生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

台高山系 大台ヶ原 (2014.10.18) 

20141018-2-37.jpg
東大台 正木ヶ原にて

【動画編】


雲ひとつない正木ヶ原での夕暮れは素晴らしかった

18日(土)、早朝の金剛山へのご来光登山とモーニングを終え、
キッチンハートから大台ケ原へと移動。
途中、富田林のだんじり祭りに巻き込まれてずいぶん足止めになり、
行き先を葛城山に変更しようかどうしようかと迷いつつもやっぱり大台ケ原へ。
ビジターセンター前に13時30分に到着。
う~ん、大混雑。
駐車スペースが無かったので警備員さんの誘導で駐車場から50mくらい離れたところに駐車。
大混雑のハイシーズンにこんな時間に駐車場まで上がって来れただけでも十分である。

午前中の金剛山での撮影で電池が消耗したカメラを置いていく。
残ったのはコンデジだけ。
絶好の天気なのにデジイチやスーパーズームコンデジを持って来なかったのが残念でならない

準備を整えてすぐに出発。
午前中の華やかさから一変、哀愁漂うオッサン。。
東大台を反時計回りにシオカラ谷に向かって下りて行く。
時計回りが多いのか、続々と駐車場に向けて帰ってくるハイカーに対して
逆行するのは自分だけ?と思っていたら他にも数人程度居た。
シオカラ谷の吊り橋を渡ってからは登り返し。
さて肝心の紅葉であるが、葉枯れや先枯れしているものが多く、
グラデーションが美しい紅葉を見ることはできなかった。
コースタイムの半分くらいの時間で大蛇グラの分岐に到着。
そのまま大蛇グラ方向へ。
大蛇グラ付近に到着すると、固まった大渋滞で近づくこともできない。
14時半にもかかわらず待ち行列ができていた。
そこで、少し手前の岩場のてっぺんで休憩をしながら時間を潰す。
そういえばお昼がまだだった。15時になってようやくお昼を摂る。
同じ場所で三脚を構えてカメラ撮影しておられた方と話をする。
大蛇グラには近づけないので、その休憩場所から最初のフライト開始。
二度目の空撮では見えないほど遠くまで飛ばしたにもかかわらず、
カメラの録画ボタンを押すのを忘れていて撮れておらず。
大蛇グラ、実は恐ろしく高いところに位置するというのを対岸の竜口尾根から眺めた時に知った
今回、その谷の深さ感を撮れなかったのが残念。
ようやく人が少なくなったのを見計らって大蛇グラから三度目の空撮。
フライアウェイ(行ったきり戻ってこない)が怖くてあまり遠くまで飛ばせられない。
それでもどっち向いているのかわからないほど遠くまで飛ばしたつもりが、
帰ってから映像を確認したらたいして遠くまで飛んでなかったり。
電波が届かなくなったり、見えないほど遠くに行ってしまっても
自動帰還モードで戻って来るわけであるがアテにはできない。
時すでに16時30分の事であった。

今度は正木ヶ原を撮りたかったので日没までに向かうために大慌てで撤収。
大蛇グラから正木ヶ原までのコースタイムは50分くらい。
牛石ヶ原付近にさしかかると鹿がいたが近づくと逃げてしまった。
尾鷲辻までけっこう距離があるように思った。
いよいよ日没が迫ってきたので小走りで正木ヶ原の木道の階段を駆け上がって行く。
朝早かったのでちょっと疲れがでてきてる。。
男性がひとりポツンとカメラを構えていたので話かけた。
星空のタイムラプスを撮影して動画でアップしているという。
星空観察のグループ?があって、そこに所属しているのだとか。
正木ヶ原で最後の空撮を行う。
電池残量が残り少なくぎりぎりまでフライトを行ったところで完全日没。
朝まで居るというその男性とはお別れし、日出ヶ岳周りでビジターセンターへ向かう。
途中で真っ暗闇に。
今日は真っ暗闇の金剛山から始まって真っ暗闇の大台ケ原で終わり。
まぁよく遊んだものだ。。
コンデジでもなんとか雰囲気が切り取れたかな?

その他の写真は以下より。 20141018-2-1.jpg
午後13時40分頃の大台ヶ原は駐車場は満車であった(路駐にはスキマ多数あり)

20141018-2-2.jpg
大勢のハイカーで賑わっていた

20141018-2-3.jpg
熊笹が手入れしているかのようで美しい

20141018-2-4.jpg
シオカラ谷吊り橋

20141018-2-5.jpg

20141018-2-6.jpg

20141018-2-7.jpg

20141018-2-8.jpg

20141018-2-9.jpg

20141018-2-10.jpg
大蛇グラ付近に渋滞する人が見える

20141018-2-11.jpg
対岸の竜口尾根を望む

20141018-2-12.jpg
手前の岩場のてっぺんで大休憩 写真を撮っている人が居た

20141018-2-13.jpg
大蛇グラ

20141018-2-39.jpg
大蛇グラの柵の先端より望むおなじみの眺め

20141018-2-30.jpg

20141018-2-31.jpg

20141018-2-33.jpg

20141018-2-15.jpg

20141018-2-19.jpg

20141018-2-16.jpg

20141018-2-17.jpg

20141018-2-18.jpg

20141018-2-20.jpg

20141018-2-21.jpg

20141018-2-22.jpg
17時5分 正木ヶ原への取り付きに到着 ここからはしばらく登りになる

20141018-2-23.jpg
熊野灘がすぐそこに見えた

20141018-2-24.jpg
登ってきた方向を振り返る 陽がかなり傾いてきた

20141018-2-26.jpg

20141018-2-34.jpg
日出ヶ岳のピークが見える

20141018-2-35.jpg

20141018-2-38.jpg

20141018-2-36.jpg

20141018-2-27.jpg

20141018-2-28.jpg

20141018-2-29.jpg
Check [ 2014/10/23 22:35 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(16)
もうBGMで空撮の予感(*^^)v
クオリティがどんどん上がってますね!
絶対”○○村観光課”からオファーが来るのは間違いないですね!
”哀愁漂うオッサン。。”って(≧∇≦)

イイ天気で、鮮やかで最高でした!
大台ケ原行きたいです!
[ 2014/10/24 00:44 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
先日は大台ヶ原を予定されておられたのにあいにくの天気で残念でしたね。
まだしばらく今月中くらいまでは見頃なので大丈夫ですよ。
今回は思い切って遠く高く飛ばそうと思ったのですが、
見えないくらい離れるとどっち向いているのかさえわからず
コントロールがうまくできないのでいつもながら似たようなショットになってしまっています。
それと音楽が三度目の使い回しでそろそろ聞き飽きてきたのではないでしょうか。
過去に何度も大台ヶ原に行った中で、雨に遭ったのは一度だけで、秋冬は安定していて晴れ率が高くてオススメです。
夏場はダメですねぇ。。
[ 2014/10/24 06:59 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
大台に行ったと知ったので、一日三回位ブログにお邪魔していました。

やっと出会えました、大蛇嵓の空撮。
初めてみる光景に感激しました。

実は滝口尾根は未踏です、一度行きたいと思っています。
[ 2014/10/24 07:49 ] [ 編集 ]
東大台の空撮は見応えがありますね!
こんないいお天気の大台は珍しいですし、しかもバッチリ紅葉の時期。
葉を一枚一枚見ると、ちょっと傷んだものが多いですけれど、遠目には十分綺麗です。
夕暮れも素敵です。
空撮はもう少しゆっくり見たいくらいですね。
ドライブウェイからの大峰山系も綺麗ですから、そんな空撮も見たいな~。
と、リクエストばかり・・・すみません(^^ゞ
[ 2014/10/24 08:35 ] [ 編集 ]
キバラーさんタフですね^^
早朝にひと山登って大台ヶ原まで移動してまた登ったんですよね。
動画の完成度がすごい!
これ、個人撮影とは思えない・・・
そっか・・・遠くに離れるとカメラの向きがわからないんだ。
簡易的でもいいのでプロポ側にカメラの向きが出ればいいのにね。
雨が多いといわれる大台ヶ原ではこんな日は年に数回しかないでしょうね。
[ 2014/10/24 21:48 ] [ 編集 ]
そんなにたくさん訪問いただいたのに更新遅くてすいません。
もうちょっと遠くまで飛ばして滝や竜口尾根に近づいてみたかったんですが、
これでも見えなくなるくらい機体が離れてるんです。
ありがとうございます。
竜口尾根は最後まで歩いてみたかったんですが、途中から鬱蒼として不安たっぷりになったので断念しました。
小処温泉まで縦走?!してみたいです。
[ 2014/10/24 23:14 ] [ 編集 ]
そろそろ空撮もワンパターンになってきました。
次の機会にはもう少しゆっくり長尺カットで飛ばしてみたいと思います。
遠目にはたしかに紅葉ですが、私が昔に大台ヶ原で見た紅葉はトンネルを抜けた瞬間から黄金色でえらい感動しました。
七曜岳からの紅葉もすざましかったです。
時期的にはまだ間に合いますが葉枯れが多いので豊作?!ではなさそうですね。
ドライブウェイの稜線も良いですね。
駐車場までが混雑で近づけなかったらスカイライン上空で飛ばそうと思っていたんです。
[ 2014/10/24 23:14 ] [ 編集 ]
金剛山と大台ヶ原なら組み合わせても累積標高差や歩く距離はそんなにハードではありません。
中休みも長かったですし。
最初は稲村ヶ岳か大普賢でも考えてみたのですが2座目ではさすがに余力も時間もありませんでした。
見えなくなっても取り戻せますし、双眼鏡を使って飛ばしている人も居るみたいです。
天気は秋冬は比較的安定していますよ。
でも雲ひとつ無いのは珍しく、星を長時間露光やタイムラプスで撮るにはめったに無い絶好の天気だったと思います。
[ 2014/10/24 23:14 ] [ 編集 ]
大蛇グラからの空撮・・臨場感がありました。頭がクラッとして目まいがしそうです。不思議な感覚ですね。最後の謎の飛行物体・・こんなものをリモコン使って飛ばしてるおっさん、周囲から怪しげな目で見られませんでしたか(笑)
[ 2014/10/25 06:02 ] [ 編集 ]
スカイラインでお手軽に登ると実際のスケールに気づきにくいですが、大蛇グラからの眺めは湯一大台の深さを体感できる場所ですね。
西ノ滝や沢上空もなめてみたかったのですが思いの外スケールが大きすぎて機体が見えなくなるところでした。
人が居なくなるのを見計らってのフライトでしたが、それでも数人は大蛇グラに居ましたが見向きもしない人もいました。
[ 2014/10/25 17:47 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してスミマセンでした

クアッドコプターはDJIのPhantom 2ですよね?
なら通信がトラぶってもGPSで離陸場所に戻ってきますよね。

迫力の大蛇グラ空撮を見てますます欲しくなってきたけど、やっぱり二匹目のドジョウは捕まえ辛いなぁ(^_^;)
[ 2014/10/26 23:38 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
おっしゃるとおりDJI Phantom2+ZENMUSE H3-3Dです。
見失ったり通信が途切れるとホームポジション(起動地点)に自動帰還、着陸までしてくれます。
ただ、障害物回避までしてくれませんので目視できるようになったら自分で操縦したほうが良いです。
二匹目のドジョウなんてことないです。
本番でしか飛ばした事がないので、向きによっては操作が逆になるなど操作がおぼつかず初心者同然です。
というよりこれは完全に衝動買いでした。
他に撮りに行こうと思う山があとは大普賢水太覗くらいしかほとんど思いつきません。
もちろん低空飛行で人を追いかけるように撮るなどの使い方もアリですが、やはり人がいるところでは気を使います。
なのでこれからどうしたものかとアタマ抱えています。
のぶさんならきっと私には思いつかないような山々ですごい映像を撮られるのではないでしょうか。
[ 2014/10/27 06:58 ] [ 編集 ]
クアッドコプターで撮りたい所が残り少ないとの事なので提案させてもらいます。
空撮してほしい場所のリクエストを募り、その中でキバラーさんが「イイネ!」って思える所を撮る!
どうでしょう??
皆さん、このクオリティーでこの場所の空からみた景色は?と思っているはず!
「トップ3はいつか必ず空撮します!」的な!

あくまでも提案です!

僕個人的には、桜舞い散る大杉谷です!
[ 2014/10/27 22:16 ] [ 編集 ]
提案ありがとうございます。
そんなに期待されていると良いのですがどうでしょうか。
大杉谷はハードル高いですね。
歩くだけでも日帰り精一杯で動画の撮影をする時間のゆとりもありませんでした。
桃の木小屋に泊まらないと無理そうです。
七ツ釜の滝ですよね?
谷はGPSの電波を拾えないことが多く墜落リスクもあります。
[ 2014/10/27 23:17 ] [ 編集 ]
1.不動七重ノ滝を舐めるように空撮。
2.桜咲く吉野山中千本。
3.桜or紅葉の曽爾村屏風岩。
...etc
是非!

個人的には自分の運転するクルマを追いかけて撮りたいなぁ。
[ 2014/10/27 23:49 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
不動七重の滝のは実例があります。
この方の影響で衝動買いしたまでです。(^^ゞ
http://youtu.be/JaXVgf9xm3U?list=UUqnSRzTVlyLr0N931lHkTyg
人や車を追いかけるのは映像的に面白そうですね。
十分に広い場所があれば良いのですが。
[ 2014/10/28 06:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ