生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

スノーピーク 『携帯OSHIBORI』  

20140522-01.jpg
スノーピーク社 「携帯OSHIBORI」 (Portable Hand Towel Oshibori GY) MADE IN JAPAN

公式サイト

山において、食べもの手づかみや砂、泥などで手が汚れた状況で、
乾いたハンカチやタオル、手ぬぐいしかない場合、
何かウェッティなものがあればなぁと思うことが多々ある。
ウェットティッシュという方法もあるが、使用後はゴミとなるうえに、
二度目以降の使用時には密封が不十分とかでちょっと乾燥気味で湿り気が足らなかったり。
都合よく沢でもあれば良いのだが。

というのも、手入れが難しかったりたいへんだったりで、できるだけ汚したくないものがある。
精密機器(カメラやGPSやスマホ)などがそれにあたる。
そんな時に便利なのが日本古来の”おしぼり=濡れた布”である。

 ・おしぼりの歴史
 ・日本の伝統文化 おしぼりジャパン

そこで、おしぼりを湿った状態を維持したまま携帯するのにどうすれば良いかと考えたとき、
これを買っておけば大丈夫っていうような都合のいいおしぼりケースがなかなか無い。
動物の絵とか描いてある幼児向けしかイメージできなかったりするし。(^^ゞ

ところがなんと!あのスノーピーク社がこんなものを作っていたのだ。
その名も「携帯OSHIBORI」。
名前、そのまんまや~んって思ってしまうが、日本の伝統文化であるおしぼりを
携帯サイズで実現させたという画期的製品にOSHIBORI以外のネーミングは考えられない。
抗菌仕様の樹脂でできたケースに、専用の綿でできた乾いたおしぼりが2枚ついている。
ケースの色は3色あって、どう見てもこげ茶色なのに「グレー」という商品を買った。
あまり全力で紹介できないのは、在庫限り商品となっていて
現在、好日山荘などの店頭では手に入らなくてネットの在庫のみとなっている。

先日の山行きではさっそく大活躍。
乾いてきたり汚れても、沢などがあればささっとみずみずしさが取り戻せる。
特筆すべきはその大きさ。
収納構造が考えられていて、ケースにいれるとなんと!
単一形乾電池を縦に1.5倍ほど長くした程度の小ささである!
届いたときにあまりの小ささに目を疑った。
カッターシャツの胸ポケットにも入るではないか。←もっと良い表現無いかな?(^^ゞ

20140522-02.jpg
蓋のヒモを上に引き上げて取り出す  ※写真はまだ湿らせてない新品の状態
ケースの大きさは単一形乾電池を縦に1.5倍長くしたくらいのサイズ(高さ97mm)

20140522-03.jpg
綿100%のおしぼりは2枚付きであるが、同じ大きさのハンドタオルがあれば傷んでも代用できそう
おしぼりの大きさ=24cm×24cm

それにしてもどうして廃版なのかなぁ。
価格に割高感があって売れなかったとしか思えないが日本製であることを考えると満足できるはずなのに。


▼下のamazonリンクは、ボタンではなく写真のほうをクリックすれば詳細が確認できます。


Check [ 2014/05/22 21:14 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
これはなかなか良さそうですね。
早速、アマゾンで注文しました。
[ 2014/05/23 14:24 ] [ 編集 ]
一通り山道具が揃ってくると
次は絶対に必要な道具ではなく
あれば便利って感じるものに目がいきますね
こんな道具たちが次の山行のテンションや
モチベーションを上げてくれます。

心の余裕に繋がる道具

下手な通販より
そそられるブログですね。
[ 2014/05/23 19:40 ] [ 編集 ]
誰しもが鼻で笑いそうな商品ですが私は真剣です!
思いが伝わったみたいで共感していただけてうれしいです。
ザ・オシボリです、便利です。
帰ったら取り出すのを忘れないようにしないとカビたら終わりですね。
もう山グッズで新たな必需品なんて無いと思ってたんです。
さらにまた次回も必需品がつづきます。
ありがとうございます。
[ 2014/05/23 21:55 ] [ 編集 ]
めったに出番が無いグッズのためにザックが重くなるのは問題ですが、これはあるほうが便利なグッズです。
いや、必需品です。
帰ったら手入れを欠かさないようにしないとですが。
これを使うために山に行きたくなるようなグッズでは無いのが惜しいですが。(^^ゞ
ありがとうございます。
次回も(次回こそは?)「これは要る!」というグッズをご紹介します。
[ 2014/05/23 21:58 ] [ 編集 ]
へぇ~面白そうですね。これから先夏場で暑くなるんで
そちらのハイクにも使えるかもしれません。
海外メーカーが発表しているというのも興味深いです。
私もポチっとしようかな~と検討中です。
[ 2014/05/29 22:19 ] [ 編集 ]
スノーピークは日本のブランドです。
中身が傷んだときの替えの予備も付いているのですが、
それも消耗したときにはぴったりサイズのオシボリがあるかどうかが今から心配しています。(^^ゞ
ただこれだけのものに2千円は賛否ありますね。
[ 2014/05/29 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ