生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第351回 + 二上山~屯鶴峯 (2014.4.6) 

20140406-0.jpg

【動画編】


金剛山にまさかの大雪、初のさわんど茶屋、そしてダイトレ完結!

【金剛山ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:ババ谷ルート


行こうと思っていた山域がことごとく天気がぁゃιぃ。
それどころか気温の急降下で金剛山頂がまさかの積雪の模様。
想像するに、登山道は湿っぽい重たい雪でドロドロベタベタではないかと。
だったらもっと低いところを歩こうと二上山~屯鶴峯間のダイトレをつなごうかと思った。
しかし、朝、起きてみたら思っていたより天候不順。
それならばと念のためにアイゼンを持って金剛山へ。
ババ谷の駐車場に着いてみるとすでに積雪がある。
午前7時過ぎ、歩き始めるも空はどんよりで今にもなにかが降り出しそう。
寒いとはいえ4月の雪であるゆえに凍結などはありえない。
まるでかき氷のような重そうな雪。
冬はもう終わった気でいるのでいまさらというギャップに素直に受け入れられない。
山頂はさらにもっと雪景色で、まるでいちど終わった劇のカーテンコールのようだ。
あいかわらず空はどんよりで、降っている雪なのか積もった雪が落ちてきているのか
撮影もままならないので長居は無用。
捺印を済ませたらさっさと下山モードへ。
気合い入れて早起きして山に来たけれど、9時台には下山完了。
昼にはほど遠いけど空腹を覚えたのでどこか食べるところないだろうかと。
早すぎてどこも開いてなさそう。
そういえば前から気になっている水越側の青崩登山口に昨年できた
「さわんど茶屋」に行ってみたいと思ったので向かう。
途中、水仙の丘のそばを通りかかった時に桜がキレイに思ったので立ち寄る。
何枚かシャッターを押して時間つぶし。
さすがに10時台になれば店も開いているかと思って行ってみた。
着くと専用の広い駐車場があって、登山者の縦列駐車の中に止める必要は無かった。
さわんど茶屋の脇に犬小屋があってワンコと戯れている10代のかわいい女の子。
そういえば今日、山頂で見かけたぞ。
おじさんたちと話しているのを聞くと、その若さで800回以上登っているらしい。
ラブラドールのワンコは「りょう子」という名前で、およそ犬の名前とは思えない。
何て呼べばいいのか?りょう子!だと俺の女みたいな感じである。(^^ゞ
やはり「りょう子さん」だろうなぁ。はずかし。
さわんど茶屋の”さわんど”とは、漢字で書くと”沢渡”である。
まさに水越峠側は沢ルートが豊富である。
さっそく店に入ってみる。
気さくなご夫婦二人で切り盛りされていた。
「犬、お好きですか?子犬が6匹も生まれたのでいりませんか?」と。
ワンコもネコも大好きではあるが買うほどのゆとりがないので丁寧にお断りした。
もし、ブログをご覧なられてる方でほしい方がいらっしゃればぜひ!と宣伝。
ちなみにその子犬は「りょう子さん」の子どもではなくて、その子犬の子犬なので孫。
父親がどんな犬かわからないらしいから雑種だ。
ご夫婦は二人とも山登りがお好だそうで、槍ヶ岳や石槌山などの写真が掛けられていたり、
百名山の本や年季の入った日本アルプス総図の山と高原地図などもある。
さて、メニュー。
かなりいろいろある。季節メニューもあったりでこれでもか!というほどの種類。
腹ペコだったのでラーメンと炒飯を注文した。
インスタントを簡単調理かと思いきや、ご主人、鍋を振ってジュージュー炒めたりしている。
ちゃんと手作りで野菜たっぷり、美味しかった。
増税前はラーメンも炒飯も各300円だったのが驚きだ。
お店は毎日やっているわけではなく、火・木・土日祝だけと言っていたと思う。
そんなこんなで店を後にして、コンビニへ珈琲を求めて移動。
まだまだ歩き足らないので当初計画の二上山からのダイトレ未踏区間を歩く気満々である。
珈琲を飲みながらのんびり休憩するも、雨が降ったり止んだりで回復の兆しなし。
さすがに13時台ともなってきるとあきらめて帰ろうと思った。
車のオイル交換でも・・と最寄りのディーラーをネットで探していたら天候が劇的回復。
二上山の麓の万葉の森駐車場の近くまで来ていたのでなんとなく様子見に行ってみたら
なんとなく無意識に準備できてしまって、なんとなく歩き始め、時間も時間なので
二上山雌岳頂上くらいまでのピストンで終わっておこうと歩き始める。
チャレンジ登山で下ってくるコンクリート道を登るのかぁと思っていたら、
そこに達するまでになにやら幅広の取り付きを発見し、辿っていくと踏跡わずかな急登になり、
あれよあれよと登りつめるとピークには得たいの知れないナニカがあった。
そこから少し下ると鹿谷寺跡という歴史ある壁画などがあった。
こんなところがあるのは知らなかったなぁ。
そこからさらに登りつめると、チャレンジ登山でお馴染みの岩屋峠からの道に出た。
黄色い展望台がある雌岳と雄岳のコルのほうへと向かうとダイトレの取り付き発見。
せっかくなのでコースタイムで一時間少々となっているのダイトレ未踏区間に足を踏み入れた。
さすがにダイトレだけに整備が行き届いている。
下り基調で楽ではあるが後半は登りもあるアップダウンで思ったより長く、
時間も時間なので、帰りは延々と登りかと思うとさすがにピストンする気が失せていった。
最後には道路に出て車がびゅんびゅん走る路側歩き。
これにはさすがに萎えた。。。
山歩きに来ているのに道路歩きとは、林道歩き以下である。
できるだけ車道を避けるようにしてなんとか屯鶴峯のダイトレ起点に到着するも感激が無い。(^^ゞ
幼少の頃に連れってもらった屯鶴峯に数十年ぶりに来たのにコレジャナイ感が。
しかも屯鶴峯は近鉄線の駅と駅の間なので最寄り駅まで遠い。
二上山駅まで延々と歩道も満足に無い路側歩きですっかり意気消沈。
当麻寺駅まで2駅乗って210円。
せめて当麻寺駅前の「中将餅」を食べて帰ろうと思ったら売り切れで営業終了。
打ちひしがれながらも当麻寺へ向かい、そから左に折れて竹之内峠へ。
竹之内街道である国道166号は歩道も無く車びゅんびゅんであるからして、
そこを避けて並走する舗装林道で峠越えするも、最終的には竹之内街道をどうしても歩かなければならず
車に弾き飛ばされないように注意しながら命からがら万葉の森へゴール。
これならチャレンジ登山と同じルートで戻ればちょっとは気分が違ったかも。
たっぷり歩けてダイトレ完踏できたのは良かったがこんな終わり方は残念だった。
楽しようとした結果、返って苦労することになった感じ。(≧∇≦)
今度の週末のチャレンジ登山大会、今回は体力も気力も例年の水準まで高めることができないでいる。
今回、ピストンすることもできず、参加を断念しようと思っていた気持ちに追い打ちをかけるような結果となった。
まだ時間がある。 なんとか光明を見い出せればいいが。。。
これも覚え書きであるからして、書き残せてよかった。

その他の写真は以下より。 20140406-1.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20140406-2.jpg
万葉の森~二上山経由で屯鶴峯~二上山駅(ダイトレ未踏区間踏破)

20140406-3.jpg
當麻駅~万葉の森への帰還

20140406-4.jpg
金剛山 ババ谷駐車場から百ヶ辻へ

20140406-5.jpg
寺谷ルートで登る

20140406-6.jpg
ここまで来るとたっぷりの積雪

20140406-7.jpg

20140406-8.jpg
山頂売店前 重く湿った雪はドロドロになる

20140406-9.jpg
まるで真冬の光景 山頂8時の気温はマイナス1℃

20140406-10.jpg
金剛山麓にある「水仙の丘」

20140406-11.jpg

20140406-12.jpg

20140406-13.jpg

20140406-14.jpg
水越峠青崩にある「さわんど茶屋」

20140406-15.jpg
看板犬の「りょう子」さん

20140406-17.jpg
手書きメニューは裏面にも及び、そーめんやにゅうめんなどの季節メニューもあり盛りだくさんだ

20140406-18.jpg
メニュー表に無いメニューもあちこちに

20140406-16.jpg
薪ストーブで煮こまれたおでんが美味しそ~ この日は寒かった

20140406-19.jpg
仔犬、もらってください

20140406-21.jpg
具だくさん野菜たっぷりラーメン

20140406-20.jpg
ご主人手作り炒飯

20140406-22.jpg
山登りの好きな気さくなご夫婦であった

20140406-23.jpg
所変わって二上山 万葉の森から直登へ

20140406-24.jpg
最初のピークに何やら得たいの知れない物体が

20140406-25.jpg
鹿谷寺跡には壁画や塔があった

20140406-26.jpg
二上山 雌岳と雄岳のコルに達する手前の展望台近くにダイトレとの接続部

20140406-27.jpg

20140406-28.jpg
とても今日は登り返す気になれなかった激下りなどアップダウンの連続

20140406-29.jpg
二上山を望む展望(鉄塔下)

20140406-30.jpg

20140406-31.jpg
近鉄南大阪線

20140406-32.jpg
ダイトレ起点

20140406-33.jpg
屯鶴峯(どんづるぼう)には地下迷路があるのでヘッデン持って探検したい

20140406-34.jpg
竹之内峠のピーク この先からは国道の歩道も無い路側歩きとなる

20140406-35.jpg
夕日に映える万葉の森の桜
こんばんは。

あのかわいい女の子ですが、金剛山や葛城にどっから登っても
いつもすれ違います。(常にソロです)
あまりに気になったので一度聞いた事がありました。
たしか堺の子でいつもお母さんに登山口まで送ってもらい
下山の時間にまた迎えに来てもらっているみたいです。
(小学5~6年ぐらいの子だと思います)
 800回ですか。凄いですよね。
さすがのキバラーさんも足元にもおよびませんよね。

チャレンジ登山迷われていらっしゃいますね。
週間天気だは良くないみたい。
けど私は雨が降ろうが槍が降ろうが今回はかなり気合いれて
おります。
すべては自分をためしてみたい気持ちが強いです。

また王将で反省会やりましょうよ。
うっちぃ。さん ぶぅ*さん参加されるんでしょうか。?

                        オガワ
[ 2014/04/07 23:42 ] [ 編集 ]
週末はどこも天気が悪かったですね。
それにしても、この時期に金剛山に積雪とはめずらしいですね。
私も日曜日に行けばよかったなあ・・・

水越にある「さわんど茶屋」は何度か前を通ったことがあるのですが
まだ、行ったことがありません。
山頂にあったらお昼を食べるのにいいのですが・・・
水越からピストンして下山後に自分へのご褒美に食事するのもいいかもですね。
やはり、炒飯ですね。お好きなんですね・・・

チャレンジ登山の参加は迷っておられますね?
今のところ、当日の天気予報も微妙です。
今年は無理に完走は目指さずに、撮影と出会いに特化するか
参加はせずに、中級ゴールあたりに応援登山で行くのも一案です。

[ 2014/04/08 00:00 ] [ 編集 ]
昨年の夏にかき氷を食べただけですが
さわんど茶屋の価格は良心的ですね。

水越峠側は今まで何もありませんでしたし
葛城山にも登れますから重宝されると思います。
[ 2014/04/08 11:23 ] [ 編集 ]
この時期にも、また 見れるだなんて。。

なんか、キバラーさんチャンネル。(MOVIE)見るのが、最近のひとつの楽しみになってます♪
[ 2014/04/08 18:53 ] [ 編集 ]
そうなんですね。
確かにソロでした。
山頂で会って、さわんど茶屋でおじさんたちに囲まれて話し相手になってましたよ。
あまちゃんそっくりでした。
オガワさんは何がなんでもチャレンジ登山に参加されるのですね。
昨年は凝りてらっしゃたように見受けられましたが?(≧∇≦)
私はいつも直前まで迷っています。
いつまでたってもタイムは縮まらないしワンパターンな自分がイヤで。
うっちぃさん、ぶぅさんについては聞いていないのでわかりません。
毎年、晴れの特異日なのに今回ばかりはあやしい天気ですね。
金剛山(中級)ゴール止まりでがんばってみようかな。。
年に一度のこの時しかお会いできない方もいらっしゃるので。
いちおう未定ということで。
[ 2014/04/08 21:36 ] [ 編集 ]
最近は土曜日午後から登られる事も多いですね。
今回、天気が良ければ日曜日にご一緒させていただこうかと思っていたのですが
結果的に思っていたより良くない天気予報なので断念しました。
あの重い雪のコンディションだと最悪ですよ。
さわんど茶屋、下山後はさっさと帰りたいので利用する機会がありませんでした。
チャレンジ登山、参加する場合は完歩したいところです。
でも今回ばかりはわかりません。。
[ 2014/04/08 21:48 ] [ 編集 ]
すでに昨年夏に利用されてらっしゃったのですね。
出来てからしばらくは海の物とも山の物ともつかずに静観してきました。
店内がうかがい知れないのでウワサを聞きつけるまでは慎重になります。(^^ゞ
入ってみれば、本格的にちゃんと店を構えられていて、
ご夫婦でやられているという点が親しみが持てました。
また利用したいと思っています。
千早本道登山口の足湯カフェにも突撃してみようと思っています。(≧∇≦)
[ 2014/04/08 21:49 ] [ 編集 ]
この時期だけに雪は違和感ありありで馴染めなかったです。
気持ちはすっかり春に切り替わっていま・・すよね?
動画の件、ありがとうございます。
正直、カメラさえ無ければもっと歩きやすいのに・・っていつも思います。(^^ゞ
私もnaminoriさんはじめ、人様の動画を見るのが新鮮で楽しいです。
そういえばnaminoriさん、日常的に長距離歩かれてらっしゃるので
こんどの日曜日のチャレンジ登山参加とか視野に入れられてません?せん?せん?エコ~。
naminoriさんだとぶっちぎりですっ飛んで行かれそうです。
[ 2014/04/08 21:50 ] [ 編集 ]
有名な女の子ですね。昨年チャレンジ登山で見かけました。

金剛錬成会の方々と一緒に他の山にも行ったことがあると言ってました。

数年前に学年を聞いたらうちの子供と同じ年だったので
この4月から中学3年生だと思います。

[ 2014/04/08 22:35 ] [ 編集 ]
カミングアウト1
さわんども足湯カフェも気にはなっていましたが、勇気なく保守的になっていました。

カミングアウト2
りょう子とは、友達です!
すぐに犬好きだと見抜かれましたw
しかし、女の子っぽくないです。

カミングアウト3
ダイトレは、雨の中、最悪のコンディションで完走してやろうと思っています(笑)
[ 2014/04/08 23:22 ] [ 編集 ]
たいへんお久しぶりです。
以前はまつまさ駐車場の昔の興味深いお話をいただきました。
あの子は有名なのですね。
昨年のチャレンジ登山、そういえば私も見たかもしれません。
はじめて会った気がしなかったもので。
中学三年生ですか。
将来、もっと有名な活躍をしそうで楽しみな子ですね。
コメントありがとうございます。
[ 2014/04/09 06:50 ] [ 編集 ]
初めての店に入るのが保守的なのは同じです。
それなのにりょう子さんと友だちだったのですね。
りょう子と呼び捨てている時点でかなり親密なご関係かと。
(≧∇≦)
孫がいるので女の子というよりおばちゃん、いや、おばあちゃんとちゃいますの?
昨年もチャレンジ登山に出られてらっしゃったのに私からは見つけることができなかったんでした。
こばちゃんが雨でも参加となるとお会いできるチャンスですね。
30代、身長高い、足でらいというイメージでよかったでしょうか?(^^ゞ

現在、士気を高めるイメトレ中です。。
そんな大層なもんでもないのですが。(^^ゞ
参加するならズタボロでも完走したいです。
[ 2014/04/09 06:56 ] [ 編集 ]
思わぬ大雪の日、早朝に登られたのですね。
8時に山頂だなんて私には真似できませんが、人も少なくて静かないい雰囲気だったことでしょう。

「さわんど」私もず~っと気になっているのですが・・・。
いつもりょう子ちゃんと遊んで帰ってくるだけです。
一度、入ってみようかな~。
[ 2014/04/10 20:12 ] [ 編集 ]
山は午前中が全て。
そう思えるようになったのは山を始めて何年も経ってからです。
早起きと寒さには今でもからっきし弱いのですが何とかがんばって起きてしまえばどってことなかったり。
金剛山に行くのにそんなに気合いはいらないのですが、午前中に済ませてしまえれば午後は別の予定に当てられて休日が2倍使えたりします。
逆に午後遅くから登ることもあります。
さわんどはまったりできて良いお店ですよ。
りょう子さんとは顔なじみだったのですね!
[ 2014/04/10 23:58 ] [ 編集 ]
日曜日は、思いがけない積雪でしたね(;^_^A
僕は、あの天気の中二上山のお膝元、太子温泉の駐車場で地元のだんじり愛好会で花見でした。

さわんど茶屋は、金剛山に登る時は千早側、水越側関係なく寄ってます(*^_^*)

[ 2014/04/11 20:34 ] [ 編集 ]
kooltakaさん、さわんど茶屋の常連さんでしたか。
寒い日はほっこりと落ち着く雰囲気ですよね。
下山後閉店までおでん食べながら飲んでいたくなるような店でした。
kooltakaさんはだんじりの男なのですね!
今年度は私は地元だんじりの役員なんで忙しいです。
[ 2014/04/11 21:03 ] [ 編集 ]
屯鶴峯の地下迷路、場所は知ってますよ。
数年前、当時小5だった次女と一緒に、持てる限りの明りを手に持ち洞窟探検に挑みましたが、
女・子供の手に負える不気味さではなく(←私は極度の怖がりなものでww)
怖くなって5分で撤退してきました。r(^^;)
もし探検に行くなら、リベンジにお供させてくださいね~ p(^^)q
[ 2014/04/11 21:18 ] [ 編集 ]
地下迷路、チャレンジされたのに暗さで退廃されましたか。
暗いとこ苦手だときびしいですね。
武田尾廃線ハイクで慣らしてからのほうがいいかもです。
山歩きじゃないので本来の目的から外れてしまうのでいつになるかわかりませんが覚えておきます。(^^ゞ

[ 2014/04/11 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ