生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

京都北山 芦生の森 (2015.5.23) 

20150523-0.jpg
芦生の森にて

【動画編】


かやぶきの里、トロッコ道、芦生大杉、のどかでとても良いところだった

【ルート】
 一部は一般向けルートではありません
 入林許可が必要です


いつものプチ遠征の山行きにしては遅い6時に出発。
到着直前、有名な「かやぶきの里」を通りかかったのでちょっと車を停めて撮影。
朽木方面に行くのと同じくらいの2時間足らずの所要時間かとおもいきや4時間もかかって到着。
何年も前から来たかった芦生であるが、夏場はヤマビルシーズンでもありなかなか縁が無かった。
午前10時。
入林手続きを済ませ、いざトロッコ道へ。
最初の橋を渡る直前、左手の立入禁止林道から多くのハイカーが帰ってきた。
いったいどこを歩いておられたのだろう?と思いつつ、トロッコ道は珍しいので撮影に余年が無い。
沢沿いの静かな山林の中、敷かれたレールがどこまでも続いている・・。
小さな手漕ぎトロッコなんかで疾走できたらさぞ楽しそうだ。
トロッコ道が思ったより長く感じたが撮影しながらだったから錯覚かもしれない。
いつしか線路は沢を跨いで左へ大きくカーブするところで橋が無くレールは落ちて通行止めとなった。
先行していた2人組をいつしか追い抜いていた。
対岸にはまだトロッコ道が続いているようであったが、
小野村割岳に向かう波線ルートに上がりたかったので渡渉した先の尾根にとりつく。

激登りである。
トロッコ道で水平移動が長く続いた後だったので、ようやく山登りとなって汗をかきかき登る。
静まり返っていて心細くなるなるようなステージなのでクマ鈴をつけてにぎやかさを演出。
急登が終わって緩やかになってくると、これまで詰んでいた木々が間引かれたように広くなり、
フラットで明るくごきげんなステージへと変わる。
思わず「うわぁ~ええとこやぁ」とつぶやいていた。
これまで登った山のどこに似ているだろうか?
どこにもこんなところは無かったような気がする。
おとぎの国か?と形容したくなるような芦生杉の巨木がズドン、ズドンと立っていて小人になった気分。
空腹もピークに達していたのと、テーブル状の平坦なステージのうちにとお昼にすることにした。
山ではちょっとでも傾斜があったりするだけで休憩には苦労するのだ。
のんびり一時間以上休憩して、時刻は14時に迫る。
破線ルートが近づいてくるとハッキリとした踏跡が出てくる。
つまり、巨木群を見るために破線ルートから下ってきてまた戻る人が多いってことだな。
ようやく破線ルートに合流するとそこには穴の開いた雷杉があった。
野村割岳山頂のポストにハガキを投函に行きたいと思っていたが片道1時間はかかりそう。
スタート時間が遅く、しかもトロッコ道での撮影で時間を取りすぎたのでまったく無理である。
どんな感じか少しだけ進出してみたが、
すぐに高低差50mくらいの下りになったのであっさり引き返した。
小野村割岳へのアプローチの波線ルートは
実線ルートにしてもよいくらい踏跡明瞭で快適な稜線歩きだった。
分岐点から廃村灰野へ向かう実線ルートは
逆に波線ルートにしても良いくらいあまり歩かれてなさそうだった。
灰野川へ下るポイントを下らずに尾根を歩いて等高線がテーブルランドみたいなっているところへ行きたい
と思って行きかけたが、もし進めなくなってしまったら引き返す時間が無いので戻ってきて素直に下ることにした。
沢沿いに下りるとどこかで見たようなステージ。
そう、雪彦山時計回り周回でヤマビル地獄だったあのステージそっくりだ。
そろそろシーズンが近づいてきている。
ご多分に漏れず芦生もヤマビルの多い山だという。
ヤマビルがくっついてないか時々足を確認しながら歩く。
終盤でになると沢から離れて登りに転じ、また下っていってようやくトロッコ道に合流した。
しばらく好天が続いていたからかヤマビルには一匹も遭遇しなかった。
あとはトロッコ道を撮影もそこそこにサクサクと歩いて駐車場に戻ったら18時に達した。
京都北山付近は温泉もなく、最も近い朽木温泉まで遠回りしてまでわざわざ行く気にはなれず、
そのままノンストップで帰国したのに帰着が22時となった。

それにしても地元から4時間もかかったなんて鈴鹿並みだ。
京都南まで名神高速を使うと、西名阪自動車道で天理までの高速利用で行ける鈴鹿よりも倍のコスト高となる。
距離は先週の釈迦ヶ岳で40kmほどの差。
ってことは温泉も無い京都北山や比良に行くなら鈴鹿方面のほうがいろんな面で満足度が高いなぁなんて思いながら。
とにかく高速道路が高すぎるのだ。
しかしながら今回、ずっと行ってみたかった芦生の森へ行けてまんぞくさんなのであった。

その他の写真は以下より。 20150523-2.jpg

20150523-3.jpg
芦生到着直前にある「かやぶきの里」にて

20150523-4.jpg

20150523-5.jpg
絵になるのどかな山村風景

20150523-6.jpg

20150523-7.jpg
芦生の森の入口 ここで入林手続きを行う たまたま居合わせた方に便乗

20150523-8.jpg
この薄っぺらい板の下は何も無い

20150523-9.jpg
トロッコ道を歩き始める

20150523-10.jpg

20150523-11.jpg
あの角曲がるとどんな風景だろ。。

20150523-13.jpg
先行者殿

20150523-14.jpg
電車ごっこな気分

20150523-15.jpg

20150523-16.jpg

20150523-17.jpg
今回の周回での下山着地ポイントを確認

20150523-18.jpg
線路は続くよどこまでも・・

20150523-19.jpg

20150523-20.jpg

20150523-21.jpg
橋も線路もない養生された足場

20150523-22.jpg

20150523-23.jpg

20150523-24.jpg
ついにここで線路が落ちていて終点 下って沢を渡渉する。

20150523-25.jpg
激登り尾根(踏み跡ほとんど無し)

20150523-26.jpg
急登すぎて息を整え中。。

20150523-27.jpg
松の巨木が出現

20150523-28.jpg

20150523-29.jpg

20150523-30.jpg
日本随一のパワースポット「玉置神社」の大杉(直径11メートル)に匹敵するほどの巨木は無いかと思いきや
それ以上大きいものもあった。

20150523-31.jpg
フラットで快適

20150523-32.jpg
テーブルオアシス

20150523-34.jpg
巨木群

20150523-36.jpg
これもまた別の巨木

20150523-37.jpg
こんなのも

20150523-38.jpg

20150523-39.jpg
バッサーっと折れてる巨木

20150523-40.jpg
踏み跡はっきりな破線ルートに合流した

20150523-41.jpg
雷杉ですでに15時である

20150523-42.jpg

20150523-43.jpg
看板◯印のほうから下りてきた。トロッコ道へは✕のほうへと進む

20150523-44.jpg

20150523-45.jpg

20150523-46.jpg
GPSとの分岐点の乖離 ここからは踏み跡薄くなる

20150523-47.jpg
この看板の落ちてた方向(テーブルランド尾根)へと行ってみたくなった

20150523-48.jpg
このテープを見落としてまっすぐ進んで行ってたらどうなったのかな?

20150523-49.jpg
いかにもヤマビルがウヨウヨ居そうなステージがしばらく続く

20150523-50.jpg

20150523-51.jpg
トロッコ道に着地した

20150523-52.jpg
けっこうくたびれたけど最後のチカラを振り絞って、おニューのウェアを見せびらかし
Check [ 2015/05/24 19:28 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(32)
いつかは行ってみたい「芦生の森」ですが
遠そうですね。決心が必要ですね。
雰囲気的にはなんか西大台に近いようなイメージです。
地味にアップダウンがありそうですね。
新しいウェアーはマムートですね。よくお似合いですよ。
私も色違いを持っていますがキバラーさんほどは似合いませんわ・・・
[ 2015/05/24 20:21 ] [ 編集 ]
芦生の森は本当にブナの原始林が美しく夏場も行ってみたいところですね。(以前、冬にツアーで行ったことがあります)。
この風景をみて真っ先に連想したのは屋久島でしょうか。。。
トロッコの線路が続いていってその中に巨大な木々が、
そして緑が美しい木々と遠くに行く価値があるなと感じました。
私も次のターゲットは北山方面なんですよ(^^;
こういう風景に出合いたいものです。
[ 2015/05/24 21:51 ] [ 編集 ]
茅葺き屋根があるだけでとても優しい景色になりますね。
飾り気の無い素朴な雰囲気がたまりません。
巨木群の存在感は圧巻ですね、キバラーさんもけっこう背が高いはずなのにこのスケール感…!
自分がもし同じ場所で撮影したらどこぞやのホビット族になりそうです^^;

おニューのウェア、肩の部分にあるワンポイント(アップで見てみたいです)が全体的にグッと引き締まった印象でカッコイイです!
[ 2015/05/24 23:03 ] [ 編集 ]
ついに、芦生にいかれたんですね🎵

佐々里峠から小野村割岳までは何度か歩いてますが、最高に癒しの景色ですよ🎵

赤崎の巨木達、野生的で圧倒されますね。

折れた杉、折れる前にも見てますが迫力が凄いですよね🎵

雷杉、あんなになっても生きてるのがこれまた凄いです。

小野村割岳は山火事にあってピーク周辺は悲しい事になってます(;_;)
[ 2015/05/24 23:22 ] [ 編集 ]
片道4時間の長旅、お疲れさまでした。

念願の芦生の森を満喫なさったご様子ですね。
大きなキバラーさんが小さく見える、巨木の数々との共演は
まさにメルヘンちっく。(*^^)v
木々の緑も合わせれば幻想的で神話の時代を彷彿と
させるようにも感じます。
時間を忘れてしまう空間に身を置くのはいいものですね。
いつもの山行きとはまた違う楽しさを
動画や写真を通じて知ることができました。
私もいつか到達できることを夢見て!

ヤマビルの被害に合われなくて良かったです。

[ 2015/05/25 00:21 ] [ 編集 ]
kivararさん、こんにちわ((´∀`*))
またまたステキな景色をありがとーございます。
私はかやぶきの里の『雪灯廊』というものを今年の冬に初めて知り、美しいライトアップの景色を見たくて、行きたいと言ったのですが軽く流されて…そうですよね。そんなに遠いところとは思いませんでした。
トロッコの道とか楽しそーですね。
芦生の森、行ってみたくなりましたヽ(≧▽≦)ノ ヒルはちょっと怖いけど……
[ 2015/05/25 16:09 ] [ 編集 ]
芦生に行かれたんですね!
春の芦生はまだ行った事が無くて・・・
実は明日(26日)にみーさんたちと行きます(^^ゞ
ルートは、ちょっと違うんですけれど。
一足先に素敵な森を見せていただいて、ありがとうございました。
この素晴らしい森がもう少し近かったら、もっと頻繁に行きたい所なんですけれどね~。
何しろ、遠いです!

巨木、新緑、癒されてきま~す(*^_^*)
[ 2015/05/25 18:57 ] [ 編集 ]
芦生の森は私の憧れです。特に錦繍の秋、行ってみたい。ある人のブログで見た写真が忘れられません。尾根といわず谷といわず、ただ気ままに辺りの森の雰囲気を味わいながら、ゆっくり徘徊したい。
それには、やはりテント泊しかないでしょうか。電車やバスの交通機関のアクセスが皆目見当がつきません。
芦生杉の巨木の森、幻想的ですね。動画のBGMもぴったりの雰囲気です。
[ 2015/05/25 21:38 ] [ 編集 ]
 
 そうですか芦生に行かれましたか
 遠かったでしょう、時間も高速代もかかりますものね
 まあそれに見合うほど、いやそれ以上の手付かずの自然
 を関西の京都の山奥で満喫できるのですから行くっきゃ
 ないでしょう!って感じで僕らはネイチャーツアーに乗
 っかって行ったことを思い出します。ブナノキ峠、池ノ
 谷、大カツラ、トチの巨木のトチノキ平などなど、今度
 は泊まりで行き倒したいです。トロッコもいいなあ~
 そして、そのころ僕らは薊岳、明神平でテン泊でした。
[ 2015/05/25 21:51 ] [ 編集 ]
線路は模型
そんな気分にさせられるデカさですね!
屋久島は遠いですが、ここなら近い!!
近くにも凄いところがまだまだあるってことでしょうか?
[ 2015/05/25 22:31 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございました。
あんなに遠いとは思いませんでした。
京都と日本海のまだ中間なのに。
あれから早く行く方法を教えてもらいました。
京都縦貫を利用するともっと早いそうです。
西大台のイメージではなかったですよ。
ウェアですが、私が買うであろうとorisさんがおっしゃってたのと
かなり迷い、やっぱorisさんの予想のほうが良かったかなぁと。
ちょっとあっちのほうが高いんですよ。
orisさんはブルーが似合いますよ。
[ 2015/05/26 06:34 ] [ 編集 ]
冬場にツアーで行かれたのですか。
レコ拝見します。
屋久島は憧れです。
巨木群があるのは聞いておりましたが、
トロッコ道もあるのですね!
今年の目標にしたいところですがアクセスが。。
Ikajyuさんの次の北山ターゲット、楽しみです。
[ 2015/05/26 06:35 ] [ 編集 ]
かやぶきの里は白川郷とはまた違って素朴でした。
巨木群は写真では表現するのが難しいです。
レンズを向けると巨木が実際より小さく見えてしまって撮影は苦労しました。
近景と遠景を併用しないといけないと思いました。
ウェアのワンポイントは刺繍ではないので洗濯を繰り返せば剥がれそうです。。
ありがとうございます。
[ 2015/05/26 06:35 ] [ 編集 ]
風音さんから芦生の魅力をたくさん教えていただいたので
今年こそは行きたいと思っておりました。
できれば案内してもらいたかったです。
今度は佐々里峠から小野村割岳までを歩いてみたいです。
小野村割岳が山火事に!?
そうだったんですか。。
またぜひご一緒ください。
[ 2015/05/26 06:35 ] [ 編集 ]
もうちょっと時短の行き方があったみたいです。
4時間のアクセスは運転交代者がいればいいのですがちょっと考えものです。
さすがに帰りは30分ほど仮眠しました。
おっしゃるとおり時間を忘れるような場所でした。
巨木は杉が中心でしたが屋久島はもっと多種多様らしいのでいつか行きたいです。
ヤマビルは被害にあうまではけっこうナメてましたが、あいつだけはシャレになりません。
[ 2015/05/26 06:36 ] [ 編集 ]
雪灯廊ですか?いま、ネットで写真見てきました。
スゴイですね。
白川郷まで行かなくてもあんな幻想的風景が見れるなんて。
名神左ルートと京都縦貫を利用して園部から下道で行くともっと早いそうです。
ヤマビルは今月いっぱいがギリギリだそうです。
トロッコ道でも出るそうです。
[ 2015/05/26 06:36 ] [ 編集 ]
春じゃない季節の芦生がどんなのか気になります。
今日はもう向かわれてる頃でしょうか。
芦生からは少し離れた三国岳のほうとお聞きしました。
そちらにも巨木があるのですね。
またレポート楽しみにしております!
もうちょっと近ければですよね。
[ 2015/05/26 06:37 ] [ 編集 ]
arajinさんが見られた忘れられない写真というのをぜひ見てみたいです。
今度、佐々里峠から小野村割岳を歩くときは必ずお誘いしますよ!
ツアーもあるようです。
でも比良のような明るさと壮大さは感じなかったです。
[ 2015/05/26 06:37 ] [ 編集 ]
今回、どこのピークも踏めなかったのが心残りでした。
散策したという感じです。
ネイチャーツアーというのがあるのですね。
nozillaさんがツアーで歩かれたコースを研究してみます。
ツアーでないと歩けないエリアなのでしょうね。
明神平のテント泊は憧れです。
あいにくの曇り空でしたが日差しが無いぶん明神平も涼しかったことでしょうね
[ 2015/05/26 06:37 ] [ 編集 ]
ジオラマの中に迷い込んだような世界でした。
芦生を知ったことでますます屋久島が気になりました。
ツアーでないと足を踏み入れれないところがまだまだあるみたいですよ。
[ 2015/05/26 06:38 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/27 10:31 ] [ 編集 ]
芦生の森いかれたんですね。
のどかな山村風景、トロッコ道に巨木地帯、
この記事を見てとても行きたくなりました。
こういったところはちょっと珍しいですね。
撮影したおしながら歩いてみたいです。
入林許可をとるのに結構時間がかかるとか!?
ヤマビルのこともあって秋に行きたいなっと思っています。
[ 2015/05/27 11:28 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
参考にさせていただきます!
[ 2015/05/27 20:06 ] [ 編集 ]
何年も前から一度は行っておきたいと思っていた場所でした。
芦生のほんの一部しかかじっておりませんがその凄さを実感しました。
屋久島をもイメージさせる場所だとか。
だったら屋久島へ行ってみたいと思いました。
トロッコ道は入口で入林届けを書くだけです。
私の場合は偶然ラッキーなことがありました。
ツアーだともっと広範囲に歩けるようです。
撮影が専念できるかどうかはわかりませんが。
ヤマビルは梅雨までは大丈夫だそうです。
雨上がりなどぬかるんだ日と谷を避ければ大丈夫と思いますが。

[ 2015/05/27 20:12 ] [ 編集 ]
2015-4-30にコメントを頂いてなんですね 今朝気が付きました。たいへん失礼いたしました。 私の住まいから下道で2時間ほどで行ける『芦生』はお気に入りの山の一つです。 近畿の屋久島と言われる芦生で見る大芦生杉にはあきることもなく何度見ても圧倒されてます。 冬になれば雪深くまた違った良さがあります。一度雪の大杉を見たくて尾根を2時間かけてラッセルしましたが進まず断念しました。(下りは20分でした(笑))またかやぶきの里も赤いポストとともに雪化粧でいい感じになりますので冬にも是非もう一度行かれてはと思います。
[ 2015/05/28 09:42 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんにちは。
原生林がすばらしいところですね。
私も行ってみたくなりました。
ここもヒルが有名とのことで、行くなら秋以降ですね。
[ 2015/05/28 15:40 ] [ 編集 ]
Botibotiさん、毎年行かれてらっしゃいますね!
昨年のレコを参考にさせていただきました。
まさに近畿の屋久島、もうちょっとオープンにしてほしいですね。
芦生がそんなに雪深くなるなんて想像できません。
別途、最短アクセス情報をありがとうございました!
[ 2015/05/28 23:11 ] [ 編集 ]
原生林と名のつく山域はあちこちになりますが、
いずれも期待を裏切られたことがありません。
中でも芦生は想像以上でした。
ヒルだけはぜったい逢いたくないですが、
佐々里峠からの尾根ルートなら居ないそうです。
[ 2015/05/28 23:13 ] [ 編集 ]
 やはり迅速に行動をおこされましたね(笑)さすがです。
このあいだ自分も早速、風音さんに案内していただきましたです。三国岳のピークと芦生の森周辺をガイドしてもらったんですが、手付かずの自然はやっぱり抜群の雰囲気ですね。新緑の手伝いもあって爽快な森林浴を満喫させてもらいました。それにしてもキバラーさんのドテッ腹に穴が開いた雷杉と巨木群はけた違いですねえ。僕らが見たのは、あの3分の1位の大きさの杉でした。それでも感激してましたからね。写真で見ててもすごいスケールですねえ。次回はトロッコ軌道も兼ねて是非歩きたくなりました。
[ 2015/05/28 23:34 ] [ 編集 ]
風音さんから芦生の魅力をさんざんお聞きしておりましたので、今年こそは!という思いが強く、夢にまで出てきそうなのでスッキリしてきました!
かやぶきの里は以前、観光で行ったことあったのですが、あんなに遠いと思いませんでした。
三国岳周辺も手付かずの自然たっぷりでしたか。
紅葉、落葉シーズンの明るい秋にも行ってみたいです。
トロッコ道も異色で楽しかったです。
巨木は想像以上のスケールでした。
また行きましょう!
[ 2015/05/29 06:55 ] [ 編集 ]
芦生に行ってきました。トロッコ道の往復でしたが良かったです。
7月にも行ってみるつもりです。
5/3もほぼ同じコースを行きは遅く 帰りは早くの時間差で歩いておりました。何とか長時間でなければ歩けています。再会を祈念して。
[ 2015/06/01 19:15 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
トロッコ道往復でもそれなりに距離ありますよね。
5月にも行かれたのですか。
7月はヒルシーズンまっただ中なのでお気をつけください。
秋もどんなのか気になるところです。
おカラダ、徐々に回復されてらっしゃるとのこと、
またお会いできるのを楽しみにしております。
[ 2015/06/02 20:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ