生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大阪府みどり公社 『金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)』 

20150614-1.jpg
金剛山の野草Ⅰ(春)・Ⅱ(春~夏)・Ⅲ(夏~秋)

長く山に通っていても、花に関してはまるで素人のままである。
わかりやすい花、パッと見がインパクトのある花しか気づかないしわからない。
たまに「これはぜったい珍しい花だ」と大発見したつもりで披露しても、
ごくふつうに知られている花だったりしたこと数知れず。(^^ゞ
花って、結局は知っている人に見せて教えてもらわないとなかなか名前に辿りつけない。
Googleに画像検索というのがあるが、これに撮ってきた写真をアップしても、
色が同じなだけでまったく別の花がヒットしてしまったり。。(^ ^;

金剛山の花好きな方のブログや日記を拝見すると、
今の時期はかなり多くの種類の花が咲いていることに驚かされる。
いつまでもこのままではいけないなぁ、なんとかしたいなぁと思っていたところ、
金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)」なる本があって、
金剛山ちはや園地「ちはや星と自然のミュージアム」で買えるという情報をキャッチし、
さっそく直近の山登りの際に手に入れたのがこの3冊である。
1冊だと各500円であるが、3冊1セットだと1,200円とちょっとお得だ。
ちなみに数えてみたら3冊合わせて303種類載っていた。
パラパラっと見ただけだと、みんな同じような花に見える。。(^^ゞ

花は見つけるのも難しい。
たまたま歩いていて見つかる花もあれば、決して出会えない花も数多い。
わざわざ積極的に出合いに行かなければならないものである。
花ではないけれど、ひと目見たいと思いながら三年連続氷華に出会えなかった。
とりわけ今の時期に会いたいたい花?はというと、ずばり「キツネノエフデ」である。
あの幕の内弁当とか焼き魚に付いてくる「はじかみ」しょうがみたいなヤツ。
さっそく「金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)」で調べてみたところ、
なぜか載ってなかったというオチ。(≧▽≦)
菌類は載ってないみたい。

そういえば過去にはこんな本も紹介したけど今でも高いなぁ。

20150614-2.jpg
先日の丸滝谷で見つけた「ウワバミソウ」ももちろん載っていた

20150614-3.jpg
平成27年2月第一刷発行という真新しさ!
花の名を覚え山に登り花を探すのは格別な楽しみと思いますが、悲しいかな年には勝てず覚えたつもりの名前がもう出ない・・・かなしぃ・・・。
今はおぉこれはきれいだ、かわいいと感動のみして歩いています。
[ 2015/06/16 06:50 ] [ 編集 ]
名前がわからなくとも、その時々でほっと一息ついたときにそばで咲く小さな花に心奪われたりしますよね。
私もそういう楽しみ方になっている感じです。(^^ゞ
コメントありがとうございます。
[ 2015/06/16 06:55 ] [ 編集 ]
金剛山のお花を知るのであれば、その3冊は役に立つと思いますよ。
とてもいい参考書です。
私も、いつもザックに入れています。
私は最初の頃、まっくんの「金剛山花の図鑑」でよく調べました。
でも、写真や図鑑で見たものと、実物は大きさや色が微妙に違っていて・・・
やはり、自分の目で実物を見て覚えるのが1番だと思います。
安原修次さんの本は、私もまつまさで買いました。
少し古いので、今はもう無いお花も多いですが・・・
自然のままの群生を写した写真が、素敵だと思います。
(ちなみに、表紙のイナモリソウは今ババ谷で最盛期です)

私は山野草に興味を持ち出して5年くらいですけれど、今でもお花の名前はなかなか覚えられません。
1年前のアルバムを引っ張り出してきて、いつも復習しています。
呆れるくらい、忘れるのは早いです(^^ゞ

キバラーさんの「ミヤコアオイ」や「ウワバミソウ」の記事を読んで、私も昔は同じだったな~・・と思っていました。
み~んな一緒ですね(^o^)
でも、そんなお花は絶対に忘れませんよ!

「あ~可愛いお花・・」それだけでも充分癒されますが・・・
「ササユリ、今年もまたここに咲いてくれたね~」となると、可愛さも倍増します。
お山歩きの楽しみが増えるのではないでしょうか。
しかも金剛山は山野草の宝庫ですから。

ただ、弊害もあります。
山野草にハマると、確実に体力・脚力が落ちます・・・(^^ゞ
特に写真を撮り出すと、間違いなく!
ご注意を・・・

同じお山でも色んな楽しみ方があって、それは人それぞれ。
だから、お山は奥が深いんですよね~(*^_^*)


[ 2015/06/16 08:12 ] [ 編集 ]
kivarar さんおはよーございます(*^^*) 山に登り始めてからたまにみかける花には凄く癒されていました。ただいつも「かわいいーー」で終わっていたけどヤマレコなどで皆様の写真をみてるうちに花の名前を少しずつ覚えるようになりました。希望としてはいろんな方と同行さして頂いて、「これは◯◯、これは△△」とその場で教えてもらいながらお花を見ていきたいけど…なかなかそういう訳にもいかず(。-_-。) 花の図鑑、今度ちはや園地に覗きに行ってきます。今年覚えたお花を忘れないためにも、日々確認したいと思います(o^^o) 金剛山ってやっぱり素敵ですよね((o(´∀`)o))
[ 2015/06/16 08:23 ] [ 編集 ]
 ご無沙汰しております。自分も以前に、やはり金剛山を何回も登るんやったら最低ラインの花も知っておかなくては恥ずかしいと言う気持ちになったんで千早ミュージアムで見つけたこの小冊子を購入しました。そのまま捺印所に向かいハンコを押してもらうのにザックと小冊子の入った封筒をベンチに置き、帰りにザックに収納するつもりでいました。ハンコを押してもらい西田さんと少し話をさせてもらいそのまま下山。下山後に封筒をザックにしまわずに忘れ去って来た事に気付き、捺印所に連絡を入れるも時すでに遅しで、誰かに拾われていったのでしょう。最近忘れ物が多くなってきましたが、久々にショック大でしたよ(笑)
[ 2015/06/16 19:44 ] [ 編集 ]
こんばんは(^○^)

金剛山に行き始め、最近やっと周りをみる余裕が(笑)
鳥の鳴き声、、、沢の流れ、、、もちろん!
花や緑の木々にいつも癒されています。
時間を忘れさせてくれる空間ですよねぇi-260

たくさんの種類の花を覚えるのは大変ですが、
その季節の日々の思い出と共に、
あの花が咲いていた頃だったよなぁと、図鑑を見ながら
振り返ってみるにもいいですね。

素敵な出会いにつながる、本の紹介有難うございました。
[ 2015/06/16 21:02 ] [ 編集 ]
たっぷりなコメントありがとうございます!
すでにお持ちですよね。
裏面の撮影協力者にある名前がSACHIさんか?と思いましたが別人でした。(^^ゞ
写真と実際の照合も難しい花がありますね。
そんななかでもこの本は花のアップだけでなく、全体の写真もあったりでわかりやすいです。
今ではもう無くなってしまった花もあるのですね。
それは寂しいですね。
イナモリソウ、注意して見つけたいです。
花の写真を撮ってるとゆっくり登りすぎてしまうのですね。
なるほど山は深いですね!
[ 2015/06/16 21:52 ] [ 編集 ]
私もみなさんが撮られる花の写真を見て、自然と記憶に残るようになってきたのですが、写真と名前が一致できていません。
たくさんいらっしゃる花に詳しい方に名前を教えてもらいながらの登山を一度やってみたいです。
renn1mac2さんのような山をベースにいろんな楽しみ方ができるように私も発想を豊かにしたいです。
ありがとうございます。(≧∇≦)
[ 2015/06/16 21:53 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております!
Kazzさん、すでにこの本を知られて購入アクションをされたのですね!
それにしても何ですかそのオチは?!(≧∇≦)
その封筒、捺印所で保護されてなかったのですね。
それはショックですね。
金剛山ハイカーに悪い人は居ないとは思うのですが。。
やっぱりややこしい人ですね!(≧∇≦)
そろそろまたご一緒してください。
[ 2015/06/16 21:54 ] [ 編集 ]
山はズバリそのとおり!としか返せないほど隙の無いコメントありがとうございます。
山に居る時間が過ぎるのはあっという間で、すぐまた憂鬱な月曜日が始まるので、まるで土日がすっぽり抜け落ちて夢でも見ているかのように一瞬で時間が過ぎてしまいます。
山登りをした思い出を、あの時に咲いていた花と共に記憶する、なんだかじ~んときましたよ。
[ 2015/06/16 21:54 ] [ 編集 ]
分厚い図鑑だと荷物になるし、スマホで調べようにも電波が…小冊子だからサイドポケットなんかにスッと忍ばせておけるのが良いですね。
しかも金剛山の山野草限定。

私は聞き慣れない名前の花はすぐ忘れてしまうので、調べた花の名前を撮影データに追記するようにしています^^;
これがけっこう大変な作業ですが、続けているうちに写真一枚一枚、自分が歩いた場所に愛着が湧いてきます。開花時期をとっくに過ぎても同じ場所でいまだに小さく弱々しい花を咲かせているけなげな姿も…
私は山野草に興味を持ち始めてまだまだ日が浅いですが、みなさんがハマっていく理由がなんとなく分かってきました^^
[ 2015/06/20 21:51 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり金剛山で見られる花に限定して編集されているので、その季節の本だけを持参できますね。
自分ならすぐにボロボロにしてしまいそうです。
撮影データ(EXIF?)に書き足されてらっしゃるとはさすがプロらしい管理方法ですね。
一回での撮影枚数が多いと大変ですね!
自分は山野草の儚さや毎年同じ場所で咲く健気さについては未だに感じにくいのでまだまだ感性を磨く修行が必要かなぁです。
[ 2015/06/22 06:50 ] [ 編集 ]
金剛山は花の名山と言ってよい程、季節の花に恵まれてますね。
いつ行っても山草に飽きないといいますか、種類が豊富です。
やや、大衆化してはいるものの道中はまだまだ自然が残っていて
登山道によっては静かで自然豊かな山行が楽しめるのも
良いところだと思います。
[ 2015/06/23 21:59 ] [ 編集 ]
Ikajyuさんが花好きで熱心に撮影されるのは予想GUYでした!
最近のレコでも花の写真が多いですね!
私も少しは見習って、その時々の花の変化に気づける努力をしていきたいと思っています。思っているだけで終わるかも。(^^ゞ
金剛山に数百種類も花が咲いているとは驚きです。
[ 2015/06/24 06:55 ] [ 編集 ]
今日、「ちはや星と自然のミュージアム」でゲットしてきましたよ(*^^)v
これで私の貧弱な知識に多少の補いになりそうです。
情報、有難うございました<(_ _)>
[ 2015/07/04 17:20 ] [ 編集 ]
お役にたてて嬉しいです。
本に掲載がある花がすべてではないみたいです。
金剛山に咲いているという「オカタチナミソウ」の掲載がありませんでした。
花は奥深いですね。
[ 2015/07/05 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ