生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

登高スピードが計れる腕時計 

金剛山を千早本道で登ると標高差およそ600m。
そのために必要なエネルギーは平地を18km歩く距離に匹敵するという。
狭山池(1周2.85km)だとおよそ6周とちょっと。
3周も歩くと飽きてきてギブアップなんだけどなぁ。
しかも登りだけの計算なので下山を含めると山登りはいかにすごい運動であるかがわかる。
帰ったら眠くなるはずだ。(≧∇≦)
タイムアタックと称してハイペースで駆け上がるのは年齢や心拍数との兼ね合いも重要だ。
あまり息が上がり過ぎると心臓への負担が増大して、ドロドロ血液となって・・。
オーバーペースに注意!
さらには3000mを越える標高の高い山だと血中酸素濃度管理も大事である。
パスオキシメータや以下のような腕時計があれば自分に合ったペース配分ができて
完璧にコントロールできるのではないだろうか。

セイコープロスペックス公式ページ


登高スピード計る時計(三浦豪太探検学校)
2014/03/29 日本経済新聞 夕刊 8ページより引用

昨年の今頃はエベレスト出発前、荷造りと父、
三浦雄一郎の最終的な体力テストや医療ミーティングで慌ただしく過ごしていた。
アタック前の1カ月半前、父は心臓の手術を受けていた。
そのため父の心臓がどれくらい機能するのか、
そして実際にそれは登山を行うのに十分なのかということが大きな焦点であった。
僕の仕事は心拍数を見ながら父の登るペースを抑えること。
オーバーペースだと心拍数が過度に上がり、父の持病の心房頻拍が出やすくなる。
登山において登高スピードというのは運動負荷そのもの。
縦の距離は平地の距離に換算すると30倍ものエネルギー消費量になることが
鹿屋体育大の山本正嘉教授らの研究によって分かっている。
つまり標高300メートル上がる時に必要なエネルギーは平地を9キロ歩くのに匹敵するのだ。
そのためわずかな登高スピードの違いが運動負荷や心臓の負担に直接つながる。
僕はいつも心拍数、高度計、時間とにらめっこしながら登高スピードを計り、
目的地までの到着時間を計算していた。
しかし、高度が上がるにつれ頭が回らなくなり計り始めた時間や高度を忘れてしまうことが多い。
その度に無駄な知力、体力が奪われるため「登高スピードを計れる時計があれば」と思ったものだ。
日本に帰ってから早速、以前から付き合いのある時計メーカーのセイコーに相談にのってもらった。
登山用の時計は少なからずあるが、登高スピードに関して分かりやすい機能を持つものはない。
運動生理学の観点から時計に標高のほか、登高・下山スピード、積算高度のデータがあれば、
登山計画や計画の変更、消費カロリー計算、そして間接的に必要な水分の量まで計算することができる。
共同開発を始めて今年3月、それがようやく実現した。
必要な情報が手元にあり、すぐ分かるというのは大きな武器だ。
僕は普段、低酸素室で高所登山の専門的なアドバイスを行っているが、
標高が上がることによって「ゆっくりとしたペース」という漠然としたアドバイスではなく、
低酸素室の結果を基に正確なペース配分を指示することもできるようになる。
登高スピードとは、車に例えるとスピードメーターだ。
車では欠かせないように登高スピードを把握することが安全な登山の重要な指標になるだろう。

▼下のamazonリンクは、ボタンではなく写真のほうをクリックすれば詳細を確認できます




レギュラーモデル(3色展開)


MIURA DOLPHINS公認限定モデル(700本限定)

Check [ 2014/04/02 23:25 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)
キバラー様

いつもブログ、大変楽しく拝見させて頂いております。

基本、衝動買いはしない性格の私ですが、記事を拝見して、思わずポチっといっちゃいました。
(密林ではなく、Easy Heaven で買いましたが...)

ずっと、山用の時計を探していたのですが、なかなか、これと、心にヒットするものがなく、
山歩きでは、ずいぶん昔に買ったスキューバダイビング用の時計を使用していました。
(使い方が真逆ですね...)

キバラー様のコメントもかなり押しになりましたが、一番の決め手は、色でした。
限定品の方ではなく、もちろん緑を買いました!!
(いままで、この様な色の登山用時計は見なかったです!!)

来週届くようですが、今から楽しみです~。

デビューは、チャレンジ登山の予想です。
[ 2014/04/03 23:01 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
そうですか買われましたか!
山用の時計がたくさんある中で、ありそうでなかった機能ですよね。
色が決め手になるとは、何がきっかけで惚れるかわからないものですね。
届くのが楽しみですね!
私はポチるのが大好きですし、届けられたときの喜びもまた好きで、開封するときの喜び。
いいですね。
消費税増税?なにそれ?ってかんじです。
私の買うものはいつもちっこいもんですから。(≧∇≦)
[ 2014/04/04 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ