生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

六甲山系 摩耶山・シェール槍・新穂高 (2015.4.26) 

20140426-0.jpg
摩耶の大杉にて
キバラー,orisさんmetsさんIkajyuさんうっちぃさんちゃみさん



春爛漫、新緑まぶしい!良い天気に恵まれ歩き倒し

【ルート】
 阪急六甲駅-(旧登山道)-虹の駅-摩耶山-掬星台-
 穂高湖-(お昼)-シェール槍-新穂高-(トゥエンティクロス)-市ヶ原-三ノ宮


ヤマレコのmetsさんIkajyuさんと初対面!
総勢6名で軽くハイキング程度と思いきや、歩き倒してヘロヘロに。。
電車移動ならではのお疲れ生ビールは五臓六腑にしみわたる旨さだった。

午前7時30分、阪急六甲駅にて集合。
学生時代はワンゲル部だったというヤマレコのmetsさんと、
ヤマレコでその名を知らない人がいないIkajyuさんと初のご対面。
その他の3名はお馴染みのメンバー。
しばらくは住宅街を歩きつつも徐々に高度が上がって行く。
取り付きである長峰霊園近くになると住宅街であるにもかかわらず急登に。(^^ゞ
登山口で小休止してからいよいよ山中へ。
ほどなく旧登山道(マイナールート)の取り付きがあり、そこからは激登りであった。
上から若い学生グループ十数人が下ってきてすれ違い。
急登を登り切って平坦になったところで少し休憩。
楓の新緑が綺麗すぎる。
某山岳会でもベテランの域に達しているちゃみさんが今回のリーダーに無理矢理。
終始、早いのなんので追いつくのがやっとだった。(^^ゞ
後からわかったことだが旧登山道は上から下る場合には通行禁止の看板があった。
というのも廃墟で有名なマヤカンこと旧摩耶観光ホテルのそばを通るルートなので
阪神大震災の影響で崩壊の危険があるからだそうで、当然マヤカンは立入禁止。
マヤカンを避けるように迂回して「虹の駅」へ。
ここからは一般登山道である。
木漏れ日の下、幅広でごきげんなハイキング道をせっせと登って行く。
途中、昭和51年に消失した寺社跡にさしかかると、ひたすら階段の登り。
何やら登山道から少し外れたところに「摩耶の大杉」があると書いてあったので行ってみた。
幹周り8mあるというそれはひときわ大きかった。(残念なことに大火で枯れた)
登山道へ戻って階段を最後まで登り切ると広い境内跡で弁当広場適地になっていた。
そこからもこれといって変化のない六甲の植生の中を歩いてほどなく摩耶山頂へ。
掬星台に行ってみるとエイアンドエフカントリー一色のイベントの真っ最中。
ツツジや八重桜が見頃。春霞で展望は厳しかった。

しばらく眺めてまわった後、オテル・ド・摩耶、アゴニー坂を経て「穂高湖」へ。
食事をするには適地が無かったので周回路上の適当な場所を見つけて腰を下ろす。
午後から用事のあるIkajyuさんとはここでお別れとなる。
短い間のご一緒でしたがありがとうございました!
穂高湖を筆頭に、シェール槍や新穂高など、北アルプスにちなんだ
名前が付けられているところがあるおかげで行かなければ気がすまなくなった。(^^ゞ
中でもシェール槍は大人気で、渋滞気味であったがちょっとした岩場を楽しめて展望も良かった。
再び周回路に戻って周回を続けると弁当適地な日陰のある広場に出た。
こんな良い場所があるのだったらもう少し我慢して歩けばよかったが、
シェール槍を目前にして、先にお腹に何か入れておかねばと思ったことは確かである。
テーブルが空いていたので、地図を広げてこれからのルート検討作戦会議。
シェール槍に続いてもう一つのピークである「新穂高」に登るかどうかと、
下山ルートをどこに設定するかなど、低山ならではの前もって計画してこないで
こうやってみんなで考える楽しみ方ができるのは六甲山系の良いところ。
新穂高へは山と高原地図では破線ルートだけに、取り付きから様子をざくっと眺めてみて
気が向いたら登ってみようとの結論に。
徳川道から新穂高ピークへの取り付きに到着すると、熊笹生い茂るも踏み跡しっかり、
一同、迷いもなく行ってみることに。
多少のアップダウンにいたぶられながらもピークに到着。
シェール槍に比べてこちらは展望もイマイチで不人気なようである。
さてここからは徳川道へ高低差50mほどの下りであるがなかなか楽ではなかった。
最後の小ピークを左右二手に巻く踏み跡を左に行って失敗。
テープもあって下れなくもないがバリエーションルートである。
迷ったら登り返すの鉄則で、元の場所まで戻ってリカバリー。
こんどは右から巻いてみると踏み跡しっかり。
しかしながら滑りやすい砂が浮く激下りには参ってしまった。
徳川道からは快適はハイキング道でトゥエンティクロスへ。
以前とは様子が変わってしまった河川敷があり、その様子はまさに上高地の明神池のよう。
この時点で歩行距離12kmオーバーでそろそろ疲れも出てきそうな感じ。
渡渉を繰り返して市ヶ原方面へと進む。
櫻茶屋手前には当初計画の布引ハーブ園への登り返しの取り付きがあったが
さすがに疲れも溜まってきたのでこのまま下山することに決定。
櫻茶屋(トイレあり)からがまだまだ長い。。
布引滝経由で三ノ宮へ。
そして駅前近くの「王将 三ノ宮東店」へ飛び込む。
キンキンに冷えた生ビールの旨いこと!
メニューは少なめであったが、チャーハンに天津飯、餃子と
品数は少なめではあったが、味の上ではいままでいちばん美味しいと思っていた
王将河内長野店を超えてると思った。また来たい!
もっとコンパクトだと思っていた六甲の、そのスケールの大きさを再認識した感じ。
1回の山歩き目標である距離10~15km以内、高低差500~1,000m範囲内を
大幅達成しすぎて少々オーバーワークぎみになったかも?
みなさん、ありがとうございました!

その他の写真は以下より。
20140426-1.jpg

20140426-2.jpg
20140426-2-2.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20140426-3.jpg
阪急六甲駅前に7:30待合せ

20140426-4.jpg
杣谷入口から取り付く

20140426-5.jpg
旧登山道(マイナールート)への取り付きから、いきなりの激登り

20140426-7.jpg
楓の新緑が眩しい!

20140426-8.jpg
たまらん

20140426-9.jpg

20140426-10.jpg
マヤカンのそばを通過

20140426-11.jpg

20140426-12.jpg
昭和初期の遺跡

20140426-13.jpg

20140426-14.jpg

20140426-15.jpg
ケーブル「虹の駅」

20140426-16.jpg

20140426-17.jpg

20140426-18.jpg
orisさん

20140426-19.jpg
Ikajyuさんが「紅葉してる!」と。なるほどな~。

20140426-20.jpg

20140426-21.jpg

20140426-22.jpg

20140426-23.jpg
摩耶の大杉(大火により枯れ木となる)

20140426-24.jpg

20140426-25.jpg

20140426-26.jpg
尾根コースへ

20140426-27.jpg
なんだろこれ。。

20140426-28.jpg
なんちゃら跡ばっかり。

20140426-29.jpg
摩耶山山頂(三等三角点)

20140426-30.jpg
ツツジが見頃

20140426-31.jpg
六甲山牧場を望む

20140426-33.jpg
「すぐありま」? まだまだ有馬とちゃいます

20140426-34.jpg
Ikajyuさんのバックショット

20140426-35.jpg

20140426-36.jpg
穂高湖

20140426-37.jpg

20140426-38.jpg
シェール槍の頂上

20140426-39.jpg
頂上からの下り

20140426-40.jpg
ごきげんなトレール

20140426-41.jpg
新穂高への取り付き(破線ルート)

20140426-42.jpg
笹ヤブであるが踏み跡はっきり

20140426-43.jpg
ゴブリン 怖いなぁ。

20140426-44.jpg
新穂高ピーク

20140426-45.jpg
新穂高ピークにて

20140426-46.jpg

20140426-48.jpg

20140426-49.jpg
六甲の上高地

20140426-51.jpg
水面に反射して鏡のよう

20140426-52.jpg

20140426-53.jpg

20140426-54.jpg

20140426-50.jpg

20140426-55.jpg
櫻茶屋の屋根の上を見上げると・・

20140426-56.jpg

20140426-57.jpg
猿のかずら橋

20140426-60.jpg

20140426-58.jpg
布引の滝

20140426-59.jpg



ここからはorisさん写真提供

20140426-61.jpg

20140426-62.jpg

20140426-63.jpg

20140426-64.jpg

20140426-65.jpg

20140426-66.jpg

20140426-67.jpg

20140426-68.jpg

20140426-69.jpg

20140426-70.jpg

20140426-71.jpg

20140426-72.jpg

20140426-73.jpg

20140426-74.jpg

20140426-75.jpg

20140426-76.jpg

20140426-77.jpg
王将 三ノ宮東店
Check [ 2015/04/28 22:33 ] 六甲山系 | TB(0) |   コメント(14)
なるほど~こんな展開で〆られたのですね~すごく充実してます。
私も昼まででしたがかなり内容が濃かったのでまるで一日登山のような
充実感でした。お声かけ頂いて本当に光栄です(^^。
また、何かこういった機会がありましたら恐縮ながらお願いします。
新穂高は藪でダニが発生しそうな感じでしたが何かとアドベンチャーな要素があって楽しめますよね。
新緑を撮られておりましたがやはり立体感が違いますね~。
あの緑の輝きをなんとか写真に収めたいとおもいつつなかなか
うまくいきませんが緑が映えている様子がよくわかります。
楓の新緑は確かに圧巻でした。あれは紅葉時とはまた別の
すばらしさがありますよね。私もあの緑には参りました。
ちょうど新緑が旬の六甲に来れて良かったです(^^。
そしてキバラーさんにもお会い出来て感無量ですw。
(終始緊張しっぱなしでしたが(^^;)
[ 2015/04/29 02:30 ] [ 編集 ]
あんまり計画してなくて、適当に下山したら
結構ロングなルートになりましたね。
「新穂高」は地味にしんどかったですが行ってよかったです。
欲張りなので初めての場所は行けそうな場所は行ってみたい派です。

今回が私のとって3度目の六甲でしたがずっとキバラーさん企画で
ワイワイと歩いているので、単独では六甲に行く気がしません。
六甲山+下山後の反省会企画はぜひまたやりましょう。
今回も調整等いろいろお手数をお掛けしました!
それと、王将の裏ワザはもうないですよ・・・
[ 2015/04/29 07:49 ] [ 編集 ]
 ロングコースで六甲山系、堪能されましたね。以前にトエンティに行った時に作り掛けの建造物が遠くに見えてましたが、あれが麻耶観光ホテル廃墟やったようですね。晩に行けば心霊スポットみたいなですよね(笑)シェール槍と穂高湖いい感じです。自分も行ってみたくなりました。それにしても相変わらず綺麗な写真です。
[ 2015/04/29 08:49 ] [ 編集 ]
何て緑がキレイなんでしょう!
六甲山も、いいですね。
眺望も素晴らしいですし、渡渉も涼しそう。
なんちゃって北アルプスも楽しそうですね。
いつもはソロの多いキバラーさんですが、ワイワイ山行もまた違った楽しみ方があっていいですよね~。
素晴らしいお天気に恵まれて、皆さんの笑顔も春爛漫(*^_^*)
[ 2015/04/29 18:34 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます。
先日はご一緒いただきありがとうございました!
ヤマレコでIkajyuさんのスタンプを見ない記事が無いほどあちこちに足跡を残してらっしゃって、私の中では有名人なのでいつかはお会いしたいと思っておりました。
私とはかなり年齢差もあるので世代ギャップで話相手してもらえるかなぁと心配しておりました。(^^ゞ
Ikajyuさんがじっくりと花を観察してらっしゃるのは意外でした!
若い方で目立たない花にじっくり目を向けられる方がいらっしゃるのは新鮮な驚きでした。
私ですら群生や新緑、紅葉などパッと目にわかりやすいものしか気づかないので。(^^ゞ
楓の新緑ですが、金剛山では麓のバス道沿いでしか見ることができないので圧巻でした。
また機会がございましたらお気楽にご一緒してください。
[ 2015/04/29 19:53 ] [ 編集 ]
先日はお疲れ様でした!
新穂高の後は下り基調でラクラク下山かと思いきや長かったです。
おかげでハーブ園までの登り返しの余力が削がれてしまって残念でした。
今回の六甲は思いの外スケールが大きいと思いました。
グループ山行はけっこう他人まかせなのですが、
今回は低山だけにみんなで考えるという行き当たりばっ旅ができたのは楽しかったです。電車(ザック歩荷)での移動も慣れてきました。(^^ゞ
王将の裏ワザ、これからずっと使わせていただきます。
また開発・発掘してください!
たくさんの写真も送っていただきありがとうございました!
またよろしくお願いいたします。
[ 2015/04/29 19:55 ] [ 編集 ]
軽く六甲を散策程度にイメージしていたのですが結果的にはロングコースになってしまいました。
私も以前、長峰山経由で登った時に、遠くに見えた山中の廃墟を目にしたときから興味津々でした。
今回の核心部としては紹介できないジレンマ。。
立入禁止ですから。(^^ゞ
愛宕山の愛宕索道後などの廃墟も、当時に思いを馳せて想像の世界でタイムスリップするのが好きなのでけっこう廃墟好きかもしれません。
いつもありがとうございます。
[ 2015/04/29 19:56 ] [ 編集 ]
金剛山だとマス釣り場あたりのバス道でしか見られない楓の新緑が、六甲では山中でたっぷり堪能することができたのは良かったです。
花さがしは苦手なのですがいろいろ咲いていたみたいです。
トゥエンティクロス歩きは2度目ですがかなり良かったです。
大阪南部からだとアクセスだけがネックですね。
ありがとうございます。
[ 2015/04/29 19:58 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんにちは。
今日も(4/29)金剛山山頂広場でお話し頂きありがとうございました。
私のようなものにお話しして頂けるだけで嬉しく思います。
orisさんとはまた違った視点で楽しませて頂きました。
勝手ながらこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2015/04/29 22:29 ] [ 編集 ]
チャレンジ登山大会でお会いして以来、またお会いしたいなぁと思っていたところ、思いのほか早い再会ができてうれしかったです。
記事の方ご覧いただきありがとうございます。
同じところに行っても感じ方や捉え方が違うのが面白いですね。
またよろしければご一緒してください。
[ 2015/04/30 20:32 ] [ 編集 ]
先日はご一緒させていただきありがとうございました。

登山後もkivararさんのレコを見てますと、楽しみも倍加されますね。
写真も動画も人の表情もいきいき、緑も綺麗と言うことなしです。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2015/04/30 22:38 ] [ 編集 ]
こちらこそ先日はありがとうございました!
ご覧いただきありがとうございます。
撮影し忘れもけっこうありますので、同行されたmetsさんたちのレコを見て、そうそうここをなぜ撮らなかったのかと気付かされたりとそれぞれの個性が出ていて面白いです。
またよろしくお願いいたします!
[ 2015/05/01 21:56 ] [ 編集 ]
こんにちは。先日はお誘い下さりありがとうございました。
楽しい六甲歩きでした。気になっていたシェール槍にも行けて
良かったです。それよりも新穂高が短時間ですが楽しかったです。またどこかご一緒して下さい♬
(あっ、全然ベテランでなくてまだまだ修行の身です(>_<)
[ 2015/05/02 08:33 ] [ 編集 ]
先日はご参加していただきありがとうございました!
ついていくのがやっとでした。(≧∇≦)
いつのまにそんなに逞しくなられたのかと驚きました。
穂高湖とトゥエンティクロスは二度目でしたが前回とは季節も違ったので新鮮でした。
私もシェール槍、新穂高は一度は行っておかないといつまでも気になる場所なので登れて良かったです。
またよろしくお願いします。
[ 2015/05/03 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ