生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 稲村ヶ岳 (2015.4.18) 

20150418-1.jpg
稲村ヶ岳頂上展望台にて(空撮) バックは山上ヶ岳~大普賢岳

【動画編】


暑くなく寒くなく、静かで爽やかで絶好の登山日和だった。
(雪渓トラバースあり)

【ルート】
母公堂(9:30)-法力峠-稲村小屋-稲村ヶ岳(ピストン)-母公堂(18:30)


前回の稲村ヶ岳はこちら

チャレンジ登山大会が終わって、今年二度目のぎっくり腰の二週間後でありながらも
歩くだけなら差し支えなかったのか調子悪こともなく歩き通せたので、
むしろ歩くことはリハビリに良いのかな?なんて思いつつ、さぁこれから歩き倒すぞぉと
久しぶりにプチ遠出でもしようと思って一週間過ごしてきたが、
腰はやっぱりまだ完全ではなく、ここはムリせずほどほどに考えることにした。
おりしも土曜日が絶好の天気予報だったので、山に行かないでどこに行く?って感じ。
ほどほどの距離で静かに深い山を堪能できて、そんなに朝早く起きなくても良い近場は?
と考えた時、何度も登ったことのある稲村ヶ岳へふつうにピストンで行こうと。
稲村ヶ岳展望台からのフライトは、昨年から考えていた次期空撮候補地でもあったので
今回のような絶好の天気なら願ったり叶ったり。
しかもごろごろ水で給水もできるではないか。
というわけで水汲み友だち同行で遅めのスタート。
登山者が山頂に居ると安全のためにテイクオフできないので下山開始時刻ぎりぎりまで待ち
となる可能性もあるのでそうなると下山完了時刻が遅くなってしまうので、
先に給水(今回の山登りの飲料分も含めて)を済ませ、母公堂へ移動。
いつも親切丁寧な母公堂の主人が掃き掃除されてらっしゃったので駐車料金を払ってしばらく立ち話。
午前9時30分からの登山開始。
朝の爽やかなで清々しい中をぼちぼちと登っていく。
同行者とはそれぞれ写真を取りながらであったが、自分はいつもの単独時撮影スタイルを踏襲。
遅々として進まないペースでいると、後発からの何組かにあっという間に抜かされてしまう。
稲村小屋までのアプローチは、久しぶりということもあって新鮮であった。
マンモスの木はもっと下のほうかとおもいきや結構上のほうだったりと意外と忘れている事もある。
もう少しでマンモスの木というところで、名前やブログをよく知っていた大ベテランのルネさんと出会った。
その節はありがとうございました!
狼狽しているうちに物凄いスピードであっという間に先に行かれた。
山頂ピストンとのことだったので、また後ほどどこかでお会いできるだろう。
植林帯に、落葉した明るい自然林帯、ワイルドなトラバースとなかなか楽しいではないか。
それにしてもいつもの標準的な装備なのにやたらと荷物が重く感じられる。
チャレンジ登山大会はほぼ空身だったので歩けたけど、今日は重量が堪えるなぁ。
途中、橋が崩壊しているところがあったが特に問題なし。
そんなこんなで12時に稲村小屋に到着した。
数人が各々昼食を摂っておられ、昼食する場所は十分に空いていたがそのまま通過した。
大日山が見えてきた。
いつもながら威圧感たっぷりのドヤ顔だ。
とても登れそうにないように見えても、ちゃんとしたルートを選ぶと難なく登れる。(補助ハシゴ付きだが)
日常出くわす難攻不落に思えるような物事であっても、やり方を選ぶと難なく解決するものだろうか?
それにしてもこのあたりの熊笹のトレールは良いなぁ。
大日山のトラバースのあちこちには残雪がたっぷりあったが、トレースがあり、
気をつけて慎重に歩けばアイゼン等を使わなくても大丈夫であったが、(持ってきてないし)
下りは体重がつま先にかかるとズルっと滑りそうになる。(^^ゞ汗
遠くから眺めていたら、ひぇ~、あんな雪渓のところを通れるの?と思っても、
近寄ってよく見るとぜんぜん余裕で歩けるじゃないかを日常に例えると、
いかつい顔をして怖そうな人やけど、しゃべってみたら意外にも優しい人だった、みたいな。。(^^ゞ
山頂から折り返してこられたルネさんたちと出会ってスロトレさんの事など少し立ち話。
お会いしたい人ベスト5名に入るスロトレさんにも会いたいなぁ。
山頂直前の倒木越えが行き帰りともに障害となって大変だった。
山頂でフライトのタイミングを待つ。
天気は良いが風は強かったり弱まったり。
そういえば稲村小屋前でも季節問わず常に風が吹いているのだった。
そういうわけで風に煽られまくるので遠く高く飛ばせず、やや保守的なフライトとなってしまった。
撤収後、一目散に稲村小屋前まで戻って食事。
小屋は今日は宿泊客は居ないようだ。
15時45分、稲村小屋前を後にした。
下山は撮影することなく黙々と下ったので登りの三倍くらいの速度かな。(≧∇≦)
こんな時間に歩いている人がいるとしたら稲村小屋の主人くらいだと思っていたら、
突然後ろから声をかけられたのでビビった。(@@;
なんとあのトレラン日記のニッコールさんだった。
台高山系の白鬚岳にご一緒して以来3年ぶりの再会で、つもる話をしながら一緒に下山。
母公堂から大普賢、和佐又まで13時間ほどランして帰ってこられたところだったとか。
超人的過ぎる体力をお持ちなのでニッコールさんのコースタイムはまったく参考にならない。(≧∇≦)
そんなこんなで母公堂前へ下山完了は18時30分と日没寸前となった。
いつもの装備で稲村ヶ岳ピストンだけなのに十分たっぷり歩いた感、これって体力的にまだ戻ってない感じ。
それにしても今日は久しぶりに丸一日、最高の山日和を堪能できて良かった。

その他の写真は以下より。

20150418-0.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20150418-00.jpg

20150418-3.jpg
清々しい朝、と言っても9時半頃なので山登りとしてはかなり遅めのスタートである。

20150418-4.jpg
今年1月のバーゲンで購入したKEENの登山靴をやっと履ける時がきた。
履き心地は抜群であるがひも靴はキライである。(リールアジャストに限る!)

20150418-5.jpg
熊出没注意

20150418-6.jpg
法力峠(ほうりきとうげ)

20150418-7.jpg
熊?鹿?

20150418-8.jpg
冬道との分岐点?!

20150418-10.jpg
相変わらず傾いたままの機能していないトイレ

20150418-11.jpg
ルネさんご一行とお会いしました。

20150418-12.jpg
マンモスの木 こんなでかかったっけ?

20150418-13.jpg
このヤドリギもずいぶん昔からある

20150418-14.jpg
植林帯との交錯

20150418-15.jpg
明るく気持ちの良い風景

20150418-16.jpg
植生の変化も楽しい

20150418-17.jpg

20150418-18.jpg
どうしてこんなトラバースしまくる登山道を作ったのだろうと思った

20150418-19.jpg

20150418-20.jpg
壊れた橋

20150418-21.jpg
稲村小屋に到着

20150418-22.jpg
小屋から先は雪渓がけっこう残っていた

20150418-23.jpg
大日山が見えてきた

20150418-24.jpg
相変わらずの威圧感

20150418-25.jpg
大日のトラバース

20150418-26.jpg

20150418-27.jpg
踏み抜いた跡もちらほら

20150418-28.jpg
大日のキレット

20150418-29.jpg
山上ヶ岳(お花畑)にズーム

20150418-30.jpg
ルネさんたちを見送って

20150418-31.jpg
稲村ヶ岳山頂手前にも残雪

20150418-35.jpg

20150418-33.jpg

20150418-2.jpg

20150418-36.jpg

20150418-37.jpg
誰もいなくなった稲村小屋前

20150418-38.jpg
ザックがかさばると思ったら、スナックの袋がパンパンだった(≧∇≦)

20150418-39.jpg
トレラン日記のニッコールさんと3年ぶりの再会
Check [ 2015/04/19 21:44 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(29)
おつかれさまです。
土曜日は程よく気温も上がって、とても天気が良かったですね。私は所用の為、丸々一日潰れてしまいました…(++)
この時期にこんなに晴れているのに、まだ雪が残ってるのは驚きです。

このBGM、もしや待望の空撮では…!?
その期待通りで、しかも空撮まで盛り上げるかのようなテンポの良さ…今回もPCをフルスクリーンにして堪能致しました。

チャレンジ登山動画の編集がまだあまり進んでませんが、
熱が冷めないうちに完成させたいと思います^^;
(今日もまた動画を撮ってやる事がどんどん増えてしまいました…)
[ 2015/04/19 23:08 ] [ 編集 ]
久しぶりにお会いできて楽しかったです。
動画がスゴイですね、映画のダイジェスト版みたい(^o^*)/
[ 2015/04/20 03:58 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます!
週末は土曜日だけ晴れの予報だったので山にいけて良かったです。
大峰は標高も高く立地の関係で冬は非常に厳しく雪深い山となりますので例年GW頃でもどこかに雪渓が残っていることがあります。
動画のほう、もっとたくさん撮ったんですが、音楽に合わせたためにかなり断捨離する結果となりました。(^^ゞ
ご覧いただきありがとうございます。
日曜日はまさかの天気回復で、チャレンジ登山のときのハンコを貰いに金剛山に登ってきました。
mizuiさんも登られてたと思います。
すれ違った人に、もうちょっと下にカタクリ咲いてますよって教えてもらったのに見つけれず。
花とはなかなか縁がなさそうです。。
[ 2015/04/20 06:47 ] [ 編集 ]
あれから実に3年ぶりとは月日が経つのは本当に早いです。
山に入っていると気づくといつも浦島太郎のような気持ちになります。
ニッコールさんは当時とぜんぜん変わってなくて、ウェアのカラーまで同じで安心しました。
稲村ヶ岳山頂でじっとしている頃、ニッコールさんは山上ヶ岳の稜線を駆けてらっしゃったのですね。
いい天気で気持ちよかったですね。
久しぶりにお会いできてうれしかったです。
[ 2015/04/20 06:50 ] [ 編集 ]
いいお天気でしたね!
暑くもなく、寒くもなく、歩くには1番いい季節ではないでしょうか。

法力峠過ぎの木に付いた爪痕・・・そんなに激しく木の皮がむしられているのはやはり熊でしょうか。
しかも、新しい!
以前、釈迦ヶ岳で熊らしきものに出会った事がありますが、その時も「大峰は時々熊の目撃情報があるよ」と言われました。
大峰を一人で歩く時は、熊鈴が要りますね。
キバラーさんもソロ山行が多いようですから、気を付けて下さい。

稲村山頂からの空撮、いい場所ですね。
あの雄大な大峰の山々を空から見るなんて、贅沢この上ないです。
断捨離せずに、もっと見せて欲しいくらい(^^ゞ
同じ場所でも、季節に寄っては違う景色に見えるでしょうね。
また次回作を楽しみにしています(*^_^*)
[ 2015/04/20 07:48 ] [ 編集 ]
一昨日は突然声をかけお引止めし、大変失礼しました。
いつも楽しませていただいている『ザ・金剛登山』。

あ!キバラーさんやーー!
三脚を手にした見覚えのある後ろ姿を発見した時から既に舞い上がってしまい、ミーハーなおばちゃんぶりを曝け出してしまいました。
後から少しばかり・・いえ、かなり反省いたしました。

それにしても、稲村山頂での空撮、もの凄い迫力!!\(⌒O⌒)/
稲村が、大日が、あんな風に見えるんですね~
その少し前、同じ山頂に立っていたと思うと、一層深い感動を覚えます。
ありがとうございました!

それと・・「大ベテラン」なんかではありませんよ (^^ゞ
山歩きを始めたのが若い頃というだけのこと。山から遠ざかっていた期間も長く、今のように頻繁に歩き始めたのはほんの12,3年前から。高いスキルももちろん体力もあるわけでなく、万年ハイカーの域を出ませんσ(^◇^;)

これからもブログ、楽しみにしております!
[ 2015/04/20 10:28 ] [ 編集 ]
ドローンを使った動画は大迫力で思わずに魅入ってしまいました。
母子堂のご主人はいい方ですね。
ありがたいことに私の顔もおぼえていただき、
今年は年賀状までいただきました。
そろそろ、ご挨拶がてら大峰の山にも行きたいです。
キーンの登山靴デビューはいかがでした?
スロトレさんは私にとっては山を始めた時の憧れの人なので
私も一度でいいからお目にかかりたいとずっと思っています。
[ 2015/04/20 19:52 ] [ 編集 ]
土曜日は今年に入って?週末いちばんの天気だったと思います。
なんの周期か天気に恵まれず週末になると天気が崩れていた気がします。
慣れた登山道を稲村ヶ岳ピストンだけ、という程度の感覚でおりましたら、
忘れていた箇所も多く、植林帯に自然林にと落葉した明るい中を堪能できました。
稲村ヶ岳までのルートの良さを再認識した次第です。
熊ですが関西圏は居てもツキノワグマでしょうし、
ばったり出くわさない限りは登山道上であれば人の気配で先に逃げてくれていると思っています。
鹿には遭遇しましたよ。
それでも用心するに越したことがありませんね。
ありがとうございます。
新緑後はまたちがった印象でしょうね。
寒くはありませんでしたがまだ冬山の様相でした。
音楽に合わせると捨てざるをえない良さそうなカットがたくさんあったのが惜しいです。
[ 2015/04/20 20:59 ] [ 編集 ]
ルネさん
先日はお会いできてうれしかったです。
若々しくてエネルギッシュなイメージでしたので、
ハンドル名に「オバ」なんて付けなくて良いと思います~。
後ろ姿でバレるなんてそんなにわかりやすい格好になってましたか?!(^^ゞ
動画もご覧いただきありがとうございます。
ルネさんをどうしても入れたかったので1カットだけ撮影時間との順序を入れ替えています。
ルネさんカットは2箇所ありますが短すぎて気づかれてませんよね?(^^ゞ
これからはますますルネさんの山行きを参考にさせていただきます。
スロトレさんにも会いたいです。
今後ともよろしくお願いいたします!
[ 2015/04/20 20:59 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
母子堂の新たらしいご主人もとても感じの良い方で私は好きです。
orisさんとはそんなにも顔なじみの方だったのですね。
今回は下山が遅くなって珈琲+茶菓子をいただくことができませんでした。(^^ゞ
稲村ヶ岳、久しぶりでしたが、改めて良さを再認識しましたよ。
キーンの靴は履き心地最高で、ヌバックなので蒸れるかとおもいきやそうでもなく、
とても快適でした。
スロトレさんには私も会いたいです。
[ 2015/04/20 21:00 ] [ 編集 ]
キーンの山靴は妻が数年前に買ったものと同モデルです。
見た目も綺麗でひと目惚れだったようで
機能性については当時気にしていなかったようですが
大変歩きやすく今となっては欠かすことができない山靴となりました。
それにしても新車(山靴)をおろすには最高の天気でしたね
天気の神様も久々週末に微笑みました。
[ 2015/04/20 21:30 ] [ 編集 ]
キーンのこの登山靴は履き心地が素晴らしく、
今回初めておろしたにもかかわらず、
何の違和感や足への負担、靴擦れもなく、
まるで足の形に合わせて作られてるかのようでした。
奥さまもお気に入りでいらっしゃるとのことで
オソロで良かったです。(*^^*)
買ったときは金剛山でもアイゼンが必要な冬山なので使用を見合わせていて、その後も天気に恵まれず、
今回ようやくデビューとなって最高の山行きを楽しめました。

[ 2015/04/20 21:37 ] [ 編集 ]
すごい景色ですね。
稲村ヶ岳って山頂の展望台からは
以外に樹林が多くて遮られた部分があると思うんですが、
動画をみるとこんな景色なんだなって思いました。
というより、素晴らしい展望と景色で
何度も動画を再生しました(笑)
大日のトラバース大丈夫だったでしょうか?
私、この残雪時期にいって結構、滑落しそうでヤバかったです。
[ 2015/04/20 22:18 ] [ 編集 ]
あっという間に雪は溶け、大峰登山の季節になってきましたね。稲村ヶ岳からの空撮に登山意欲をかきたてられます。
私も一回だけ岩湧山周辺の山を歩きましたが、それはそれでおもしろいんですが、やっぱ何か物足りない。5月の連休から朝早めの急行バスが運行、私もテント担いで大峰歩きます。なので、近場の低山徘徊はしばらくお休みです。
[ 2015/04/21 05:40 ] [ 編集 ]
大峰の雪もだいぶ溶けて来たようですね♪
また稲村に登りに行きたくなりました。
あのトラバース通過は、何故か登りより帰り(下山時)の方が怖かったのを思い出しました。

空撮がすごいです。迫力満点ですねぇ。
もっと見たいです~☆ 
[ 2015/04/21 12:48 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり、稲村ヶ岳山頂展望台からは西と東しか見通せないですよね。
それゆえにそんなに長居をする方もいらっしゃらず、せいぜい10分くらいで山頂を後にされる感じですね。
大日山もセットで登る方が多いという理由もあるかもしれません。
空撮映像を見ると意外と東側の落ち込みが急なことを改めて知りました。
ご覧いただきありがとうございます。
雪渓の大日のトラバースは何箇所かありましたが帰りは登山靴だけではズルっと進行方向に滑りかけたことがありました。
斜面側に滑ると止まらずに下まで行ってしまいますね。
でもゆっくり歩けばそこそこ安全でした。
[ 2015/04/21 22:36 ] [ 編集 ]
まだまだGWまではたっぷり残雪があるのかとおもいきや、
あんなに雪深かったのに行く前の下調べで、いつの間に雪が無くなったの?って思いました。
冬場に入ってしばらくは近場の低山中心でしたが、
食傷気味かと思っていた稲村ヶ岳は、今回2年ぶりということもあってとても新鮮で
良い所だなと再認識しました。
大普賢岳周回も何度か歩きましたので、当分もういいやって思っていましたが
もしかしたら行ってみたらまたその良さに気づくかもしれません。
詰めて登っていた頃は植林の多い山域だなぁなんてマイナスイメージでしたが、
やっぱり大峰は神聖な山ですねぇ。
今もっぱら気になる区間は、山上ヶ岳から大普賢岳までをじっくり歩いてみたいです。
先日、一徳坊山が地元の方に話をお聞きしたのですが、
槇尾山の蔵岩なんて比じゃないすごい岩場があると聞いて気になっているのですが。
もう暑くなってきましたね。。
[ 2015/04/21 22:36 ] [ 編集 ]
久しぶり(なんと2年ぶり)の稲村ヶ岳は良かったです。
小屋までのアプローチも楽しめました。
そういえばみーさんは岩本谷から大日のキレットを登られたんでしたよね?
雪渓はたっぷり残っていましたが、そんなに危険なかんじはしませんでしたよ。
私のような三脚+カメラ片手でも十分歩けましたので。
動画ご覧いただきありがとうございます。
音楽に合わせると1カットが短くなりすぎました。。もったいな。。
[ 2015/04/21 22:36 ] [ 編集 ]
空撮ありますね~こういうアングルは他に例がないので
どのような状況か見てみたいですね。
稲村もかなり歩きやすくなった印象があります。
確実に大峰も春を迎えているのですね。
これからは新緑でより大峰が美しくなるのかなと思います。
[ 2015/04/21 22:58 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんは。
展望台からの空撮、大迫力ですね。
他の方もおっしゃってるように、
季節が違えばまたそれはきれいでしょうね。
今後も素晴らしい映像期待してます。
[ 2015/04/22 01:02 ] [ 編集 ]
キバラーさんこんばんは。
空撮、見入ってしまいました! 大迫力!!
去年11月末に初めて訪れた稲村はれんげ辻から母公堂の周回で、ほぼ吹雪きでした。勿論展望台からはな~んにも見えず(ノД`)
それはそれで良い思い出になった山行でしたが、こんな景色が広がってるんですね~!
でも、いくら晴天でも空からの景色は見れないですもんね。
鳥はいつもこんな景色を眺めてるんでしょうね。
もっとロングバージョンでDVD作って下さい!買います(笑)
[ 2015/04/22 01:11 ] [ 編集 ]
稲村ヶ岳、登ると大日山のほうが尖っていてインパクトがありますが、
上空から眺めるとけっこう切り立っていますね。
地形図見ればわかることかもしれませんが登ったときの印象とはずいぶん違うと思いました。
新緑の大峰も良いですね。
[ 2015/04/22 21:09 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
大峰は季節の変化や違いが顕著に現れるので魅力的です。
そろそろ低山の季節も終わりに近づいてきました。
今シーズンはどんな山行きをしようかなと悩むところです。
しばらくは腰をかばいつつ、両手を使ってよじ登るようなところは避け、
歩くことが中心の山行きをすることになると思います。
[ 2015/04/22 21:11 ] [ 編集 ]
音楽に合わせたため、撮影した時間に比べてずいぶんと短すぎて、
自分自身としてももうちょっと長いカットでみたいなぁと後から思いました。(^^ゞ
11月末だと大峰はきびしい冬へ移り変わったところですね。
展望のあるところから展望が見えないと悔しいですね。
また展望のあるときにぜひ登ってください。
ご覧いただきありがとうございます。
[ 2015/04/22 21:11 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/23 09:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/23 17:10 ] [ 編集 ]
最近流行のドローンはDJIというメーカー1社オンリーワン状態で、GPS航法なんですよね。
最新型機はフライト不可エリアはプログラムされていて離陸できないようになっています。
飛ばすには障害保険は必須ですしラジコン免許があるとなお良いです。

[ 2015/04/24 22:01 ] [ 編集 ]
稲村ヶ岳は長い間行ってませんのでリアルな動画がとても新鮮です。
汗ばむ陽気の一日だったことでしょう!
あと一月も経てば素晴らしい新緑に覆われますね!
[ 2015/04/24 22:20 ] [ 編集 ]
リコメントが遅くなりたいへん申し訳ございません。
ご覧いただきありがとうございます!
歩いているだけではどのような山容なのか全貌を知らないで終わることが多々ありますよね。
大普賢岳も和佐又山山頂から見ると本当はスゴイ断崖絶壁なので次はそこを狙っています。
すぎちゃんの思い入れのある八経ヶ岳はテレビでヘリ映像とかで見る機会が多いことと、ガスってない事がほとんど無いイメージでなかなかハードルが高いです。
新緑の季節はどこの山に行っても最高ですね!
[ 2015/04/29 15:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ