生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

鈴鹿山系 雨乞岳 (2014.4.27) 

20140427-0.jpg
雨乞岳ピークにて

【動画編】


沢沿い歩きが堪能できる異色の山

【ルート】 ※時計回り
武平峠(7:50)-クラ谷分岐-七人山-東雨乞岳(昼食大休憩)-雨乞岳-杉峠-
1121Pの手前の広場-杉峠-コクイ谷出合-クラ谷分岐-武平峠(17:35)


行きはヨイヨイ、帰りは焦る。
鈴鹿山系集中攻略の今回は雨乞岳へY.Nさんという方と登ってきた。
顔出しNGとのことなので撮影に徹してもらった。(^ ^ゞ

少しでもスタート時間を早めるため、コストはかかるが近畿道、第二京阪、京滋バイパス、
名神、新名神を乗り継いで甲賀土山で着陸するも、鈴鹿スカイラインまでの下道がそこそこ長く、
帰りに使った下道、名阪国道、西名阪自動車道で行っても良かったかなぁ感あり。

武平峠にある鈴鹿スカイライン唯一のトンネルの東側にも駐車場があって
起点にできなくもなかったが、圧倒的多数の車は西側に駐車していたのでそちらへ。
ちょうど1台だけのスペースしか空きがないくらい車でいっぱいであった。
武平峠起点では雨乞岳だけにとどまらず、鎌ヶ岳、御在所岳等にも登れるからだろう。
これらの車のうち、どれくらいの人が雨乞岳を目指していることだろうか。
7時30分に駐車してから準備等で20分ほどゴソゴソして7時50分のスタートである。
ちょっと出遅れた感あり。
睡眠時間をタイトに削って早出をしても、ちょっとのことですぐに時間が経過する。
山に来ても時間に追われることが多いのは日常と変わらないなぁ。(≧∇≦)
スタートしていきなり「これどっちや?」みないなところを登ると
そこは幅広の植林地帯で、どこでも歩けるので進むべく方向がわかりにくいのでいきなり迷いそう。
武平峠から登る雨乞岳は、そのまま目指すピークに向かって登り詰める形ではなく、
隣の隣の山あたりからトラバースや沢歩きを繰り返しながら徐々に近づいていって
最後に一気にピークに登り詰めるもそこはまだ東雨乞岳だったりするという異色ステージ。
いつになったら登り始めるのだ?と思える長いトラバースや沢沿い歩きは変化に富んでいて飽きない。
大半のルートが沢沿い歩き主体で、これまでの過去の山行きでは例のないパターンだ。
前後にグループやペアのハイカー多数で人気の高さが伺える。
登山道に従順に歩くのも楽しいが、バリエーションで七人山まで登りたい衝動にかられた。
それほど落葉した自然林であたりは明るくどこでも登れそうな雰囲気であった。
一般道を知らないままバリエーションを歩くというのも後ろ髪を引かれるのでここは登山道に従う。
少し登り基調になってきたかなぁというところで七人山と東雨乞岳の分岐点であるコルに到着。
七人山へはすぐ近くなのでせっかくなので行ってみた。
落葉していて明るい寒くなく暑くない今の季節が最高の自然林に覆われたよい森であった。
ただ、「七人山」と彫られてペンキ塗られた木は痛々しかった。
もっと他に方法は無かったのかと。
再びコルまで戻って東雨乞岳ピークに向けて高低差200mほどを登る。
高度が上がってくると、鎌ヶ岳や御在所岳、、釈迦ヶ岳等が一望できる展望が開けてきた。
時計をみると11時でスタートしてから3時間少々。
まだまだぜんぜん歩いた感が無かったが、軽い空腹を覚えたのと、
絶好の展望なので、ここでお昼を摂らない手はない。
日差しは少々暑いが、快適な居住空間であっという間に一時間半も過してしまった。
東雨乞岳ピークからは三人山経由で下山できるルートがある。
しかし、そこを歩くと今回の山行きがすぐに終わってしまって雨乞岳全貌をよく知らないままとなる。
ここはまだ東雨乞岳なので、熊笹ロードを通って雨乞岳のピークへと向かう。
雨乞岳のピークは展望が無いと聞いていたが、東側には御在所岳への展望があった。
杉峠へはもちろんのこと、大峠方向へのルートも付いていた。
雨乞岳から杉峠への下り最初の熊笹ゾーンはどなたかが手入れされたのか
足元にたくさん刈られた笹の葉が落ちていて、その上を歩くと下りだけに滑りそうになる。
そうかと思えば、ふくらはぎを撫でるようなゾーンもあってこそばくて。。(≧▽≦)
そんなこんなで杉峠が見えてくると最後は急なつづら折れになって着地。
10人ほどのハイカーが溜まっていた。
杉峠に下りてきたということはコクイ谷経由の周回目的であるが、
「イブキ」「クラシ」のほうへと登ったところに気持ちよさそうな広場が見えていたので登り返す。
広場でお茶休憩の後、そのまま「イブキ」「クラシ」のほうへ登っていってバリエーションで谷に
下りたい思いがかなりあったが、杉峠経由でヤマコー通りに歩いた場合のコースタイムを見て断念。
なんと、杉峠から駐車地までのコースタイムが三時間もあるではないか!!
その時すでに14時30分に迫っていた。
コースタイム通りに歩けたとして18時近くになる。
バリエーションなんかやっている場合ではない。
まぁこれは誤算でも無計画もでない。
一般登山道の線通りに行けばいいだけのことであるし、
時間が気になるのであれば最悪は雨乞岳に登り返して来た道をピストンすればよいだけの話だ。
杉峠まで再び下りて、あとは時計回りの周回になるように実線に忠実に歩くことにした。
今回の雨乞岳行きで、やたらと浮石に足をすくわれることがあり、
明治末期に学校まであったとされるこんな山中に、御池鉱山旧跡の石垣など
遺跡のように森に溶け込んでいる
コクイ谷出合まではきわめて順調であったが、ここからが今回のまさかの核心部となった。
まず、沢が同士が直角にぶつかったところを超えて、
何の疑いもなく左へと進み100mほども進んだところでGPSから衛星電波受信不可のアラート音。
こんな空が開けたところで電波が拾えないとは何事ぞ?と確認すると
たしかに電波受信不可となってはいたが、それどころかそのおかげでルートを外していることに気づく。
まさかの方向錯覚であった。早くに気づけてよかった。
反対方向にリカバリーしてしばらく行くと、そこにこそコクイ谷出合分岐の看板があった。
そこには注意書きの看板もあり、要するにこれから先は難路だそうだ。
迷いや予想外の所要時間でタイムアップで日没となって進退窮まることが多々あるらしい。
時刻的にはきわめて猶予が無いが果たして無事に切り抜けることができるだろうか。
出合からはこれまでの平和な沢伝いトレールとは大きく異なって、
沢きわきわのトラバース、高巻きのアップダウンにいたぶられながらも
左岸へ右岸への渡渉を繰り返す。
カメラを片付けて真剣モードでクラ谷分岐合流を目指して突き進む。
この難ルートの突破にコースタイムで一時間かかるとある。
半分くらい進んだあたりであろうか、最大の難所が現れた。
3mほどの高さを宙吊りのフィックスロープに身を預けて下りるポイント。
しかしながら着地地点は砂砂利が浮いているばかりか傾斜になっている。
着地しても転倒しそうなきわどい状態。
他に迂回できないか眺め回すと、対岸には高巻きの頼りない垂直ロープ。
5mくらいは登って高巻きしてまた下りるような感じ。
安全面を考えると詰んだかのように思えた。
考えること数分、いちばんの安全策は靴を脱いで沢の中を歩くことという結論に。
渡渉後にはそのまま裸足で少し岩を登らなければならないのが足痛そう。
Y.N氏に先立ってまずは自分から実践してみるもなんとか成功。
振り返ってみると、渡る前には影になって見えてなかった部分で、
靴を脱がなくても渡渉できそうなポイントを発見。
それを伝えようとしたらY.N氏はその事に先に気づいて渡り終えてしまった。(^^ゞ
それにしても数mほど沢の中を歩いただけであるが沢の水はかなり冷たかった。。(> <)
その後も渡渉や沢遡行を延々と繰り返し、崩落箇所などを超え
ようやく沢とは別れて登りに転じたと思いきや、そこからも沢だった。(≧▽≦)
その後も渡渉や沢遡行を延々と繰り返し、崩落箇所などを超え
そしてついにクラ谷分岐に到着。
ここから先は往路とのピストンになるが登り基調となって疲れたカラダには少々キツかった。
駐車地到着は17時40分で、朝、たくさんの車で溢れかえっていたところに自分の車1台だけがポツーンと最後だった。
帰りはトンネルを越えて四日市市側へ。
湯の山温泉で汗を流して下道利用で帰国の途へ。
鈴鹿はやっぱり個性的で面白かった。

その他の写真は以下より。
20140427-2.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20140427-1.jpg
地形図+GPS軌跡

20140427-5.jpg
武平峠は①番

20140427-4.jpg
携帯電話から登山届が出せる

20140427-3.jpg
奥村光信氏の手書き地図を参考にさせていただいた。数百枚(山)数ギガに及ぶデータ

20140427-6.jpg

20140427-7.jpg
七人山と東雨乞岳のコルは⑦番

20140427-8.jpg
七人山ピーク マーキング方法が酷い。

20140427-9.jpg
東雨乞岳ピークに向けて

20140427-10.jpg
ハルリンドウ フデリンドウ

20140427-11.jpg
東雨乞岳ピークから雨乞岳

20140427-12.jpg

20140427-13.jpg
比叡山デジピータ、メリット5

20140427-14.jpg

20140427-15.jpg
雨乞岳ピーク直前

20140427-16.jpg
釈迦ヶ岳(鈴鹿)

20140427-17.jpg
「イブネ」「クラシ」の稜線

20140427-18.jpg
杉峠には10人くらいのハイカー

20140427-19.jpg
杉峠

20140427-20.jpg
広場目指して登り返し

20140427-21.jpg
バックは御在所岳

20140427-22.jpg
西に見えるは綿向山

20140427-23.jpg
明治末期の御池鉱山の名残り

20140427-24.jpg
赤いショウジョウバカマ

20140427-25.jpg
コクイ谷出合からクラ谷分岐まではやや難ルートだった

20140427-26.jpg

20140427-27.jpg

20140427-28.jpg
崩落してまだ真新しい

20140427-29.jpg
ひとときのやすらぎ

20140427-31.jpg
ようやくクラ谷分岐に合流 朝歩いた道をピストン(逆行)して武平峠までラストスパート
Check [ 2014/04/28 23:46 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(12)
雨乞岳は先日、綿向に行ったときに見たのですが
随分とアクセスが大変そうに感じました。
コースもなかなかベテラン向けな印象ですね。
いずれ行きたい山でありますが、
いろいろと下準備が必要そうです。
[ 2014/04/29 05:52 ] [ 編集 ]
 鈴鹿シリーズ、いつも楽しみに見て読んでます。
 28日は高見峠から明神へ向い歩いてきました。
 新緑にはまだ早いようですね
 でも見通しが良くて遠くまで見渡せて
 この時期ならではの風景を楽しめますね。
 鈴鹿、比良、台高、大峰遠いようで近い山が沢山あって迷います。
[ 2014/04/29 07:19 ] [ 編集 ]
私も綿向山から雨乞岳を眺めたのですが、山頂が熊笹で四国の山を思わせるような開放感がある穏やかな山だと思って行ってみたくなり今回の実現となりました。
山自体は穏やかでした。
ピストンは安全ですし、周回も三人山のほうへと小さく回れます。
Ikajyuさんたちのような若い方のグループはわんさかと遭いましたよ。
コクイ谷はやや難ありでしたが、高いところ危険なところは極力避けたい自分的には看板に書かれているほどはたいしたことなかったです。
もっときびしい山は台高や大峰にいくらでもありますので。
[ 2014/04/29 09:27 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
高見峠から明神へ向けて歩くルートは大部分が未踏なのでヒントになりました。
きっかけになりそうです。
ありがとうございます。
新緑はキレイで好きなのですが、それらが茂って山中が薄暗くなるまでに行きたい山が多いです。
鈴鹿セブンマウンテンはまだまだ未踏峰がありますが、掛け持ちをせず一座一座をじっくり楽しみたいと思っています。
[ 2014/04/29 09:30 ] [ 編集 ]
コクイ谷、行かれましたかぁ。
お疲れ様です。

岩場のフィックスロープはまだ、健在だったのですね。
このルートもドキドキしながら歩いた記憶が。。

道迷い。遭難の看板が、ドキドキさせてるのかも。。
でもこのおかげで、細心の注意を払うから事故が防げるんだろうな。。

わぉ!コメントの編集に成功しました!
やっぱ、PASS設定しないとだめなんですね。

[ 2014/04/29 12:02 ] [ 編集 ]
以前に歩かれてらっしゃったのですね。
沢の水量が少なかったせいかロープの世話にならずに済んだのかもしれません。
なるほど看板のお陰で気を引き締めて行けよという戒めになったのかぁ。
もし目印や看板がなかったら迷いそうなポイントはありました。
隠れ沢みたいなほうに行ってしまいそうになりそうでした。
はい、PASS設定しておけば修正ききます。

[ 2014/04/29 19:48 ] [ 編集 ]
長時間の、ちょっとドキドキしながらの山行だったようですね。
読みながら、私まで一緒にドキドキしてしまいました(^^ゞ
でも、日が長いこの時期で良かったです。

雨乞山、綿向山山頂から見える綺麗なお山ですよね。
穏やかそうに見えるお山でも、ルートの選択に寄ってずいぶん違うんですね。
私は、間違いなくピストンにします(^^)v

南大阪からは、名神で行くか西名阪で行くか、あの辺りは迷う所ですね。
時間が変わらないのであれば、西名阪経由の方が高速代はかなり安いでしょう。
[ 2014/04/29 21:22 ] [ 編集 ]
詰んだ場合のリカバリールートが来た道を戻ることになると日没確定なだけにペースの上がらない難ルートで迫る時間への焦りがありました。
沢遡行は滝に出くわしたり、高巻きしなければならなかったりと困難な要素が多いですね。
ピストンされなくても、三人山経由の周回ができます。
この周回は距離が短いですよ。
往路は約2千円、復路は約600円でした。
時間的には30分くらいは下道のほうが余分にかかる感じだと思います。
正確には計っていません。
次から鈴鹿は西名阪で行くことにします。

[ 2014/04/29 21:37 ] [ 編集 ]
確かに鈴鹿の山は遠いですね。早起きしてもスタートは出遅れます。
片道は3時間くらいかかりますので、山登って往復の運転は疲れるので
私は鈴鹿は車の中で前泊します。コスト的には東名阪国道経由が安いですね。
ありがたいことに私の場合は亀山ICまでは無料区間です。

私もセブンマウンテンをぼちぼち登っていますが、なかなか行けないです。
「雨乞岳」は周回が楽しそうなので、
このルートで歩きたいですが、後半が危険そうですね。

GPSが突然の受信不可ですか?
いつか誰ぞやに、鈴鹿では磁北が定まらずに突然にコンパスの針が
ぐるぐる回ったりするような空恐ろしい話を聞いたことがあります。
私も以前に鈴鹿で道迷いをしたときにGPSが何かおかしくなっていましたよ。
[ 2014/04/29 21:53 ] [ 編集 ]
orisさんところからでも三時間ですか。
天理までは下道なのでしょうね。
私は美原から天理までが有料区間となります。
伊勢自動車道は乗らなくても下道はスムーズですね。
コクイ谷からは危険というより難ルートでした。
御在所のほうに大周回する人がヤマレコを見ていると多いですね。
その発想はなかったのですが健脚orisさんなら可能でしょうね。
空がかなり開けていたのにGPS電波ロストには驚きました。
しかし、予備のグロナス衛星受信できるほう(orisさんお持ちのほう)では大丈夫でした。
今回の山行きより、鎌ヶ岳や釈迦ヶ岳は遠くから眺めていると険しそうでそちらのほうがたいへんそうに思いました。
[ 2014/04/29 22:01 ] [ 編集 ]
余計なことですが・・・
お写真のリンドウは、たぶん「ハルリンドウ」ではなく「フデリンドウ」だと思います。
葉が対生していて広卵型、根生葉が無いように見えますので・・・。
すごく可愛い子を見つけられましたね(*^_^*)
[ 2014/04/29 22:25 ] [ 編集 ]
ご指摘ありがとうございます!
さすがいつもキレイな花の写真を撮っておられるだけにお詳しいですね。
訂正しておきます。
この花はたくさんありましたよ。
[ 2014/05/01 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ