生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 中八人山 (2015.11.21) 

20151121-0.jpg
中八人山にて

【動画編】


まるで人生の縮図のような道のり

【ルート】
 滝谷橋(7:25)-石仏山(10:00)-宮ノ谷ノ頭(10:08)-中八人山(11:50-12:15)-
 西八人山(12:30-14:15)-石仏山南峰(15:45)-滝谷


つらい事のほうが多いけど、ほんのひとときの幸福がそれらを帳消しにしてくれる、みたいな。
このままずっと安泰だろうと思ってたら、予想外の難路になったり・・・
まぁ、山ってみんなそうかな?(^^ゞ

11月も後半戦に突入して、今年も残すところあと一ヶ月ちょいというのに、
本日は天候も良く、暖かそうで、前からずっと気になっていた大峰最深部、
中八人山」を目指すことにした。
車中泊では熟睡できないので、少しでも布団で寝て、遅めの早朝出発。
国道168号線を十津川方面へ、谷瀬の吊り橋を過ぎてさらに南下する。
このあたりの山岳路は道路整備が進んでいて、昔に比べてとても走りやすくなっている。
風屋ダムのあたりから「笹の滝」へ通じる林道へと入る。
こんな山深いところに民家があるのが信じがたい。
自給自足なのだろうか?買い物とかどうやって生活しているのか?
Amazonポチとかしまくっても宅配便はちゃんと届けてくれるのだろうか?と心配になる。
取り付きのある「滝谷」に到着したのは7時すぎ。
車が数台停めれるスペースがある。

山と高原地図ではオール破線でコースタイムが非常に長く、ピストンするしか無い一本道だ。
果たしてどんなところだろうか。
林業モノレールの車庫の左手から取り付くなり、いきなりの急登。
それは穏やかになることがほとんど無いまま延々と続く。
日本三大急登の6番目くらいにキツイんじゃないかと思ってしまうほどだ。(≧∇≦)
ガレているわ、馬酔木などの木の枝が障害になるわで下山はここを通りたくないなぁと真剣に思う。
休憩のときに地形図を舐め回して周回できないかどうか確認しようと思ったほどだ。
これはもしかしてモノレール沿いのほうが歩きやすいかもと、
一時はモノレール沿いに歩いてはみるが、高度を上げてくると植林帯になって
登りの半分に達しないあたりでモノレールは終了。
植林帯が終わって自然林帯に突入するも開放感はなく、とても寂しいところ。
「トチの巨木」とやらまで登ってくると、ようやく明るく開放感のある様子になった。
それにしても長かったなぁ。。ホンマぜったいここ下りたくなくわ。
ちなみに、トチの巨木はぜんぜん巨木というほどでもなかった。(^^ゞ
そこからはすぐにピークに達して「石仏山」に到着。
撮影しながらゆっくりであったが二時間半もかかり、コースタイムに遅れること30分。
このままコースタイム通りに行ったとしたら13時に中八人山に着くのではないか?
休憩時間なしで折り返ししなければならないなんて想像したくもない。
「宮ノ谷ノ頭」あたりから一瞬難路になったり、
「西八人山」直前あたりはコワイくらいにオドロオドロしいごちゃごちゃゾーン。
登り基調の稜線歩きは、撮影しながらのゆっくりモードでも
二時間足らずで「中八人山」に到着することができた。
さぁ、お昼にするぞ!と思いきや、遠くから眺めたときには穏やかで丸く、広そうに見えたのに
実際は見かけだおしで、反対側は切れ落ちた半球状の山ではないか!
わかりやすく説明すると、アルファベットの「D」みたいなのが埋まっている感じ。
D←こっちから見た感じ。(≧∇≦)
こんなところでお昼するには落ち着かないぞ。
南八人山が眺められるほうへと移動すると、そこは開けていて展望抜群!
しかしながらあまりフラットではなく、むしろ南八人山のほうがかなり良く見えたが、
残り時間を勘案すると「南八人山」に行っている時間が無いかも。
フラットじゃないとレジャーシート敷いて靴脱いで昼寝したりできないではないか。
風もなく暖かく、汗をかくほどだったのでゆっくり休憩できそうだ。
フラットな場所が無い無い、早くお昼にしたいぞと歩きまわっていたら
中八人山にはなんと20分以上も滞留してしまっていた。
西八人山のほうを眺めると、これまた穏やかで優しそうでピークがフラットに見えたので移動開始。
もうかなりの腹ペコである。
シダ類ゾーンの斜面をショートカットでようやく西八人山ピークに到着するも展望イマイチ。
「隣の芝生は青く見える」じゃないけど、眺めているだけでは良さそうに見えても、
行ってみたらイマイチだったってことはよくある事。(^^ゞ
展望とかよりフラット重視でとにかくお昼にする。
しずかで快適すぎて、うつらうつらと二時間近くも長居してしまった。
こんなことなら南八人山に行けたではないか!
稜線歩きのコースタイムが甘々なのを良いことに、調子に乗って休憩しすぎた。
さて、下山の復路はカメラも片付けてノンストップで。
山と高原地図に「迷」マークがあるのはなぜ?と思っていたが、
逆向きの復路では、西八人山付近は「あれ?どっちだったかな?」みたいな感じだった。
防災ヘリが天竺山あたりをホバリングしていたので遭難があったようだ。
稜線上には両手いっぱいほどの熊の糞がおびただしくあちこちにあった。
日中に出くわすようなことはまずないだろうが、それくらい人が来ない山なのかも。
こんどは一時間半足らずで石仏山まで戻ってこれたので、
せっかくなので南峰に行ってみたけど展望もなく、これといって特筆すべき点なし。
再び石仏山まで戻ってからはいよいよ最悪な下山路である。
モノレール道を歩いても登山道を歩いてもどうにもこうにもたいへんであった。
ほとんど人の入らない大峰最深部を知ることができたのは良かったけれど、
いつかどこかでみた風景に似た場面が多かったのもたしか。
それは台高や大峰のマイナールートによくある風景というか。
それにしてもなかなかハードだった。。

その他の写真は以下より。
20151121-72.jpg

20151121-1.jpg
山と高原地図2015+GPS軌跡

20151121-2.jpg

20151121-3.jpg
滝谷橋  ※すぐ近くの奥里まではなんとバスが来ている

20151121-4.jpg
林業モノレール小屋の左手から取り付く

20151121-5.jpg
取り付くとすぐこの看板がある

20151121-6.jpg
いきなりの急登

20151121-7.jpg
この後、延々とネット沿いの急登

20151121-8.jpg
ずっと続くネット沿いを歩いていると、動物園の檻に閉じ込められているような気分になってくる

20151121-9.jpg
登れど登れどこんな状態では気が滅入るなぁ

20151121-10.jpg
振り返ると天竺山

20151121-11.jpg
モノレールが営業運転していれば片道だけでも乗りたい・・

20151121-13.jpg
一瞬、モノレール線路に合流

20151121-14.jpg

20151121-15.jpg

20151121-16.jpg
一時間半ほどで500mほど登ってきた(金剛山くらい)

20151121-17.jpg
まだまだネット沿いが続くよ

20151121-18.jpg
ようやくモノレールが終わって植林帯へ(ネット沿いではある)

20151121-19.jpg

20151121-20.jpg
ここまで来るとようやくネットゾーンが終わって自然林帯で突入

20151121-21.jpg
落葉していて明るいのに、なぜか開放感がなく寂しいところ・・

20151121-22.jpg

20151121-24.jpg
山と高原地図に書かれている「トチの巨木」とはこの木

20151121-25.jpg
すぐ向こうのピークらしくないところが石仏山

20151121-26.jpg
石仏山(まで10秒) (≧∇≦)

20151121-27.jpg
石仏山は、石佛山とも書くようだ

20151121-28.jpg
石仏山からは快適なトレイルかと思いきや、そうでもない

20151121-29.jpg

20151121-30.jpg
等高線を見る限り、台高のような両サイドの幅広感は無い

20151121-31.jpg
ここが稜線上で最も開放感のあるゴキゲンなゾーンだった

20151121-32.jpg

20151121-33.jpg

20151121-34.jpg

20151121-36.jpg

20151121-35.jpg
かれこれ11時になるというのに、宮ノ谷ノ頭までまだまだである

20151121-40.jpg
「宮ノ谷ノ頭」はこんなに荒れた感じ

20151121-38.jpg
宮ノ谷ノ頭からは奥八人山方向への展望があった

20151121-42.jpg
北側、釈迦ヶ岳方向に展望あり

20151121-41.jpg
ちょろっとズームするとこんな感じ

20151121-43.jpg
ここからがオドロオドロしいごちゃごちゃゾーン

20151121-44.jpg

20151121-45.jpg

20151121-46.jpg
引き返したくなるようなオドロオドロしさがちょっと怖い

20151121-47.jpg
ようやく開けたところに出ると、「中八人山」が前方に見えた

20151121-48.jpg
一旦下ったところにあった巨木

20151121-49.jpg
軽く登り返す

20151121-50.jpg

20151121-51.jpg
12時直前、ついに「中八人山」ピークに到着した

20151121-53.jpg
山名板が無いので三角点タッチ

20151121-52.jpg
「このやぐらは・・・展望台ではありませ・・」って、そんなものはどこにも無かった

20151121-55.jpg
ピークから少し南側に行ってみると、南八人山を望む展望スポットあり

20151121-56.jpg
南八人山をズーム  ここだけは行ってみたかった

20151121-59.jpg
お昼はとりたてて良い場所でもない西八人山にて過ごす

20151121-60.jpg
デジタルデバイス総動員も、今回は少々オーバースペックだった

20151121-61.jpg
C4FM FDMA デジタルアマチュア無線機

20151121-62.jpg
いつ食べてもウマすぎるヤンヤン

20151121-63.jpg
復路はたしかに迷いそうになる

20151121-66.jpg

20151121-68.jpg
石仏山 南峰

20151121-69.jpg
「石仏山 南峰」と書かれたテープ

20151121-70.jpg
さぁ、ここから反転、折り返してひたすら長い下山路へ

20151121-71.jpg
まもなく日没・・
Check [ 2015/11/23 21:24 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(10)
11月中にこの山に行ってみようかと考えていたところです。
思っていたより大変そうですね。
[ 2015/11/24 07:39 ] [ 編集 ]
随分前にキバラさんと同じコースで登ってます。その前は十津川の滝から425に入り大野出会から村道大野線を北上してキャンプ場まで入り南八人山、中八人山を往復しました(^ム^)
[ 2015/11/24 17:57 ] [ 編集 ]
「中八人山」ってどこ?って感じで
思わず地図を取り出して調べましたよ。
ぜんぜんノーマークの場所でした。

まだまだ、大峰は行っていない場所が多くて
私がここに行くのは3年後くらいになりそうです・・・
今週末から寒くなって来て大峰は遠い世界になってしまいそうですね。
[ 2015/11/24 20:30 ] [ 編集 ]
中八人山よりも南八人山はぜひとも行ってみたいところでした。
南側のルートから攻めれば、南八人、中八人、奥八人くらいはピーク取れると思います。
私は今回は石仏山から中八人山の稜線を歩いてみたかったという理由もありましたが高低差がかなりあって疲れました。
今晩から寒くなり、大峰への足も遠のきそうです。
[ 2015/11/24 20:58 ] [ 編集 ]
さすがkosiziさんはすでに登ってらっしゃいましたか。
しかも過去2度も!
十津川の滝からのルート、今後の参考にさせていただきます!
ありがとうございます。
[ 2015/11/24 20:58 ] [ 編集 ]
南奥駈道は完全に未踏のままだというのに、山名と最深部という響きが気になっていました。
それにしても今年はマイナーな山行きが多かったです。
今晩から急激に冷え込みが来ましたね。
さすがにもう年内は大峰や台高は寒さ厳しくなりそうですね。
[ 2015/11/24 20:59 ] [ 編集 ]
orisさんと同じ・・・「中八人山ってどこ?」
大峰の最深部ですか~。
初めて知りました(>_<)
アキレス腱が思い切り伸びそうな長い急斜面。
落葉がフカフカの綺麗な稜線は、この季節見通しも良くなって眺望が素晴らしいですね。
青空も美しい~。
そろそろ、大峰も冬支度に入りそうです。
お疲れさまでした(^o^)
[ 2015/11/25 17:47 ] [ 編集 ]
前に同じルートで西・中・南・奥と行きました。
下八人だけ抜けてるのでまた行きたいと思ってます。
昼休憩は南八人山か奥八人山が良いですね。
どちらもノンビリできます。
[ 2015/11/25 18:51 ] [ 編集 ]
SACHIさんがご存知ありませんでしたか。
私の中では大峰最深部で有名なのでずっと気になってたんです。
高低差には参りました。
これなら前鬼から南奥駈道を冷やかしに行けばよかったと思えるボリュームでした。
昨日までは秋だったのに、急転直下、今日から真冬の寒さになりましたね。
しかも雨。
心の準備にまだ冬支度が追いついていません。
[ 2015/11/25 20:53 ] [ 編集 ]
のぶさんのレコも参考にさせていただきました。
奥はとても行く気になれず、南は行かなくて後悔しています。
いつかまたリベンジ(南ルートから)を果たしたいと思います。
行ってみないとわからないことが多いですね。
[ 2015/11/25 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ