生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

暑熱環境への順応 

20140603-1.jpg

いきなりの真夏日到来で、夏登山の持ち物はなんだったかな?と
すべての装備品を思い出すのもすぐには出てこない。
カラダも急には対応できないらしい。
チャレンジ登山大会のときはあんなに歩けたのに、
今日は金剛山カトラ谷ルートだけでこんなにしんどいなんて。。
熱中症?脱水症状?そんなはずは無い・・。
と、先日も思ったばかりである。

完全な暑熱順化には2週間ほど必要
とされている。

本格的に夏が来る前の今、この時期にカラダを動かして汗を流して体温調節ができるように
汗腺機能を働かせて徐々に暑さに慣れること(暑熱順化)が重要だという。

体温上昇(熱中症)を防ぐため、発汗の自律神経の反応が早くなる(暑熱順化)ことで
無駄に塩分・ミネラルを汗から流出しないように制御してくれるようになるのだとか。
足がつったりするのもミネラルが大量に失われることで起こるらしい。

せっせと山に登って汗をかいて暑さにカラダを早く慣れさせよう。
うん、そうしよう!(≧∇≦)
してるけど(≧∇≦)

参考記事(花王研究科学会)

Check [ 2014/06/03 20:22 ] その他 | TB(0) |   コメント(2)
『暑熱順化』という言葉は、初めて聞きました。
な~るほど、2週間はかかるのですね。
でもそれは、いつも体を動かしている若い人の事かも・・・。
歳を取ると、順化までの時間は倍ほどかかりますよ。
ですから、先日のような急な真夏日は、体に堪えます(>_<)
[ 2014/06/04 22:18 ] [ 編集 ]
あまり聞き慣れない言葉ですよね。
NHKテレビでもやってました。
人間のカラダって簡単には順応しないみたいですね。
高地順応も同様ですからなるほどそうかもしれないと思いました。
まだ暑さに慣れないのに急に暑くなるのはキツイですね。
暑さに慣れた真夏に比べて汗のかきかたが違うような気がします。
[ 2014/06/06 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ