生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

人と寿命と、山とのかかわり 

人との関わり(直接対話やお世話)から遠ざかると寿命を縮める?!

せちがらい世の中がますます加速する中で、
人の心もいろいろとおかしくなってきているのか
ことサラリーマン生活においてはコンプライアンス、個人情報保護、
パワハラ、セクハラなど法令遵守などで線引がきちんと行われるようになり
その結果、仕事にかかわる話以外の会話がやりりくくなり、
窮屈さを強いられていることからストレスを抱える人が多くなってきている。
考え方によってはそれはそれで割り切れるわけであるが、
画一化されることで個としての人の存在感は希薄になる。
営業をやっていたときは社内より、むしろいろんなお客さんとの関わりが楽しかったなぁ。
一方、趣味の世界では個の存在感が際立ってくる。
だれもが別け隔てなく、老若男女関係なく関わりを持てかつ個性を発揮できる場。
山登りという趣味を通じて別の趣味が生まれ(カメラなど)、
それらをブログやヤマレコ、SNSなどで自己表現することで人と人との関わりが増え
ひいては生きた証、自分がこの世に存在した足跡を残していけるのではないかと。
ブログはともかく、ヤマレコは特別な専門知識を必要としなくても、
定型フォーマットで毎回の山行きの記録を残していける。
さらには写真を載せることで写真という別の楽しみもできて趣味の幅が広がる。
山の記録を楽しく共有できて、記録を増やすためにまた山に行きたくなる。
そしてそれを通じて人との新たなつながりもできる。
ヤマレコやっておけばよかったかなぁ。。(^^ゞ
人や社会とより関わっていかないと、あの人は無理、この人苦手と
人との関係性を縮める方向に走ると、自身の寿命を縮めている事になっているかもしれないという。
せっかくの貴重な休日が自治会の役員の仕事で今年度はけっこう潰されるなぁ、
めんどくさいな~、なんて思っていた自分は今、ここで考えを改め、
「損して得取れ」の気持ちで積極的に人のために尽くそうかなと。(≧∇≦)
興味深い記事がありました。

なお、以下の内容は武田氏が言っているだけではなく、
先日、テレビを観ていたら、この内容によく似たものがあった。
30歳になったばかりの時からチャレンジすること5回目、64歳にしてついに
キューバ~フロリダ州間を泳ぎ切ったアメリカ人女性、ダイアナ・ナイアドさんの
感動的なスピーチの中にも通じるものがあった。
メディアでも知られている中部大学の武田邦彦氏の記事より引用

「健康と長寿」の根源を語る 人の寿命を決めるもの

---部分引用---
さて、少し話が変わりますが、人の寿命はなんで決まっているのでしょうか?
かつてローマ時代には平均寿命は25歳だったのに、なぜ今は80歳なのでしょうか?
世界の中には平均寿命が50歳ぐらいの国も多いのに、良い国に生まれたものです。
動物の寿命は、まず第一に体の大きさ、第二に頭脳の大きさで決まります。
体の小さな昆虫などは1日も生きることができないものも多いのに、
ゾウやクジラなどの巨大な動物は数10年も生きます。
これは心臓の鼓動回数とか体表面からの放熱量などの物理的なものが関係していると言われています。
第二に頭脳が大きいこと、文明が発達している方が平均寿命が長いのも確かです。
動物でも頭脳が大きい(ビット数)ものの方が長生きですし、人間は体の大きさに比べると断然、
頭脳が発達しているので、他の動物より長寿です。また同じ人間でも文明が発達している方が長生きです。
これは「より合理的な生活をするから」、「危険を未然に防ぐことができるから」と考えられ、
知恵をつけることが長寿につながると言っても良いでしょう。
もう一つ、とても重要なのは「社会に貢献すると長寿になる」と言うことです。
動物、特に人間のような集団性を持つ動物は、
「集団性を持つ」と言うこと自体が一つの個体<一人の人間>だけの命ではないことを示しています。
人間は、人間として、日本人として、郷里の一員として、家族の一人として、生きています。
だから、人間でもなく、愛国心が持たず、郷里に郷愁を持たず、家族を愛していない場合、
生命力が衰えるのは仕方がないことです。
これこそ長寿の根源ですから、今後も整理をしていきますが、大きなことが二つあります。
それは「なぜ、人間の女性が閉経後も生きているのか」ということと、
「独身男性の寿命は短い」と言うことの2つに良く表れています。
詳しいことはすでにブログにも書いていますが、哺乳動物で人間の女性だけが閉経後も生きているのは、
孫や他人のお世話をすることによって体が若返ることが知られていて、
そのことによって哺乳動物の中で人間の女性だけが生き残って元気だということが分かっています。
また、男性の独身者はかなり早く死ぬのですが、
これは一夫多妻制の動物のはぐれオスの寿命が短いことに対応していますし、
小学校の男の子が、「警察官になりたい。世の中の役に立ちたいから」と答え、
女の子が「AKBになりたい。注目されたい」と答えるのにも現れています。
男性は子供を産めないので、社会の役に立たないと生きている意味を失い生命力が低下します。
また女性は子供を産み、育て、お世話をすることによって生命力を保つことができます。
男性は社会のため、女性は家族のためと言うのは人間の体の構造からくるもので、
男女同権と言う問題とは質が違います。
つまり自分の健康は他人のためになることによって得られるということになり、それが最も大切なのでしょう。
中日新聞の対談である医師が「自分のいのちは、自分の所有物ではない」と言われましたが、その通りなのでしょう。
その時に先生が最後に示されたのがこれですが、ややお若い先生なので、まだ表現は枯れていませんが、
「自分と誰かを幸せにする選択を心がけよう」、「心静か」、「勇気」、「慈悲」、「感謝」
などはいずれも自分だけのことではないこともわかります。
頭の中で考えることと、もともと動物としての人間がどういうものかと言うこととは違いますし、
私たちは確実に「動物」ですから、そのことを健康や寿命を考える時には考慮に入れなければならないと思っています。
これは「価値観」ではなく「事実」なので、やや考えるのが辛い人がいることもわかっているつもりですが、
ダーウィンが言ったように「真実を知るには勇気がいる」のであり、
結局は真実を知っている方が健康で長寿だということも事実です。
なぜ人間の寿命が決まるのかという研究がさらに進むことを期待しています。
Check [ 2014/05/09 06:50 ] その他 | TB(0) |   コメント(7)
コミニュティーから全く切り離されてしまうと、人は、おかしなことをしでかすようになってしまいそうですね。

生きた証、自分がこの世に存在した足跡を。。同感です。
そして、また、人様のレコ(ブログ)を見て、そこへ足を伸ばしてみたくなる、自分。(キャー!欲の塊!)

そこに、コミニュティーでも存在しないと、
どんなに、素敵な場所があっても、知られることもなく、
その場所へ 行きたいなんて、思えないかもしれませんね。

寿命に関しては、あまり長生きは望んでいなく。
だからといって、命を粗末に扱う気もなく。
寿命が短くても、中身さえ充実していれば、それでもいいかな。と思ってしまう私です。(臆病ながらも、きっと長生きしてしまうタイプね。)

受け入れながら生きていく。。そこらへんはさすがに、大人な感覚のキバラーさんですね。
お手本にしなければ。。これがなかなか難しい。。

キバラーさんのページには、山 以外の発信があったりで、いろんなことを考えさせられたり。

ひとつのことを長く続けられることの大変さもあるでしょうけれど。
陰ながら応援しています。
[ 2014/05/09 17:55 ] [ 編集 ]
下調べ段階で誰かが一度でも歩いてないと不安ですね。
それにしてもネットのお陰で情報が容易に集められるようになったものですね。
私の中身は幼稚で子どもです。
オモチャ(ネット)が無いと生きて行けないですョ。(^^ゞ
継続は力なりと言いますから細々と節約しながら続けています。
多趣味なので忙しいです。(≧∇≦)
naminoriさんの山歩きへの情熱、モチベーションを私にコピーさせてほしいです。
熱いコメント、ありがとうございます!
[ 2014/05/09 22:24 ] [ 編集 ]
人生も半世紀をすぎると
もう下山かな・・・と常に思っています。
でも楽しみを諦めようとは思いません。
これからは思い出が勝負です!!
私は中身がないので道具やウエアで着飾り
山登りを楽しんでいますが
それも自分のスタイルなので
楽しみにして山に行きます。
ブログはキバラーさんにはかないませんが
自分撮りをするようになって更に楽しくなりました。
ひとり登山は加減が分からず無茶するので
写真を撮りながらの登山はちょうど加減が利き
登るペースを変えられます。
ネットによってまるっきり知らなかった
人と山で知り合えたならそれは現代の奇跡なのでは・・・
文明の利器に惑わされることもありますが
恩恵もたくさんあります。

いまだ下山せず
山登りを自分なりに楽しみたいですね・・
[ 2014/05/09 23:22 ] [ 編集 ]
人の数だけそれぞれのいろいろな山の楽しみ方がありますよね。
私は森林浴と運動ができればいいので山に拘らない感じで、
長続きするはずないと思っていたブログがだらだらと続いているおかげで
他の山にも行く機会に恵まれたという感じです。
人生、何がきっかけで人やナニカとどうつながるのかスリルに満ちていますね。
山をやっていて良かったと思うことが最近は多くなってきました。
ひろもかさんはじめ、いろんな方の記事や写真を見るのも楽しみの一つです。
山は楽しいと思える範囲で無理しないように続けていきたいものですね。
私のブログなんて引用や受け売りのハリボテだらけで。。
年齢もそうですが、山では数字を意識しないようにしています。
標高なんてどうでもいいと思っていますので。
お金にしても数字が人の心を惑わせますし、色眼鏡になると思っています。
このような記事にコメントありがとうございます。
[ 2014/05/10 16:30 ] [ 編集 ]
 
 なんかのんびり山登りな感じよかですねえ。
 姫とじいじはその頃北部台高その③でした。
 高見も見ていたのでキバラーさんが
 点で写っているかも。
 さて、ブログ引越しました。よろしく!
[ 2014/05/12 22:36 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/12 22:44 ] [ 編集 ]
保育園の名簿では、名前をひらがなでしか書かない。
小学校の名札でも、名前をひらがなでしか書かない。
みたいです。

理由を聞くと、漢字で書くと個人情報になるからだそうです。

いやはや、過剰対応もここまでくると呆れるばかりです。

仕事でも同様、役所ではもっと過剰


日本人、大丈夫か?と叫びたくなります。

でもキバラーさんの意見を聞くと、積極的に接していこうかな〜と思いました。

法律やルールや構造が問題ではなくて、現場で判断できないカチカチ頭が問題なんですが、、、いやはや(笑)
[ 2014/05/13 09:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ