生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

比良山系 武奈ヶ岳 (2015.5.7) 

20140507-0.jpg
武奈ヶ岳山頂にて  風音さん,みーさんKazzさん,キバラー

【動画編】

※第三者の楽曲と一致してるとかで広告が入ります(誤認と思われます)

久しぶりの比良は平日ということもあって静かだった

【ルート】
坊村(7:00)-(御殿山コース)-御殿山-武奈ヶ岳(10:30)-コヤマノ岳-中峠-
シャクシコバノ頭-(小川新道)-明王谷-坊村


GWついでに公休を取って、平日が休みのメンバーと山登りへ。
直前まで天気予報に振り回され、前日に裏比良の京都北山エリアにあたる「峰床山」
に決定し、地図なども準備して向かっている最中、あまりにも天気が良いので
稜線歩きをしたいなぁという意見になってきたので急遽、武奈ヶ岳へ変更。
峰床山も武奈ヶ岳もスタート地点はほぼ同じなので変更は容易であった。

登りは一般的なアプローチである御殿山コースから。
このコースはひたすら急登のつづら折れというイメージであったが、
二時間かかってもまだ御殿山ピークに辿り着かず思っていたより長く感じた。
そしてそのピークである御殿山は山名板も満足に無く、達成感に乏しいが、
展望は抜群で、南は蓬莱山(びわこバレイ)やら北の西南稜、
西に峰床山や鎌倉山、皆子山、東には琵琶湖やコヤマノ岳などの眺望がある。

御殿山ピークから少し下り、ワサビ谷から登り返して西南稜へ。
西南稜を歩くとアルプスのどこかを歩いているかのような開放感に浸れるがコンパクト。
ほどなく武奈ヶ岳山頂に到着。
武奈ヶ岳に登ったというよりも御殿山に登った印象のほうが強い。

山頂での昼食後、コヤマノ岳へ向けて再出発。
小川新道を通る周回を取る予定であった。
コヤマノ岳はピークらしいところは無いが比良の中では好きな場所である。
ここから先の下山ルートは自分も未踏である。
中峠からの登り返しはこれまでの踏み跡に比べると薄くなる。
シャクシコバノ頭はまったく印象は無く、そこからはワイルドな激下り基調となる。
踏み跡が薄いので不人気だろうと思っていたが予想外の展開であった。
もはやこれは破線ルートだろう。
実線の一般登山道にあるまじき難路だった。

谷に下りつくと、少し戻って大橋小屋とやらを見にいく。
まったく機能していない不気味な廃小屋だった。
沢の水の透明度は高いほうであるが、河原の岩はヌルヌルしていて足を置くと滑る。
これではきれいな水とは言えないかな。
そんなこんなで渡渉してからはへつりのトラバースステージ。
躓いたり、足をぐねったりして谷側に落ちると滑落してしまう。
最後はつづら折れの下りとなって牛コバに着陸。
ダートな林道、舗装林道を一時間ほど歩いて坊村に帰着。

春の武奈ヶ岳の一端を少しかじった程度の範囲を歩いたわけであるが、
十分山歩きを堪能できた。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20140507-2.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20140507-1.jpg

20140507-3.jpg
坊村の朝(7:00)

20140507-4.jpg
鯖街道を跨ぐ

20140507-5.jpg
明王院を抜ける

20140507-6.jpg
御殿山コースはひたすらつづら折れの急登

20140507-7.jpg

20140507-8.jpg
植林帯を脱してようやく自然林へ

20140507-9.jpg

20140507-10.jpg

20140507-11.jpg
ひっつきすぎ(≧∇≦)

20140507-12.jpg
イロハモミジの新緑かとおもいきや、ハウチワカエデだった

20140507-14.jpg
あじさいっぽいなぁ。

20140507-15.jpg
山座同定中..

20140507-16.jpg

20140507-18.jpg

20140507-19.jpg

20140507-20.jpg

20140507-21.jpg

20140507-22.jpg
西南稜の開放感は抜群でアルプス気分

20140507-23.jpg
琵琶湖側

20140507-24.jpg
あの武奈ヶ岳山頂を目指してラストスパート

20140507-25.jpg
武奈ヶ岳山頂 360度ビュー

20140507-26.jpg

20140507-27.jpg
ややこしい人が1名混ざっていて、道具を買うのは歩けるようになってからと、
このスニーカーで金剛山に一年で100回以上、真冬の明神平もこれで踏破された。
小石自動排出窓付き(≧∇≦)
次に買い換えるときはいよいよ登山靴の予定だとか(150回目のご褒美に)

20140507-28.jpg
自動車やバイクのオフロードタイヤのようにブロックの大きいのがいわゆる登山靴だとすると、
これはオンロードタイヤみたいなものであるが、接地面が大きいメリットはあるのかないのか?

20140507-29.jpg
コヤマノ岳にて

20140507-30.jpg
中峠にて

20140507-31.jpg
武奈ヶ岳というだけあってブナの木だらけ

20140507-32.jpg
シャクシコバノ頭からは激下りステージへ

20140507-33.jpg
ピンクのシャクナゲ

20140507-34.jpg
このあたりで過去何があったのか、

20140507-35.jpg
やたらとひん曲がった木だらけのゾーン

20140507-36.jpg
あれがオニギリ岩だろうか?登山道上にはない

20140507-37.jpg
小川君の遭難碑ケルン  小川新道の由来だろうか?

20140507-38.jpg
ザレ場にもろそうな小岩の上に大岩が!いつ崩落してもおかしくない状態

20140507-39.jpg
大橋小屋は機能していなかった

20140507-40.jpg
この沢の水はあまり綺麗ではない

20140507-41.jpg
へつりトラバースは苦手なステージだ

20140507-43.jpg

20140507-42.jpg
牛コバにて

20140507-44.jpg
覺照水

20140507-45.jpg

20140507-46.jpg

20140507-47.jpg

20140507-48.jpg

20140507-49.jpg

20140507-50.jpg

20140507-51.jpg
Check [ 2015/05/08 20:10 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(29)
 先日の山行、有難うございました。行きたかった武奈ヶ岳に連れてって頂きホンマに嬉しかったです。また山では終始、話し相手になって頂き有難うございましたぁ。あの方角を向けたら〇〇山!のアプリは最高ですねマジで機種変バージョンアップ考えますよ。
 ていうかメチャメチャ出演させてもらってるやないですか! 武奈ヶ岳山行の核心部はあのドタ靴?みたいな・・・(笑) それにしても確かに御殿山メインに登りに行ったイメージはありますが、西南稜の快適&爽快さには、疲れもブッ飛びましたよ。琵琶湖や比良山系のパノラマの景色も実に素晴らしかったです。帰りの小川新道は、確かに石ブテ47~55番位の超激下りワイルドルートでしたが、それもひっくるめて良い思い出になりそうです。有難うございました!是非また連れてって下さい。
[ 2015/05/08 22:08 ] [ 編集 ]
坊村からピストンと思いきや、周回をご提案下さりありがとうございました
冒険チックで、とても面白かったです♪^^

ヤマコーの地図で、中峠から先のルートを実線標記(一般ルート)するのは、どうなんでしょうねぇ? 
あれ、一人・二人での登山だと心細い踏み跡と崩落で怖い思いをするステージも有りましたよねぇ。r(^^;)

今回は、頼もしい方達とご一緒だったので安心してワイルドを楽しませて頂きました♪
よ~さん歩きましたけど、疲れを忘れるくらい楽しかったです。
下山後の達成感も絶大でした。

ありがとうございました。
又、どこかの山をご一緒させてくださね! (^o^)丿
[ 2015/05/08 23:41 ] [ 編集 ]
連休の5日~6日、私は大峰大普賢~行者還を歩いていました。
私のホームグラウンド比良へ行かれてたんですね。それも平日の7日?
比良を歩き倒している私ですが、未だ御殿山コース登りで歩いたことがありません。逆に小川新道下りで歩いたことがありません。小川新道はけっこう好きなルートです。いつも金糞峠から大橋小屋まで下ってから登り返していました。だから印象が違うのかもしれません。急登を凌いだ後のシャクシコバノ頭手前のなだらかなブナの森の美しさに魅了され、その印象が強いですね。
比良もすっかり新緑の装い、この週末から、私も比良に通うことになりそうです。
ドローンによる空撮は難しそうでしたか?
[ 2015/05/08 23:52 ] [ 編集 ]
比良山系の新緑も映えてきましたね~。
これだけでも行きたい気持ちが高鳴ります。
天気だと北山より比良山を選びたくなる気持ちはわかるかも(^^;
新緑の北山も良いですよね。峰床山。私も候補の一つであります。
もし機会があれば是非w。
何気にひんまがった木などどういういきさつでそうなったのか
そういうのを考えながら登山するのも面白いですよね。
マンモスの木とかも見る度にそう思います。
[ 2015/05/09 09:29 ] [ 編集 ]
こんにちは!
楽しいメンバーでワイワイガヤガヤ言うてるのが写真からも聞こえてきそうです(^o^)武奈ヶ岳のブナの新緑気持ちよさそう♪ ややこしい人はまだあの靴で50回近くも金剛山行くつもりなんですね!
小石自動排出窓…プププ(笑)
でも、私的にはいつまでも「ヤヤコシイ迷彩の人」でおって欲しいと思うのです(^^)
[ 2015/05/09 18:35 ] [ 編集 ]
先日はご一緒いただき楽しかったです!
比良山系の代表、武奈ヶ岳も破れスニーカーで対応できることが確認できましたね!
あの下山ルートは厳しいかと思いましたが見事にグリップしてたのは驚きました。
明王谷は未踏だったので確認できて良かったです。
なかなかお休みが合う事がないKazzさんと二度目の山行きが実現できて私も楽しい思い出が一つ増えました。
ありがとうございました。
後ろのほうのコメントでココペリさんが書かれていらっしゃるように、Kazzさんから迷彩柄とドタ靴を取ったらふつうの人になってしまいますね!(≧∇≦)
登山パンツに登山靴の更新、Kazzさんならどういうセンスで攻めて来られるか楽しみです♪
[ 2015/05/10 19:02 ] [ 編集 ]
みーさんとの山行き、実に四国は剣山以来でしたね!
紅一点、ムードメーカーのみーさんとご一緒できて楽しかったです。
未踏の明王谷は一度は歩きたいと気になっていたので良かったです。
あの下山ルートは破線が適当ですよね~。
またご一緒してください。
ありがとうございました。
[ 2015/05/10 19:03 ] [ 編集 ]
GWの大峰テント泊を今年も実現されたのですね。
天気が安定していて良かったのではないでしょうか。
小川新道の下りはなかなか難ありました。
いつかのarajinさんの日記で見たことのあるケルンはココだったのかと偶然の発見でした。
あのルートを一人で登るのは比良に通い慣れていないと心細くなりそうです。
arajinさんが歩かれてないところがないという比良の一端をまた一つ確認できて良かったです。
西南稜のドローン空撮と稜線歩きで見える展望と大差なさそうなので微妙かなと思いました。
同じ頃、比良で若い男性の遭難があったみたいですね。
無事発見されたようです。
[ 2015/05/10 19:03 ] [ 編集 ]
比良の新緑は始まったばかりの印象でした。
北山は経験値がほとんど無いので気になっておりますが、裏比良も含めてもうすぐヒルのシーズンがやってくるのでまたしばらく縁が無さそうです。
マンモスの木も過去に何があったのか考えさせられる状態なのですね。
過去をいろいろ想像を巡らせながら歩くのも楽しいです。
[ 2015/05/10 19:03 ] [ 編集 ]
私以外の3人のメンバーとは最近ご一緒されたとのことで、ココペリさんにはよりリアルに楽しい様子が伝えられたみたいで良かったです。(^^)
ややこしい方、そうなんです。
10回ごとに自分への褒美に山グッズを買い足されていっておられるわけですが150回目には登山靴を買うとみんなの前で公言されてらっしゃいました。
私もココペリさんの思いと同様、Kazzさんから迷彩柄とドタ靴が無くなってふつうになったらちょっと寂しいです。
どんな印象に変わるのか楽しみです。
[ 2015/05/10 19:05 ] [ 編集 ]
武奈ヶ岳にはもう数年行ってないです・・・
御殿山からの下りで大転倒して同行者に笑うに笑えないほどど派手にやってしまったのを思い出してしまいました。
靴と服装は山行きらしいものになったのは数年前でそれまでは履きつぶした靴、ジーンズでした。北岳に行ったとき同行者に「そんなじゃアカンで」と言われてから靴を買うようになりましたよ。それまでなんで自分だけすべったり、濡れたりするんやろ?と思ってました。
[ 2015/05/10 23:00 ] [ 編集 ]

平日が休みと言う事で、なかなかご一緒させて頂く機会がなかったですが、実現できて嬉しかったです。
ありがとうございました。

植林地帯あり、自然林あり、開放的な稜線歩きあり、沢の徒渉ありと、バラエティーに富んだコースで楽しめましたね♪

またご一緒できる日を楽しみにしています(^-^)/





[ 2015/05/11 06:35 ] [ 編集 ]
こんにちは
既にご存知かもしれませんがあの杉の木は芦生杉(あしゅうすぎ)という日本海側の杉の品種で雪の重みで垂れ下がった枝が地面に付いてそこから根を張ったり、折れた枝から幹!が再生したりする非常に生命力の強い杉のようです。
長い間、豪雪や強風に耐えてきた結果あのような形状になったのでしょうね。
私もそれを知るまでは敦賀あたりから変なもの飛んできてへんよなーってなんて真面目に考えていました(笑)
[ 2015/05/11 06:46 ] [ 編集 ]
御殿山から下ったことがないのですが、つづら折れはけっこう膝にきそうですね。
大転倒とはどれくらい派手に転けられたのた気になるところです。(≧∇≦)
れおさんもジーンズに履きつぶされた靴で登山をやっておられたのですか。
いやなかなかタフですね!
登山靴で良かったと思うのは、石に乗って足をぐねった時や、沢ルートを歩く時くらいかなぁ。
一般登山道ならスニーカーでも十分そうですね。
実際、トレランシューズも運動靴に近いものがありますよね。
[ 2015/05/11 20:55 ] [ 編集 ]
先日は遠回りでみなさんの送迎までお世話になってありがとうございました!
芦生にお詳しいと知っていつかはという思いで一年越しにご一緒できました。
イメージしていたよりもあちこちの山の経験も豊富でいらっしゃって驚きました。
今回の武奈ヶ岳、おっしゃるとおり考えてみれば全部入りステージでしたね。
平日にまた休み取った際はぜひご一緒してください!
[ 2015/05/11 20:56 ] [ 編集 ]
マメ知識、教えていただきありがとうございます。
芦生杉は芦生原生林のあたりだけの存在かと思っていました。
比良の植生に多いひょろ細い木がみんなやんわり曲がっているのは冬期の雪のせいだとは知っていたのですが、まさか杉みたいな丈夫そうな木でもそんなことがあるのですね。
小さいうちから影響を受けたまま成長したんでしょうか。
小川新道のそれは、一部の狭いエリアにひん曲がった木が集中していました。
たしかに敦賀に近いですね。
今回のルート(明王谷)は、かずそうパパさんが昨年9月に復帰後歩かれてらっしゃったのを覚えていましたので実現できました。
[ 2015/05/11 20:56 ] [ 編集 ]
新緑が、素晴らしいですね!
西南陵からの景色は最高だったでしょう。
琵琶湖を望む広々とした眺望はもちろんですが、箱庭のような山肌の景色も好きです。
とんがりコーンのような常緑樹の濃い色と新緑の淡い色のコントラストが、まるで作ったように可愛いですよね。

谷筋の新緑が、また素敵!
お写真を見ているだけで癒されます。
平日の静かな武奈ヶ岳、楽しいメンバーといい山行でしたね(*^_^*)
[ 2015/05/12 09:15 ] [ 編集 ]
標高以上の稜線歩きができるんですね!
たまには平日に山歩きしてみたいです。
[ 2015/05/12 23:02 ] [ 編集 ]
新緑の武奈ヶ岳は初めてなので美しかったです。
しかもカエデはモジ見より緑が濃くて鮮やかで綺麗でした。
武奈ヶ岳というだけあってブナの木があんなにも多いとはいままで気づいてませんでした。
なるほど八雲ヶ原側の眺望は箱庭ジオラマみたいですね。

[ 2015/05/12 23:36 ] [ 編集 ]
山は標高じゃないの代表格みたいな武奈ヶ岳。
大峰同様に冬は厳しく遭難碑も一つや二つじゃありません。
核心部の西南稜は初めて歩いたときに思った印象よりコンパクトに思えました。
休日はハイカーが多い山ですね。
そして裏比良は梅雨頃からヤマビル出没注意の山になりますね。
[ 2015/05/12 23:38 ] [ 編集 ]
こんばんは。

いつもo(^o^)oワクワクしながら
拝見しております。

武奈ヶ岳、素晴らしい新緑真っ盛りで
コースも変化に富み、楽しそうな皆様の
様子が伺えますね!

いつかは行ってみたいなぁヾ(´▽`*)ゝ
これからもブログ、
楽しみにしています!
[ 2015/05/13 00:13 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
比良山系ではランドマーク的存在の200名山武奈ヶ岳を目標とするだけでも変化に富んだたくさんのコース取りが楽しめるわりと本格的な山という感じが良いです。
大阪からややアクセスが遠いのですが。
いつかぜひ!
コメントありがとうございます。
[ 2015/05/13 06:55 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんにちは。
新緑がとてもキレイで、画像の映像も素晴らしいですね。
下山ルートは少しハラハラで、逆に歩いてみたくなりました。
私も段々と欲が出てきて、金剛山系以外にも
行きたくなってきた今日この頃です。
[ 2015/05/13 21:03 ] [ 編集 ]
春から夏に変わる今のこの時期がどの山も最高です。
低山のほうが少し時間があるだけで登ってこれるので好きなのですが、夏場の暑さが厳しいのでどんどん高みの涼しい山へと遠征してしまいます。
shi9056さんもこの夏は遠征も楽しんでみられたらいかがでしょうか。
機会があればご一緒してください。
ありがとうございます。
[ 2015/05/14 06:45 ] [ 編集 ]
Youtubeで見つけてやってきました。
私は比良山の麓(西側)に住んでいます。
いいところをご紹介します。
坊村から白滝山へ登り、そこから尾根沿いに蓬莱山へ登るコースです。
尾根は広く、踏み跡はありません。GPSがないと遭難するかも。
下りは沢沿いのコースがあります。
新緑の今がおすすめです。
それでは。
[ 2015/05/16 21:32 ] [ 編集 ]
初めまして!
坊村からのルートファインディングなルートの紹介をありがとうございます。
そういう山歩きは大好きなのでぜひ歩いてみたいと思います。
裏比良はそろそろヒルシーズンですよね?
梅雨までならまだいけますでしょうか。
ヤマレコもやってらっしゃるのですね。
参考にさせていただきます。
ありがとうございます!
[ 2015/05/18 06:48 ] [ 編集 ]
手持ちジンバル、いいですね。
私は冬の野坂岳をPhantomで手持ち撮影しながら下山しました。腕がだるくなりました。ストックの先に取り付ける方法を模索中です。しかし、すれ違った人に見られると恥ずかしい…。かさばるし、いっそのこと手持ちジンバル買おうかな。
[ 2015/05/18 09:29 ] [ 編集 ]
こちらの記事の動画は手持ちジンバル等は一切使っていません。
複数人で行ったときは待った無しなので置いて撮ったり、手持ちで撮ったり、移動しながら滑らかに撮ったりと3通リの撮り方で、みなさんの足を止めることなく撮り続けなければならないため三脚のみです。
私もPhantomを操り人形のようにぶら下げて手持ちをしたら3軸ジンバルだけでいい仕事してくれるのではないかと思っていました!
その発想を実際にやられたのですね?
さすがですね!
[ 2015/05/19 06:52 ] [ 編集 ]
手ブレ補正でしたか。性能のいいビデオカメラですね。私のはどうも手ブレ補正が壊れているようです。ストックの上にワンタッチで取り外し可能なアダプタを取り付けて、一脚として撮影しています。
それでは、ありがとうございました。
[ 2015/05/19 10:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ