生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第369回 (2014.9.20) 

20140920-0.jpg
金剛山 黒栂尾根ルートにて

山頂11℃は寒かった。

【ルート】
 登り:黒栂尾根ルート(急登)
 下山:千早本道


この土日は珍しく自治会の招集の無い日だったので泊まりの遠征がしたかった。
しかし今日は朝から畑の手伝いをしてたら遅くなってしまい、
それでもどこか山に行きたいなと、下山が遅くなっても勝手が分かっていて安心な金剛山へ。
近場に他にもっといろんな山があれど、
こういう時には回数捺印も済ませられる金剛山がどうしても便利なんだよなぁ。
登山口の駐車場に着いたら15時だった。

大阪側久しぶりのルートはどこだろうかと、最初は釜谷ルートを歩こうと進出したが
やっぱ気が変わって引き返し、黒栂尾根ルートへ。
取り付き部付近に林道が出来てから歩いてなかったので、どんな様子か確認を兼ねて。
林道からの進出草々からややブッシュ気味。
それでも踏み跡はしっかり残っていた。
ムカゴの実が付いているのを見かけた。
植林地帯に突入すると、笑ってしまうほどの急登へ。
さらにもっと先でさらなる急登へ。(≧∇≦)
靴が脱げそうになるほど急な金剛山3大急登と言えば、
1.中尾の背ルート 2.石ブテ47番ルー 3.サネ尾根ルート
であるが、黒栂尾根ルートのことを忘れていた。
黒栂尾根ルートもたいがいである。
延々と思わせるほど続くわけではなく、やがて青崩道に合流。
合流ポイントは「セト」寄りであるため、青崩道はまだしばらく登りが続く。
山頂広場裏の階段を登り切ればおわり。
17時前の山頂は気温11℃で、汗が引くと寒いのなんの。。
ウィンドブレーカーすら持ってきていなかった。
しかもまだブヨが1匹ほど居て、ベンチで休憩しながら珈琲を飲んでいたらうしろ頭を刺された。
何か撮るものは無いかなぁのうろちょろしていたらどんどん薄暗くなってきたので
ぼちぼちと千早本道から下山開始。
途中からすっかり真っ暗闇に。
あれだけ光モノが好きでいろいろ所有しているというのに、いつものザックじゃ無かったので
装備品にはヘッデンどころか、しょっぼいLEDライト一つだけであった。
しかも電池が減っているのか電圧不足で少し時間が経過するたびに消える。
それでもできるだけライトはつかわず、目が慣れているうちはクラヤミを楽しみながら
一段一段と階段を下りていったのであった。
ライトの件、最悪はスマホのフラッシュライトが使えるので心配は無かったが金剛山をナメてはいけない。
そんなこんなで今週末の山行きは金剛山を軽く登っただけで終了となった。

その他の写真は以下より。
20140920-1.jpg
黒栂尾根の急登はなかなかのもの

20140920-2.jpg
し~ん

20140920-3.jpg
朝からずっと曇りで気温は低め

20140920-4.jpg

20140920-5.jpg

20140920-6.jpg

20140920-7.jpg

20140920-8.jpg
山頂の気温が11度ですか?
もう山は秋ですね・・・
秋は山を楽しむのにいい季節ですね。
夏だと近隣の山ではどこ行っても暑くて行く気が低下しますが
秋だと行きたいところだらけですね。
上から3番目に山頂広場の写真はとても低い位置からですね。
しゃがんで撮影されたんですか?
[ 2014/09/22 20:57 ] [ 編集 ]
PC、水冷式なんですね!スゴイ!
大したことなくてよかったです!
黒栂尾根!まだ行ってませんが、そんなに急登なんですか!引けます(^-^)v
キバラーさんに質問なんですが、デジカメ欲しくて色々物色中です。今回の記事のトップの写真なんですが、広角はナンミリでしょう?
キバラーさんのようにちょっと広がりのある写真が撮りたいです。教えてくださいm(_ _)m
[ 2014/09/23 19:49 ] [ 編集 ]
PCはケロっとなおって良かったですね♪

「靴が脱げそうになるほど急な・・・」
この表現がおもしろい。
僕は急登はいいんですが急な下りがとても辛いです。
ルート上に急登ならいいですが急な下りがあると
気分が重いです。
中尾の背も急ですよね。下りに使いましたが最後の方は
わやくちゃでした(^_^;)
サネ尾根ルートはよく聞きますがまだ未走破です。
一度調べて歩いてみようと思います。

 
[ 2014/09/23 21:33 ] [ 編集 ]
ずいぶん日が短くなりました。
釣瓶落としの秋の日暮れ、アッと言う間に暗くなりますから、気を付けて下さいね。

黒栂尾根は、確かに急坂ですね。
アキレス腱を伸ばしたい時は、最適かもしれません(^^ゞ
稜線に出るまでずっと植林の中、お花も全く無いので最近はほとんど通りませんが・・・。
午後からでも思い立ってフラッと登れるいいお山が近くにあるのは、とても幸せですよね~(*^_^*)
[ 2014/09/24 18:31 ] [ 編集 ]
消滅した台風の影響か、また気温が上がってましたね。
あの日は寒かったです。
これからが山のハイシーズンですね!
そして冬に向かって高山からだんだんと低山へ。。(^^ゞ
遠征、あと1回以上は行きたいと思っていますがどうなることでしょう。
広場の写真はしゃがんで撮影したと思いますが広角レンズの効果だと思います。
[ 2014/09/24 20:41 ] [ 編集 ]
前のPCが5年くらい使っていて動画編集に耐えなかったので
一年前にBTOで思い切って高スペックにしたんですが、
会社のPCはよくあちこち壊れるのに、
家のPCはこれまでハード故障経験が無かったのでかなりショックでした。
でも故障じゃなくてよかったです。
黒栂尾根はけっこうな急登ですが、早く高度を上げられるので後が楽です。
広角ですが、最近はもっぱら楽してミラーレス一眼を使っていまして、
ミラーレスだとレンズバリエーションが少ないんですが、
知り合いからお安く譲ってもらったのが11mmだったんです。
APS-Cセンサーなので35mm換算1.5倍で16.5mm相当です。
[ 2014/09/24 20:41 ] [ 編集 ]
BIOSリセットで直ったのが不幸中の幸いでした。
30程度の放電ではリセットかからなかったみたいで
完全に機械故障だと思い込んでいました。

下りの急登は膝に負担大なので苦手です。
尻もちの可能性も高いですし。
金剛山の急登は登り専用ということで。(^^ゞ
サネ尾根は秋冬には良い感じです。
[ 2014/09/24 20:41 ] [ 編集 ]
日が長い時い頃には徐々に徐々に短くなっていくと思いきや、
いざ短くなり始めると加速度的ですね。
毎年のことなのに忘れています。
夏山にすっかり慣れた頃に涼しくなってきたら冬場の装備はどんなだったかな?
なんて忘れてしまいがちで、逆もしかりです。(^^ゞ
アキレス腱ですが、どれくらいまで伸ばして大丈夫なのか、
最近、断裂された方が身近に多数いらっしゃいまして、
いままで調子に乗って急登を楽しんでいましたが急登の登り方に不安を覚えるようになりました。
花はいったいどこに咲いているのでしょう?
SACHIさんの毎度のたくさんの花の写真はどこで撮られてるのかさっぱりわかりません。(≧∇≦)
[ 2014/09/24 20:42 ] [ 編集 ]
登山口を起点に同じ高低差を登るのに選ぶコースで大きな違いがありますよね。
カトラなら楽に感じるし、この日登られたコースなら「まだぁ~?」って感じるくらい長くキツイ。
不思議なものです。
369回に頭が下がる思いです。
[ 2014/09/25 04:57 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおりです。
千早本道の階段とツツジオ谷ルートなどはまったく異質ですね。
水越峠側ルートはしばらくご無沙汰しておりますが、
また歩いてみたい好きなルートがたくさんあります。
ありがとうございます。
[ 2014/09/25 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ