行ってしまって薄暗くうら寂しくなるので
常連さんもいるルートながらも午後からは極端にハイカーの数は少なくなる。
今日のようなコンディションでは予想どおり誰にも遭わなかった。

葛木神社裏手のみ若干の霧氷あり。
団体さんが鳥の餌場から来たと思ったら、その中に顔見知りのまっちゃんがいらっしゃった。
山頂14時のライブカメラ数分前に到着し、時計台ポーズに向かったものの、
大人数の山ガールたちを前にして、小心者の自分はすっかり圧倒されてしまってあっさり辞退。
とぼとぼと捺印所に引き返してきたところで、
昨年から山登りをはじめたという単独男性から声をかけていただいた。
その節はありがとうございました。
ファイントラックのハードシェルはかっこよかったなぁ。高そう。。(^^)
売店に少し立ち寄り後、下のルートでちはや園地に向かおうとしていたら
マジックアイゼンでお馴染みのピノプランの松本氏に遭遇。
奈良側へ一緒にお付き合いしましょうか?と声をかけていただいたが、
お昼がまだなので、と失礼させていただいた。

園地に着いたら15時。
急いで遅い昼食の豆乳鍋を作る。
エクスプレス・スパイダーストーブⅡというバーナーを使うのは久しぶりだったので
点火装置が付いていないことすっかりを忘れていたがライターの準備が無い。
鍋なのに山グッズの折りたたみお玉が出発前に見つけられなかったので持って来なかった。
スポークだけでは不便なので、お玉とライターをキャンプ場で借りた。
後でよくよく考えたら、ユーコの消えないマッチ「ストーム・プルーフ マッチ キット」を装備してたんだった。
一度も使ったことがないのでザックに入れていたことも忘れていた。(^^ゞ
結果的に豆乳鍋はすごく美味しかったが、準備から片づけまでめんどくさすぎたなぁ。
鍋モノは複数人でやってこそ楽しいし分担もできる。
あ、それとやっぱりチタン鍋はダメ。弱火でも熱伝導率が悪くて火の当たる部分が焦げやすい。
エクスプレス・スパイダーストーブⅡも気温0℃くらいでも火力が弱くてとろ火である。
さすがにしびれ切らして燃料をお湯に浸けて火力回復を行うなど涙ぐましい努力の末、
ようやく食事にありつけたが、袋に入った出汁を鍋に注ぐときに3割ほどこぼしてしまったり、
出汁袋の後始末などなど、準備から片付けまでバタバタし通しだった。(` ´)
いつも凝った山メシ、ステイ鍋で有名なステイゴールドさんなんかとても器用で真似できないなぁ。
下山は湧出岳の少し下から取り付くマツバカケオルートにて。
そういえば奈良側最恐イワゴノ谷ルートは崩落で不通というか消滅してしまったとか。
クソマル谷ルートは大丈夫だろうか。

その他の写真は以下より。 20160130-1.jpg
山と高原地図+GPS軌跡 反時計回り

20160130-2.jpg
地形図+GPS軌跡

20160130-3.jpg
梅本とうふ店  店先には自産自消の持ち売り商品やおからも。

20160130-4.jpg
開店してまもなくだったので試食のフルコースをいただいた

20160130-5.jpg
契約栽培大豆使用 福岡県宗像・犬城 天然にがり100%

20160130-6.jpg
主力商品の見本 金剛とうふ、葛城とうふ、うすあげはぜったい外せない

20160130-7.jpg
次の試食用豆乳鍋がスタンバイしていた

20160130-8.jpg
こだわりの自産自消のいろいろ

20160130-9.jpg
新郵便道(迂回ルート)からスタート

20160130-10.jpg
テカテカ

20160130-11.jpg
ジメジメベッタンな植林帯は冬でよかった

20160130-12.jpg

20160130-13.jpg
山ヌケ崩落箇所

20160130-14.jpg
突き出した倒木

20160130-15.jpg
崩落箇所の上部はマツバカケオルートが通っている(ルート上から見下ろせる)

20160130-16.jpg
間伐はもちろん、枝打ちさえもされていない暗い植林帯が多い

20160130-17.jpg

20160130-20.jpg

20160130-18.jpg
500段の階段

20160130-23.jpg

20160130-22.jpg
葛木神社裏のブナ林付近にのみ霧氷が見られた まっちゃんとの遭遇箇所

20160130-24.jpg

20160130-21.jpg

20160130-19.jpg

20160130-25.jpg

20160130-26.jpg
山頂カマクラを保護するために昨日はブルーシートがかけられていたそうだ

20160130-27.jpg
エクスプレス・スパイダーストーブⅡはたとえ気温0℃クラスでも冬季はまったく使い物にならない
五徳が3点支持なので鍋の置き方が悪いとバランス崩しそうになる点も☓
点火装置が無い

20160130-28.jpg
梅本とうふ店の「豆乳鍋セット」の内容(2人前入り1,080円)

20160130-29.jpg
かなり美味しくいただきました

20160130-30.jpg
マドレーニュで珈琲ブレイク

20160130-31.jpg

20160130-32.jpg

20160130-33.jpg

20160130-34.jpg
マツバカケオルート唯一の展望箇所
今日も、もしかしたら!?
暗くなる時間に時計台ポーズかな?と思い僕も登っていました( ̄▽ ̄)
1人鍋ですか〜
最近は、湯も沸かさない雪山スタイルでウルトラライトで登っています!
[ 2016/01/31 21:01 ] [ 編集 ]
さっそくのコメント、素早すぎです。(≧∇≦)
今日は夕方に登ってらっしゃったのですね。
惜しいです。
お湯も沸かさない(山専ボトルに熱湯を入れてくる?)ウルトラライトスタイルとは寝耳に水です。
年越し登山のあの凝りまくった鍋祭りは何だったんですか?!
イータスパイダーかイータパワー・EFをマジで真剣に買わないとって思ってるところなんです。
[ 2016/01/31 21:08 ] [ 編集 ]
ブナ林のそばで、またお会いしましたね。

日曜日は、地元から関西に出てきている高校の同窓生(といっても年齢はバラバラですが)たちと「氷瀑・樹氷【を想像しよう】ツアー(笑)」で、えさ場で鳥たちと遊んで、そろそろ文殊尾根から下山しようかと移動している時でした。

奈良側から登って来られたんですね。私たちは今回は葛城登山口から水越峠経由で紅葉谷本流ルートを登ってきました。

まだ、奈良県側からは全く登ったことがないので、今年は奈良からのルートにチャレンジしようと思っているところです。
また、お見かけした時は宜しくお願い致します。
[ 2016/02/01 09:23 ] [ 編集 ]
ウルトラライトを目指していた時期もあります!
道具もウルトラライトで揃えました!
軽い道具でもチリも積もれば重たくなるとわかってしまいましたw
僕たちは、1人1つの鍋!MYイータ!!を目指してしまい、今のような感じになってしまいました。
最近では、前の日の晩に登山口でテント内で鍋パしてグッスリ寝てから登っています。
EFは、実際見ると購入意欲がなくなるくらい大きいですが、道具を分担するのであれば良い道具だと思います。(テント・調理器具を完全に分担していて雪山で1人滑落したら皆大変なのでMYイータです。)
最近の悩みは、ウルトラガスを毎回好日山荘に買いに行くのが面倒です。(行ってもあまり在庫がないです。コーナンとかで売ってくれると助かりますが・・・)
あと、フライパンを買って山頂3分クッキングではなく3時間宴会をしたいと考えていますw
[ 2016/02/01 10:00 ] [ 編集 ]
先日はまたまたお会いしましたね!
前回お会いした時はブログ記事は書かなかったので正確にはいつだったか覚えていませんが最近寺谷でお会いしましたね。
葛城山、チャレンジ登山、寺谷、そして今回で4度目だったでしょうか。
あと一回くらいどこかでお会いしてますよね?
わりとよく遭遇しているほうだと思います。(^^)
氷爆を想像しようツアーとは面白いですね!(≧∇≦)
それにしても温かくなったものです。
まだ3月でも4月でも雪が降る日があるので諦めれませんよね。
第六堰堤の氷爆は振り出しに戻っていましたかぁ。。残念。
わずか一週間で極端すぎですよね。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております!
[ 2016/02/01 20:50 ] [ 編集 ]
こばちゃんが悟られた事を私も感じてました。
けっこういろんなグッズやバッテリー類だけでも種類が多いのですが、食料は入ってないし、一つ一つは軽いのになんでザックこんなに重いんだ?っていうのが最近の口癖です。(^^ゞ
マイイータスゴイですね!
一人が遭難して消えても、他のメンバーが食えさえできれば二次遭難を防げるって発想ですか~。(≧∇≦)
リスク分散ってやつですね。
ガスは面倒ですよね。
特にジェットボイル用となるとモンベルにしか売ってないので、イワタニ・プリムスのパワーガスで代用するも、火力が弱いです。。
カップラーメンはこの冬はまだ一度も山で食していません。
脱カップ麺、脱袋麺!
最近はおいしいパンとおいしいスープ、おいしい食後の珈琲というパターンに落ち着いています。
三時間宴会、良いですね!
風よけにテントの中でお昼を過ごしたいです。
アポロが欲しい。
なんぼでも荷物が重くなっていきますね。

[ 2016/02/01 20:59 ] [ 編集 ]
先日は突然に声を掛けて申し訳ありませんでした。
いつもここのブログ見せてもらっていていて、金剛山でいつかお会いできるかと思って楽しみにしてました。
後ろ姿ですが自分の姿をパソコン画面で見るのは複雑な心境です。見た目もう少しかっこ良ければいいのですが。
またお会いした際はよろしくお願いいたします。
[ 2016/02/01 21:05 ] [ 編集 ]
おっしゃる通り1週間でこれほど温度差が激しいと何やら体がついて来ないと申しましょうか?
せっかくの積雪も尽く解かされてしまいましたね。

そのお豆腐屋さん、気になりますので一度訪ねてみます。
[ 2016/02/02 00:10 ] [ 編集 ]
はじめまして。
先日はお声がけいただきありがとうございました。
人の少ない静かな山歩きのできた一日でしたね。
金剛山は季節や気温や天候でいろんなカラーがあって楽しいです。
動画に出ていただいてありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしております!
[ 2016/02/02 06:51 ] [ 編集 ]
先週末とのあまりにも変わりように季節をタイムトリップしたのかと思いました。
多少でも白いものがあるかとおもいきや、雪?ナニソレ?って感じでした。
豆腐は鍋に入れるのがもったいない味です。
日曜日とかは定休日なんですよね。
豆腐鍋の賞味期限は二日あるので日曜日に楽しむなら前日に買っておく必要がありますね。
開店時間から遠ざかるほど売り切れ続出なので予約が必要です。
[ 2016/02/02 06:56 ] [ 編集 ]
雪、消えちゃいましたね・・・(>_<)
今年の雪は根雪にもならず、少し気温が高くなるとすぐに消えてしまいます。
先週の寒波でも、あまり積もりませんでしたし。
山頂の気温が9℃では、そりゃ融けますよね。

豆乳鍋、美味しそうですね。
冬のお昼は暖かいものが何よりです。
でも、先週のようにマイナス10℃になってしまうと、温かいものもすぐに冷めてしまいます。
出来上がるを待っている時間も結構辛い・・・かな(^^ゞ
梅本さんのお豆腐を買ってきて、私は家でやってみま~す(*^_^*)
[ 2016/02/02 18:26 ] [ 編集 ]
奈良県民としては奈良側ルートの「郵便道」や
「マツバカケオルート」が紹介してもらえるのはうれしいですね。

個人的には階段ばかりの「郵便道」より
足にやさしい「マツバカケオルート」のほうが好きですね。
最近、このルートを歩きてないのでそろそろ歩いてみたくなりました。

それにしても「マツバカケオルート」って
ネーミングにどんな意味があるんでしょうね?
[ 2016/02/02 20:55 ] [ 編集 ]
この冬は金剛山では雪は期待できない感じですね。
逆に、例年並みだととても厳しい山がちょうどイイ感じに登りやすいのではないでしょうか。
山めしを野外で楽しむのは気温0℃くらいまでという感じでしょうか。
0℃以下は立ったまま食べる行動食のようなスタイルになりませんか?
梅本とうふ、あと一時間でも開店を早めてくれると山登りにはうれしいのですが。
[ 2016/02/02 21:52 ] [ 編集 ]
奈良側は距離が長いせいもあってか、大阪側のハイカーがわざわざ登ることは少ないかと思いますが大阪側とはまた雰囲気がぜんぜん違っていて同じ山だと思えないくらい活気が無い(≧∇≦)ですけど、静かが良いときにはいいですね。
天ヶ滝新道も好きですよ。
マツバカケオのネーミングの由来は何なのでしょうね。
最後のオは尾根の尾でしょうけど。
[ 2016/02/02 21:52 ] [ 編集 ]
マツバカケオ・・高天谷とイワゴノ谷の間の尾根ですね。
古い山と高原地図にありました。
イワゴノ谷ルート消滅ってほんとうですか?!
もう長いこと歩いてませんが、どんな状態なのでしょう。気になります。
[ 2016/02/03 05:54 ] [ 編集 ]
マツバカケオや天ヶ滝新道は、歩いてみるとあちこち分岐していたりと実際には踏み跡はやや複雑です。
ちょっとそのあたりを次の記事で簡単な図にまとめてみました。
イワゴノ谷は崩落したそうです。
最終の詰めも無理があるのでそもそもルートと言えないですね。
私も最近の奈良側はメジャーなところしか歩いてないです。
百々川ルートとか最近歩いた人居るのかな。。
[ 2016/02/03 20:47 ] [ 編集 ]
はじめまして。アウトドアメディア「CAMP HACK」のライターです。「プリムス」特集記事にてこちらの魅力的なお写真を是非使用させていただければと思います。ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。info@spacekey.co.jp
[ 2016/04/06 20:33 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
このような記事で差し支えなければお使いくださいませ。(^^)

[ 2016/04/06 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ