生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第375回 (2014.12.20) 

20141220-0.jpg
冷たい雨の金剛山山頂にて

【動画編】


雨に完敗とわかっていたのに突撃、想定以上のボロ雑巾に。

【ルート】
 登り:まつまさ駐車場→(黒栂谷道)→セト→(青崩道)→さわんど茶屋→(ダイトレ)→金剛山頂
 下山:千早本道


飛び石三連休あれど山に行けるのは今回も土曜日だけ。
しかも予報は午後から降水確率100%。
だったら早く起きて午前中に山登りを完結すれば雨に遭わないとわかっていたのに起きれなかった。
金曜日まで仕事で、その日の夜には行き先を確定してカメラの充電や持ち物の準備をして
土曜日早朝発でいきなり山登りというのは環境変化が急すぎて朝もつらいが帰ってからもぐったり。
最近は日曜日に山登りするほうが準備にも気持ちにもゆとりがあって好調なのだが。。
そんな今回は、雨とわかっていたので金剛山へハンコ登山へ。
三脚を忘れたのが痛い。手持ち撮影しかない。
果たして手持ちでどこまで撮れるやら。

雨が予想されるということで、撮影もそこそこに歩きに専念することができそうとの思いから
無計画に葛城山にも登って金剛山に帰ってこようとスタートしたのだが。。

まつまさ駐車場を10時前にスタート。
雨はまだ降りそうにない。
まずは黒栂谷ルートでセトを目指し、そこから青崩道で下りて天狗谷道で葛城山へと考えていた。
セトに到着するまでは特に撮影するポイントも無いだろうからサクサク歩けるとおもいきや、
いつもの癖で、立ち止まってはシャッターを押す。
久しぶりの青崩道下山であるが、セトからの下山はひたすら長かった。
葛城山を登る余力は十分あったが、この時、ぽつりぽつりと雨粒。
それにコースタイムを再計算すると、金剛山山頂に17時とかになってしまいそうで、
雨と暗闇とで最高にわやくちゃになりそうだったのであっさりと葛城山は断念。
すっかり葛城山頂の高原ロッジでかも丼を食べる口になっていたが、
「さわんど茶屋」の煙突から出る薪ストーブの煙の誘惑は大きく、
雨はさらに降りだしてきたためにさわんど茶屋に避難。(≧∇≦)
店内は薪ストーブで暖かく、山好きの夫妻が切り盛りする家庭的な雰囲気に
今回もまたどっぷりと浸る。(≧∇≦)
おでんが美味しそうに湯気をたてている。
前回、さわんど茶屋でほっこりしたのはまだ今年の4月の事である。
あの時は4月にもかかわらず冬と春の共演という変な天候であった。
今回も焼き飯は外せないとして、手作りビーフコロッケを注文。
ご主人が野菜をトントントンと刻む、そして炒める音が聞こえる。
焼き飯には漬物と美味しい味噌汁まで付いていたのをすっかり忘れていた。
コロッケは二個入りと聞いていたがサラダも添えられていた。
奥さんがたびたびお茶を注ぎにきてくれる。
これだけで十分ではあるが、前からずっと気になっていた手作りピザも追加注文してしまった。
どうも「手作り」というキーワードに弱い。
手作りピザが出来上がるまで15分かかってチーズとろとろで出来上がってきた。
どのメニューも手作りの家庭的な味で美味しかった。
その他のメニューも味わってみたくなったので最終的には全メニュー制覇を目指したい。(≧∇≦)
そんなこんなで空腹から腹ボテになったところで店を出るときにミカンをくれた。
これがまた温まったカラダにさっぱりと美味しかった。
顔を覚えてくれてなかったのか、良子さん犬とその孫犬に吠えられまくった。
外へ出ると寒くて冷たい雨。
店出る前にザックカバーとレインウェアのパンツを履いて出るんだった。
金剛山やし、ウィンドブレーカーはやパンツは撥水だし、傘をさしてるからまぁええかぁという
安易な判断が後々ボロ雑巾となるハメに。。

傘に当たる雨音を聞きながらトボトボとガンドガコバ林道を歩く。
カヤンボからの登りは気力のせいかしんどくてゆっくり歩き。
雨は止むどころかさらに勢いを増し、雨粒は植林帯の中であっても容赦なく落ちてくるほどだ。
一の鳥居まで登ってきたころにはパンツは浸水、ウィンドブレーカーも浸水。
カメラバッグはボトボト。。
ちょっとした面倒な事をやらなかった結果がコレ。
その後も雨は降り続いたまま葛木神社境内を経由して山頂売店前広場。
気温は1℃。
暖かいほうである。
捺印を済ませて山頂広場にちょっと寄り道、戻ってきてトイレ前で下山準備をしていると
今年の夏、空木岳にご一緒する予定だった「れおさん」と久しぶりの再会。
毎土日登っておられて、自分よりずっと若いのに登山回数が千数百回という体力と気力がスゴイ。
そんなれおさんと千早本道を一緒に下山しながら積もる話を延々と。
車まで戻ってきたところで上も下も(レインウェアパンツに)着替えたくらいに濡れまくった。
しっかしまぁ久しぶりにボロ雑巾になった山行きであった。

その他の写真は以下より。
20141220-1.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20141220-2.jpg

20141220-26.jpg
金剛山に向かう途上にて (左:大和葛城山 右:金剛山)

20141220-4.jpg
こないだの寒波の名残もない

20141220-5.jpg
凍結箇所があった

20141220-6.jpg
黒栂谷道の途中、右手は間伐された植林帯が明るい

20141220-7.jpg
セト

20141220-8.jpg
青崩道(あおげどう)から一旦下山

20141220-9.jpg
さわんど茶屋  薪ストーブの煙に誘われて

20141220-10.jpg
おでん鍋が前回よりバージョンアップしていた

20141220-14.jpg
まずは迷いもなく焼き飯

20141220-13.jpg
手作りビーフコロッケを追加

20141220-11.jpg
前回気になっていた「ピザ(自家製)」に目が止まった

20141220-15.jpg
せっかくなのでピザを衝動注文

20141220-12.jpg
メニューはどれもこれも手作り感あふれる内容が魅力的

20141220-16.jpg
嘉門次小屋ってどこの山小屋だっけ? ご主人は山登り好きだった

20141220-17.jpg
雨の中、ダイトレに向けて

20141220-18.jpg
モミジ谷ルートが立入禁止だと奈良のアベさんがおっしゃってたなぁ

20141220-19.jpg
果たせなかった葛城山を振り返る

20141220-20.jpg
さらに雨は勢いを増しながらのダイトレ

20141220-21.jpg

20141220-22.jpg
葛木神社へ

20141220-23.jpg

20141220-24.jpg
山頂カマクラ

20141220-25.jpg
雨の滴る金剛さくら
まつまさ→セト→青崩道→天狗谷→葛城山頂→水越峠→ガンドガコバ→金剛山頂を予定していたのですね。
中々の雨の中、葛城山断念とはいえ、お疲れ様でした!
大事なカメラ、大丈夫でした?

「さわんど茶屋 メニュー ランキング top 10」見たいです(笑)

>良子さん犬とその孫犬に吠えられまくった。
どうしたんですかネ?
「アソンデヨ!」とワンワン言っていたかも?

先の寒波の名残はまったく無さそうですね。なんかさみしいです。

風邪にお気を付けください!
[ 2014/12/21 23:20 ] [ 編集 ]
忘れた頃にあらわれる、通りすがりのおばさん、です。

嘉門次小屋、さわんど、といえば「上高地」でしょう^^

冬で雨で山歩き、おつかれさまです。
[ 2014/12/22 07:51 ] [ 編集 ]
おはようございます。
セトから一旦下って千早本道ですか!健脚ですね。
「さわんど茶屋」は前から気になっていました。
メニューも豊富なんですね。値段も良心的な設定だし。
今年もあと1週間ちょいですね。
今年も大晦日は金剛山へ行かれるのでしょうか?
一度は大晦日に登ってみたいですね。
今年は無理そうなので来年は登ってみようと思います。

[ 2014/12/22 09:25 ] [ 編集 ]
焼き飯にビーフコロッケにピザですか羨ましい限りです。
キバラーさんの食欲には毎回驚いています。
一番納得いかないのは、それだけ食べてスリムな事です(笑)

ピザだけでも食べたいなぁ。。

囲炉裏?はありませんか?イワナの塩焼きとか?。
[ 2014/12/22 09:52 ] [ 編集 ]
私も段平さんのの意見に同感です。
『キバラーさんの食欲には毎回驚いています。
 一番納得いかないのは、それだけ食べてスリムな事です』
神様は、ホント不公平です・・・。

20日の雨は、下界でもかなりに降り方でした。
「さわんど茶屋」でまったりした後に、雨の中を登り返すのは辛かったでしょう。
一度入ってみたい「さわんど茶屋」キバラーさんのコースを真似してみようかな~。
そうすれば、お昼に行けますね。
りょう子ちゃんにも会えますし!
夏に孫ワンコに会った時は甘噛みの時期で、手袋を引きちぎられんばかりに噛まれました、可愛い(^^ゞ

寒いこの時期ですから、風邪など引かないようにして下さいね!
[ 2014/12/22 20:04 ] [ 編集 ]
こーじさんは10月に青崩スタートで葛城山と金剛山のW登山されてらっしゃいましたね。
まつまさ駐車場スタートのこのパターンは初めてでしたが十分歩きの方ももお腹いっぱいになりました。
カメラは傘とカメラバッグのおかげでなんとか大丈夫でした。
それにいちばん大事じゃないほうのカメラを持っていきましたので。(^^ゞ
さわんど茶屋メニューランキングいいですね。
でもどれもこれも手作りで美味しいので甲乙つけがたいです。
このパターンが常習化できれば次はオムライスとナニカを狙いたいです。
今回のりょうこさん、怖かったです。
今年もあとわずか!こーじさんも風邪等に気をつけて年越しを乗り切ってください!
[ 2014/12/22 21:45 ] [ 編集 ]
以前は通りすがりさまとしてコメントいただいてた方ですね!
お久しぶりです。
上高地のあの明神池に向かう途中のあの小屋のことでしたか。
さわんどというのも上高地にありますね。
茶屋かご夫婦と上高地にゆかりがありそうですね。
こんど再訪したときに尋ねてみます。
ありがとうございます。
[ 2014/12/22 21:45 ] [ 編集 ]
セトの標高が890mもあり、そこから標高405mのさわんど茶屋まで下りてからまた同じ山に登り返す感じですが、葛城山+金剛山のW登山のほうが精神的にも楽しいです。
さわんど茶屋はオススメですが、山麓にあるため、バス待ちでもないと下山してからだともうええかぁとなりそうに思いますが、今回のようにまだ続きがあるという中間点として利用するのも良いかと思います。
個人的には、山頂の香楠荘は利用するのに山麓のまつまさ(食堂)やウッディハートに行く機会が無いのと同じかも。
調理している様子や作り手の顔が見える安心感などは個人店ならではの良さが茶屋にはありました。
大晦日の年越し登山ですが、過去の寒さを思うと昨年末はちょっと腰が引けてしまいましたがまさかの気温高めだったんですよね。
今回はまだ行けるかどうか不確かですし天候なども考慮して考えたいと思います。
イナバの物置き状態の展望台での初日の出登山も良いと聞きます。
[ 2014/12/22 21:45 ] [ 編集 ]
今回は欲張ってピザまで付け足してしまってランチにしては高額になってしまいました。
普段はそんなに食べませんし、一日2食な事が多いです。
また最近は山ではあまり食べません。
スープとパンだけとか、カップ麺とご飯だけとかです。
もうええ歳になってきましたんで暴飲暴食は避けなければなりません。(^^ゞ
太らないどころか標準より痩せすぎて困っています。
太らない、風邪ひかない、病気しない方法がなんとなくわかってきたんです。
もちろんその方法の一つには週一の山登りは欠かせません。
囲炉裏はありませんでしたし、イワナの塩焼きもありませんでした。
上高地とは少しちがいますね。
[ 2014/12/22 21:46 ] [ 編集 ]
いつもたっくさん食べているわけではありません。
たくさん食べすぎたらその日は何も食べずに終わったりしていますよ。
あの日の雨はこの時期にしては酷いものでした。
金剛山であんなに強く降られたのはあまり経験がありません。
傘をさしていてもレインウェアとザックカバーで完全防備が必要でした。
帰ってからの手入れがまたたいへんで、ほとんどのものが湿ってしまいファンヒーターでかわかしまくりでした。
何が辛いかって、山頂にまだ行って無いのに青崩道を下山している時です。(^^ゞ
そんなことなら葛城山と金剛山を登るほうが楽しいかもしれません。
思ったよりハードに思いました。
孫ワンコがあんなに大きく育っているとは思ってなかったので、顔を見るなり二匹に吠えられまくって近寄りがたかったです。
SACHIさんも今年残り僅か、おカラダにお気をつけください。
[ 2014/12/22 21:46 ] [ 編集 ]
軽油っ
[ 2014/12/22 23:46 ] [ 編集 ]
20日は何気に金剛山のライブカメラを見てたんですが
こんな時に行く人は物好きだな~とか思ってましたが
まさか。キバラーさんだったとは・・・(^^;
いや、もろどしゃぶりの様子だったんでまさかと思ってたんですよ・・・
さわんど茶屋は惹かれますね~もし山頂だったらまよわずかもしれません。
私もそろそろ金剛山に登りたくなってきました。
[ 2014/12/23 01:11 ] [ 編集 ]
暗鬱なバックの音楽に、しとしとと降りしきる冬の雨・・心は晴れませんね。でも、こんな最悪のシチュエーションでも、どこか寂しげな叙情を感じてしまいます。人けのない雨の山を歩いていると知らぬ間に無心になれる。それまで頭を蔽っていた心配事、悩み、くよくよとした思い・・こういったものが、山を歩いている間にいつの間にやら消えていた。そこには静かな心の空間だけが残る。こんな体験を何度もした気がします。山はいいですね。
[ 2014/12/23 08:59 ] [ 編集 ]
雨の日に行かれてたんですね~^^
すごっ!

さわんど茶屋!ができている事を忘れてました。
来年は行ってみたいです。
水越の方に降りておでん!ですわ~♪
コロッケもかな~。
また楽しみが増えました^^¥
りょう子さんにも会いたいし^^
[ 2014/12/23 17:13 ] [ 編集 ]
隅々まで目を通していただいてありがとうございます。(≧∇≦)
経由の誤字を修正しました。(^^ゞ
最近はグッズの紹介が少なくてすみません。
そろそろガイガーカウンターとか買おうかなと。
[ 2014/12/23 21:57 ] [ 編集 ]
そうなんです、私でした。(^^ゞ
雨の金剛山も静かで良いものです。
ボロ濡れ雑巾になっても車で40分も走れば家に帰れるのでお手軽感あります。
さわんど茶屋は山麓にあるので下山後は帰ってしまいますよね。
避難小屋的な場所にあればもっと良いのですが。
でも今回のパターンのコースだと良いかもしれません。
[ 2014/12/23 21:58 ] [ 編集 ]
降りしきる雨、これが家を出るときなら山に行こうとは思いませんが、途中から降ってきた雨は大いに受け入れます。(≧∇≦)
この寂しく、誰も歩いてなさそうな荒涼感のある中にポツンと取り残されたようなボッチ感、山でないとなかなか体験できるものではなく、ましてや慣れた金剛山だけに最後には帰着してホッとできることがほぼ約束されているだけに楽しめました。
今回のように雨だとただひたすら歩き続けるしかなく、迷える森のような中でミストを浴びながらいろんなことをゆっくり考えることができて良いものです。
まさにarajinさんがわかりやすい表現で代弁シてくださっている通リでしたよ。
[ 2014/12/23 21:59 ] [ 編集 ]
雨くらいで山を休むわけにはいきません。
私にとっては貴重な週に一度の山登りなので!
しかし、家を出る時からザーザー降りだとさすがにやめますが。(^^ゞ
雨も雪も帰ってからの手入れや始末がたいへんなので面倒なんです。
でもこの季節、濡れ物はファンヒーターで一気に乾くので楽ちんです。
さわんど茶屋の事、私も忘れていることが多いです。
寒い時にはまさに避難小屋です。
いろんな意味でぬくもりがあります。
[ 2014/12/23 21:59 ] [ 編集 ]
まさかのばったりにびっくりでした!

ほんとお久しぶりでした。下山もご一緒させていただき、動画にも登場させていただきありがとうございました。

またご一緒させてください!

ちなみに翌日は定例となりつつある時間に行きました。
[ 2014/12/25 21:56 ] [ 編集 ]
先日はお寒中、一緒に下山していただきありがとうございました。
おかげさまであっという間の下山でした。
いつも千早本道の下山は途中でダレてしまうんです。(^^ゞ
やはり天気が回復した翌日も登られたのですね!
まだいつか他の山もご一緒できるのを楽しみにしています!

[ 2014/12/26 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ