生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

SOTO社 『フィールドホッパー (ST-630)』 

20150327-2.jpg

【ミニテーブル組み立て動画 2社の違い】


山で食事をする時、都合よくテーブルとイスがあるとわかっているところであっても
先客が居たりして座れないことを想定して、ヘクサライトチェアZシート、そしてオゼンを持っていく。 
オゼン(ミニテーブル)がなぜ必要かというと、山ではたいてい地面が凸凹や草が生えているがゆえに
コップやバーナー類、カップ麺など直接地面の上に置けないものが多い。
不安定で倒れやすいからに他ならない。
そこをフラットにしてくれるのがミニテーブルであり、単なる板ではダメなのである。
ミニテーブルは高さも10cmほどあるので便利である。
転がりやすい箸なども直接置ける。(転落防止の返しがある)
たとえ濡れたり、凍ったり、雪が積もったりしているところであっても、テント内でも、
ミニテーブルがあれば乾いたフラットな環境を約束してくれるので食べ物でも直接ポンとのせれる。
重量は約330g程度と大きめのデジカメ1台分くらいあるので荷物ではある。
フラットなところに物を置けるというだけでどれだけ快適であるかを思うと、
今では無くてはならない装備品の一つになっている。

これまではスノーピーク社「オゼン(SLV-170)」を使ってきたが、組み立てに時間がかかったり、
針金の弾力を利用して固定する仕組みのため、指を挟んで怪我をしたこともあった。
ずいぶん前になるが、ひろもかさんの一年前の記事で画期的なテーブルを知ってしまい、
以来、ずっと気になりつつも、今のが壊れたわけでもないのに易々と買い換えるほどでもなかった。
丈夫な道具は大切に長く使っていきたいし。
そんなわけでAmazonの欲しいものリストには入れつつ放置状態であった。(^^ゞ
しかし、先日の大峰での寒い山中、降りしきる雪の状況下においての組み立てにおいて
さすがにイライラっときてしまった。(` ´)
グローブをしたままじゃ組み立てにくいからって、冷たい手で冷たい板を
もたもたしながらいじくっていると、手間はかかるわ、ますます冷えてくるわで。。
そのことをずっと根に持って、その日、帰ったらまっさきに迷わず速攻でポチっと購入してしまった。

その結果、サクッっと開くこの感じ、この差はいったいはったいぜんたいナンナン?
今までの苦労は何だったのか?(^^ゞ
まず最初に精神的に大いに開放された。
取り出したときにバラバラになっているパーツを組み立てる虚しさから。(≧∇≦)
それどころか、取り出してパカっと開く時に快感すら覚えるではないか。
満足を越えて感動~!(^^)v
スノピのミニテーブル「オゼン」の場合、重量が気になる時(金剛山など)は置いていくことがあった。
しかしこれは、いつ、どんな時でもぜったい手放せないアイテム。
日本を代表する高品質アウトドアグッズメーカーのスノピには
がんばってこれを超えるような製品(バージョン2)を作ってもらいたいなぁ。

スノーピーク社 「オゼン SLV-170
重量:330
面積:29.7cm✕21cm✕8.5cm

SOTO社 「フィールドホッパー ST-630
重量:336
面積:29.7cm✕21cm✕7.8cm

20150327-3.jpg
<裏面> こんな複雑な機構をよく考えたものだ。

確かにスノーピークスのOZENは組み立てが面倒ですよね。
板の裏表と左右はいつも迷います。
運が悪いと袋から出した時に2本の針金が絡まっていて
ほどけないとそれも難儀しますよね。
ワンタッチで、開いたり閉じたりできないものかと考えておりました。

ですが、スノーピークスの製品のコンセプトとして
長く使えて壊れにくい製品にするためにあえて
単純な構造の組み立て式にしたものと解釈しておりました。
ワンタッチ式には憧れますね・・・
スノーピークスは好きなメーカーなので
今以上の製品を作ってもらいたいですね。
[ 2015/03/28 00:10 ] [ 編集 ]
オゼンは足の針金がからまるのを私は最近経験しました。(^^ゞ
正しい収納方法は、足で(重ねた足の間に)板を挟んで収納するみたいですね。
そうすると多少かさばらなくなりました。
SOTOのはスタッフバッグから出すのがいちばん手間取りました。(^^ゞ
orisさんのおっしゃるように複雑機構ゆえ、耐久性はどうなのかこれから検証していかないとわかりません。
スノピのモノづくりは私も好きです。

チャレンジ登山まであと14日なのに今日は手伝いで中腰が多かったんですが午後から金剛山に行こうと準備してるときにまた腰を痛めてしまいました。
まだ完全じゃないなと思ってた矢先なので今度は医者行くことにします。。(> <)
[ 2015/03/28 19:58 ] [ 編集 ]
つい最近SOTOのフィールドホッパーを購入しました。
開くのは簡単なんですが、固定されていないのでちょっと移動させる時とかに上に乗ってる物を落としやすいなぁと感じました。
なんか良い固定方法考えてください(^^)
[ 2015/03/29 14:04 ] [ 編集 ]
「SOTO社フィールドホッパー」amazonのほしい物リストに入れてしまいました。
ポチッとしてしまったらどうしよう・・・。
[ 2015/03/29 20:35 ] [ 編集 ]
のぶさんも最近買われたんですね。
他にも直近で導入された方がいらっしゃって、
この偶然、なんの潮流なのでしょうね。
一度設置して上にモノを置くと、そんなに移動させることは無いように思いますが、モノが乗っていると特にその重量で折れますよね。。
そんなに大きな欠点ではないと思っています。
[ 2015/03/29 22:31 ] [ 編集 ]
これまでオゼンのほうもお持ちではなかったのであれば、
ぜひこの機会にポチっとお求めください。
偶然ですが、フィールドホッパーブームが来てるみたいです。
かなり長く使える道具なのでコストパフォーマンスも良いですし。
(≧∇≦)

[ 2015/03/29 22:32 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/30 08:47 ] [ 編集 ]
とうとう買われましたね
こいつは本当によく出来ています。
常に持っていく気になれるのが良いです。
換気には注意が必要ですが
テントの中でお湯を沸かす時は
本当に便利です。
[ 2015/04/01 19:39 ] [ 編集 ]
ひろもかさんのさりげないセンスについ引き込まれてしまいます。
買われた記事を見た日からAmazonのほしいものリストに入れ、
他にリストに入れているものでも、
しばらく買いそうになければ削除するのですが、
消そうか、いやいつか買いたいし、けどオゼンとかぶるし
オゼン並に高いし、オゼンの立場が無くなるし
の葛藤が一年も続きました。(^^ゞ
もっと早く買えば良かったと思えるくらいストレスフリーです。
次の目標はナマひろもかさんとばったり出会うことです。

[ 2015/04/01 21:17 ] [ 編集 ]
いいですね~ 僕もコレに買い替えたい。
OZENを持っていますが確かに組み立てが面倒です(>_<)
OZENの組み立てもちょっとした事なんですが寒い山の中で
するとかなり煩わしくなり結局は出さずじまいって事が
多々ありました。 価格もOZENとあまり変わらない。
どちらか迷っている人がいるなら絶対にこちらを勧めますね。僕も欲しいです。わざとOZENを山で忘れてこようかな・・・(^_^;) そしたら新しく買い替える理由にもなるし(笑)
[ 2015/04/08 15:25 ] [ 編集 ]
こんばんは
OZENがあるのに同じようなものを、
決して安くないので買おうという気にになるまで
一年もかかってしまいました。
自分の性格だと遅かれ早かれいずれ買うことになるだろう
と思っておりましたので小さなきっかけを期に
思い切って買うことにしました。
OZENは室内のデスク上ででも使うことにします。
あれ?OZEN、どこにいったかな?
(≧∇≦)
[ 2015/04/08 19:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ