生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

六甲山系 ロックガーデン (2015.7.20) 

20150620-0.jpg
芦屋ロックガーデン ピラーロックにて

【動画編】


暑くても、やっぱりロックガーデンはオトナのジャングルジムだった

【ルート】
 滝の茶屋(高座の滝)-地獄谷遡行-C懸-B懸-ピラーロック-中央尾根クロス-
 だるま岩-五叉路-展望のある岩-(昼食)-横池-風吹岩-中央尾根-滝の茶屋


やたら水量の多い地獄谷を抜けると灼熱の炎天下。またしてもバテた。
なぜこんな時期に六甲かという話は置いておくとして、
ちょうど2年前の2013年7月20日のまさかの同じ日の暑い日にロックガーデンに来ていた。
あの頃は若かった。今より2歳も。(≧∇≦)
あの時は体調イマイチだったのも手伝って横池までが限界だった。
はてして今回は。。
六甲山には地獄谷と名の付くところが他にもあり、裏六甲の地獄谷は未踏で、
どうやら楽しいらしいので、今回歩いてみたかったが、
先週末、神戸方面に停滞した雨雲による集中豪雨で水量がかなり多いことが予想された。
水量が多いと突破できないところがあるとか。
今回は裏六甲側まで行く気力も無かったのでいつものように表六甲芦屋のロックガーデンへ。

起点の滝の茶屋(高座の滝)から少し上がったところでいつものごとく地獄谷の沢へと下る。
中央尾根は下山でしか使ったことが無い。
先行する男性が大ジャンプをして流れを飛び越えている。
思いのほか水量が多く、たしかにこれは大ジャンプするしかない。
なんとか着地したものの、水量の多さは通常時の倍以上にも思え、この先が少々不安も。
それでもなんとかカメラを濡らすことなく、楽しみながら沢を遡行することができた。
地獄谷が初めてと思われる方が多数見受けられ、沢の遡行は無理と判断したのか、
踏み跡の無さそうな高所を高巻きしている人がいた。
こっちは沢の中なので落石でも落とされたらたいへんである。
流れる水の音が大きく、わざわざ上を見上げなければ上に人が居ることに気づかなかった。
進行方向正面や足元だけでなく、常に廻りの状況に変化が無いかと意識しなければならない。
地獄谷の終点である「小便滝」からは沢を離れて炎天下の中への登りとなる。
ここからは迷路の始まりで、以前、段取八分さんに案内してもらった通りしか歩けない複雑さ。
ちょっとでも違う踏み跡を冒険してしまうとどこに出てしまうかわからない。
神戸の街並み、海、風、オトナのジャングルジム、ロックガーデンは暑くても楽しかった。
今回の目標は、あの一本松の黒岩や、こんな岩の上にもう一度行ってみたかった。
そのためには奥高座のほうに行かなくてはならず、手っ取り早く大通り(中央尾根)に復帰したかった。
記憶を頼りになんとか中央尾根に出た時にはけっこうバテてきた。
中央尾根を交差するように跨いですぐに下る。
久しぶりにあの「ダルマ岩」も見に行こうと思った。
途中、単独女性と出会う。
挨拶をすると、「目を何かに刺されたみたいで、えらい腫れてきたんです、何なんでしょう?」と
不安いっぱいの様子。
見てみるとまぶたが殴られたかのように腫れあがっている。
「ああ、それはブヨですよ。3日でほどで腫れは引きます」と教えてあげ、さらに
ブヨが黒ゴマくらいのもので、蚊とは違って・・とあれこれ説明したところ安心された様子。
「(仕事を)リタイヤしておいてよかったわ。こんな顔だと会社行けない」・・・。
この女性とは再び出会うことになる。
今度は自分のほうがあれこれ教えてもらう事になるとも知らずに。

だるま岩への取り付きはすぐにわかり、そちらへと進出。
人の気配は無い。
水が流れていたので顔を洗う。
顔を上げると目の前に団体が来ていたのでびっくりした。
団体に追い立てられるかのように歩く。
なつかしのだるま岩が健在であった。
空腹感にバテ具合を勘案すると、横池に行ってお昼を先に摂るほうがよさそうと判断。
暑さに参りながら登り返している途中のそれたところに眺めの良い岩場があったので行ってみると、
あのブヨにまぶたを刺された女性が居た。
どうやらこのあたりに詳しそうなので黒岩への行き方などを尋ねると、懇切丁寧に教えてくれ、
さらには五叉路があってややこしいのでそこまで案内するとのこと。
すぐにでもお昼にしたかったが、案内されるままにまた登ってきた道を下った。
荒地山周辺の迷路をひとり歩きするのが好きだという女性、かつては下山時刻せまる中を
迷いかけたこともあったとかで、母親を案ずる娘さんから、
ケータイやウエストバッグ、あれやこれも買って貰ったと嬉しそう。
そんな話をいろいろ聞いているうちに、荒地山迷路を完全攻略したいという闘士が湧いてきた。
(実際、大都会の大阪市内通過することやトータルコストなども考えると、
そう簡単には六甲山に通うということにもいかないと思った)
それにしてもこんな暑さの中であっても、本格的な装備から、ほとんど空身に近いハイカーまで
さまざまな人が歩いていて賑やかなロックガーデン、荒地山周辺の人気の理由がわかった気がした。
また登り返して、日陰もある弁当広場適地を見つけて昼食の後、ついうとうとと昼寝をしてしまった。
顔を上げると小さなイノシシが鼻をクンクンさせて目の前に居た。
立ち上がったら逃げてしまった。
長い休憩ですっかり元気回復したかのように思えたが、こんどは水不足。
持ってきた水の残量があと500mlで、余力も考えると荒地山方面、黒岩を探す体力・気力無し。
横池に顔を出してから、あっさりと中央尾根で下山することにした。
今回も暑さにバテた六甲であった。。

その他の写真は以下より。
20150620-1.jpg
GPS軌跡

20150620-2.jpg
滝の茶屋(起点)

20150620-3.jpg

20150620-4.jpg
地獄谷の取り付きは水量多く、降り立つのも一苦労。

20150620-5.jpg

20150620-6.jpg

20150620-7.jpg

20150620-8.jpg

20150620-9.jpg
水量豊富でごきげんな地獄谷

20150620-10.jpg

20150620-29.jpg

20150620-21.jpg

20150620-25.jpg

20150620-22.jpg
遠くに見えるあそこに行きたくても簡単には行けないのが迷路なところ

20150620-23.jpg
ズームすると賑やかだった

20150620-12.jpg
A懸垂岩

20150620-14.jpg

20150620-13.jpg

20150620-15.jpg

20150620-16.jpg

20150620-17.jpg

20150620-18.jpg

20150620-19.jpg
ピラーロックにて

20150620-24.jpg
日本手ぬぐい大活躍!  このロン毛が涼しいのだ

20150620-28.jpg

20150620-30.jpg
だるま岩

20150620-20.jpg
日陰の昼食適地に日傘をぶら下げてさらに快適に。ナイトアイズのカムジャムが活躍

20150620-31.jpg
快適すぎてうつらうつら昼寝して顔を上げるとうり坊がこっちを見ていた

20150620-26.jpg
横池は水がたんまり

20150620-32.jpg


20150620-33.jpg

20150620-27.jpg

20150620-34.jpg
Check [ 2015/07/21 23:29 ] 六甲山系 | TB(0) |   コメント(8)
沢は水量も多くて涼しそうですが、焼けた岩は一転して暑そう!
六甲山の夏は厳しいですね。
裏六甲の地獄谷は、生活排水が入り込んでいてお世辞にも綺麗とは言えませんでしたが、こちらは水が澄んでいますね。
キバラーさんの長い足ならジャンプして渡れる沢も、私なら水浸しになりそうです・・・(>_<)
ウリ坊、可愛い!
キバラーさんの寝顔をジッと見ていたかもしれませんよ。
六甲山の展望の良さは、いいですね~。
金剛山・葛城山も綺麗です(*^_^*)
[ 2015/07/22 08:21 ] [ 編集 ]
ロックガーデンの岩はもろくて砂を固めたような状態なので焼けた岩という感じではないです。
よくあの状態で何年も崩れずに保っているものですね。
ウリ坊は可愛かったです。
まさかあんなところ(横池の近く)に出没とは予想外でした。
裏六甲の地獄台、生活排水ですか!(@@;
ドン引きしました。。。
ゴルフ場近くの沢も除草剤などが流れているみたいですね。。
六甲の沢は要注意ですね。

[ 2015/07/22 19:52 ] [ 編集 ]
夏の六甲は暑いでしょうね。
このあたりのルートは迷路のようにいろんなルートがありますね。
地図にも載っていないし・・・
でも六甲なら北は山で南は海なので方向はわかりやすいですね。
今回は電車?それとも車?で行かれたんですか?
どちらにしても、時間と費用がかかるのが
六甲に行くのに躊躇する理由ですね。
話は変わりますが、あの三宮の王将は美味しかったですね。
[ 2015/07/22 21:02 ] [ 編集 ]
荒地山周辺の海側は本当に楽しいです。
ぜひとも攻略したいです。
そういえばどこかのサイトに完全な地図があったのを覚えています。
あれはどこだったのかなぁ。
今回は所用を兼ねて車です。
あの三ノ宮の王将をゴールとする山歩きをまたやりたいですね。
真夏を避けるか温泉で汗を流してからの乾杯で!

[ 2015/07/22 21:29 ] [ 編集 ]
この暑さのなかお疲れさまです!
荒地山の海側は展望もいいので攻略しても楽しめそうですね。
色んな呼び名がありますが荒地山から少し海側へ
下ったところにあるロックテラスと呼ばれているところに
一度行ってみたくて。
夏は暑そうなので10月頃にでも行ってみようと思ってます。
裏六甲=生活排水・・・先月その周辺の沢で遊んでました(汗)
確かに六甲は山頂付近にホテルやら施設ありますもんね。
[ 2015/07/25 21:58 ] [ 編集 ]
こんばんは!
真夏の六甲はハンパ無い暑さですね!
それにもかかわらず、さまざまなレベルの方がさまざまな装備で登っておられるのは、トレーニングの山としての人気の高さを思い知らされました。
荒地山の海側はかなり遊べそうですね。
ロックテラスですか?それは知りませんでした。
私も次の目標の一つにさせてください。
裏六甲。。残念です。。(^^ゞ
[ 2015/07/26 22:09 ] [ 編集 ]
ロックガーデンいいですねえ お茶屋から少し登ると分岐があって右へ登れば普通にロックガーデンで左に少し下って行くところを進まれたんですかね?違うんかな?分岐点の看板には、ほとんど崩落と書かれてて・・・こんな道やったんですねえ 池もあり懸垂岩?もあってまさに大人のジャングルとはピッタリの表現ですね で風吹岩に出てくるんですか?へ~
最高峰には行かれてないようですが、日影がまったくないんで当然かな?
ピークを踏まなくても色々楽しめる六甲山ですか?こんな遊び方も楽しそうですね。次回の六甲はこの道に決めます(確実に迷いそう)
それにしてもこの季節によく六甲山に行かれましたね 勇気に乾杯です!
キバラーさんはブログを拝見してると、ちょくちょく単独でお昼寝休憩をとられてますが寝込んでしまったら恐いんでまだ真似はできないです。ウリ坊の登場ですか!確かにかわいいんですが、僕の時は、すれたガラの悪そうな大人のイノシシが風切って歩いてきたんでビビリましたよ(笑)  
[ 2015/08/12 14:06 ] [ 編集 ]
Kazzさんもロックガーデンに行かれてましたね。
本当に楽しいのは地獄谷からのルートだと思います。
はい、そうです。
左下の堰堤の丈夫の沢に降りて地獄谷を小便滝まで遡行します。
右へ登る通常ルート(中央尾根)は登りで歩いたことが無いです。(^^ゞ
初めて行くと小便滝に達するまでに詰んだと思えるようなところもありますが、楽しく登って行けます。
増水しててもドボンすることなく行けました。
最高峰には過去一度だけ冬期に行きましたが夏場は暑すぎてムリです。。
ザ・チェアに身を任せていると簡単に昼寝できてしまいます。
座布団だけとかじゃ寝れないですよ。
六甲山のイノシシの存在・脅威はそんなに気にしてません。(^^)
ありがとうございます。
[ 2015/08/14 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ