生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

鈴鹿山系 釈迦ヶ岳 (2015.5.17) 

20150517-50.jpg

【動画編】


ついに、鈴鹿セブンマウンテン完結!
絶好の登山日和だった。


【ルート】
 朝明キャンプ場(8:00)-(破線)-庵座の大滝-最高点-釈迦ヶ岳山頂-コル(昼食)
 -猫岳-ハト峰-羽鳥峰峠-朝明キャンプ場


<遭遇>
人=団体大勢
ニョロ=1ニョロ(シマヘビ)

Wikiより
鈴鹿セブンマウンテンとは
鈴鹿山脈の藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、鎌ヶ岳、入道ヶ岳の7山。
1964年(昭和39年)に、近畿日本鉄道、朝日新聞社及び名古屋テレビが中心となり、
鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まった。
不特定多数の人が自由に参加でき、三重県山岳連盟がそのサポートを行った。
以前は、各々の山頂に、鈴鹿セブンマウンテンを表記した山頂標識があった。
34年間この登山大会が続いた。


鈴鹿釈迦ヶ岳。
この山をセブンマウンテンの最後に持ってきたのは成り行きではなく後回しにしてきたから。
実際、ヤマレコでも鈴鹿釈迦ヶ岳がセブンマウンテンの最後というレコが多い。
手前勝手なイメージで、セブンマウンテンの中ではいちばん個性が無さそうな山に思えたし、
釈迦ヶ岳といえばどうしても大峰山系のほうを思い出してしまい、
そのつもりで検索した人が鈴鹿釈迦ヶ岳の記事に間違ってきたり?
同じ名前なんか付けるからどうしても比べてしまう。
比べたくないから登りたくなかったみたいな。
そんなややこしい山なので、後回しの後回しで今回に至ったという次第。
そんな鈴鹿釈迦ヶ岳の名前の由来は、釈迦の寝袋に似ているところによるという。
寝袋?大峰から風で飛んできたのか?と思ってよく読むと寝姿の間違いだった。(^^ゞ
現地では釋迦獄や釈ヶ岳と書いてある標識があった。
釈迦ヶ岳という名前は大峰だけにして欲しかった。。
そんなわがままな想いを持ちながらの今回の鈴鹿釈迦ヶ岳行きの結果はというと・・・
セブンマウンテンの最後を締めくくるのには期待以上に良かった。
さすがどの山も個性的すぎる鈴鹿の山々。
鈴鹿釈迦ヶ岳もそんな期待を裏切らない良い山だった。
また来る機会があるならば行ってみたいポイントを課題として残してきた。

西名阪自動車道、名阪国道、下道の国道306号線を経て、御在所岳の山ひとつ隣、
朝明渓谷のキャンプ場の大きな駐車場まで3時間ほどかかって7時40分に到着。
50台以上置けそうな駐車場がすでに満車に近い状態であった。
駐車料金500円を支払って準備をする。

鈴鹿釈迦ヶ岳は反時計回りがオススメらしいので、そうなると中尾根かなぁと思ったが、
尾根より破線ルートの谷コースのほうが楽しそうなのでそちらへ進出。
大きな堰堤を右手に見ながら林道を詰めると前方にそびえ立つ堰堤で行き止まりとなった。
先行者が引き返して来たが、とりあえず様子を見に行った。
たしかに踏み跡は無さそうで渡渉するしかない状況。
行き過ぎたかなと引き返そうと振り返るといつの間にやら20人くらいの団体が
僕の後ろをついてきていた。(^^ゞ
しかもその団体のリーダーはこのルートを初めて案内するっぽい。(@@;
そのリーダーのリーダーになってしまっている自分。
しかしそのリーダー「なんか渡渉するって書いてたような」とつぶやかれたので、
それならば渡ってみようじゃないかとお先に渡渉する。
渡渉に難はなかったが、その後の踏み跡がかなり薄かった。
そびえ立つ堰堤を右サイドから巻いて這い上がるとはっきりした踏み跡に合流。
さっきの行き止まりよりもっと手前に渡渉ポイントがあったのかもな。
大人数引き連れた団体とはここからはちょっと距離をおかせてもらって先行する。(^^ゞ
それにしてもあのリーダーで大丈夫かいな?とその時は思ったし、
あの人数なら通過に時間のかかりそうな難所が何箇所もあった。
しかしながら、いくら距離を取ってもすぐに追いつかれる始末。(^^ゞ やるなぁ。

庵座の滝は圧巻で、落差40mとのことであるが、
二段になっているせいか60mくらいあるように思えた。
滝の写真や動画を撮っていると団体が追いついてこられて抜かれそうになった。
落ち着かないなぁ。
滝の右から巻いて上へ上がるところは急峻で、団体迫る状況ではぜったい落石できない。
登り切ると広い河川敷みたいなステージになりしばしの平和が訪れる。
おやっ?前方の滝のそばに別の新たな団体が休憩中。
満面の笑みで挨拶をしながら今のうちにと先に行かせていただく。
ここからはロープを補助的に頼るようなさらに急な岩場の登り。
登り始めるやいなや、休憩していた団体がいきなり再出発体制になって後を追ってくる状態に。
自分のすぐ後に続くものだから落石をおこさないよう気を遣いまくり。
もうちょっと休憩しておいて欲しかったな。。
慎重に足を運びながら登っていく。

沢が合流してくる開けたとに出ると、これまた開放感抜群で、
ここで少しのんびりしたいところであるが2つの団体が迫ってきている。
やっぱり鈴鹿の山は他の山域とは違うよなぁなんて考えながらボケっとしていると、
あのリーダー率いる団体が追いついてきた!(@@;
難所をものともせずにかたまりとなってやってくるではないか。
すごい統制が取れている!なんなんやぁ。(@@;
平穏もつかの間、これまた急峻でザレのステージに入る。
御在所岳方面に展望のあるポイントでついに団体に追いつかれる。
すると団体はザックを下ろして休憩しだした。
ここからは山と高原地図では「危」のマークのあるあたりで
ラストスパート、垂直に近いような激登りである。
あまりに急なので呼吸を整えるために時々立ち休憩しているともうあの団体の声が迫ってきた。
なんなんだ、このデッドヒートは。。
そんなこんなで登りついた場所は釈迦ヶ岳最高点であった。
最高地点なのに山頂では無いのは鈴鹿ではよくあることだ。(^^ゞ
霊仙山もそうだった。
最高点からの四日市方面の展望の良さはさることながら、
そこから山頂までのアプローチではもっと展望の良い箇所もあった。
あのリーダー率いる団体の実力を認め、先に行ってもらったのはいいが、
肝心の釈迦ヶ岳山頂に到着すると、団体に完全に制圧、占領されてしまっていた。(^^ゞ
写真も満足に撮れないまますぐに山頂を後にし、猫岳方面へと向かう。
途中、空腹で力尽きてコルのところで大休憩モードへ。(11:30~12:45)
休憩後はいきなり猫岳への登り。
そこからの稜線あるきは御在所岳や四日市市街を眼下に展望があったりの
ごきげんなトレールであった。
最後の締めくくりがハト峰と展望も開放感もあるザレ場でかなり良かった。
下山は特筆すべきところもなく難もなくスムーズに終了。
まだ余力があるなぁと思ったら10kmしか歩いてなかったのか。
帰りは100%源泉掛け流し温泉のアクアイグニスで汗を流し、たっぷり休憩して帰国の途へ。

鈴鹿は、セブンマウンテン以外にも霊仙山や綿向山、御池岳というとても魅力的な山がある。
どの山がいちばん良かったかと問われると、展望、開放感のどれもが最高な霊仙山抜きに語れないし
セブンマウンテンであれば入道ヶ岳の展望とメルヘンチックな感じも捨てがたいが
展望ならやっぱり竜ヶ岳かなぁと思いつつ、結論としては自分でもまさかの御在所岳を選びたい。
観光地化された側面を差し引いても、さすが御在所岳は鈴鹿を代表する山だと思った。
次の鈴鹿目標は「錫杖ヶ岳」かな。

その他の写真は以下より。
20150517-1.jpg
山と高原地図+GPS軌跡 反時計回り

20150517-2.jpg

20150517-3.jpg
向かう道中の麦畑越しに眺める釈迦ヶ岳の山容 <山名の由来:釈迦の寝姿>

20150517-4.jpg
朝明キャンプ場の駐車場はハイカーの車で満車状態(7:40)

20150517-5.jpg
中尾根や庵座谷コースの起点はココ。

20150517-6.jpg

20150517-7.jpg
一旦広い砂利林道に出る

20150517-8.jpg
大きな堰堤が右手に見えた

20150517-9.jpg
詰めて行き止まりになったところの堰堤 ここを渡渉したが。。

20150517-10.jpg
沢ルートと思いきや、山中歩きも多い

20150517-11.jpg
庵座の滝 落差は40mだというがもっとありそうだった

20150517-12.jpg
ガレの急登

20150517-13.jpg
団体が後に続く

20150517-14.jpg

20150517-15.jpg
2つめの滝にもう一組の団体

20150517-16.jpg

20150517-17.jpg
ザックがやたら重いと思ったら、DCTさんの分身のひこにゃんが付けっぱなしだった
左は反射板のグリミス

20150517-18.jpg

20150517-19.jpg

20150517-20.jpg
イワカガミ

20150517-21.jpg

20150517-22.jpg
中尾根コースはあの稜線

20150517-23.jpg
向こうのピークは御在所岳 団体が迫ってきた

20150517-24.jpg
御在所岳をズーム

20150517-25.jpg
まだまだ上がある

20150517-26.jpg

20150517-27.jpg
あの看板は・・・

20150517-30.jpg
釈迦ヶ岳最高点(山頂ではない)

20150517-31.jpg
イワカガミの群生

20150517-32.jpg

20150517-33.jpg
シロヤシオ

20150517-34.jpg
ここから見下ろす風景は・・

20150517-35.jpg
こんな眺望である

20150517-36.jpg

20150517-37.jpg
ここも冬は雪深いのかこんな植生

20150517-38.jpg
イイね!

20150517-39.jpg
山頂は団体で占められていた

20150517-40.jpg
釈迦ヶ岳山頂看板

20150517-41.jpg

20150517-42.jpg
飛行機雲

20150517-43.jpg
猫岳に向かって

20150517-44.jpg
シロヤシオが満開

20150517-45.jpg
竜ヶ岳のときにも買ってたポップコーン

20150517-46.jpg
猫岳ピーク

20150517-47.jpg

20150517-48.jpg

20150517-49.jpg

20150517-56.jpg

20150517-52.jpg

20150517-53.jpg

20150517-55.jpg
こんど、あそこに行ってみたい

20150517-0.jpg
バックは御在所岳

20150517-57.jpg

20150517-58.jpg

20150517-59.jpg

20150517-60.jpg
黒破線は山と高原地図にはないルート

20150517-61.jpg
ハト峰が見えてきた

20150517-62.jpg
ハト峰ピーク

20150517-63.jpg
羽鳥峰と書くのに山と高原地図ではカタカナなのはナゼ?

20150517-64.jpg
羽鳥峰から羽鳥峰峠を見下ろす

20150517-65.jpg
羽鳥峰峠

20150517-66.jpg
こんなところに下山したがここから舗装路が長い

20150517-67.jpg
ついに東海地方のお山のフリーペーパーPO!を入手 ノビ文具店

20150517-68.jpg
永久保存版である
Check [ 2015/05/19 23:05 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(22)
天気も良くて抜群の眺望ですね〜。
なかなか遠方に攻められないので素晴らしい映像をたっぷり堪能致しました。
私はどうやらブヨに噛まれると熱が出る体質のようで、絶好の登山日和にもかかわらず一日中グロッキーでした^^;
この前日のお昼までは雨でどんよりしてましたが、先日コメント欄でキバラーさんに教えて頂いたクリンソウの群生を見る為、16日はカトラ谷を登ってきました(そしてブヨにやられました)。
ちょうど見頃で雨の中登った甲斐がありました。
貴重なキーワードを教えて頂きありがとうございました!
[ 2015/05/20 02:00 ] [ 編集 ]
この日は天気が良くて暑すぎず最高に気持ちが良かったですよ。
片道3時間は帰りが眠くなって辛いものがありますし、
たいして歩いていないのに翌月曜日は会社でグロッキーでした。
クリンソウの群生、見ることができたのですね!
私はツツジもクリンソウも群生は見送りになりそうです。。
ブヨですが、キャンプで生まれて初めて刺されたときは2週間くらい痒みが止まらなくてまいりましたが、その後は抗体ができたのかぼってり腫れる程度になっています。
そのぼってりですが、だいたい帽子のひさしの下の影となるオデコがよく刺され、たんこぶのように腫れ上がります。
何にしても刺されないに越したことがありませんよね。
この時期、モスキートヘッドネットをオススメします。
[ 2015/05/20 06:47 ] [ 編集 ]
私がキバラーさんの存在を知ったのは、鈴鹿釈迦ケ岳を登ろうと思って検索したところ、間違って大峰釈迦ケ岳のキバラーさんのブログを見てしまったからです。
まさか同じ日、同じ時刻、同じ場所にいたとは驚きです。どうやら私が猫岳に到着する直前に出発されたようです。1分差のニアミス、お会いできずに残念でした。またいつかどこかで。
[ 2015/05/20 13:58 ] [ 編集 ]
 鈴鹿セブンマウンテン制覇、おめでとうございます。どれも登った事のない山ばっかしで唯一、御在所岳の名称だけはかろうじて知ってました。今年度の計画にも入ってないので自分が全制覇できるのはいつのことやら?です。それにしても釈迦ヶ岳とはまぎらわしいですね。今の季節は新緑でどこの山も賑わってますよね。特に団体さんと遭遇した時には、なるだけ回避したいです(笑)。モスキートヘッドネットをお持ちでしたか?自分も購入を考えてる最中です。これから益々、虫たちが増殖してきますからね
[ 2015/05/20 13:58 ] [ 編集 ]
こんばんは!
セブンマウンテン完結おめでとう♪
僕はあと3座残ってます(>_<)
釈迦ヶ岳もこのコースがやはりいいですね。
これからはヒルの時期なので秋頃かな。
その前にダイトレの歯抜けも埋めないと。
フリーペーパーいいですね。読んでみたい。
[ 2015/05/20 20:12 ] [ 編集 ]
鈴鹿釈迦ヶ岳を検索した結果、私の大峰の釈迦ヶ岳にヒットしたとはこれまた面白い偶然ですね。
FLATさんが鈴鹿に行かれることは事前に知っておりましたが、まさか釈迦ヶ岳とは思いませんでした。
あらためて私が猫岳で撮影した非公開も含めて7枚の写真のタイムスタンプを確認しましたところ、12:53でした。
FLATさんは13:03とのことで10分差ありました。10分もあれば遥か遠くへ行ってしまってますよね。

それにしてもニアミスで残念でした。
またいつかお会いできるのを楽しみにしております!
ありがとうございます。
[ 2015/05/20 21:28 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
鈴鹿は他の関西の山と比較しても何がそうさせているのか似て非なる異色さです。
Kazzさんの勢いだと今年中に半分以上征服されてらっしゃると思いますよ!
御在所岳の有名なカレーうどんが食べたいのでまた行きます!
今使っているモスキートヘッドネットは2つめです。1つめは紛失しました。
今年すでにカトラだったかで活躍しています。
顔を隠すベールとしても使えるんですわ。。
検索してみたら、いつの間にか新型の上位モデルが出てました。
ナノモスキート・ヘッドネットです。
なにがナノになってどうなのか調べてみたら!サイズは同じなのに
モスキートヘッドネット32gに対してなんと11g!
これはネタとして買わないと。(≧∇≦)
[ 2015/05/20 21:28 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
あと3座なら年内に大丈夫ですね!
釈迦ヶ岳、中尾根のガレのところも歩いてみたかったです。
また行きたい山です。
写真や記事を見るのと行ってみるのとではぜんぜん印象の違った山でした。
今月いっぱいは少なくとも大丈夫そうですよ。
フリーペーパーはオンラインで無料でバックナンバーが読めますよ!
[ 2015/05/20 21:29 ] [ 編集 ]
こんばんわ。お疲れ様です~
そして、セブンスマウンテン制覇おめでとうございます!!
私も全く同じルートを歩きましたが、
鈴鹿・釈迦ヶ岳はこのルートが一番いいですね。
動画もまた楽しませていただきましたが、
今回はドロンなしだったんですね。
[ 2015/05/20 21:31 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
涼さんの記事、拝見しました!
昨年10月18日のあの最高の天気の、私が大台ケ原歩いていた日に登ってらっしゃったのですね!
秋とはまた印象が違いますね~。
季節で表情が変わるだけでも山って楽しいですね。
動画もご覧いただきありがとうございます!
ドローンは前準備も大変でなかなか気軽に持っていけるものではありませんので、ここはぜひ撮りたい!という強い思いが湧いてこないと腰が重いです。(^^ゞ
ドローンの視点でないと覗き見ることができないようなところを募集中です。
昨今、ドローンの風当たりが強いのも逆風になっていまして。。
[ 2015/05/20 21:42 ] [ 編集 ]
こんばんは(=^・^=)

お疲れ様です~
今回も素晴らしい天候、新緑、花に恵まれ、フィナーレを
迎えられたんですね!v-315
大峰の釈迦ケ岳とは違う味わいのある釈迦が岳を見せて
いただきました。けっこう好きな道ですよ。
団体さんとの抜きつ抜かれつのかけひき(笑)は
道中大変お疲れ様でした。
今週末はちょっと雲行きが怪しいですが、
次回も楽しみにしています!
下山後のアクアイグニス、気になるなぁ。

[ 2015/05/20 22:03 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
鈴鹿セブンは完結しましたが、何度も繰り返し登りたい山はありますし、鈴鹿には他にもっと魅力的な山もたくさんありますので、近くてヒルが居なければ通いたいところです。
大峰と鈴鹿のそれとはまったく似たところがありませんでした。
本当は土曜日の計画でしたがあいにくの雨で日曜日に。
日曜日に遠征すると月曜日が眠くて。(@@;
鈴鹿は山も魅力的ですが、下山後にも魅力いっぱい!
一粒で二度美味しいっていうヤツです。
アクアイグニスは何もかもごきげんですよ。
[ 2015/05/20 22:14 ] [ 編集 ]
鈴鹿セブンマウンテン全登おめでとうございます。
私は全登まではまだまだです。
この頃はちょっとモチベーションが落ちていて新しい山に行く気がしなくて。
それと、体調面もイマイチなので・・・ 焦らずにいきます。

私も山では団体さんは苦手です。静かに歩きたいので、
自分が先行するか先に行ってもらいますね。
それでも、休憩とかしていたら何となく
同じようなペースになってしまってそんな時は妙に気まずいですね。

確かにドローンは今後は規制ができて自由に飛ばせなく可能性がありますね。
つつじの頃の葛城山とかいいでしょうね・・・ 
あっ、ちょっと遅かりしでしたね。
[ 2015/05/20 22:43 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
またまた士気が低下されてらっしゃいましたか。
健脚のorisさんなのにもったいないです。
体調も崩されてらっしゃたとは。
疲れが溜まっておられるのかもしれませんね。
そういうときは何もしない休日でのんびりお過ごしください。
私もたまに「どこの山に行ってもみんな同じやん」って思えたときがあって、それでも回数登山をやっているので金剛山だけは登っておこうと山登りというよりトレーニング的なスタイルになることも多々あります。
ツツジの葛城山空撮考えてみたのですが、てっぺんから眺める風景となんら変わらないのでボツにしました。
通常覗き見れないようなところでどこか探したいと思います。
[ 2015/05/21 06:58 ] [ 編集 ]
鈴鹿セブンマウンテン完結、おめでとうございます!

トップのお写真を見た時は、大峰の釈迦?と思うような景色で・・・
でも、鈴鹿の方だったんですね。
団体さんがそんなに入っているのは、きっと人気のお山なんでしょう。
でもせっかくのソロ山行ですから、もう少しのんびり静かに歩きたかったのではないですか?
キバラーさんの後をしっかり追って来られたところを見ると、レベルの高い団体さんだったでしょう。
付かず離れず、後から来られると、撮影がしにくかったことでしょうね(^^ゞ

そろそろ、鈴鹿もヒルの季節でしょうか。
あれさえ居なかったら、もっと鈴鹿にも行きたいのですが・・・(>_<)
[ 2015/05/21 09:14 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
大峰の釈迦ヶ岳へのアプローチにも似たシーンですよね。
鈴鹿はホント大人気の山ですね。
ヒルシーズンでも地元の人は登るんでしょうか。
撮影に集中できなくて釈迦ヶ岳はこんな山でしたってところが表現できなかったのが少々残念です。
ヒルだけがネックですね。。
昼下がりジョニー塗ってまで行きたくないしって感じです。
[ 2015/05/21 21:35 ] [ 編集 ]
駐車場満車!から驚きました。
標高以上の展望も素晴らしい!
[ 2015/05/21 22:15 ] [ 編集 ]
釈迦ヶ岳の稜線は本当に爽快な感じですね。
私もシロヤシオが好きなので行こうと思ってましたが
どうも裏のようでして行きませんでした。
でもなかなか咲いている木もあるようで楽しめそうですね。
[ 2015/05/21 22:40 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
鈴鹿セブンマウンテン全登おめでとうございます。
映像を拝見すると、団体さんにずっとついてこられて
少し嫌だったでしょうね。
鈴鹿はヒルが有名だと聞きますが、当日は大丈夫でしたか?
私は虫とか大の苦手なので、ヒルがいない季節にいってみたいです。
[ 2015/05/22 01:18 ] [ 編集 ]
がんばって早起きして来たつもりなのに下道で時間かかってしまって7時半では一杯だったのには驚きました。
鈴鹿の人気っぷりを思い知った感じです。
標高はたしかに金剛山より低いですね。
なのに立地が違うだけでぜんぜん山の大きさも違って見えました。
[ 2015/05/22 20:47 ] [ 編集 ]
大峰の釈迦ヶ岳ほどの高さもスケール感もありませんが変化に飛んで楽しく歩けました。
杉や檜の植林が無いのが珍しくて良かったです。
Ikajyuさんは花好きでいらっしゃいますよね。
探せばもっと他に花があったと思います。
鈴鹿は下山してからも楽しめるので小旅行な気分になって良いです。
[ 2015/05/22 20:47 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
団体さん、最初は先に行ってもらいかけたのですが、あまりの人数の多さに渋滞になりそうなので先に行かせてもらったのですが、思っていた以上にベテランだったみたいでこっちは休憩していないのに休憩しながらの団体さんにすぐに追いつかれてばかりでした。
山頂までのアプローチで先を譲ってしまったのが失敗でした。
ヒルだけは私も許容しがたいです。
でもまだ今月いっぱい、いや、梅雨が始まるくらいまでは大丈夫だと言っておられる方がいました。
ヒルはいくら気をつけていても気づいたらくっついています。
ヒルのいる山が多いので、これからしばらくは行ける山を探すのに苦労します。
金剛山系でも十分なのですが、知らない山を歩くのは緊張感があって良いものです。
[ 2015/05/22 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ