生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第367回 (2014.8.30) 

20140830-1.jpg
金剛山 カトラ谷ルートにて

【動画編】


カトラの水で入れる金剛山コーヒーは格別。

【ルート】
 登り:カトラ谷ルート→ワサビ谷ルート→青崩道
 下山:千早本道


4000kmに及ぶ長い前線が通過中の週末で、今回もまた天気が予想できなかったが、
それ以前にいろいろヤボ用もあって、スキマ時間を見つけて行ける山はやっぱり金剛山。
特に日曜日は爽やかで良い天気だったのが惜しい。
台風11号以来、山は金剛山しか行けてない。
金剛山麓まで自宅から車で約45分。
それゆえに時間的にゆとりがありすぎて朝早くから出かける必要が無く、
ついつい夜更かしで朝は7時台に起きるという生活が続いたので朝早く起きるのが辛くなった。
今回も登り出しが11時すぎという遅さ。(^^ゞ
せっかくなので、いつも新作を楽しみにしている動画「山と珈琲、心の一杯」(ブログもあり)を真似て、
金剛山の湧水の一つであるカトラの水を使ってドリップ珈琲を作るというオマージュ動画を撮ってみた。
結果的には、一杯の珈琲を丁寧に入れてなおかつ一部始終撮影をするという作業はわりと大変だった。
「山と珈琲」さんの苦労がよくわかった。(^^ゞ

まつまさ駐車場で出発準備をしていると、遠目にもよくわかる知人の姿。
昨年のチャレンジ登山以来の再開となる「すぎちゃん」だった。
僕の事がすぐにわからなかったみたいで、あなた誰?みたいっぽかった。
あ~、記事にも触れられてないなぁ。(≧∇≦)
下山されたばかりだったので挨拶もそこそこにカトラ谷へと向かう。
ゲートを越える舗装林道は歩かずに、しばらく対岸を行く。
ほどなく舗装林道に合流し、ごく普通にカトラ谷へと入って行く。
曇り空でここ数日暑さが和らいだせいなのか、たったそれだけのことで?サクサクと登って行ける。
カメラを置いて歩いて行ったり取りに戻ったりが余裕。
動画の編集段階でモーションコントロールをかけてスライダー撮影的な効果を出してみた。
この手法は昨年7月の六甲山ロックガーデンの動画でも用いている。
立ち止まり撮影が多かったのでぜんぜん運動にならず、すぐにカトラの水場に着いた感じ。
夏場のカトラ谷ルートの夏場は、なんの原因なのか、しんどい時がたまにある。
やっぱり暑さなのか?
カトラの水はあいからわず冷たくて喉を潤してくれる。
水を入れるだけの2カットだけでも誰かモデルが居ないとぜんぶ自分でやらないといけないので大変だ。
2テイクやりなおし。
水場からすぐ上の堰堤を登ってからは、そのまま素直にカトラ谷ルートを行くのをやめて、
分岐している左側の沢を詰めようと進む。
障害はほとんどなく新鮮で楽しいが、ここを詰めると出るところが想像がついた。
そうこうしているとロープが垂れているところがあったので、そちらのほうへと登ることにした。
といってもその方向はワサビ谷ルートに合流するであろうことはわかっていた。
アキレス腱が切れそうなほどの激登りが続いてほどなくワサビ谷ルートに合流し、
さらに登りつめて青崩道に出る。
そしてそのまま山頂へ。
時間が時間だけに山頂は賑わっていた。
知人とも遭遇。
山頂では休憩することなく捺印をもらっただけで葛木神社裏のトラバース道からちはや園地へと移動。
一の鳥居手前でとある男性の方からお声掛けいただきました。
その節はありがとうございました。
林道を素直に歩いて香楠荘へ直行し、腹ペコだったので、最近お気に入りの「冷し月見山かけそば」に
一玉増量して注文。冷たくひえていて大満足の一杯だった。
モンベルクラブ会員カードで5%引き。
この時点で14時半に達していた。
17時には下山完了したいので大急ぎでベンチのあるミュージアムの上へ。
隠れ家のようなこのスポットはお気に入り。
持ってきたドリッパーや挽いた豆、ジェットボイル、抽出した珈琲を受けるチタンカップ、
さらには温度管理のための放射温度計や、今回使わなかったがチタンシェラカップなどなど。
いやはやお湯が沸いてからバタバタと忙しかったなぁ。(^^ゞ
今回の豆は成城石井で調達した、すでに挽いてある「有機珈琲バードフレンドリーブレンド(中細挽)」。
炒りたての豆を買ってきて、ミルを使って挽きたてを淹れたらもっと美味しかっただろうな。
珈琲はかなり好きで、飲む時は必ずブラック。
最近増えている珈琲チェーン店、アイス珈琲を飲むとその店のこだわりようがよくわかる。
取り寄せでは土居珈琲のブルマンブレンドの味が忘れられない。
金剛山へ向かう途中、金剛駅前店舗時代からお世話になっている菓子工房「yamao」で茶菓子を調達。
プリン「乳卵糖」(500円)がベストであるが、その半額のなめらかプリンでも異次元の味。ついでにシューも。
カトラの水で淹れた金剛山コーヒーをのんびりと楽しんだ。
今回、真似できなかったが、山と珈琲さんではいつもシェラカップを使って珈琲を飲まれている。
ダブルウォール(二重)のマグカップだと冷めにくいのにと思っていたが、
シェラカップは再加熱しやすい点や開口部が広く、香りが楽しめる点などでなるほどと思った。

その他の写真は以下より。 20140830-9.jpg
沢ルートは心地よい

20140830-11.jpg
木漏れ日が美しい

20140830-2.jpg
カトラ谷ルート唯一の難所付近

20140830-3.jpg
ワサビ谷ルート経由、青崩道にて

20140830-13.jpg
大人気の登山バッジがこちらで販売中

20140830-14.jpg
転法輪寺境内にて

20140830-15.jpg
転法輪寺境内にて

20140830-16.jpg
今日も元気な香楠荘(そじ坊)

20140830-4.jpg
冷やし月見山かけそば」はこの季節には最高!わさびツーン!ちべたい!

20140830-5.jpg
ハリオの円錐ドリッパーで珈琲
今回の豆は成城石井で買った「有機珈琲バードフレンドリーブレンド(中細挽)」

20140830-6.jpg
金剛山へ向かう途中、菓子工房「yamao」で茶菓子を調達。

20140830-7.jpg

20140830-8.jpg
目立たないところにあるが、いつも気になっている巨木。
こちらまでいい香りが漂ってきそうです。
優雅なコーヒータイムですね!
美味しいコーヒーを飲む為にお山に登る、何て素敵なんでしょう。
カトラのお水は美味しいですから、そのお水で丁寧に入れたコーヒーが美味しいのは想像できます。
今度、真似してみます(^^ゞ

大峰山系が見渡せるその席は私の指定席・・・と思っていたのですが、またまたライバルがいたのですね・・・(>_<)
[ 2014/08/31 21:51 ] [ 編集 ]
今回の動画はコーヒを淹れる際の真剣な手元の作業での
「おっっと!あかん。」それに、そのあとの「おかしいな。」
と言うキバラーさんのつぶやきが私のツボにはまりました。
私も最近どうも山に行くモチベーションが上がりませんわ・・・
暑さのせいかな?
[ 2014/08/31 21:53 ] [ 編集 ]
優雅に見えましたか。(≧∇≦)
前準備や、忘れ物が無いかどうかなど、
いつもの私の山行きでは持って行かないモノでザックがいっぱいになりました。(^^ゞ
金剛山には水場がたくさんあるのでいろんな水で珈琲を作るのは楽しいかもしれませんね。
あの場所はSACHIさんの秘密の指定席でしたか。
のんびり過ごすには最高の場所ですね!
[ 2014/09/01 06:45 ] [ 編集 ]
声が入ってしまってましたね。(^^ゞ
さすがにナレーションは私の聞き取りづらい声ではあきらめました。
私も暑さのせいか近場の山で満足してしまっています。
でもそろそろさすがに遠征したくなってきました。
このベストシーズンを楽しまない手はありませんね。
またどこかご一緒してください。
アルプスは立山はいつでも行きたいのですが、
それ以外に3座、登りたい山があります。
[ 2014/09/01 06:45 ] [ 編集 ]
オマージュ頂きありがとうございます(^-^)
山専ボトル直ドリップ、けっこう注ぎやすいと思っていましたが案外したたるものですね。。。

放射温度計、面白いですね…!
コーヒーの美味しい温度は60~70℃なので、再加熱時にも役立ちそうです。
水場があって歩き応えのあるカトラルート、また行ってみたいと思います。
[ 2014/09/01 07:47 ] [ 編集 ]
先日 一の鳥居の手前で声を掛けさせてもらったものです。
いつもこのブログを楽しみに拝見させていただいてます。
突然に声をお掛けして撮影の邪魔になりませんでしたか?

私はあまりこだわらない性格なのか、山ではいつも家で詰めて行った水道水にインスタントですが、やはりカトラの水で入れたレギュラーはまた別格でしょうね。いい香りが伝わってきそうでした。
私も次回からは、ぜひそうしたいと思います
[ 2014/09/01 16:54 ] [ 編集 ]
こんばんは。
珈琲を飲んでいる所は秋には必ず行く所のようです。
柴栗がたくさん落ちています(小さいが美味しいですよ)。

次は「山と珈琲」さんのようにナレーションを入れて下さい。
[ 2014/09/01 18:55 ] [ 編集 ]
ブログのほうへコメントいただきありがとうございます!
ハンドル名はこれで良かったのでしょうか。(^^ゞ
勝手ながら真似事させていただいてスミマセン。。
撮影の苦労がよくわかりました。
山専ボトルはもうちょっと注ぎやすいと思ったのですが、慣れてきてもピチピチと跳ねて穴掘りしてしまう有り様でした。
放射温度計は2年前に岩間噴泉塔に行った際、温泉たまごを作るのに、あちこちから湧き出ている温泉の温度を確認したくて導入したのですが、それから今回までの間、まったく出番がありませんでした。(^^ゞ
金剛山の水場には大阪側だけでもぱっと思いつくだけで「金剛の水」「カトラの水」「寺谷の水」「念仏坂の水」「妙見の水」✕2箇所あります。
全体では数えきれないくらいです。
これだけの種類があると水質検査機か何かで分析したくなります。(≧∇≦)
それにしても山で美味しい珈琲を作るのは大変ですね!
今度、シェラカップで珈琲を飲んでみたいと思っています!
[ 2014/09/01 21:30 ] [ 編集 ]
先日はありがとうございました!
邪魔になるなんてとんでもございません。
あの場面では撮影するものが特に無かったのですが、せっかくなので勝手ながら遠目ですが動画のワンカットに後ろ姿を撮らせていただきました。
金剛山駆け出しの頃は、山での食事や調理を楽しんでいましたが、最近は歩く時間を主体に考えてしまって食べることなどは二の次で、珈琲はスティックタイプで済ませています。
スティックタイプでもいちおうこだわってファミマでも売っているスタバのものをよく買います。
時間に余裕があって前準備するゆとりがあればもっとあれこれやってみたいところです。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2014/09/01 21:32 ] [ 編集 ]
段平さんもあの場所によく行かれるのですね。
小さい栗はよく見かけます。
柴栗っていうんですか。
あの大きさで食べれるとは思ってもみなかったです。
山と珈琲さんのナレーションは素晴らしいですね。
あんなに素敵な声が出ないのでムリですねぇ。
裏返った声しか出ません。(≧∇≦)
[ 2014/09/01 21:32 ] [ 編集 ]
とまでは行きませんが、顔が先行して分かっちゃいるんですが、お名前が直ぐに出て来ず「いや、本当に申し訳ございません。」って言うか?
最近、あちこちお邪魔してコメントさせていただく時間捻出すら苦しい。ってか・・・
違うんです。
歳とったのか寝ないと持たない。
でもね「ザ・金剛登山」はシッカリと覚えて居りまして更に
「ザ・金剛登山」のキバラーさんと覚えて居りますよ。
ちなみに駐車場でお話させていただいて居りました方は初対面でした。
またご一緒出来るよう精進致しますので、宜しくお願いします。
[ 2014/09/01 22:41 ] [ 編集 ]
またまたコメントありがとうございます。
いえいえ、私も人の名前が出てこないことはよくあります。
芸能人やお笑い芸人ですら、え~っと・・ってなりますよ。
お話の途中にお声掛けさせていただき申し訳ございませんでした。
親しそうだったのでまさか初対面の方とは気づきませんでした。
またよろしくお願いいたします!
[ 2014/09/02 07:01 ] [ 編集 ]
私もインスタントから始まり
豆に行き着きました。
狭山のコーヒー屋さんで炒ってもらいます。

山で飲むコーヒーは最高ですね!!
どんな街のおしゃれなオープンカフェでも
山のオープンカフェにはかないませんからね

おやつも欠かせませんね。
[ 2014/09/02 19:13 ] [ 編集 ]
「山と珈琲」さんのオマージュという事でキバラーさんのヨソイキの肉声でのナレーションを期待していましたが!
次回は期待しています!(セリフ噛んでもそのままで(*^^)v)
だいぶ前の記事"「山と珈琲、心の一杯」へのプチオマージュ、失敗。(^^ゞ"の記事を見て「山と珈琲?」とその時は知らなかったのですが、最近、私のブログを山仲間の欄に入れて頂いてすぐ上に"山と珈琲、心の一杯"さんがいらっしゃるので覗かせていただきました。
以前YouTubeで"eTrex 30J"の紹介ビデオを検索してましたら「山と珈琲」さんの動画を拝聴した事があり、キバラーさんの所から覗かせてもらって「あー!この人だったんだー!」とおどろきました!
すごいこだわりですね!動画のクオリティーもすごいですが、あの本気のナレーション!分かりやすくボキャブラリーの多さを感じます。

カトラ!普通に大丈夫なんですね!次回チャレンジしたいとおもいます!
カトラ。
[ 2014/09/02 21:05 ] [ 編集 ]
ひろもかさんも珈琲がお好きでいらっしゃいましたか。
私はブラックでしか飲まないのですが、家での豆挽きに凝ってたかと思うと面倒になってインスタントになったりといろいろで、最近では挽いてある豆のアルミパックみたいなので済ますことが多くなっています。
せめてミルで挽くところから出直したいと思っております。
狭山というと「焙煎香房シマノ」が有名ですが、わりと近くなのに未だに行ったことがありません。
山のオープンカフェは楽しめるシーズンが暑さ寒さで限られる厳しさがありますね。
これからがベストシーズンなのでいろいろ楽しみたいと思います。
[ 2014/09/02 21:51 ] [ 編集 ]
アフレコのナレーションは緊張して声が上ずってしまいます。
そしてセリフを書いておかないと詰まりますし、とても時間のかかる作業になりそうです。
さらに、自分で自分の声を聞くのはイヤなもんです。
プチオマージュ、そういえばそんなのありましたね!
私よりも私のブログ記事にお詳しいですね!(^^ゞ
検索して探して読み返してみましたよ!
ドリッパーを忘れた日でした。
それよりなによりトレードマークのヅラならぬ帽子をかぶってない恥ずかしい写真が。。(´`)
山と珈琲さんはプロのナレーターですからやっぱ違います。
いつかコラボ登山をしたいとの申し入れをしております。
カトラは普通に転落事故が毎年数件必ず発生しますが慣れれば普通ですよ。
すぐに慣れますよ。
大峰のレンゲ坂谷をピストンして稲村ヶ岳に行かれたこーじさまなら余裕です。
レンゲ坂谷のピストンは私にはムリですわ。。
[ 2014/09/02 21:53 ] [ 編集 ]
ただでさえ凝りに凝ったキバラーさんの動画ですからこれ以上要望するのは酷ですね!
でもちょっとした「熱っ!」っていう自然な声がキバラーさんの動画の味ですもんね(*^_^*)
確かに自分の声って嫌なもんですよね

帽子の件、僕の見た印象は、帽子をかぶって無い方が若々しく感じました。(素直な意見です)カッコイイ!

プロのナレーターだったんですね!納得。コラボ!ぜひ実現させてください!すごく楽しみです!


レンゲ坂谷をピストン!二度と行きたくありません(笑)以前はもっと良いルートだったのでしょうか?石地獄!!
超初心者2人が勢いで行っちゃいました!

8/31釈迦ヶ岳行ってきました!(モチロン、キバラーさんの動画予習もしました)
最高でした!
またアップしますので、よろしければ見ていていただきたいです。



[ 2014/09/02 23:12 ] [ 編集 ]
その通りで、シマノで購入しています。
ここは豆を炒ってもらう間に
日替わりのコーヒーを試飲させてくれます。
200グラムしか買わなくても普通のカップで
試飲できるのでうれしいかぎりです。
山では(家でも)手動のコンパクトなミルを
使っています。大変重宝しています。
またブログ見て下さい。
[ 2014/09/03 19:18 ] [ 編集 ]
シマノ、そんなシステムになっているのですね。
建物は知っていたのですが、中が伺いしれなかったのと、人の出入りがあまり見かけなかったものですからなかなか近づけずでした。(^^ゞ
近いうちに行ってみたいと思います。
25Ogあれば半月、いや一ヶ月くらい持つかもしれません。
ポーレックスのコーヒーミルは買おうと思っておりましたので、私もこの秋冬あたりから山での挽きたての珈琲にこだわってみようかなと思います。
情報ありがとうございます。
2012年03月03日の記事を拝見しました。
ポーレックスのミニじゃないほうのミルをお持ちなのですね!
[ 2014/09/03 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ